環境デッキを使おう!~転生炎獣~

PV 9,359 いいね 23 コメント 4

環境デッキを使おう!~転生炎獣~

ご挨拶

みなさんお疲れ様です!ハリファイバーと同じくらい必要とされているやねろく真剣態です!

突然ですが、以前「セレブレーションイベント」なるものがありましたね。世界大会と同じレギュレーションで開かれたイベントです。私もアレに出たんです。

プレイングミスが怖すぎて【プレミ防止パラディオン】(過去記事参照)で参加したんですが、いやはや大変でした。

【転生炎獣】が強いったらしょうがない。それ以外の人には何とか勝ち上がりましたが結果3位でした。後で聞いたところ上2人は両方【転生炎獣】だったそうです。

よし!

組むか。

今回はそんな話。

情報弱者から見た【転生炎獣】

私は今でこそガチまとめをチェックしてますが、半年とちょっと前にはツイッターすらやっておらず、パックの収録カードなどは実物を見てから知るような盲目遊戯王ライフでした。

【転生炎獣】(読み「サラマングレイト」)のことも「すごいつよいやつ!!」くらいの認識で、何が強いのか?どう動くのか?なんなら揃えるための値段すら知りませんでした。あっ、ストラクでしたっけ(すっとぼけ)

 

とにかくこんなに人気のテーマなんです。使わないにしろ使われる可能性が非常に高いので対策を知っておくことも必要です。

深く理解するためには実際に組むのが一番!

3箱(とサンライトウルフ)買ってきたのでまずは各カードを見ていきましょう!

基本解説

【転生炎獣】の基本的な戦術は大量かつ強大なリンクモンスターの展開によるビートダウン、さらにはその展開に付随して妨害盤面を敷くことにあります。

とにかく展開に特化したモンスター、魔法群と強固な妨害罠の数々はこのデッキを使用しない人でも遭遇する確率が非常に高いため、名称・効果は覚えておくといいでしょう。相手の展開を理解することで適切な妨害によってアドバンテージを奪取することができます。

 

それだけでも強いのですが真に恐ろしいのはその安定性。初手サーチも含め、その初動は圧倒的に少なく事故ったと言いながら3枚妨害くらいは先攻で敷くことができるとかそうでないとか。


このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を手札に加える。
●自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した
自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのリンクモンスターは自身以外のモンスターの効果を受けない。

《転生炎獣の炎陣》はどんな手札でもこれがあれば展開の選択肢が広がります。「サラマングレイト」モンスター万能サーチ、まさに「エンジン」といったところですね。海外では制限になっているらしいですが、国内ではまだ3枚使えるのでフル投入が基本と思われます。

しかし肝心なのは何をサーチするか?ですよね。

きっと手札に欲しいのはこのモンスターでしょう。

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」モンスターが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」カード1枚を墓地へ送る。

《転生炎獣ガゼル》はその突出した使い勝手の良さから制限指定を受けた代表的なモンスターです。

ガゼルの召喚だけで大型リンクモンスターの展開と大量のバウンスまで持っていき、場とプライドを荒らし回ることが出来ます。しかも一枚スタートなので他のモンスターも手札にある場合目も当てられません。

 

あ゛?詳しい展開ルート?

知らん、管轄外だ。

一応対面した側としては早いうちに止めておくべきだとは思ってます。それくらいしか分かってない。

 

後のメインのモンスターはなんと言うべきか……。

あまり変わらないかも?

名称指定で1ターンに一度なんかのトリガーで自己蘇生できるヤツ。これに尽きるでしょう。展開に絡んでくるサラマングレイトモンスターはだいたいこれにもう一個効果がついてるイメージで遜色無いです。

 

もちろんキチンと知っておくべきなんだろうしそうでないモンスターも居ますが、今回つくってみたデッキはこの程度の認識でつくっています。

遊戯王のルールや【転生炎獣】の効果等はあまり分からないが使ってみたい!という方が居れば意外とこのデッキ製作法はオススメです。細かい効果や展開ルートはやりながら覚えた方が分かりやすいと思うので。

 

ちょっと話が飛んじゃいましたが、他の展開に絡んでくるカードの紹介です。メインデッキで言えば魔法カードですね。

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスター1体を選んで特殊召喚する。②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのリンクマーカーの数まで、自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスターを選んで守備表示で特殊召喚する。

