【2020年 アダマシア】回し方、対策方法がわかる解説記事

PV 5,237 いいね 7 コメント 0

【2020年 アダマシア】回し方、対策方法がわかる解説記事

このページでは【アダマシア】のデッキレシピや回し方・相性の良いカード、そして対策方法について徹底解説し、この記事を読めば誰でもアダマシアデッキの構築が可能な記事の内容となっています。

【アダマシア】デッキを組んでみたいという方はぜひご参考にしてください。

【アダマシア】とは

「デッキビルドパック  シークレット・スレイヤーズ」で登場した岩石族初のシンクロテーマです。

まるで鉱石を発掘するかのようにデッキトップをめくり、掘り進める戦術を用いて岩石族を展開していきます。チューナー、非チューナー、シンクロモンスターはそれぞれの共通効果を持っており統一感のある純構築や、種族を活かした相性の良いカードを組み合わせたデッキなど様々な回し方が考えだされています。

【アダマシア】サンプルデッキレシピ

【アダマシア】デッキで主に使用するカード効果・画像まとめ

【アダマシア】モンスターカードの効果・画像

《魔救の探索者》

【チューナー・効果】
星2/地/岩石族/攻 100/守2100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「魔救の探索者」以外の岩石族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【アダマシア】のチューナーの内の1体で最も出しやすい効果を持ちます。

同名カード以外の岩石族が存在する場合の特殊召喚効果であり、相性のいい出しやすい岩石族とともに特殊召喚しましょう。ただし【アダマシア】チューナーの自身の特殊召喚効果はチェーンブロックの発生する効果であり妨害を受ける可能性があるので注意しましょう。

②の効果は【アダマシア】チューナーの共通効果で自分のデッキの上からカードを5枚めくり、その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族を1体を選んで特殊召喚できるという効果です。【アダマシア】の代名詞といえる効果でこの効果でデッキから展開していきます。

他の効果を併用しない場合ランダムでめくることになるのでその関係上デッキ内のモンスターはレベル4以下の岩石族を多く採用することになるでしょう。またこれにより今まで展開方法が少なかった岩石族の様々なモンスターが使いやすくなります。

《魔救の追求者》

【チューナー・効果】
星2/地/岩石族/攻1200/守1000


このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「魔救の追求者」以外の「アダマシア」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

固有の特殊召喚効果は場に他の【アダマシア】モンスターが存在するときです。非チューナーの【アダマシア】であればレベル6のシンクロになれますし、他のチューナーであれば更に展開できます。またレベル6シンクロモンスターであれば《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》 になることができます。

《魔救の分析者》

【チューナー・効果】
星4/地/岩石族/攻1500/守 700
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

3体のチューナーの中で初動として使いやすいモンスターです。①の条件により召喚権を使わずに出せるので、このモンスターを起点にして他の【アダマシア】チューナーも展開しましょう。

チューナーの中でこのモンスターだけはレベル4です。《魔救の奇跡-ドラガイト》はもちろんレベル8は豊富なモンスターがいるためシンクロの際重宝するでしょう。

《魔救の奇石-ドラガイト》

【効果モンスター】
星4/水/岩石族/攻 0/守2200


このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが「アダマシア」カードの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
②:このカードが墓地に存在する場合、
自分のフィールド・墓地の水属性Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【アダマシア】の水属性の非チューナーです。「魔救の奇石」はそれぞれ①②の効果があり展開の補助やEXデッキの回復ができます。

《魔救の奇石-ドラガイト》の①の効果は1ドローです。【アダマシア】によるデッキからの特殊召喚を最も簡潔にアドバンテージとして活用できます。

②の効果は墓地に存在する場合、自分のフィールド・墓地の自身と同じ属性SモンスターをEXデッキに戻し自身をデッキの一番上に戻す効果です。リソースの回復として再度の展開が可能になります。【アダマシア】シンクロモンスターの効果や蘇生の状況を考慮して使いましょう。

《魔救の奇跡-ドラガイト》

【シンクロ・効果】
星8/水/岩石族/攻3000/守2200


チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中の岩石族モンスターの数まで相手フィールドのカードを選んで
持ち主の手札に戻す事ができる。
めくったカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
②:自分の墓地に水属性モンスターが存在し、
相手が魔法・罠カードの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【アダマシア】のエースモンスターで3000打点と除去効果、妨害効果を兼ね備えた強力なモンスターです。

