エースは(ツイッターで)拾った。~ダメージ・イーター編~

エースは(ツイッターで)拾った。~ダメージ・イーター編~

──かつて遊☆戯☆王5D'sの主人公である不動遊星は言った。

どんなカードでも存在する以上、必要とされる力がある。」と──

しかし、現代遊戯王においてこの理論を信じている者はあまりにも少ない。膨大なカードプール、高速で移り変わる環境がそれを許さないのだ。

ならば歴史に埋もれていくカードたちに希望は無いのか?

そんなことはない!そのために私は立ち上がった。この企画記事はツイッターで「やたら持ってる」「みんな持ってるけど使わない」「使い道が思い付かない」カードを募集し、それぞれがメインを張ったデッキを作成・紹介しようという企画である(労力)

今企画、最大迷ったやつ2人目・・・

効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 100/守 800
相手がダメージを与える魔法・罠・効果モンスターの効果を発動した時、
墓地に存在するこのカードをゲームから除外して発動する事ができる。
その効果は、ライフポイントを回復する効果になる。
この効果は相手ターンにのみ発動する事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

できるか!こんなヤツ!強いじゃん?

1.ダメージ・イーター作戦

以前紹介した《ヒール・ウェーバー》に続き再び アニメ遊戯王5D'sで遊星さんが使用したモンスターである。あこがれちゃうなー。

主人公カードであるので当然強いに決まっている!なんか適当なデッキにしとけば形になるでしょ!

だから滅びた・・・・・

オレが滅ぼしたんだ。バーンデッキは何となく気に入らないんでね・・・

デッキ紹介前に注意しておくが、さすがにこの効果でダメージを狙ったり、直接勝利に繋げることはできなかった。

有効的に使おう!って企画なんだから大目に見てね。

僕が一番《ダメージ・イーター》を上手く使えるんだ!って人いたら連絡ください。尊敬する。

2.デッキ紹介

というわけで今回の《ダメージ・イーター》デッキは、

《終焉のカウントダウン》になっちゃったよ・・・。手に負えないなあ。

ちなみにこれも例にもれず原型として組んであるので、いろいろ弄ってもらって構わんよ。ただ《終焉のカウントダウン》の扱いには一家言あるのでこの構築に自信はあるんスよ。

おおよそやりたいこととできることが一つしかないのでとってもわかりやすいね。だから《終焉のカウントダウン》は好きなんだ。

順を追って解説していこうね。

①終焉のカウントダウン発動まで

古来より存在する【終焉のカウントダウン】デッキが特殊勝利の中でイマイチ存在感がない理由はその不安定さにもある。

防御手段が豊富なので待つことはできるが、初手に握っていなかったりするとそれだけターンが無駄になる。結局エクゾディアのが早いじゃん。

通常魔法である《終焉のカウントダウン》はサーチもしづらい。《強欲で謙虚な壺》あたりで手札に加えるのが妥当だろう。しかし今回は不採用だ。今回は、

リバース・効果モンスター
星1/光属性/昆虫族/攻 200/守 700
(1):このカードがリバースした場合に発動する。
魔法・罠カードが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、
その魔法・罠カードを手札に加える。
残りのめくったカードは全て墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

こいつで墓地を肥やしつつサーチする。

他の魔法罠が入ったとしても《ADチェンジャー》を活用して再チャレンジもできる。それに他の魔法罠は耐久するうえで非常に重要なパーツだ。どっちにしろ持っておきたい。

《魔導雑貨商人》のサーチ手段さえあるならデッキの枚数、特にモンスターを増やしてもいい。60枚終焉とか見てみたいわ。

これで墓地の防御モンスターが溜まったことだろう

・・・なにィ!?

全く落ちていない・・・だと・・・?一枚しかいってない?

ならいいよ

②20ターン耐えろ!

往復10ターンでもこれは辛すぎるなぁ・・・。《ネクロ・ガードナー》でどうしのげってんだ。

効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻 600/守1300
(1):相手ターンに墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、相手モンスターの攻撃を1度だけ無効にする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

こんなのしかいないのか?ふあん。

 

でも大丈夫!今回の防御システムは大きく分けて2つ。そしてどちらも攻撃は絶対通さない!

メインで使う手段はこっちかな。

永続魔法
自分の墓地のモンスター1体のみがゲームから除外された場合、
除外されたそのモンスターと異なる属性のモンスター1体を
デッキから墓地へ送る事ができる。
「星邪の神喰」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《聖邪の神喰》によるリレー式防御システムだ。

《ネクロ・ガードナー》に代表される攻撃止める組と、《ネクロ・ディフェンダー》が特に使いやすい戦闘破壊されない組を上手く行き来すれば鉄壁の守りとなる。

基本的にはこのリレーを回して、時にはデッキに戻して戦うことになる(戦ってない)

 しかしお気づきだろうか。《ネクロ・ディフェンダー》で防御するには、場にモンスターが必要なのである。もちろんこのモンスター自体も守りに特化していなければ20ターンは持たないだろう。

そこでもう一つの防御システム・・・。

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1300/守 300
(1):このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にする。
その後、手札・デッキから「TG」モンスターまたはレベル4以下のチューナー1体を特殊召喚できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ダーク・リゾネーター》をどこからでも立てる絶対防御機構だ。

1ターンに1度の戦闘破壊を免れる効果だが意外と馬鹿にならない。《バトル・スタン・ソニック》を併用すれば3発も直接攻撃を防げるんだぞ?

《ゾンビーナ》も駆使して《ダーク・リゾネーター》を再展開できる。

この2つの防御システムを併用すれば本当に硬い防衛ラインが出来上がる。《ゴブリン突撃部隊》等の脳筋なんかではもうカウントダウンは止まらない。

ともすれば20ターンどころじゃなく耐えられそうだな・・・。

アレ?強そうに見えてきた。組むわこれ

③終焉のカウントダウンの弱点

ところで皆さんは【終焉のカウントダウン】の弱点をご存じだろうか?

常日頃使っているみんなならわかるだろう。いやまあ20ターンが長すぎるとかじゃなくてね?気持ちを抑えて。それは、

バーンデッキ

なのだ。通常の終焉デッキは《バトルフェーダー》など攻撃を止めるカードばかりに意識が行きバーン対策ができない。《和睦の使者》じゃ足りないし。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

あ。

3.終わりに

今回紹介した《ダメージ・イーター》活用デッキ【ダメージ・キーパーズ】

ひねくれた特殊勝利がしたい人、ストレージにあるわけわかんないカードを一つのデッキにまとめたい人におススメだヨ!

ずっとジャックが使ったと思ってました(自供)

──かつて遊☆戯☆王5D'sの主人公である不動遊星は言った。

どんなカードでも存在する以上、必要とされる力がある。」と──

それはカードたちを救う希望の言葉である。

関連記事

コメント

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

関連
記事