【オルフェゴール】マーメイドいなくても頑張るもん!

【オルフェゴール】マーメイドいなくても頑張るもん!

はじめまして、しーらと申します。

今回ガチまとめのゲストライターとして記事を書かせていただくことになりました。 今回は今期使用していたオルフェゴールについて書いていきます。

目次

①オルフェゴールへのアクセス

7月の禁止制限改訂で《トロイメア・マーメイド》を失ったため、【オルフェゴール】を考えるならばいかに《オルフェゴール・ディヴェル》に触るか、初動にどのカードを選択するかが重要になります。

直接《オルフェゴール・ディヴェル》をデッキから落とすカード

《終末の騎士》《ダーク・グレファー》《スクラップ・リサイクラー》《シューティング・ライザードラゴン》《永遠の淑女ベアトリーチェ》《ライトロード・ドミニオンキュリオス》《おろかな埋葬》

間接的に《オルフェゴール・ディヴェル》にアクセスするカード

《ジェット・シンクロン》《水晶機巧ハリファイバー 》

ここではランダム墓地肥やしカードは紹介しません

②初動の選択

 
1.《終末の騎士》

直接オルフェゴールに触れる、コストが不要、《増援》に対応している長所がありますが、単体だと《オルフェゴール 》と一緒に引いても強くない欠点があります。

2.《スクラップリサイクラー》

効果は《終末の騎士》とほとんど同じですが、【スクラップ】ギミックによる《ライトロード・ドミニオンキュリオス》による展開や《増援》に対応していないなどの違いがあります。こちらを軸にする構築もかなりありだと思います。

3.《ジェット・シンクロン》

一体で《水晶機巧ハリファイバー》をリンク召喚でき、そこから《シューティング・ライザードラゴン》や《オルフェゴール・クリマクス》を使用して間接的に《オルフェゴール・ディヴェル》にアクセスできます。
他にも手札を捨てれるためコスト次第では盤面が強くなったり、誘発が貫通しやすくなったりします。《調律》に対応しており、《クイック・シンクロン》との択を作れるのも強いです。
短所は直接オルフェゴールに触れるわけではないので単体だとそこまで展開できない点

4.《ダーク・グレファー》

直接オルフェゴールに触れる、高い攻撃力、《増援》対応、条件次第で手札から特殊召喚可能、手札を捨てれる等メリットもりもり初動です。
ある程度闇属性を多くした構築にしないと強みがでないですが、メリットが多いです。

③構築のポイント

《ダークグレファー》を軸とした僕の構築はこちら

《ダーク・グレファー》を軸とした構築です
こちらの構築のポイントをいくつかあげていきます。

1.召喚権を被らせない

1番大事です。せっかく《オルフェゴール》あるいはそれに触れるカードを引いても《エフェクト・ヴェーラー》1枚で展開止まってしまうといった手札ではこの環境ではなんの意味もありません。できるだけ《オルフェゴール・ディヴェル》と一緒に引いて弱いカードの採用は控えることにしました。


2.《ダーク・グレファー》のコストになれる

この構築では《ダーク・グレファー》を採用していますが、コストを必要とするためある程度の噛み合いを要求するカードです。このため《ダーク・グレファー》のコストにして強いサブギミックが必要不可欠になります。


[オルフェゴールの枚数]初動に絡む《オルフェゴール》である《オルフェゴール・ディヴェル》《オルフェゴール・トロイメア》は《ダーク・グレファー》《ジェット・シンクロン》とのかみ合いのために3枚フル投入


誘発1番貫通しやすいパターンが手札のオルフェゴールを捨てれるパターンですね


その他の《オルフェゴール・スケルツォン》《オルフェゴール・カノーネ》《星遺物の星杖》は素引きがあまり強くないので各1枚の投入

{DDギミック]

《オルフェゴール・ディヴェル》と一緒に引いても強く、《ダーク・グレファー》のコストを用意できるカード
1枚初動カードでもあり、《ダーク・グレファー》を軸とするならほぼ必須となります。

[《亡龍の旋律デストルドー》]

《オルフェゴール ・ディヴェル》と一緒に引いて強く、《ダーク・グレファー》のコストにして強いカード
レベル5以上の闇なので《ダーク・グレファー》の特殊召喚条件を満たすことができるのも強いですね
《ダーク・グレファー》や《ジェット・シンクロン》のコストにしても強いだけでなく、《ジェット・シンクロン》を対象にして特殊召喚するとレベル6になるので《永遠の淑女ベアトリーチェ》のエクシーズ召喚の素材になれます
3枚入れてもいいのですが被りを気にして2枚にしてます。

