【第5回TWC】これが俺の雷ジャンドデッキだ!!!

PV 1,488 いいね 3 コメント 0

【第5回TWC】これが俺の雷ジャンドデッキだ!!!
トレカライターコロシアム(TWC)とは

読者参加型の記事投稿企画!
最終投票で賞金を手にするのは誰だ!?

記事一覧・参加受付はこちら

目次

はじめに

皆さん、こんにちは〜。ジャンドの可能性を探究し続ける者tigherです。

いつも見て頂いたり、いいね、コメントして頂き本当にありがとうございます。m(_ _)m

皆様のお陰で「書くぞ~!!!」という気持ちになる事が出来ます。

「第五回トレカライターコロシアム」も終盤へと向かい始めましたがこれからもよろしくお願いします。

ところで話が変わりますが、私の書いた「ジャンド」デッキの記事でいろいろご紹介しましたが、ある事に気付きました。

融合と儀式まだじゃね〜かー!」っと。

というわけで今回は融合を使った「ジャンド」をご紹介したいと思います。

今回紹介するのは〜。

今回は「ジャンド」とタイトルにある「サンダー·ドラゴン」を合体させた「雷ジャンド」デッキをご紹介したいと思います。

何で「サンダー·ドラゴン」と「ジャンド」を合体させたかと言いますと、深い理由はありません。 ただやってみたかったからです。

※「サンダー·ドラゴン」はテーマの方でカード名の《サンダー·ドラゴン》ではございません。

【 チューナーモンスター 】
星 3 / 闇 / 戦士族 / 攻1300 / 守500

このカードが召喚に成功した時、自分の墓地に存在するレベル2以下のモンスター1体を表側守備表示で特殊召喚する事ができる。この効果で特殊召喚した効果モンスターの効果は無効化される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 効果モンスター 】
星 2 / 闇 / 戦士族 / 攻800 / 守800

自分の墓地に存在するモンスターが特殊召喚に成功した時、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。このカードがシンクロ召喚の素材として墓地へ送られた場合、自分フィールド上に「ドッペル・トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守400)2体を攻撃表示で特殊召喚する事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 通常魔法 】

自分のデッキから「シンクロン」と名のついたチューナー1体を手札に加えてデッキをシャッフルする。その後、自分のデッキの上からカードを1枚墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

デッキレシピ

こちらが今回紹介する「雷ジャンド」デッキです。

このデッキは最終盤面で以下の写真のような盤面を目指したいというものです。

「サンダー·ドラゴン」は光、闇属性を除外し活かす効果があり、レベル2以下のモンスター、《雷源龍-サンダー·ドラゴン》がいるので「ジャンド」と相性が良いと思い合体させました。

メインデッキについて

ここからはメインデッキについてご紹介します。

このデッキでは融合シンクロデッキのため、このデッキのエース《聖珖神竜スターダスト·シフル》だけでなく、《超雷龍-サンダー·ドラゴン》、《雷神龍-サンダー·ドラゴン》を出しやすいようにしています。

《ドッペル·ウォーリアー》と相性の良いのは〜。

メインデッキに入る「サンダー·ドラゴン」は手札から捨てて発動する効果とフィールドから墓地へ、除外された場合に発動出来る効果を持っています。

「デッキレシピ」の所で《雷源龍-サンダー·ドラゴン》の事を少し書きましたが、それ以外にも「ジャンド」のパーツでもある《ドッペル·ウォーリアー》と相性の良い「サンダー·ドラゴン」モンスターがいます。

それが、こいつです。

《雷鳥龍-サンダー·ドラゴン》

(制限カード) 【 効果モンスター 】
星 6 / 光 / 雷族 / 攻1800 / 守2200

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から「雷鳥龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
②:このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。自分の手札を任意の数だけデッキに戻してシャッフルする。その後、自分はデッキに戻した数だけデッキからドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このカードの①の効果の処理後に《ドッペル·ウォーリアー》の特殊召喚効果を発動する事が出来ます。

デッキの光、闇属性の活用

「サンダー·ドラゴン」は光、闇属性のテーマです。「ジャンド」で光、闇といえばこのカード達を思い浮かべませんか?

