【第5回TWC】これが俺の超量ジャンドデッキだ!!!

PV 6,615 いいね 26 コメント 9

【第5回TWC】これが俺の超量ジャンドデッキだ!!!
トレカライターコロシアム(TWC)とは

読者参加型の記事投稿企画!
最終投票で賞金を手にするのは誰だ!?

記事一覧・参加受付はこちら

目次

はじめに

皆さんこんにちは〜。第五回トレカライターコロシアムに参加しているtigherです。

今回はカードを見つめていたら思いついたこのデッキを紹介します。

デッキレシピ

こちらが今回紹介する「超量ジャンド」デッキです。

このデッキはエクシーズテーマである「超量」というテーマと合体させたデッキです。

一見相性が悪いように見えますが、「ジャンド」のパワーを使えばこのデッキのエースモンスター《超量機神王グレート·マグナス》を出す事が出来ます。

出す事なんて出来ないと思いですか?

そんな事はありません。このデッキで出す事が出来るという事を証明してみせます。

その前に「展開の仕方」までしばしお付き合い下さい。

【 チューナーモンスター 】
星 3 / 闇 / 戦士族 / 攻1300 / 守500

このカードが召喚に成功した時、自分の墓地に存在するレベル2以下のモンスター1体を表側守備表示で特殊召喚する事ができる。この効果で特殊召喚した効果モンスターの効果は無効化される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 効果モンスター 】
星 2 / 闇 / 戦士族 / 攻800 / 守800

自分の墓地に存在するモンスターが特殊召喚に成功した時、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。このカードがシンクロ召喚の素材として墓地へ送られた場合、自分フィールド上に「ドッペル・トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守400)2体を攻撃表示で特殊召喚する事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 通常魔法 】

自分のデッキから「シンクロン」と名のついたチューナー1体を手札に加えてデッキをシャッフルする。その後、自分のデッキの上からカードを1枚墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

メインデッキの紹介

ここからはメインデッキの紹介に入ります。

《クイック·シンクロン》

【 チューナーモンスター 】
星 5 / 風 / 機械族 / 攻700 / 守1400

このカードは手札のモンスター1体を墓地へ送り、手札から特殊召喚する事ができる。このカードは「シンクロン」と名のついたチューナーの代わりにシンクロ素材とする事ができる。このカードをシンクロ素材とする場合、「シンクロン」と名のついたチューナーをシンクロ素材とするモンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

普段はシンクロ素材としてではなく、リンク素材として使われているこのカードですが、今度は《超量機獣マグナライガー》のエクシーズ素材としても輝きます。

《サテライト·シンクロン》

【 チューナーモンスター 】
星 2 / 闇 / 機械族 / 攻700 / 守100

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分の墓地からモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:元々のカード名に「ウォリアー」、「シンクロン」、「スターダスト」の内、いずれかを含むSモンスターが自分のフィールド・墓地に存在する場合に発動できる。このカードのレベルはターン終了時まで4になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ドッペル·ウォーリアー》と同じ特殊召喚効果を持っているのでこのデッキでは特殊召喚しやすいです。

また、自身の効果でレベルを変動する事で《超量機獣エアロボロス》のエクシーズ素材にしやすいです。

「超量」モンスター

上級「超量」モンスターは自身を特殊召喚する効果を持ち、《超量妖精アルファン》以外の共通効果として召喚特殊召喚時に発動出来る効果、墓地に送られ場合に発動出来る効果を持っています。

ただし、共通効果の召喚、特殊召喚時に発動出来る効果は《ジャンク·シンクロン》、《ドッペル·ウォーリアー》と同じ、「~した時に発動出来る。」効果なのでチェーン2以上で召喚、特殊召喚するとタイミングを逃すので注意が必要です。

【 効果モンスター 】
星 7 / 光 / 天使族 / 攻2400 / 守2400

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、光属性以外の「超量」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「超量」モンスター1体を墓地へ送る。このカードの属性・レベルはそのモンスターと同じになる。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「超量妖精アルファン」1体を選んで手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 効果モンスター 】
星 5 / 炎 / 戦士族 / 攻2000 / 守800

「超量士レッドレイヤー」の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分の墓地の「超量」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
③:このカードが墓地へ送られた場合、「超量士レッドレイヤー」以外の自分の墓地の「超量」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果を発動できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 効果モンスター 】
星 4 / 風 / 魔法使い族 / 攻1600 / 守1400

「超量士グリーンレイヤー」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
手札から「超量」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが墓地へ送られた場合、手札の「超量」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 効果モンスター 】
星 3 / 水 / サイキック族 / 攻1200 / 守2000

