【2020年 叢雲ダイーザ】回し方、対策方法が分かる解説記事

PV 2,202 いいね 5 コメント 0

【2020年 叢雲ダイーザ】回し方、対策方法が分かる解説記事

皆様は遊戯王はいつ始められたでしょうか。

時を遡る事2003年、《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》と《混沌帝龍 -終焉の使者-》が収録されたパック「混沌を制す者」が発売されました。

この2体のモンスターは当時環境で大暴れし、遊戯王を長く遊んでいる人ならご存じかと思いますが2体とも禁止カードになった事があります。

さて、そんなパックの中に収録されていた1枚で、今や環境で大暴れしていると当時は思いもよらなかったモンスター…

今回はそんな《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》を主軸とした【叢雲ダイーザ】について解説していきます!

この記事を読んで、【叢雲ダイーザ】を知り尽くしましょう!

目次

【叢雲ダイーザ】とは

【叢雲ダイーザ】とは、《機巧蛇-叢雲遠呂智》と《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》のコンボを成立させて、とてつもない火力を武器に戦うデッキです。

はっきり言ってしまえば、この2種のカードを採用してさえいれば【叢雲ダイーザ】と言えるのですが、《マクロコスモス》等のメタカードと相性が良く、且つ《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》の攻撃を安全に通す為にも所謂【メタビート】の体裁を取る形が多いです。

このデッキの特徴は、《機巧蛇-叢雲遠呂智》や《強欲で金満な壺》等の除外コストによるデメリットを、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》の除外されているカードの枚数だけ攻撃力を上げる効果でメリットに変換する点です。

特に《機巧蛇-叢雲遠呂智》は一度に8枚のカードを除外しながら、効果を使える限り何度でも場に戻ってくるモンスターなので、継続的にボードアドバンテージを取っていくことができ、なお且つ《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》との噛み合わせが抜群です。

また、自分は勿論、相手のカードも積極的に除外していきますので、墓地でのリソース化の防止をしながら《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》の火力上昇に貢献します。

前述した通り【メタビート】の側面も強い為、仮に《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》を引けなかったとしても、相手の動きを徹底的に封じ込められるので、ある程度はこちらのペースで戦うことも可能です。

【叢雲ダイーザ】のサンプルデッキレシピ

叢雲ダイーザ】デッキで主に使用するカード効果・画像まとめ

《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》

《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》

【 効果モンスター 】
星 3 / 炎 / 悪魔族 / 攻? / 守?

①:このカードの攻撃力・守備力は、除外されている自分のカードの数×400になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

除外されているカードの枚数分攻撃力を上昇させるモンスターです。

除外カードは表側・裏側を問わず、自分及び相手の除外ゾーンのカード枚数を参照します。

後述するカード達による大量除外により、とてつもない火力を出す【叢雲ダイーザ】のエースカードです。

《機巧蛇-叢雲遠呂智》

《機巧蛇-叢雲遠呂智》

【 効果モンスター 】
星 8 / 闇 / 機械族 / 攻2450 / 守2450

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:このカードが手札・墓地に存在する場合、自分のデッキの上からカード8枚を裏側表示で除外して発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。②:自分のEXデッキからカード3枚を裏側表示で除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札・墓地に存在する場合に、自分のデッキの上からカード8枚を裏側表示で除外してこのカードを特殊召喚する効果と、自分のEXデッキからカード3枚を裏側表示で除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を破壊する効果を持ちます。

特殊召喚効果はフリーチェーンで発動することができる為、相手ターンにこのカードを特殊召喚、自分ターンで破壊効果を使用という流れで運用することで、カードを11枚除外=《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》の攻撃力を4400アップしながら相手のカードを除去することができます。

大量除外とボードアドバンテージの確保を担え、中々の火力を持つ為前線にも立たせられる【叢雲ダイーザ】の脇差です。

《強欲で貪欲な壺》

《強欲で貪欲な壺》

【 通常魔法 】

「強欲で貪欲な壺」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《強欲で金満な壺》

《強欲で金満な壺》

【 通常魔法 】

①:自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《強欲で貪欲な壺》は自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外し、デッキから2枚ドローできるカードです。