[手札誘発]

【幻影騎士団】ギミック等を入れなければ《オルフェゴール 》は構えられる妨害が少ないため、手札誘発等の素引きの札を充分投入しメインギミック以外でも妨害する方が先行でも後攻でも強いと思ったため多めに投入


《増殖するG》

展開デッキ相手最強最大枚数3枚


《灰流うらら》

《増殖するG》をとめれる1:1交換とりやすい最大枚数2枚


《エフェクト・ヴェーラー》

初動に当てやすい、妨害を減らせる最大枚数3枚


《幻創龍ファンタズメイ》

環境デッキであるドラゴンリンク、閃刀姫に強い、他の誘発を引き込めるレベル5以上の闇なので《ダーク・グレファー》の特殊召喚条件を満たせるのも強いです最大枚数3枚


《幽鬼うさぎ》1枚のみで止まることは少ないが他の誘発とセットだと強い他の誘発と引いてる前提で採用しているため2枚


[《オルフェゴール ・クリマクス》の2枚目採用]

今季は閃刀姫やオルターガイストなどの中・低速デッキも多く、これらに対しては《オルフェゴール・バベル》より《オルフェゴール ・クリマクス 》2枚目が必要な場面が多いため2枚採用

おまけに採用を見送ったカードを紹介します

1.《D-HEROディアボリックガイ》

《ダーク・グレファー》や《ジェット・シンクロン》のコストで捨てることができればリンク数を増やせるのはもちろん、《アクセル・シンクロン》とともに《永遠の淑女ベアトリーチェ》の素材になれるのは強かったのですが、《ダーク・グレファー》が無い時に《オルフェゴール・ディヴェル》と一緒に引いても強くないという点で採用見送り


2.《天威龍アーダラ》

このデッキの特殊召喚できるレベル1チューナーは《アクセル・シンクロン》、《水晶機巧ハリファイバー  》、《ヴァレルロード・S・ドラゴン》の素材になれるのでとても強いのですが《ダーク・グレファー》のコストになれない点で採用見送り


3.《オルフェゴール ・バベル》

サンダードラゴンや《オルフェゴール・クリマクス》を素引きしている時に欲しくなるカードですが、調整の結果《オルフェゴール ・クリマクス 》2枚目のほうが優先ということになりサイドデッキに投入。妨害札は2枚が限界と感じたので採用見送り《オルフェゴール・クリマクス》2枚目とどちらが優先かは環境次第で変わるかと思います。

④展開例

1.《ジェット・シンクロン》のみ


→《オルフェゴール・ガラテア》+《オルフェゴール・クリマクス》

《ジェット・シンクロン》を召喚

→《リンクリボー》をリンク召喚

→手札を1枚捨てて《ジェット・シンクロン》を特殊召喚

→《水晶機巧ハリファイバー》をリンク召喚。

→《水晶機巧ハリファイバー》の効果により《オルフェゴール・カノーネ》を特殊召喚

→《オルフェゴール ・ガラテア》をリンク召喚

→《オルフェゴール・ガラテア 》の効果で《ジェット・シンクロン》をデッキに戻し《オルフェゴール ・クリマクス 》をセット


この動きで1妨害を構え、なおかつ次のターンに《オルフェゴール ・クリマクス 》の墓地効果で《オルフェゴール・ディヴェル 》にアクセスすることができるようになります。
《水晶機巧ハリファイバー》をリンク召喚しながら機械を除外できるのが強いですね