《暗黒竜コラプサーペント》

【 効果モンスター 】
星 4 / 闇 / ドラゴン族 / 攻1800 / 守1700

このカードは通常召喚できない。自分の墓地の光属性モンスター1体をゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。この方法による「暗黒竜 コラプサーペント」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。このカードがフィールド上から墓地へ送られた場合、デッキから「輝白竜 ワイバースター」1体を手札に加える事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《輝白竜ワイバースター》

(制限カード) 【 効果モンスター 】
星 4 / 光 / ドラゴン族 / 攻1700 / 守1800

このカードは通常召喚できない。自分の墓地の闇属性モンスター1体をゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。この方法による「輝白竜 ワイバースター」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。このカードがフィールド上から墓地へ送られた場合、デッキから「暗黒竜 コラプサーペント」1体を手札に加える事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このカード達を使った「黒白ジャンド」デッキというのがあり、「サンダー·ドラゴン」モンスターは除外されることで発動できる光、闇属性なので相性が良いと思い採用しています。

《闇の誘惑》を採用している理由も同じなのと、「ジャンド」が元々闇属性なので入れない理由はないと思いました。

《闇の誘惑》

(準制限カード) 【 通常魔法 】

自分のデッキからカードを2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスターカード1枚をゲームから除外する。手札に闇属性モンスターカードがない場合、手札を全て墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

また、《光の精霊ディアーナ》を採用している理由は《超雷龍-サンダー·ドラゴン》を出しやすくするためです。

墓地の光属性を除外するだけで手札から特殊召喚できる雷族モンスターです。

「サンダー·ドラゴン」モンスターは手札から捨てて発動できる効果を持っていますのでこのデッキ、「サンダー·ドラゴン」と相性が良いです。

《光の精霊ディアーナ》

【 効果モンスター 】
星 4 / 光 / 雷族 / 攻1700 / 守1000

このカードは通常召喚できない。自分の墓地の光属性モンスター1体を除外した場合に特殊召喚できる。
①:相手エンドフェイズに発動する。自分は1000LP回復する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《雷龍融合》を3枚採用している理由は手札に加えられる確率を増やすためです。

エクストラデッキについて

ここからはエクストラデッキについてご紹介します。

「サンダー·ドラゴン」

《雷神龍-サンダー·ドラゴン》は《雷龍融合》の効果で、《超雷龍-サンダー·ドラゴン》は自身の効果で出しやすくしているのでエクストラデッキの「サンダー·ドラゴン」の工夫はあまりないです。

強いて言うなら、このカードを入れていることでしょうか。

《雷神の怒り》

【 融合モンスター 】
星 5 / 風 / 雷族 / 攻1900 / 守1400

エンゼル・イヤーズ+メガ・サンダーボール

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《簡易融合》で出せる唯一の雷族融合モンスターです。

《簡易融合》で出し、手札から「サンダー·ドラゴン」モンスターの効果を発動すれば、《超雷龍-サンダー·ドラゴン》を出す事が出来ます。

《超雷龍-サンダー·ドラゴン》

(制限カード) 【 融合モンスター 】
星 8 / 闇 / 雷族 / 攻2600 / 守2400

「サンダー・ドラゴン」+雷族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●雷族モンスターの効果が手札で発動したターン、融合モンスター以外の自分フィールドの雷族の効果モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事ができない。
②:このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地の雷族モンスター1体を除外できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《雷神龍-サンダー·ドラゴン》

【 融合モンスター 】
星 10 / 光 / 雷族 / 攻3200 / 守3200

「サンダー・ドラゴン」モンスター×3
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●手札の雷族モンスター1体と、「雷神龍-サンダー・ドラゴン」以外の自分フィールドの雷族の融合モンスター1体を除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:雷族モンスターの効果が手札で発動した時に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
②:このカードが効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のカード2枚を除外できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

シンクロ、リンクモンスターは

エクストラデッキに入るシンクロ、リンクモンスターは基本的に《聖珖神竜スターダスト·シフル》、または《ヴァレルロード·S·ドラゴン》を、リンクモンスターは《デコード·トーカー》を出しやすいようにしています。

まあ、あまり語る事はありませんね。

そう言えば。

デッキレシピを見て、メインデッキ、エクストラデッキについて「あれ?」っと思った方もいると思うでしょう。

そう、融合軸の《水晶機巧-ハリファイバー》ともいえるこのカードの存在を。

《捕食植物ヴェルテ·アナコンダ》

(制限カード) 【 リンクモンスター 】
星 2 / 闇 / 植物族 / 攻500 /

効果モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。②:2000LPを払い、「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