《強欲で金満な壺》は自分のEXデッキの裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外し、除外したカード3枚につき1枚デッキからドローできるカードです。

どちらもデッキの回転率が上がるのは勿論、一度に大量のカードを除外するので《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》の攻撃力を一気に底上げできます。

既に《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》が確保できている場合、コストにより除外は確定している為、《灰流うらら》等によって妨害されても痛手にならない(本命の《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》の火力アップはこなせる)点が他のデッキとは異なる強みとなります。

《マクロコスモス》

《マクロコスモス》

【 永続罠 】

①:このカードの発動時の効果処理として、手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ディメンション・アトラクター》

《ディメンション・アトラクター》

【 効果モンスター 】
星 6 / 闇 / 魔法使い族 / 攻1200 / 守2200

①:自分の墓地にカードが存在しない場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

どちらも墓地へ送られるカードをゲームから除外する効果を持つカードです。

【オルフェゴール】等を始めとして、昨今の構築は墓地リソースの活用が多い傾向にありますが、これらのカードを使うことでそのリソース化を全て無効化できます。

更に除外枚数を増やせる為《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》の火力アップにも貢献できます。

【叢雲ダイーザ】デッキと相性の良いカード

《ライオウ》

《ライオウ》

【 効果モンスター 】
星 4 / 光 / 雷族 / 攻1900 / 守800

このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできない。また、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送る事で、相手モンスター1体の特殊召喚を無効にし破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《インスペクト・ボーダー》

《インスペクト・ボーダー》

【 効果モンスター 】
星 4 / 光 / 機械族 / 攻2000 / 守2000

自分フィールドにモンスターが存在する場合、このカードは召喚・特殊召喚できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いにそれぞれ1ターンに発動できるモンスターの効果の回数が、フィールドのモンスターの種類(儀式・融合・S・X・P・リンク)の数までになる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ライオウ》はフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできなくなります。

また、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送る事で、相手モンスター1体の特殊召喚を無効にして破壊できます。

《インスペクト・ボーダー》は、モンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いにそれぞれ1ターンに発動できるモンスターの効果の回数が、フィールドのモンスターの種類(儀式・融合・S・X・P・リンク)の数までになる効果を持ちます。

なお、自分フィールドにモンスターが存在する場合は召喚・特殊召喚できません。

初手でこのモンスターを出せれば、何かEXデッキからモンスターを出さない限りお互いは何もモンスター効果を使えなくなります。

また、これらのモンスターによる妨害効果(ただし《ライオウ》の特殊召喚無効効果を除く)は勿論、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》の効果は永続効果です。

《インスペクト・ボーダー》の効果はモンスター効果の発動に制約を掛けるのであり、永続効果は特に制約がかからずに適用されます。

これらのカードにより相手の行動に制約を掛けながら進めることができます。

ただし、《インスペクト・ボーダー》は《機巧蛇-叢雲遠呂智》の効果も邪魔しますので注意が必要です。

《百万喰らいのグラットン》

《百万喰らいのグラットン》

【 効果モンスター 】
星 1 / 闇 / 悪魔族 / 攻? / 守?

このカードは通常召喚できない。
自分の手札・フィールド・エクストラデッキからカード5枚以上を裏側表示で除外した場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、裏側表示で除外されているカードの数×100アップする。
②:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、リリースできず、融合・S・X召喚の素材にもできない。
③:1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターを裏側表示で除外する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自分の手札・フィールド・エクストラデッキからカード5枚以上を裏側表示で除外した場合のみ特殊召喚できる召喚ルール効果、攻撃力・守備力が裏側表示で除外されているカードの数×100アップする効果、このカードはモンスターゾーンに存在する限り、リリースできず、融合・S・X召喚の素材にもできない効果、1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時にその相手モンスターを裏側表示で除外する効果を持ちます。

第二の《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》とも呼べる効果を持ち、且つ除外という形での除去効果を持ちます。

攻撃力の上昇値は《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》と比較すると少なめですが、EXデッキを15枚まで除外しながら手軽に特殊召喚することができる点が魅力的です。

【叢雲ダイーザ】デッキの回し方

【叢雲ダイーザ】の回し方①:メタカードで足止めしよう!