「超量士ブルーレイヤー」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「超量士ブルーレイヤー」以外の「超量」カード1枚を手札に加える。
②:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「超量」カードを3枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 効果モンスター 】
星 1 / 光 / 天使族 / 攻0 / 守0

「超量妖精アルファン」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、自分フィールドの「超量」モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドの全てのモンスターのレベルは対象のモンスターと同じレベルになる。
②:このカードをリリースして発動できる。
デッキから「超量」モンスター3種類を相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。
そのモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りを墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《連鎖召喚》

【 通常魔法 】

①:自分フィールドにXモンスターが2体以上存在する場合、その内のランクが一番低いXモンスター1体を対象として発動できる。
そのXモンスターよりランクが低いXモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは直接攻撃できず、エンドフェイズにエクストラデッキに戻る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

「超量」モンスターは基本的にエクシーズモンスターを展開し、更にエクシーズモンスターを素材にしますのでこのカードは相性が良いです。

ただし、入れすぎると「ジャンド」の動きに影響を与えてしまうので1枚にしています。

「超量」魔法カード

「超量」の魔法カードは《超量機艦マグナキャリア》に関連するカードを採用しています。

これを手札に加えないと始まりませんからね。

【 通常魔法 】

①:自分フィールドに「超量士」モンスターが3種類以上存在する場合に発動できる。
相手フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。
その後、相手はエクストラデッキからモンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
②:自分の墓地からこのカードと「超量妖精アルファン」1体を除外して発動できる。
デッキから「超量機艦マグナキャリア」1枚を発動する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 フィールド魔法 】

①:手札を1枚捨て、自分フィールドの「超量士」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
その自分のモンスターと同じ属性の「超量機獣」Xモンスター1体を、対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
②:フィールドゾーンのこのカードを墓地へ送り、自分のフィールド・墓地の「超量機獣」Xモンスター3種類を1体ずつ対象として発動できる。
エクストラデッキから「超量機神王グレート・マグナス」1体を特殊召喚し、その下に対象のモンスターとそのX素材を全て重ねてX素材とする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

エクストラデッキについて

ここからはエクストラデッキの紹介に入ります。

《超量機神王グレート·マグナス》

【 エクシーズモンスター 】
星 12 / 光 / 機械族 / 攻3600 / 守3200

レベル12モンスター×3
①:このカードのX素材の種類によって以下の効果を得る。
●2種類以上:1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズにこのカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
フィールドのカード1枚を選んでデッキに戻す。
●4種類以上:このカードは「超量」カード以外のカードの効果を受けない。
●6種類以上:相手はカードの効果でデッキからカードを手札に加える事ができない。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分の墓地から「超量機獣」Xモンスター3種類を1体ずつ選んで特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このデッキのエースモンスターです。

出し方は《超量機艦マグナキャリア》の②の効果以外ありませんが、このデッキではエクシーズ素材を6種類以上確保出来るのでこのカードを完全体で出す事が出来ます。

《真超量機神王ブラスター·マグナ》

【 リンクモンスター 】
星 3 / 光 / 機械族 / 攻2500 /

「超量」モンスターを含む効果モンスター2体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:リンク召喚したこのカードは相手の効果では破壊されない。②:同名カードが自分フィールドに存在しない「超量」XモンスターがEXデッキからこのカードのリンク先に特殊召喚される度に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。③:このカードのリンク先のXモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。そのXモンスターと元々の属性が同じ「超量」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

【LINK-3:左下/下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《TGハイパー·ライブラリアン》の「超量」モンスターバージョンです。

このデッキは必然的に《水晶機巧-ハリファイバー》を出すのでこのカードを出すのは苦ではなく、ドロー効果も《TGハイパー·ライブラリアン》と合わせると最大7枚ドロー出来ます。

「超量」エクシーズモンスター

共通効果としてエクシーズ素材がない場合は攻撃出来ず、手札フィールドの「超量士」モンスターをエクシーズ素材に出来る効果を持っています。

また指定のモンスターをエクシーズ素材としている時、相手を妨害することが出来る強力な効果を持っています。

【 エクシーズモンスター 】
星 7 / 光 / 機械族 / 攻2700 / 守1900

レベル7モンスター×2
①:X素材が無いこのカードは攻撃できない。②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。このカードが「超量士ホワイトレイヤー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・フィールドから「超量士」モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 エクシーズモンスター 】
星 5 / 炎 / 機械族 / 攻2600 / 守2000

レベル5モンスター×2
①:X素材が無いこのカードは攻撃できない。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
このカードが「超量士レッドレイヤー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドの「超量士」モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 エクシーズモンスター 】
星 4 / 風 / 機械族 / 攻2200 / 守2400