【LINK-2:左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

確かに、このカードを出せば《雷神龍-サンダー·ドラゴン》を出しやすくなるでしょう。

しかし、今回はあえて入れませんでした。

何故かといいますとまず、《雷龍融合》は 《捕食植物ヴェルテ·アナコンダ》 を使わなくても「サンダー·ドラゴン」の効果で手札に加える事が出来ます。

そして、《捕食植物ヴェルテ·アナコンダ》は性能は強いのですがそのままにしておくと相手に利用される可能性があるかもしれないので今回は見送りました。(例 真っ先に殴られライフが多く削られる等。)

展開の仕方part1

それでは展開していきましょう。最初の手札はこちらです。

最強!!!

初期手札を揃え、デッキをシャッフルしてスタートです。

調律を発動しデッキから《ジャンク·シンクロン》を手札に加えデッキをシャッフルしデッキの1番上のカードを墓地に送ります。

墓地に送られたカードはこちらです。

まあ、いっか。

手札の《雷獣龍-サンダー·ドラゴン》を捨て《ワン·フォー·ワン》を発動します。デッキから《ジェット·シンクロン》を特殊召喚します。

《ジェット·シンクロン》を素材に《リンクリボー》をリンク召喚します。

《ジャンク·シンクロン》を召喚し、召喚時の効果で墓地の《ジェット·シンクロン》を特殊召喚します。 その特殊召喚に反応し手札の《ドッペル·ウォーリアー》の効果を発動し自身を手札から特殊召喚します。

《ドッペル·ウォーリアー》、《ジャンク·シンクロン》を素材に《TGハイパー·ライブラリアン》をシンクロ召喚します。 シンクロ素材として墓地に送られた《ドッペル·ウォーリアー》の効果で2体の《ドッペル·トークン》を特殊召喚します。

《ドッペル·トークン》1体、《ジェット·シンクロン》を素材に《フォーミュラ·シンクロン》をシンクロ召喚します。

《TGハイパー·ライブラリアン》、《フォーミュラ·シンクロン》の効果でカードを2枚ドローします。

《ドッペル·トークン》、《フォーミュラ·シンクロン》を素材に《武力の軍奏》をシンクロ召喚します。

《武力の軍奏》の①の効果で墓地の《フォーミュラ·シンクロン》を特殊召喚し、《TGハイパー·ライブラリアン》の効果でカードをドローします。

《武力の軍奏》《リンクリボー》を素材に《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚します。

《水晶機巧-ハリファイバー》の①の効果でデッキから2体目の《ジェット·シンクロン》を特殊召喚します。

墓地の《光の精霊ディアーナ》を除外し手札から《暗黒竜コラプサーペント》を特殊召喚します。

《暗黒竜コラプサーペント》、《ジェット·シンクロン》を素材に《超重剣聖ムサーC》をシンクロ召喚します。

フィールドから墓地に送られた《暗黒竜コラプサーペント》の効果でデッキから《輝白竜ワイバースター》を手札に加え、《TGハイパー·ライブラリアン》の効果でカードをドローします。

《TGハイパー·ライブラリアン》、《超重剣聖ムサーC》、《TGハイパー·ライブラリアン》を素材に《聖珖神竜スターダスト·シフル》をオーバーアクセルシンクロぉぉぉ!!! (1番右端に。)

さて、第一の目的は達成しました。変わりまくった手札を見て見ましょう。

最強過ぎる!

この手札ならこうなります。

墓地の《雷獣龍-サンダー·ドラゴン》を除外し、手札から《輝白竜ワイバースター》を特殊召喚します。

除外された《雷獣龍-サンダー·ドラゴン》の②の効果でデッキから《雷電龍-サンダー·ドラゴン》を特殊召喚します。

手札から《雷源龍-サンダー·ドラゴン》の①の効果で自身を捨て、《雷電龍-サンダー·ドラゴン》を対象に取り攻撃力を500アップします。

《輝白竜ワイバースター》、《水晶機巧-ハリファイバー》を素材に《デコード·トーカー》を自分からみて左のエクストラモンスターゾーンにリンク召喚します。

《雷電龍-サンダー·ドラゴン》をリリースし、エクストラデッキから《超雷龍-サンダー·ドラゴン》を自身の効果でリンク先に特殊召喚します。

フィールドから墓地に送られた《雷電龍-サンダー·ドラゴン》の②の効果でデッキから《雷源龍-サンダー·ドラゴン》を手札に加えます。

《雷龍融合》を発動し、墓地の《雷源龍-サンダー·ドラゴン》、《雷電龍-サンダー·ドラゴン》、ゲームから除外されている《雷獣龍-サンダー·ドラゴン》をデッキに戻し、《雷神龍-サンダー·ドラゴン》をリンク先に融合召喚します。