《機巧蛇-叢雲遠呂智》と《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》を引けるまでの間、なんとか勝負をつないでいく必要があります。

その為にも様々なメタカードを駆使して相手に極力動けなくさせて、相手がもたついている間にこちらの準備を整えましょう。

サンプルレシピで採用している《ライオウ》と《インスペクト・ボーダー》は場に居るだけで相手の動きを大きく縛ることができます。

【 効果モンスター 】
星 4 / 光 / 雷族 / 攻1900 / 守800

このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできない。また、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送る事で、相手モンスター1体の特殊召喚を無効にし破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 効果モンスター 】
星 4 / 光 / 機械族 / 攻2000 / 守2000

自分フィールドにモンスターが存在する場合、このカードは召喚・特殊召喚できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いにそれぞれ1ターンに発動できるモンスターの効果の回数が、フィールドのモンスターの種類(儀式・融合・S・X・P・リンク)の数までになる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ライオウ》はサーチ行為を封じ込め、そして自身をコストに特殊召喚を無効化することができます。

《インスペクト・ボーダー》はフィールド上に存在する儀式・融合・S・X・P・リンクモンスターの種類の数までモンスター効果を封じ込める効果を持ちます。

まずはこの2種のモンスターの何れかを場に出して相手にプレッシャーを与えていくと良いでしょう。

《マクロコスモス》は墓地に送られるカードを全てゲームから除外してしまうカードです。

また、《ディメンション・アトラクター》は発動ターンのみですが、手札誘発の形で《マクロコスモス》と同様に墓地に送られるカードを除外するモンスターです。

【 永続罠 】

①:このカードの発動時の効果処理として、手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 効果モンスター 】
星 6 / 闇 / 魔法使い族 / 攻1200 / 守2200

①:自分の墓地にカードが存在しない場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【オルフェゴール】や【転生炎獣】等の墓地リソースを活用するテーマにはかなり刺さるカードですが、【叢雲ダイーザ】におけるこれらカードを活用する最大のメリットは除外枚数を増やせる点です。

《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》のサポートをしながら、相手の動きを止めることができるこれらのカードは積極的に活用しましょう。

【叢雲ダイーザ】の回し方②:《機巧蛇-叢雲遠呂智》と「壺」カードで超火力を出そう!

【叢雲ダイーザ】の特徴の1つとして、先行2ターン目(通算3ターン目)でのゲームエンドが現実的に狙える点も挙げられます。

《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》は除外されているカードの枚数分攻撃力を上げる効果を持ちます。

先程【叢雲ダイーザ】の回し方①でご紹介した《マクロコスモス》等のカードで除外したカードを火力に変換することができます。

《機巧蛇-叢雲遠呂智》はデッキの上から8枚のカードを除外することで手札か墓地から特殊召喚できます。

【 効果モンスター 】
星 8 / 闇 / 機械族 / 攻2450 / 守2450

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:このカードが手札・墓地に存在する場合、自分のデッキの上からカード8枚を裏側表示で除外して発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。②:自分のEXデッキからカード3枚を裏側表示で除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

また、この効果はフリーチェーンで使う事ができるので相手ターン中でも特殊召喚できます。

更にEXデッキのカードを除外することでフィールドの表側モンスターを破壊することができます。

どちらの効果も除外をしながらボードアドバンテージを稼いでいくことができますので、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》との相性は抜群です。

【叢雲ダイーザ】の回し方①でご紹介した方法で相手の動きを止めることの強みとして、勝負を長引かせることで《強欲で貪欲な壺》と《強欲で金満な壺》の発動回数を増やすことができます。

これらのカードは一度に大量にカードを除外しつつ、デッキの回転率を上げることができます。

【 通常魔法 】

「強欲で貪欲な壺」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 通常魔法 】

①:自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《強欲で貪欲な壺》はメインデッキを削る為、複数回の発動はデッキ切れに直結します。

また、キーカードである《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》を除外してしまうリスクもありますので、2枚目以降を使う際はデッキ枚数と、あとどれぐらいで勝負を決められるかを考えながら使いましょう。

なお、《強欲で金満な壺》はあまり使わないEXデッキをコストにできるので、2回発動をしても問題があまり起きません。

ガンガン使って回転率を上げましょう!

