ループワンキル搭載アマゾネス

PV 3,217 いいね 5 コメント 2

ループワンキル搭載アマゾネス

目次

はじめに

前回のTWCに引き続き記事を書かせていただきます、蒼乃です。前回は2つのデッキが入賞し、とても励みになりました。
というわけで今回最初のデッキ、「アマゾネス」の解説に移りましょう。

↓前回の記事はこちらから
https://gachi-matome.com/tag/yg-aono/

レシピとループギミック

このデッキには多くのギミックが入っていますが、中でも目玉となるのはタイトルにもある、ループワンキルです。《アマゾネスの叫声》《アマゾネス王女》に全体攻撃を付与し、《ブラック・ガーデン》で出した「ローズ・トークン」に攻撃。《アマゾネス王女》は攻撃宣言時に手札かフィールドのカードを1枚墓地へ送り、デッキから「アマゾネス」モンスターを特殊召喚できます。これによって新たな「ローズ・トークン」が特殊召喚されます。もう一度攻撃を行い、さっき特殊召喚した「アマゾネス」をコストに別の「アマゾネス」を出し、「ローズ・トークン」が特殊召喚され・・・と、デッキのアマゾネスが尽きるまで攻撃をすることができます。

【 効果モンスター 】
星 3 / 地 / 戦士族 / 攻1200 / 守900

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アマゾネス女王」として扱う。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「アマゾネス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
③:このカードの攻撃宣言時にこのカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。デッキから「アマゾネス王女」以外の「アマゾネス」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 速攻魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「アマゾネスの叫声」以外の「アマゾネス」カード1枚を手札に加えるか墓地へ送る。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「アマゾネス」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できず、対象のモンスターは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 フィールド魔法 】

「ブラック・ガーデン」の効果以外の方法でモンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、そのモンスターの攻撃力を半分にし、そのモンスターのコントローラーから見て相手フィールド上に「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)1体を攻撃表示で特殊召喚する。自分はこのカードとフィールド上に表側表示で存在する全ての植物族モンスターを破壊し、破壊したモンスターの攻撃力の合計と同じ攻撃力のモンスター1体を自分の墓地から選択して特殊召喚する事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

準備と実際の展開

《アマゾネス王女》《アマゾネスの叫声》は互いにサーチし合い、《聖騎士の追想 イゾルデ》《増援》などもあるため揃いやすいですが、《ブラック・ガーデン》《テラ・フォーミング》を合わせても2枚しか入っていません。そこで、シンクロの出番です。《アマゾネス王女》はレベル3なので、《サイコウィールダー》を特殊召喚することができます。《アマゾネスペット仔虎》とシンクロし《ガーデン・ローズ・メイデン》を出すと、《ブラック・ガーデン》を手札に加えられます。

【 チューナーモンスター 】
星 3 / 地 / サイキック族 / 攻600 / 守0

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「サイコウィールダー」以外のレベル3モンスターが存在する場合、このカードは手札から守備表示で特殊召喚できる。
②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合、このカードをS素材としたSモンスターより低い攻撃力を持つフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 シンクロモンスター 】
星 5 / 闇 / 植物族 / 攻1600 / 守2400

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「ブラック・ガーデン」1枚を選んで手札に加える。②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の、「ローズ・ドラゴン」モンスターまたはドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

あとは《グラビティ・コントローラー》を出して「ローズ・トークン」を出せばループ完成ですね。しかし、《アマゾネス王女》の攻撃力は1200。「ローズ・トークン」を攻撃しても1回につき400ダメージしか与えられません。《ブラック・ガーデン》を発動してから《アマゾネス王女》を召喚し、《アマゾネスの闘志》を発動すると1回につき800ダメージを与えることはできますが、《ガーデン・ローズ・メイデン》を使う場合は手順の関係でそうはいきません。そこで活躍するのが《アマゾネスの呪詛師》《アマゾネス王女》の効果で手札に加えることができ、相手モンスターと元々の攻撃力を入れ替えることができます。攻撃力が2000ぐらいのモンスターが居ればだいぶ楽ができます。《聖騎士の追想 イゾルデ》で手札に加えられる《焔聖騎士-ローラン》や、《ガーディアンの力》なども攻撃力を上げるのに役立ちますね。

【 通常魔法 】

ターン終了時まで、自分フィールド上の「アマゾネス」という名のついた表側表示モンスター1体と、相手フィールド上表側表示モンスター1体の元々の攻撃力を入れ替える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 永続魔法 】

「アマゾネス」と名のついたモンスターが、その攻撃力よりも高い攻撃力を持つモンスターを攻撃する場合、ダメージ計算時のみ攻撃モンスターの攻撃力は1000ポイントアップする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

その他ギミック

ワンキルデッキというとワンパターンになりがちですが、さっきのワンキル以外にも臨機応変に戦えるデッキになっています。《アマゾネス女王》で戦闘破壊されないモンスターで攻撃し、《アマゾネスの急襲》で相手だけを除外する「アマゾネス」の基本戦術はもちろんできますね。《アマゾネスの剣士》《脆刃の剣》を装備することで、戦闘を行うとお互いにダメージを受けるはずのものを、自分のぶんを相手に反射するので相手に2倍のダメージを与える攻撃力3500のモンスターが誕生します。《サイコウィールダー》も「アマゾネス」も地属性なので強力な「ナチュル」シンクロモンスターを出すことができたり、《ドロドロゴン》と「アマゾネス」モンスターで《アマゾネス女帝》を融合召喚したりと状況に合わせて戦うことができます。

【 効果モンスター 】
星 4 / 地 / 戦士族 / 攻1500 / 守1600

このカードが戦闘を行う事によって受けるコントローラーの戦闘ダメージは相手が受ける。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 装備魔法 】

①:「脆刃の剣」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。②:装備モンスターの攻撃力は2000アップし、装備モンスターの戦闘で発生する戦闘ダメージはお互いのプレイヤーが受ける。③:自分が2000以上の戦闘ダメージを受けた場合に発動する。このカードを墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

まとめと次回予告

というわけで、ワンターンキル搭載の「アマゾネス」デッキを紹介しましたが、ワンターンキル以外でも色々な戦い方ができる構築にしてあるので飽きずに戦えると思います。さて次回は、《名推理》《モンスターゲート》を中心としたデッキを紹介したいと思います。年末ということで忙しく、第4回TWC中に間に合うかはわかりませんが、もし間に合わなかった場合はトレカライターガーデンという恒常の企画もあるので、そちらで投稿しようと思います。それでは~。

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (2)

匿名

ワンキルする前にデッキのアマゾネスが枯渇すると思いますが

0
匿名

最後まで読みましたか?

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

5