以上がこの手札の展開の仕方になります。手札には《雷源龍-サンダー·ドラゴン》がありますので《雷神龍-サンダー·ドラゴン》の①の効果を相手ターンでも発動出来ます。

最終盤面はこちらです。

展開の仕方part2

それでは2回目の展開です。手札はこちらです。

あっうーん(゜-゜)

まあ、まわしてみましょう。

手札の《雷獣龍-サンダー·ドラゴン》を捨て《クイック·シンクロン》を特殊召喚します。

墓地の《雷獣龍-サンダー·ドラゴン》を除外し、手札から《光の精霊ディアーナ》を特殊召喚します。

ゲームから除外された《雷獣龍-サンダー·ドラゴン》の②の効果でデッキから《雷電龍-サンダー·ドラゴン》を特殊召喚します。

手札から《雷源龍-サンダー·ドラゴン》をすて、①の効果で《光の精霊ディアーナ》を対象に取り、攻撃力を500アップします。

《クイック·シンクロン》、《雷電龍-サンダー·ドラゴン》を素材に《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚します。

フィールドから墓地に送られた《雷電龍-サンダー·ドラゴン》の②の効果でデッキから《雷龍融合》を手札に加え、《水晶機巧-ハリファイバー》の①の効果でデッキから《ジェット·シンクロン》を特殊召喚します。

《光の精霊ディアーナ》をリリースし、エクストラデッキから《超雷龍-サンダー·ドラゴン》を右端のモンスターゾーンに特殊召喚します。

墓地の《光の精霊ディアーナ》を除外し、手札から《暗黒竜コラプサーペント》を特殊召喚します。

《暗黒竜コラプサーペント》、《ジェット·シンクロン》を素材に《TGハイパー·ライブラリアン》をシンクロ召喚します。

シンクロ素材として墓地に送られた《ジェット·シンクロン》の①の効果でデッキから《ジャンク·シンクロン》を手札に加えます。

《水晶機巧-ハリファイバー》を素材に《リンクロス》をリンク召喚します。

《リンクロス》の効果で1体の《リンクトークン》を特殊召喚します。

《ジャンク·シンクロン》を召喚し召喚時の効果で墓地の《ジェット·シンクロン》を特殊召喚します。

《リンクトークン》、《ジェット·シンクロン》を素材に《フォーミュラ·シンクロン》を召喚します。

《フォーミュラ·シンクロン》、《TGハイパー·ライブラリアン》の効果でカードを2枚ドローします。

《雷龍融合》を発動し、墓地の《雷電龍-サンダー·ドラゴン》、《雷源龍-サンダー·ドラゴン》、除外されている《雷獣龍-サンダー·ドラゴン》をデッキに戻しエクストラデッキから《雷神龍-サンダー·ドラゴン》を左端に融合召喚します。

《TGハイパー·ライブラリアン》、《ジャンク·シンクロン》を素材に《ヴァレルロード·S·ドラゴン》を真ん中にシンクロ召喚します。

《ヴァレルロード·S·ドラゴン》の①の効果で墓地の《水晶機巧-ハリファイバー》を装備しヴァレルカウンターを2つ置きます。

さて、今の手札を見てみましょう。

この手札ならこうなります。

手札の《ドッペル·ウォーリアー》を捨て《ワン·フォー·ワン》を発動します。

デッキから《雷源龍-サンダー·ドラゴン》を特殊召喚します。

《雷源龍-サンダー·ドラゴン》、《フォーミュラ·シンクロン》、《リンクロス》を素材に《デコード·トーカー》を左のエクストラモンスターゾーンにリンク召喚します。

以上がこの手札の展開の仕方です。手札はゼロなので《雷神龍-サンダー·ドラゴン》の効果は発動出来ませんが妨害三段構えをする事が出来ます。

最終盤面はこちらです。

暗くてすいません。

展開の仕方part3

最後の展開です。手札〜はこちら。

ではまわしていきましょう。

増援を発動しデッキから《ドッペル·ウォーリアー》を手札に加えます。

手札の《ドットスケーパー》を捨て《ワン·フォー·ワン》を発動しデッキから《ジェット·シンクロン》を特殊召喚します。

墓地に送られた《ドットスケーパー》の効果で墓地から自身を特殊召喚します。

その特殊召喚に反応し手札の《ドッペル·ウォーリアー》を自身の効果で特殊召喚します。

《ドットスケーパー》、《ジェット·シンクロン》を素材に《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚します。