《転生炎獣の意志》はかなり有用な展開手段だと思います。

(1)の効果でも汎用的な運用ができますが、特に強力なのは(2)の効果でしょう。同名モンスターを素材にリンク召喚したサラマングレイトリンクモンスターが場にいる場合に限るが、そのリンクモンスターのマーカーの数まで手札・墓地から特殊召喚するというもの。

大量に展開しておきながらまだ展開する気ですよ、厚かましい・・・。(2)の効果は発動時にこのカードを墓地に送りますが《転生炎獣ファルコ》を使い回収できます。安定して使えますね。

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「サラマングレイト」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを自分フィールドにセットする。②:このカードが墓地に存在する場合、「転生炎獣ファルコ」以外の自分フィールドの「サラマングレイト」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻し、このカードを墓地から特殊召喚する。

 

このカードもそうですが【転生炎獣】カードには「同名モンスターを素材にリンク召喚」が必要になってきます。各種魔法罠とリンクモンスター自体の追加効果はとても強力なので基本戦術になります。

【転生炎獣】は鬼のような展開力を持つので、リンクモンスターをモンスター1体分の素材としてリンクすることももちろんできますが、サポートできるカードもあるので使っていきましょう。

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分が「サラマングレイト」リンクモンスターをリンク召喚する場合、自分フィールドの同名の「サラマングレイト」リンクモンスター1体のみを素材としてリンク召喚できる。②:自分のモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に、1000LPを払い、自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力を0にし、そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

《転生炎獣の聖域》はこの「転生リンク召喚」のためのフィールド魔法です。

このカードの効果を見ただけではイマイチ役立つのかわからない方もいらっしゃるかもしれませんが、これがあるだけで展開パターンは無限大に広がります。

それになんといってもほぼ確実に発動できるのがいい所です。展開で必ず絡んでくるであろう《転生炎獣ベイルリンクス》でサーチができるので最初から可能性は無限大ってワケ。

サーチできるので必須な割に大量に積む必要が無いのもいいですね。

 

これ以外にも「同名モンスター」であればいいので《フォーマッド・スキッパー》を出したいモンスターのカード名に変更するのもいいでしょう。

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分メインフェイズに発動できる。EXデッキのリンクモンスター1体を相手に見せる。このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える。②:このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 

 

 かなりおおざっぱですが、展開に必要なカードの解説はこんなところにして次の解説です。【転生炎獣】は展開するだけでなく妨害にも秀でたテーマなんです。

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:自分フィールドに「サラマングレイト」リンクモンスターが存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。②:このカードが墓地に存在する状態で、自身と同名のモンスターを素材として「サラマングレイト」リンクモンスターが自分フィールドにリンク召喚された場合に発動できる。このカードを自分フィールドにセットする。この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

《サラマングレイト・ロアー》は万能カウンターとして非常に優秀(厄介)です。サラマングレイトリンクモンスターがいるだけで、モンスター効果・魔法・罠の発動を無効にして破壊します。ああ恐ろしや。

しかし、真に恐ろしいのはこれからです。カウンターした後はもう何もないかと思いきや「転生リンク召喚」することで再度フィールドにセットされることになります。前述の《転生炎獣ファルコ》の存在もあるため何度でも蘇るさ!

 

【転生炎獣】の妨害はこれだけではありません。

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果

《灰流うらら》がいます。

おいおい、うららなんてどのデッキでも強いじゃないか。アカデミアからやり直せ。

そうおっしゃいますか。

それはそうです。たいていのデッキで強いです。ただし【転生炎獣】となると話は変わってくるのです。

炎属性の効果モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。自分の墓地から炎属性モンスター1体を選んで手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できない。②:このカードが「転生炎獣サンライトウルフ」を素材としてリンク召喚されている場合に発動できる。自分の墓地の「サラマングレイト」魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える。

《転生炎獣サンライトウルフ》の登場により《灰流うらら》の価値が激変したのです。《転生炎獣サンライトウルフ》のリンク先にモンスターが出ることで墓地の《灰流うらら》を回収するムーヴが生まれました。端的に申し上げますとぶっ壊れですね。

この《転生炎獣サンライトウルフ》、「転生リンク召喚」時の効果で墓地の魔法罠を回収します。またロアーだよ・・・。

 

 

このように【転生炎獣】は展開に長け、相手ターンの妨害にも非常に適しためちゃつよテーマとなっています。

めちゃつよです。様々な大会で優秀な成績を収めまくっています。

各大会の優勝【転生炎獣】のデッキレシピのリンクを載せておきますね。読んだら戻ってきてくださいよ?

