エースは(ツイッターで)拾った。 ~リビングデッドの呼び声編~

PV 730 いいね 0 コメント 0

エースは(ツイッターで)拾った。 ~リビングデッドの呼び声編~

――かつて遊☆戯☆王5D’sの主人公である不動遊星は言った。

どんなカードでも存在する以上、必要とされる力がある。」と――

しかし、現代遊戯王においてこの理論を信じているものはあまりにも少ない。膨大なカードプールと、高速で移り変わる環境がそれを許さないのだ。

ならば歴史に埋もれていくカードたちにもう希望はないのか?

そんなことはない!そのために私は立ち上がった。この企画記事はツイッターで「やたら持ってる」「みんな持ってるけど使わない」「使い道が思い付かない」カードを募集し、それぞれがメインを張ったデッキを作成・紹介しようという企画である!(労力)

みんな大好きこのカード!

永続罠
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

「ト」じゃないよ、「ド」だよ。

1.リビングデッドの呼び声の長所

なんでも蘇生できる点、罠ゆえにいつでも発動できる、相手が自分の墓地のモンスターを対象に発動した《死者蘇生》の無力化・・・etc.etc

いうまでもなく汎用カード、利点や長所、使い道を挙げればキリがない。

今更私が考えるまでもなくみんな使ってることだろう?

じゃあやらなくていいか。

でも紹介しちゃう。だって自分のデッキ紹介なんだもん。

2.デッキ紹介

というわけで今回の《リビングデッドの呼び声》デッキは、

《悪シノビ》《光帝クライス》《リビングデッドの呼び声》などでガチガチにサポートしたドロー型の【エクゾディア】です!

ついにMy Deckの紹介デースwwwエクゾディア回デースwww

さて、解説・・・の前にこのデッキの成り立ちを少し話させてくれ。

そもそもは、高校時代の身内杯・エクゾディア大会に遡る。その時は違うデッキを使ったのだったがその後、友人と論争になった。

ドロー型とサーチ型どちらが早いか?

である。永遠の議題。

まあ大会は【ジャンド】が勝ちやがったのだがな。

ドロー型を支持した私から生まれたデッキがこいつというわけだ。クリッターなどが入っていないのはそういう理由だ。コンセプトってやつ。

閑話休題

解説しよう。

この手のカードでデッキを組む際ありがちなのは「汎用なんだから入れてりゃ強いだけ」現象だ。これは良くない。何より面白くない。

ところで《リビングデッドの呼び声》が一時期禁止カードに指定されていたのをご存じだろうか?その時に代用ポジションとして様々なカードが刷られている。併せて使っていこう。

このデッキの要点はこうだ。

リビデシノビ

リビデクライス

見りゃわかるわ。

①リビデシノビ

私の使用するドローソースの筆頭。

効果モンスター
星2/闇属性/戦士族/攻 400/守 800
フィールド上に表側攻撃表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された時、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【悪シノビターボ】を搭載した。相手の攻撃宣言を燃料にドローできる。

☆2の戦士族なので《トゥルース・リインフォース》の対応している点も評価できる。

しかしこのモンスター、攻撃表示でなければならず、攻撃力も低いためそのままでは《ゴブリン突撃部隊》などに殴られ、大ダメージを受けたわりに1ドローというしょぼい結果になってしまう。

そこで、今回の主役、《リビングデッドの呼び声》、さらには《強化蘇生》、《エンジェルリフト》の出番である。《竜魂の幻泉》でもよし。

攻撃宣言されたときドロー効果の後にこの蘇生罠たちを発動すれば「バトルステップの巻き戻し」が行われる。

こちらのモンスターの数が変動したため、もう一度攻撃宣言されることができるのだ。これは使用してみると分かるがわりと馬鹿にならないドロー量である。

蘇生するのも悪シノビなので相手のいら立ちも最高潮である。

万が一相手が攻撃しない戦法を取ってきた場合は・・・

②リビデクライス

【光帝クライス】を召喚したり、ドローに変えればいい。

効果モンスター
星6/光属性/戦士族/攻2400/守1000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
フィールドのカードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊し、破壊されたカードのコントローラーは
破壊された枚数分だけデッキからドローできる。
(2):このカードは召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【クライスターボ】も搭載している。場の要らないカードや墓地に送りたいカードを燃料にドローできる。

ただし、《光帝クライス》は自身も破壊できるがそれでもボード・アドバンテージを見れば損になる。エクゾディアには関係ないかもしれないが。

そこで、今回の主役、《リビングデッドの呼び声》《竜魂の幻泉》 の出番である。

墓地の《光帝クライス》を蘇生し、クライスの破壊効果の対象を、自身と《リビングデッドの呼び声》にするのだ。

《リビングデッドの呼び声》が破壊されたとき、《光帝クライス》も破壊されるが、クライスの効果は同時に破壊するため無駄なく2枚ドローに変えられる。

  

 

このように《リビングデッドの呼び声》を筆頭にした「蘇生永続罠軍団」は強力なモンスターを展開するだけではなく、その性質を利用してドローソース等の様々なコンボに利用できる。

今回の守りのドロー「リビデシノビ」攻めのドロー「リビデクライス」のように同じ効果から異なる結果を生み出せるのもその汎用性からであろう。

3.終わりに

今回紹介した《リビングデッドの呼び声》活用デッキ、【シノビ・オブ・ザ・クライス】

安価で組めるので初心者にもおススメだヨ!

皆さんはドローとサーチどっちの【エクゾディア】が好きかな?(再燃)

Darkness falls across the land
The midnight hour is close at hand ...

──かつて遊☆戯☆王5D'sの主人公である不動遊星は言った。

どんなカードでも存在する以上、必要とされる力がある。」と──

それはカードたちを救う希望の言葉である。

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

0