《水晶機巧-ハリファイバー》の①の効果でデッキから《ジャンク·シンクロン》を特殊召喚します。

《封印の黄金櫃》を発動しデッキから《雷源龍-サンダー·ドラゴン》を除外します。

除外された《雷源龍-サンダー·ドラゴン》の②の効果でデッキから《雷源龍-サンダー·ドラゴン》を手札に加えます。

手札の《雷源龍-サンダー·ドラゴン》を捨て墓地の《ジェット·シンクロン》の②の効果で自身を特殊召喚します。

《ドッペル·ウォーリアー》、《ジャンク·シンクロン》を素材に《TGハイパー·ライブラリアン》をシンクロ召喚します。

シンクロ素材として墓地に送られた《ドッペル·ウォーリアー》の効果で《ドッペル·トークン》2体を特殊召喚します。

《ドッペル·トークン》1体、《ジェット·シンクロン》を素材に《フォーミュラ·シンクロン》をシンクロ召喚します。

《フォーミュラ·シンクロン》、《TGハイパー·ライブラリアン》の効果でカードを2枚ドローします。

《ドッペル·トークン》、《フォーミュラ·シンクロン》を素材に《武力の軍奏》をシンクロ召喚します。

《武力の軍奏》の効果で墓地から《フォーミュラ·シンクロン》を特殊召喚し、《TGハイパー·ライブラリアン》の効果でカードをドローします。

さて、変わりまくった手札を見て見ましょう。

これならば。

ここからはこうなります。

手札の《雷鳥龍-サンダー·ドラゴン》を①の効果で自身を捨て、墓地の《雷源龍-サンダー·ドラゴン》を特殊召喚します。

その特殊召喚に反応し、手札の《ドッペル·ウォーリアー》を自身の効果で特殊召喚します。

《ドッペル·ウォーリアー》、《武力の軍奏》を素材に《アクセル·シンクロン》をシンクロ召喚します。

《雷源龍-サンダー·ドラゴン》をリリースし、エクストラデッキから《超雷龍-サンダー·ドラゴン》を自身の効果で左端に特殊召喚します。

《アクセル·シンクロン》の効果でデッキから《クイック·シンクロン》を墓地に送り自身のレベルを1にします。

墓地の《雷源龍-サンダー·ドラゴン》を除外し手札から《暗黒竜コラプサーペント》を特殊召喚します。

《暗黒竜コラプサーペント》、《水晶機巧-ハリファイバー》を素材に《デコード·トーカー》を左のエクストラモンスターゾーンにリンク召喚します。

フィールドから墓地に送られた《暗黒竜コラプサーペント》の効果でデッキから《輝白竜ワイバースター》を手札に加えます。

墓地の《暗黒竜コラプサーペント》を除外し、手札から《輝白竜ワイバースター》を特殊召喚します。

《輝白竜ワイバースター》、《アクセル·シンクロン》を素材に《超重剣聖ムサーC》をシンクロ召喚します。

《超重剣聖ムサーC》の効果で墓地の《水晶機巧-ハリファイバー》をエクストラデッキに戻し、《TGハイパー·ライブラリアン》の効果でカードをドローします。

《TGハイパー·ライブラリアン》、《超重剣聖ムサーC》、《フォーミュラ·シンクロン》を素材に《聖珖神竜スターダスト·シフル》をオーバーアクセルシンクロぉぉぉ!!!(リンク先に。)

これがこの手札の展開になります。《雷神龍-サンダー·ドラゴン》は出ませんでしたが結構強い盤面になりました。

こちらが最終盤面です。

最後に

如何でしたか?融合テーマの「サンダー·ドラゴン」も以外と「ジャンド」と合うでしょう?

今度別の融合テーマと合体させるなら《シャドール》と合体させたいなと思いました。

皆さんもぜひやって見て下さい。

最後までご覧頂きありがとうございます。

次回!「これが俺の機天ジャンドデッキだ!!!」をお楽しみに〜。

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

3