①の効果はデッキトップ5枚の岩石族の数まで相手の場のカードをバウンスする効果です。《アダマシア・ラピュタイト》などでデッキトップを操作すれば相手の場を丸裸にできます。対象をとらないバウンスのため耐性があっても多くのモンスターを除去できます。

②の効果は自分の墓地に水属性モンスターがいるとき、相手が魔法・罠カードの効果を発動を無効にし破壊する効果です。コストもなく非常に取り回しやすい効果なのでいつでも使えるようにしておきましょう。素材として使う《魔救の奇石-ドラガイト》や《水晶機巧-ハリファイバー》も墓地にいることがあります。

なお【アダマシア】シンクロモンスターの三種は、非チューナーの「魔救の奇石」モンスターの効果によりデッキに戻せるため採用枚数は少なくしても良いと思われます。

【アダマシア】魔法カードの効果・画像

《アダマシア・ラピュタイト》

【フィールド魔法】


①:自分フィールドの岩石族モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「アダマシア」カードを5枚まで選び、
好きな順番でデッキの一番上に置く。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

①の効果は岩石族全体の強化です。打点の底上げとして500は簡潔で頼れる数値ですのでかなり安心できます。また、守備力の強化は岩石族に特に有益で「魔救の奇石」モンスターなどは2700にもなります。

②の効果は【アダマシア】カードを5枚までデッキトップに置く効果です。デッキトップをめくる効果の補助としてなくてはならない効果でしょう。デッキ内容によってはレベル4以下の岩石族モンスター1体程度なら操作せずとも出せますが、複数枚の対象カードが必要ならぜひ使っておきたいです。

《魔救の息吹》

【通常魔法】


①:自分の墓地の岩石族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で「アダマシア」モンスターを特殊召喚した場合には、
さらにデッキからレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

岩石族の汎用的蘇生カードであり、【アダマシア】にとってはデッキトップの操作カードにもなります。

この効果で【アダマシア】のチューナーを蘇生した場合にはデッキトップに置いたモンスターをそのまま出せるのでシンクロするときに重宝するでしょう。

【アダマシア】罠カードの効果・画像

《魔救の救砕》

【通常罠】


①:自分フィールドの「アダマシア」モンスターを任意の数だけリリースし、
その数+1枚だけフィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【アダマシア】の除去効果を持つ通常罠です。

自分の【アダマシア】モンスターをリリースする必要がありますがシンクロができない状況では貴重な除去手段です。《ゴッドバードアタック》のように扱えるでしょう。ただしこちらのリリースも破壊に伴い増え、更に無効にされればリリースした分まるまるディスアドバンテージになります。

《魔救共振撃》

【カウンター罠】


①:自分フィールドに「アダマシア」Sモンスターが存在し、
モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

コストもなくモンスター効果を妨害できます。《魔救の奇跡-ドラガイト》で対応できない範囲に対応しており両方構えることで盤石となります。

とはいえ発動条件もあるため汎用カウンター罠と採用枚数を考えましょう。

【アダマシア】と相性の良いカードの効果・画像

《怒気土器》

【効果モンスター】
星2/地/岩石族/攻 500/守 500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の岩石族モンスター1体を捨てて発動できる。
そのモンスターと元々の属性・レベルが同じ岩石族モンスター1体を、
デッキから表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【アダマシア】と同パック「シークレット・スレイヤーズ」にも収録されたモンスターで手札の岩石族に対応したモンスターをリクルートできます。

【アダマシア】チューナーは種類が多く実際に採用しやすい地属性・岩石族なので、《魔救の探索者》と《魔救の追求者》の相互リクルートができるだけでなく多くの組み合わせが考えられます。また、このカード自身もそれらのリクルートになります。

また同名カードのリクルートも可能なので手札でダブってしまっているカードの処理が得意です。

《ブロックドラゴン》

【特殊召喚・効果】
星8/地/岩石族/攻2500/守3000


このカードは通常召喚できない。
自分の手札・墓地の地属性モンスター3体を除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの岩石族モンスターは戦闘以外では破壊されない。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
レベルの合計が8になるように、デッキから岩石族モンスターを3体まで選んで手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