【叢雲ダイーザ】の回し方③:《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》が引けない場合の動き方

さて、サンプルレシピをご覧になった方はお気づきかと思いますが、メタビート寄りの【叢雲ダイーザ】は《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》をサーチする手段を搭載していない事が多いです。

また、もしかすると《強欲で貪欲な壺》のコストで全て除外されてしまう可能性も捨てきれません。

そんな時に代替モンスターとして活躍できるのが《百万喰らいのグラットン》です。

【 効果モンスター 】
星 1 / 闇 / 悪魔族 / 攻? / 守?

このカードは通常召喚できない。
自分の手札・フィールド・エクストラデッキからカード5枚以上を裏側表示で除外した場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、裏側表示で除外されているカードの数×100アップする。
②:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、リリースできず、融合・S・X召喚の素材にもできない。
③:1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターを裏側表示で除外する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このモンスターはEXデッキからカード5枚以上を裏側表示で除外した場合のみ特殊召喚できます。

また、裏側表示で除外されているカードの数×100攻撃力・守備力がアップします。

《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》より打点上昇値が低く、参照しているのが裏側のみですが、相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時にそのモンスターを裏側表示で除外する効果を持っています。

相手の戦闘では除去出来ないモンスターはこの効果で除外してしまいましょう。

また、構築との相談になってしまいますが、不安であればEXデッキに第二の《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》とも呼べる《トポロジック・ゼロヴォロス》や《破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ》を採用するのも1つの手でしょう。

これらのモンスターも除外されているカードの枚数分、攻撃力をあげることができます。

また、【メタビート】寄りの構築をしている為、最悪引けなかったとしてもある程度は戦っていけますので、なんとかメタカード達を駆使して乗り切りましょう。

【叢雲ダイーザ】デッキの対策方法

【叢雲ダイーザ】デッキ対策カード

《王宮のお触れ》

【 永続罠 】

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、このカード以外のフィールドの全ての罠カードの効果は無効化される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【叢雲ダイーザ】は構築を【メタビート】寄りにしていることが多い為、多数の罠カードを採用し、それらを頼りに戦っています。

あらゆる罠カードの効果を無効化してしまうこのカードを使うことで、逆に相手の目論見を全て台無しにできます。

《無限泡影》

【 通常罠 】

自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。セットされていたこのカードを発動した場合、さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

相手フィールドの表側表示モンスター1体の効果をターン終了時まで無効にするカードです。

更にセットされていたこのカードを発動した場合、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果も無効化します。

自分フィールドにカードが存在しない場合、なんと手札からも発動できます。

この効果により《インスペクト・ボーダー》等の妨害モンスターの無効化は勿論、攻撃を仕掛けてきた《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》を返り討ちにすることもできます。

また、セット状態で発動すると同列の魔法・罠カードの効果も無効化しますので、《マクロコスモス》等の効果も無効化できます。

【叢雲ダイーザ】デッキ対策プレイング

メタカードの包囲網を掻い潜ろう

【叢雲ダイーザ】の多くはメタカードを大量に採用しています。

魔法・罠の除去カードや相手モンスターの効果を無効化するカードの使い時を見極めながら戦いましょう。

特に警戒すべきなのは、《ライオウ》、《インスペクト・ボーダー》、墓地リソースを頼るデッキであれば《マクロコスモス》です。

【叢雲ダイーザ】は時間がかかればかかるほど、どんどん相手側が有利になってしまいますので、相手のメタカードを1枚1枚丁寧に処理をして、包囲網を掻い潜りましょう。

負けてしまった場合でも、サイドチェンジで《無限泡影》等の対策をしっかり入れて2勝を取っていきましょう。

まとめ

《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》は2003年に登場したかなり古いモンスターです。

昔はカジュアルデッキでしか見かける機会が中々なかったのですが、カードプールの増加に伴い今や環境で活躍する1枚となっております。

《レスキューキャット》や《トーチ・ゴーレム》のように、何のモンスターがいつ環境で暴れだすか見当もつかない点もまた、遊戯王の面白さの1つと言えるでしょう。

古き良き力《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》に興味が出た!昔使っていた!という方は是非サンプルレシピを参考にデッキを組んでみてください!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

5