ここからが本題です。

デッキをつくってみる

確かに【転生炎獣】はとにかく展開力に優れています。それにリンク召喚が主体のテーマです。みなさんがそろって大型リンクモンスターを立て、妨害盤面を敷いて喜ぶのも無理はないでしょうね・・・。

・・・しかし、

 

しかしみなさん、思い出してください!

遊戯王においてモンスターを並べたその目的を!

数々の困難を打ち砕いてきたその武器を!

全てをひっくり返してきた希望のカードを!

《団結の力》を!!

 

 

これでいいのです・・・。これで・・・。

攻撃力さえあれば人は死ぬ。そこにあるのは圧倒的な「力」だけ――。

さあ、デッキの完成だ――。

いちおう解説しましょう。暴力の前には解説なんて無力ですが

基本的には「並べて」「殴る」のが目的です。おあつらえ向きに《転生炎獣Jジャガー》には守備貫通効果があるため《団結の力》はこのあたりにつけるといいでしょう。

一度のバトルフェイズでとどめが刺せなかったときの対策として《停戦協定》をべらぼうに採用しています。

①:フィールドに効果モンスターまたは裏側守備表示モンスターが存在する場合に発動できる。フィールドの裏側守備表示モンスターを全て表側守備表示にする。この時、リバースモンスターの効果は発動しない。フィールドの効果モンスターの数×500ダメージを相手に与える。

どちらもモンスターを並べると異常な火力を発揮するので《団結の力》とともに相性バッチリです。

ここまでやれば大抵死にます。

というか《停戦協定》って何なんですかね?殺意しか感じないけど?

 

あと特徴的といえば、《超熱血球児》でしょうか。

フィールド上にこのカード以外の炎属性モンスターが存在する場合、このカードの攻撃力は1体につき1000ポイントアップする。このカード以外の炎属性モンスターを墓地に送る度に、相手プレイヤーに500ポイントダメージを与える。

このカードは場の炎属性を参照して攻撃力がアップします。なんと1体につき1000の上昇率。もちろん【転生炎獣】モンスターはすべて炎属性のためえげつない火力を期待できます。

もちろんこのモンスターを最大限活かすため特殊召喚の手段も用意しています。

フィールド上にこのカード以外の炎属性モンスターが存在する場合、このカードの攻撃力は1体につき1000ポイントアップする。このカード以外の炎属性モンスターを墓地に送る度に、相手プレイヤーに500ポイントダメージを与える。

炎属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した時に発動できる。デッキから炎属性・レベル3モンスター1体を特殊召喚する。②:このカードがS召喚に成功したターン、自分はレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない。

《レッド・リゾネーター》を通して《炎星候-ホウシン》をシンクロ召喚することでデッキからリクルートできます。ガゼルを出しては?

 

 

もう説明はいらないでしょう。こんなに浅い解説でもみなさんにはもう伝わっています。この熱い《意志》が・・・。(ごまかし)

おわりに

今回紹介した環境デッキ【転生炎獣】

確かにめちゃつよで様々な方が使用し結果を残しています。

しかし、オリジナリティが生きがいである私にはそのレシピがどうしても似たり寄ったりに見えてしまいました。もちろんそれが強い構築だってことなんでしょうが。

ただこの展開力で楽しく遊べたらいいかなとも思っちゃいました。

もっとシンプルに、ライトに【転生炎獣】を使ってみましょう!

 

素でこんな構築しかできないなんて言えるか。

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (4)

匿名

解説部分も普通にためになって草

1
モンスターではない紙だ!

レッドリゾネーターの説明のとこ超熱血球児の説明になってます(語彙力)
団結の力と超熱血球児と停戦協定はいいですね。あと灰流うららとサンライトウルフが強いってこと書いてあるのに灰流うらら入ってないですね。
長文失礼いたしました

1
やねろく真剣態

レッドリゾネーターの効果のところ間違えてしまいました。申し訳ありません。
うららはどうでもいいです。

0
つばき

マジに対策に困ります
ベイルリンクスは聖域持ってこれるし墓場にいたで場の戦闘効果無効
攻撃力上回っていたら今度はヒートライオの効果で下げさせられる
極め付きは超融合からのヴァイオレットキマイラでまくられたり1キルされ

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

23