同じく「シークレット・スレイヤーズ」に収録された岩石族の大型モンスターで多くの岩石族のデッキで採用される強力な効果を持っています。

召喚権は自分の手札・墓地の地属性モンスター3体を除外した場合です。主に展開後に墓地から除外することになるでしょう。蘇生することは他の展開系デッキに比べ重要としないので問題ないでしょう。

①の効果で岩石族に破壊耐性を持たせることができます。【アダマシア】は展開モンスターからシンクロモンスターまで岩石族で統一されるため展開への妨害から相手ターンまで安心感が増します。また、サンプルデッキレシピにも採用している【コアキメイル】モンスターの自壊効果も免れることができます。

②の効果は墓地に送られた場合のサーチです。リンク素材にするなどで墓地に送り、【アダマシア】の展開に使うチューナーを全種サーチできます。

《シューティング・スター・ドラゴン》

【シンクロ・効果】
星10/風/ドラゴン族/攻3300/守2500


Sモンスターのチューナー1体+「スターダスト・ドラゴン」
①:1ターンに1度、発動できる。
自分のデッキの上から5枚めくってデッキに戻す。
このターンこのカードはめくった中のチューナーの数まで攻撃できる。
②:1ターンに1度、フィールドのカードを破壊する効果の発動時に発動できる。
その効果を無効にし破壊する。
③:1ターンに1度、相手の攻撃宣言時に攻撃モンスターを対象として発動できる。
フィールドのこのカードを除外し、その攻撃を無効にする。
④:この③の効果で除外されたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

 【アダマシア】の隠し玉となるシンクロモンスターです。デッキトップを操作する【アダマシア】に相性が良く、うまく使えたとき、莫大な攻撃回数を得られます。

《スターダスト・ドラゴン》とシンクロ・チューナーを指定しています。レベル8である《スターダスト・ドラゴン》は《魔救の奇跡-ドラガイト》と同じ要領でシンクロ召喚できます。レベル2のシンクロ・チューナーは《フォーミュラ・シンクロン》を《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で出すのが良いでしょう。

【アダマシア】デッキの回し方

【アダマシア】の回し方①:チューナーを展開しよう

【アダマシア】の初動はチューナーの3種がメインになってきます。それらから展開していくことになるうえ、サーチ手段が多くないため、少なくとも1種は手札に持っておけるよう採用枚数を厳選しましょう。

後攻の場合《魔救の分析者》なら自分の場にモンスターが居ない場合での特殊召喚ができるため初動にピッタリです。そこからデッキを掘り進めていくのですがここでもう一体レベル4を用意できれば《御影志士》をエクシーズできるため好きな展開に持っていくことができます。

《御影志士》

【エクシーズ・効果】
ランク4/地/岩石族/攻2300/守1800


レベル4モンスター×2
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから岩石族モンスター1体を手札に加える。
●手札から岩石族モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【アダマシア】の回し方②:「魔救の奇跡」Sモンスターで制圧しよう

新ルールではシンクロ展開の前にリンクモンスターを展開する必要がないため容易に、【アダマシア】チューナーの効果によりチューナー以外のモンスターを展開できれば、「魔救の奇跡」Sモンスターに繋げることができます。

レベル6の「魔救の奇跡」Sモンスターは自分メインフェイズには更なる展開に繋げる効果、相手ターンにはそれぞれ相手の墓地への干渉と蘇生が行えます。ここからさらに展開していきたいので、まだ効果を使っていない【アダマシア】チューナーを手札に加えたいときは《魔救の奇跡-レオナイト》を。チューナーの自身の効果による特殊召喚を使い切った場合には《魔救の奇跡-ラプタイト》を召喚するといいと思われます。

相手ターンでの十分な制圧のためにはエースである《魔救の奇跡-ドラガイト》を召喚しましょう。カード単位での解説にも書きましたがかなり強力な干渉ができる効果があります。汎用シンクロモンスターと併せて展開しましょう。