2.《地獄門の契約者》のみ


→《オルフェゴール・ガラテア》+《オルフェゴール・クリマクス》

《地獄門の契約書》によって《DDコペルニクス》をサーチ

→《DDコペルニクス》を召喚し《DDラミア》を落下

→《DDラミア》を特殊召喚→《アクセル・シンクロン》をシンクロ召喚

→《アクセル・シンクロン》の効果で《ジェット・シンクロン》落としてレベル変更

→手札を1枚捨てて《ジェット・シンクロン》を特殊召喚し、その後《水晶機巧ハリファイバー》をリンク召喚。

→《水晶機巧ハリファイバー》の効果により《オルフェゴール・カノーネ》を特殊召喚

この動きにより前述の《ジェット・シンクロン》と同じ動きが可能になります。

3.《オルフェゴール・ディヴェル》+特殊召喚できるチューナー


→《オルフェゴール・ガラテア》+《ヴァレルロード・S・ドラゴン》+《オルフェゴール・クリマクス》

《オルフェゴール・ディヴェル》召喚

→チューナーを特殊召喚

→《水晶機巧ハリファイバー》をリンク召喚し《オルフェゴール・カノーネ》を特殊召喚

→《オルフェゴール・ディヴェル》の効果で《オルフェゴール・トロイメア》を特殊召喚

→《水晶機巧ハリファイバー》と《オルフェゴール・トロイメア》で《オルフェゴール・ガラテア》をリンク召喚

→《オルフェゴール・トロイメア》の効果で《星遺物-星杖》落下、そのまま効果で《オルフェゴール・トロイメア》を特殊召喚

→《ヴァレルロード・S・ドラゴン》をシンクロ召喚

→《オルフェゴール・ガラテア》の効果で《星遺物-星杖》をデッキに戻して《オルフェゴール・クリマクス》をセット


《水晶機巧ハリファイバー》+《オルフェゴール・ディヴェル》の基本展開です

4.《オルフェゴール・ディヴェル》+《オルフェゴール・トロイメア》+特殊召喚できるチューナー


→《オルフェゴール・ガラテア》+《宵闇の機神ディンギルス》+《ヴァレルロード・S・ドラゴン》+《オルフェゴール・クリマクス 》

《水晶機巧ハリファイバー》リンク召喚まで省略

→《水晶機巧ハリファイバー》の効果で《ジェット・シンクロン》特殊召喚し、そのまま《リンクリボー》をリンク召喚

→手札の《オルフェゴール・トロイメア》を捨てて《ジェット・シンクロン》特殊召喚

→《オルフェゴール・ディヴェル》の効果で《オルフェゴール・スケルツォン》特殊召喚→《リンクリボー》と《オルフェゴール・スケルツォン》で《オルフェゴール・ガラテア》をリンク召喚