レベル4モンスター×2
①:X素材が無いこのカードは攻撃できない。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
このカードが「超量士グリーンレイヤー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドの「超量士」モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 エクシーズモンスター 】
星 3 / 水 / 機械族 / 攻1800 / 守2800

レベル3モンスター×2
①:X素材が無いこのカードは攻撃できない。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
このカードが「超量士ブルーレイヤー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドの「超量士」モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《武力の軍奏》

【 シンクロ・チューナーモンスター 】
星 3 / 風 / 機械族 / 攻500 / 守2200

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがS召喚に成功した場合、自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
②:このカードをS素材としたSモンスターは、フィールドに表側表示で存在する限りチューナーとして扱う。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このカードを出すだけで《超量機獣グランパルス》を出す事が出来ます。

ザックリ言うと、《武力の軍奏》をシンクロ召喚し①の効果で墓地のレベル3チューナーモンスターを特殊召喚します。

そうすることで《超量機獣グランパルス》を出す事が出来ます。

展開の仕方part1

それでは「DECK MAKER」さんの初期手札機能を使って展開をご紹介します。

最初の手札はこちら。

結構良い手札ですね。

初期手札を揃え、メインデッキをシャッフルしてスタートです。

手札の《超量士レッドレイヤー》の①の効果で自身を特殊召喚します。

《ブリリアント·フュージョン》を発動しデッキから《超量士ホワイトレイヤー》、《ジェムナイト·ラズリー》を墓地に送り《ジェムナイト·セラフィ》を融合召喚します。

墓地に送られた《超量士ホワイトレイヤー》の③の効果でデッキから《超量妖精アルファン》を手札に加えます。

《ジェムナイト·セラフィ》の召喚権効果を使い《ジェット·シンクロン》を召喚します。

《ジェット·シンクロン》、《ジェムナイト·セラフィ》を素材に《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚します。

《水晶機巧-ハリファイバー》の①の効果でデッキから《ジャンク·シンクロン》を特殊召喚します。

《超量士レッドレイヤー》、《水晶機巧-ハリファイバー》を素材に《真超量機神王ブラスター·マグナ》をリンク召喚します。

墓地に送られた《超量士レッドレイヤー》の③の効果で墓地から《超量士ホワイトレイヤー》を特殊召喚します。 その特殊召喚に反応し、手札の《ドッペル·ウォーリアー》の効果で自身を特殊召喚します。

《ジャンク·シンクロン》、《ドッペル·ウォーリアー》を素材に《TGハイパー·ライブラリアン》をシンクロ召喚します。

シンクロ素材として墓地に送られた《ドッペル·ウォーリアー》の効果により《ドッペル·トークン》2体を特殊召喚します。

手札の《超量妖精アルファン》を捨て、墓地の《ジェット·シンクロン》の②の効果により自身を特殊召喚します。

《ドッペル·トークン》、《ジェット·シンクロン》を素材に《フォーミュラ·シンクロン》をシンクロ召喚します。

《TGハイパー·ライブラリアン》、《フォーミュラ·シンクロン》の効果でカードを2枚ドローします。

《ドッペル·トークン》、《フォーミュラ·シンクロン》を素材に《武力の軍奏》をシンクロ召喚します。

《武力の軍奏》の効果で墓地から《ジャンク·シンクロン》を特殊召喚し、《TGハイパー·ライブラリアン》の効果でカードをドローします。

さて、ここまでドローしたカードを確認して見ましょう。

これは中々良いですね〜。

ここからはこうなります。

《増援》を発動しデッキから《ジャンク·シンクロン》を手札に加えます。

《武力の軍奏》、《ジャンク·シンクロン》を素材に《超量機獣グランパルス》を《真超量機神王ブラスター·マグナ》のリンク先にエクシーズ召喚します。

《真超量機神王ブラスター·マグナ》の①の効果でカードをドローします。

フィールド魔法、《超量機艦マグナキャリア》を発動し①の効果で手札を1枚捨て、《超量士ホワイトレイヤー》1体を素材に《超量機獣ラスターレックス》を《真超量機神王ブラスター·マグナ》のリンク先にエクシーズ召喚します。

《真超量機神王ブラスター·マグナ》の①の効果でカードをドローします。

ちなみに変わりまくった手札はこうなっています。

これなら。

ちなみにフィールドの状況はこうです。

最強の盤面が出来上がります。

手札の《超量士グリーンレイヤー》を捨て、《超量士ホワイトレイヤー》自身の①の効果で手札から《超量士ホワイトレイヤー》を特殊召喚します。

特殊召喚に成功した《超量士ホワイトレイヤー》の②の効果でデッキから《超量士レッドレイヤー》を墓地に送り《超量士ホワイトレイヤー》のレベル、属性を《超量士レッドレイヤー》と同じにします。

