10月より適用の新リミットレギュレーションが判明!当然ながらデストロイと勇者は健在!

PV 1,685 いいね 8

10月より適用の新リミットレギュレーションが判明!当然ながらデストロイと勇者は健在!

Vジャンプレイより情報が発信され、2021年10月より適用されるリミットレギュレーションが判明!

どのカードがどれだけ制限、緩和されたのか分かりやすいように記載しています。

目次

新制限カード情報

《真竜皇V.F.D.》

【 エクシーズモンスター 】
星 9 / 闇 / 幻竜族 / 攻3000 / 守3000

レベル9モンスター×2体以上
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。
ターン終了時まで、フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、宣言した属性の相手モンスターは効果を発動できず、攻撃もできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを相手フィールドからも選ぶ事ができる。

出典:Vジャンプレイ

制限(1)→禁止(0)

《魔鍾洞》

【 フィールド魔法 】

①:相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、相手はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。②:自分フィールドのモンスターの数が相手フィールドのモンスターより多い場合、自分はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。③:自分・相手のエンドフェイズに、お互いのフィールドのモンスターの数が同じ場合に発動する。このカードを破壊する。

出典:Vジャンプレイ

制限(1)→禁止(0)

《PSYフレームギア・γ》

【 チューナーモンスター 】
星 2 / 光 / サイキック族 / 攻1000 / 守0

このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:自分フィールドにモンスターが存在せず、相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。
手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、その発動を無効にし破壊する。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

出典:Vジャンプレイ

準制限(2)→制限(1)

ど、どうしてなの・・・!
流石に1枚だと誘発としての扱いづらさが目立ちそう

《天霆號アーゼウス》

【 エクシーズモンスター 】
星 12 / 光 / 機械族 / 攻3000 / 守3000

レベル12モンスター×2
「天霆號アーゼウス」は、Xモンスターが戦闘を行ったターンに1度、自分フィールドのXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。①:このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。このカード以外のフィールドのカードを全て墓地へ送る。この効果は相手ターンでも発動できる。②:1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。手札・デッキ・EXデッキからカード1枚を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

出典:Vジャンプレイ

無制限(3)→制限(1)

《強欲で貪欲な壺》

【 通常魔法 】

「強欲で貪欲な壺」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

出典:Vジャンプレイ

無制限(3)→準制限(2)

《抹殺の指名者》

【 速攻魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:カード名を1つ宣言して発動できる。
宣言したカード1枚をデッキから除外する。
ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。

出典:Vジャンプレイ

無制限(3)→準制限(2)

緩和カード情報

《魂喰いオヴィラプター》

【 効果モンスター 】
星 4 / 闇 / 恐竜族 / 攻1800 / 守500

「魂喰いオヴィラプター」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
②:このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

出典:Vジャンプレイ

制限(1)→準制限(2)

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》

【 効果モンスター 】
星 10 / 闇 / ドラゴン族 / 攻2800 / 守2400

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは自分フィールドの表側表示のドラゴン族モンスター1体を除外し、手札から特殊召喚できる。
②:自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・墓地から「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外のドラゴン族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

出典:Vジャンプレイ

制限(1)→準制限(2)

《未界域のネッシー》

【 効果モンスター 】
星 7 / 闇 / 水族 / 攻1600 / 守2800

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のネッシー」以外だった場合、さらに手札から「未界域のネッシー」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。デッキから「未界域のネッシー」以外の「未界域」カード1枚を手札に加える。

出典:Vジャンプレイ

準制限(2)→無制限(3)

《転生炎獣の炎陣》

【 速攻魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を手札に加える。
●自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのリンクモンスターは自身以外のモンスターの効果を受けない。

出典:Vジャンプレイ

準制限(2)→無制限(3)

《精神操作》

【 通常魔法 】

エンドフェイズ時まで相手フィールド上モンスター1体のコントロールを得る。このモンスターは攻撃宣言をする事ができず、生け贄にする事もできない。

出典:Vジャンプレイ

準制限(2)→無制限(3)

《ペンデュラム・コール》

【 通常魔法 】

「ペンデュラム・コール」は1ターンに1枚しか発動できず、「魔術師」PモンスターのP効果を発動したターンには発動できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
カード名の異なる「魔術師」Pモンスター2体をデッキから手札に加える。
この効果の発動後、次の相手ターン終了時まで自分のPゾーンの「魔術師」カードは効果では破壊されない。

出典:Vジャンプレイ

準制限(2)→無制限(3)

魔鍾洞、ビーストは順当

一方的に遊戯王をさせてくれないレベルの制圧をしてくる《魔鍾洞》、《真竜皇V.F.D.》の禁止カード化は順当な感じですね〜。

登場したばかりなので当然ではありますが、《D-HERO デストロイフェニックスガイ》と【勇者トークン】はノータッチ!

現在も幅広いデッキに出張して入賞し続けているので、ゲーム環境ではしばらくお互いの《D-HERO デストロイフェニックスガイ》でしばきあう形になりそうです・・・。

少なくとも3ヶ月は使えますし、【勇者トークン】と【デストロイフェニックス】の出張ギミックの解説記事置いておきますね

(^ー^)つ スッ

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な22,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

カテゴリ:

タグ:

関連記事

8