→《宵闇の機神ディンギルス》をエクシーズ召喚し、ディヴェルを素材

→《オルフェゴール・スケルツォン》の効果で《オルフェゴール・トロイメア》を特殊召喚

→《水晶機巧ハリファイバー》と《オルフェゴール・トロイメア》で《オルフェゴール・ガラテア》をリンク召喚

→《オルフェゴール・トロイメア》の効果で《星遺物-星杖》を落としてそのまま《オルフェゴール・トロイメア》特殊召喚

→《ヴァレルロード・S・ドラゴン》をシンクロ召喚

→《オルフェゴール・ガラテア》の効果で《星遺物-星杖》をデッキに戻して《オルフェゴール・クリマクス 》セット



先に《宵闇の機神ディンギルス》をたてているので《ヴァレルロード・S・ドラゴン》の装備効果への《幽鬼うさぎ》がケアできます

5.《ダーク・グレファー》+《オルフェゴール・ディヴェル》


→《オルフェゴール・ガラテア》+《ヴェルズ・ナイトメア》+クリマクス 

《ダーク・グレファー》召喚

→手札の《オルフェゴール・ディヴェル》捨てて《オルフェゴール・トロイメア》落下

→《オルフェゴール・ディヴェル》の効果で《オルフェゴール・スケルツォン》特殊召喚

→《オルフェゴール・トロイメア》の効果で《星遺物-星杖》を落下し、そのまま《オルフェゴール・ディヴェル》を特殊召喚

→《オルフェゴール・スケルツォン》と《オルフェゴール・ディヴェル》で《オルフェゴール・ガラテア》をリンク召喚

→《オルフェゴール・クリマクス 》をセット

→《オルフェゴール・スケルツォン》で《オルフェゴール・ディヴェル》を特殊召喚

→《ヴェルズ・ナイトメア》をエクシーズ召喚

《ヴェルズ・ナイトメア》が有効な相手への展開です。

2本目以降など《ダイナレスラー・パンクラトプス》等を警戒するなら《宵闇の機神ディンギルス》をだしましょう

4.《地獄門の契約書》+《亡龍の旋律デストルドー》


→《オルフェゴール・ガラテア》+《ヴァレルロード・S・ドラゴン》+《オルフェゴールクリマクス 》


《地獄門の契約書》を発動し《DD魔導賢者コペルニクス》を手札に加える

→《DD魔導賢者コペルニクス》を通常召喚し《DDラミア》を落下

→《DDラミア》を特殊召喚し《アクセル・シンクロン》をシンクロ召喚

→《アクセル・シンクロン》の効果で《ジェット・シンクロン》を落とし、レベル6に変更

→手札の《亡龍の旋律デストルドー》を捨てて《ジェット・シンクロン》を特殊召喚

→《亡龍の旋律デストルドー》をレベル6で特殊召喚→《アクセル・シンクロン》と《亡龍の旋律デストルドー》で《永遠の淑女ベアトリーチェ》をエクシーズ召喚

→《永遠の淑女ベアトリーチェ》で《オルフェゴール・ディヴェル》落下

→《水晶機巧ハリファイバー》をリンク召喚

→《水晶機巧ハリファイバー》の効果で《オルフェゴール・カノーネ》を特殊召喚

→《オルフェゴール・ディヴェル》の効果で《オルフェゴール・トロイメア》を特殊召喚
以下省略


初手に《オルフェゴール》に触れるカードがなくても動けるパターンです
《亡龍の旋律デストルドー》がエクシーズ召喚の素材に使用されているためデッキ下ではなく墓地に送られるため次のターンの攻め手にもできるのも強いです

⑤環境デッキへの立ち回り


vs【ドラゴンリンク】

先行ならばディンギルスナイトメアを目指します。
しかし僕は誘発が充分な枚数入っているため後攻でも充分戦えると判断し、相手の《ダイナレスラー・パンクラトプス》や《PSYフレームギアγ》を腐らせるために後攻を取ります。
相手にバレてたら先行を取ります

vs【閃刀姫】

気をつけることは2つ

1.《閃刀機関マルチロール》と《センサー万別》を確実に処理

対閃刀姫相手への負け筋につながるカードがこの2枚です。半端ないパワーをもっているカードたちですので常にこのカードたちの存在を意識したプレイングが必要です。


2.リソースを枯らさない

閃刀姫は《閃刀機シャークキャノン》でこちらのリソースを簡単に剥いできます。相手が閃刀姫だとわかっているならば《宵闇の機神ディンギルス》を出してリソースを回収しておきましょうリソースに余裕がない限り《閃刀機シャークキャノン》にアクセスする動きには妨害を当てていったほうがいいです。

vs【サンダードラゴン】

誘発の枚数が多く、メインギミックのパワーも高いデッキしかし、初動が細めではあるので先行で2妨害構えて初動を潰していきましょう2戦目から《オルフェゴール・クリマクス 》を1枚《オルフェゴール・バベル》にします

vs【オルターガイスト】

1番気をつけるカードは《終焉の地》からの《魔晶洞》

先行でしっかり妨害数を稼いで次のターンからはなるべく特殊召喚を控えながら戦いましょう《オルフェゴール・クリマクス》2枚目が光る相手です。

⑥おわりに

今期最初は《ジェット・シンクロン》や《調律》を軸とした構築を使っていましたが勝率が芳しくなかったので《ダーク・グレファー》を軸とした構築にしたところ足立CS5-2 ベスト8さこCS5-1 ベスト16令和遊戯CS 準優勝足立CS 4-0足立CS 6-1-1 準優勝
と優勝はできなかったものの自分の中ではいい成績が出せました。


構築の基盤をくれた @aspel_yp に感謝

【未界域】の登場により構築の幅も広がり、まだまだ遊べそうですね


この記事を見て少しでも【オルフェゴール 】に興味を持っていただけると嬉しいです😃

関連記事

コメント

1 匿名

ダークグレファー3枚入ってるけど準制限ですよね・・・・

2 匿名

ダークグレファーは準制限ですよ

3 ぶんちき

すごく参考になりました!
サイドにパンクラが3枚入っていますが、こちはも準制限では。

4 ガチまとめ遊戯王担当

失礼致します。
ガチまとめ遊戯王担当の者です。
デッキレシピの枚数ですが、以下の点が間違っており、しーら様及び読者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを謝罪いたします。

【訂正点】
《ダーク・グレファー》1枚削除
《ダイナレスラー・パンクラトプス》1枚削除
《DD魔導賢者コペルニクス》1枚追加
《王宮の勅命》1枚追加

この度は大変申し訳ございませんでした。

5 匿名

宵闇の機神ディンギルスが宵闇の機神ディヴェルになってますよ。

6 ガチまとめ遊戯王担当

ご指摘頂いたカード名称ミスを修正致しました。

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

関連
記事