【アダマシア】の回し方③:デッキをめくる効果を効率的に使おう

解説したいところではありますが、デッキをめくった結果から大きく展開が変わってくるため確定した具体的なルートは組み立てづらい特徴があります。

5枚めくったとき岩石族が存在しないと無駄撃ちになってしまい停滞してしまうためなるべく効果を成功させたいです。

まず先ほども述べたデッキ内の効果の対象カードを増やすのがまず挙げられます。実際岩石族モンスターを多く採用すれば5枚めくったときにはおおよそ対象のカードは含まれます。

目的などから十分な対象カードを入れた構築ができない場合はデッキトップ操作カードを多く採用しましょう。【アダマシア】内だけでも2種の魔法をフル投入することで何度も確定でrめくることができます。

また最終手段ですが、めくる効果が不発で終わってしまってもめくったカードはデッキボトムに戻すことになるため次に同じカードを引く心配はありません。力業ではありますが5枚の操作は大きいので何度も失敗する可能性はないでしょう。

いずれにしてもデッキ内の状況は把握しておく必要があります。

【アダマシア】デッキの強化方法

【アダマシア】と相性の良いテーマ

【コアキメイル】

【コアキメイル】の様々な種族の中でもちろん岩石族のモンスターが相性良く使えます。

岩石族【コアキメイル】の特徴として、高い妨害能力があります。その中の4種はそれぞれ自身をリリースすることで以下の妨害ができます。

  • 《コアキメイル・オーバードーズ》・・・召喚・反転召喚・特殊召喚に反応
  • 《コアキメイル・ガーディアン》・・・モンスター効果に反応
  • 《コアキメイル・ウォール》・・・魔法の発動に反応
  • 《コアキメイル・サンドマン》・・・罠の発動に反応

【アダマシア】チューナーの効果でデッキから出せる岩石族をシンクロにつなげない場合でもこれらのモンスターであれば安心してターンを渡せます。

【ジェムナイト】

岩石族の融合テーマで、どちらも展開力が強いため相互の展開手段を底上げする形で共闘できます。

【アダマシア】にとってはレベルのバラバラなモンスターが場に並ぶためシンクロの幅が増えます。

【ジェムナイト】にとってはデッキから場に引っ張りだす手段が増えるため《ジェムナイト・フュージョン》で融合できる範囲が増えます。

また、墓地の利用も増え、地属性を大量に入れるため《ブロックドラゴン》が大活躍します。

ただしエクストラデッキをかなり圧迫することが予想されるためルートを明確にした上で厳選しましょう。

【アダマシア】デッキ対策カード

《魔のデッキ破壊ウイルス》

【通常罠】


①:自分フィールドの攻撃力2000以上の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールドのモンスター、相手の手札、
相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
その内の攻撃力1500以下のモンスターを全て破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

シンクロ軸のデッキの多くに言えることですが《魔のデッキ破壊ウイルス》が意外と効きます。【アダマシア】のメインデッキのモンスターはすべて攻撃力1500以下で構成されています。このカードの適応中は全く動くことができなくなるでしょう。序盤での発動で完全にロックがかかりますが、特に【アダマシア】は蘇生展開に乏しいため中盤以降でもかなりの妨害になります。

【アダマシア】デッキ対策プレイング

【アダマシア】はその展開手段の都合によりの情報アドバンテージの面に大きな隙があります。何度かデッキトップの5枚をめくれば【アダマシア】であること以上に詳細なデッキ内容が判別できます。

罠が全く見えなかったり汎用チューナーが多く見えれば速攻シンクロ型の可能性があります。《ヴァレルロード・S・ドラゴン》につながるルートを重点的にふさぐ必要があります。

とかくデッキ内容さえ分かればマストカウンターの打ちどころも分かりやすいです。めくられたカードを把握して相手の手を読みましょう。

まとめ

【アダマシア】はカテゴリに乏しい【岩石族】に新たな展開手段やシンクロ召喚の要素を取り入れた斬新なテーマです。既存の岩石族テーマとの組み合わせをいろいろ試し、岩石族の新たな可能性を探りましょう。

ガチまとめにはまだまだ【アダマシア】デッキレシピの集まるページがありますので、いろいろなアダマシアデッキを見て、自分なりの【アダマシア】デッキを構築しましょう!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

7