《超量士ホワイトレイヤー》、《TGハイパー·ライブラリアン》を素材に《真超量機神王ブラスター·マグナ》のリンク先に《超量機獣マグナライガー》をエクシーズ召喚します。

《真超量機神王ブラスター·マグナ》の①の効果でカードを1枚ドローします。

これでフィールドには3体の「超量機獣」エクシーズモンスターが揃いました。

《超量機艦マグナキャリア》の②の効果で自身を墓地に送り、《超量機神王グレート·マグナス》を特殊召喚し、3体の「超量機獣」エクシーズモンスター、エクシーズ素材全てを下に重ねます。 出す場所は《真超量機神王ブラスター·マグナ》のリンク先です。

どうです?このデッキで《超量機神王グレート·マグナス》を完全体で出す事が出来るでしょう?

しかし、これで終わりではありません。

《真超量機神王ブラスター·マグナ》の①の効果でカードをドローします。

まだ本来の召喚権を使っていないので、《ジャンク·シンクロン》を召喚し自身の効果で墓地の《ドッペル·ウォーリアー》を特殊召喚します。

《ジャンク·シンクロン》、《ドッペル·ウォーリアー》を素材に《アクセル·シンクロン》をシンクロ召喚します。

シンクロ素材として墓地に送られた《ドッペル·ウォーリアー》の効果で《ドッペル·トークン》2体を特殊召喚します。

《アクセル·シンクロン》効果でデッキから《ジェット·シンクロン》を墓地に送りレベルを1つ上げます。

《ドッペル·トークン》2体、《アクセル·シンクロン》を素材に《ヴァレルロード·S·ドラゴン》をシンクロ召喚します。

《ヴァレルロード·S·ドラゴン》の①の効果で墓地の《水晶機巧-ハリファイバー》を装備し、ヴァレルカウンターを2つ置きます。

以上でこの展開は終了です。 《超量機神王グレート·マグナス》だけでなく、《ヴァレルロード·S·ドラゴン》も出す事が出来ました。

これが最終盤面です。

強靭!無敵!最強!

展開の仕方part2

それでは2回目です。手札はこちら。

おっとこれは〜。

ちょっと賭けなくてはなりませんね〜。

それではまいりましょう。

《ブリリアント·フュージョン》を発動し、デッキから《ジェムナイト·ラズリー》《超量士ホワイトレイヤー》を墓地に送り《ジェムナイト·セラフィ》を融合召喚します。

墓地に送られた《超量士ホワイトレイヤー》の③の効果でデッキから《超量妖精アルファン》を手札に加えます。

《ジェムナイト·セラフィ》の召喚権効果を使い《超量妖精アルファン》を通常召喚します。

《超量妖精アルファン》自身をリリースし、②の効果でデッキから《超量士レッドレイヤー》《超量士グリーンレイヤー》《超量士ブルーレイヤー》の3体を選びランダムに選びます。

この時自分がやった場合は《超量士グリーンレイヤー》でしたので今回はこちらで。

選ばれた《超量士グリーンレイヤー》を特殊召喚し、残りを墓地に送ります。

この瞬間、墓地に送られた《超量士レッドレイヤー》の③の効果だけ発動し、墓地から《超量妖精アルファン》を特殊召喚し、その特殊召喚に反応し、手札の《サテライト·シンクロン》を自身の効果で特殊召喚します。

さあ、ここからです。

《手札抹殺》を発動し、手札2枚を捨て、デッキからカードを2枚………ドロぉぉぉーーー!!!

うーん。

まあ、やって見ますか。

手札の《クイック·シンクロン》を捨て、墓地の《ジェット·シンクロン》を②の効果で特殊召喚します。

《超量妖精アルファン》、《ジェット·シンクロン》を素材に《フォーミュラ·シンクロン》をシンクロ召喚します。

《フォーミュラ·シンクロン》の効果でカードをドロぉぉぉー!!!

なるほどぉ

《緊急テレポート》を発動しデッキから《超量士ブルーレイヤー》を特殊召喚します。

《超量士ブルーレイヤー》の①の効果でデッキから《超量機艦マグナキャリア》を手札に加え発動します。

《フォーミュラ·シンクロン》、《ジェムナイト·セラフィ》素材に《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚します。

《水晶機巧-ハリファイバー》の①の効果でデッキから《ジャンク·シンクロン》を特殊召喚します。

《超量士ブルーレイヤー》、《水晶機巧-ハリファイバー》を素材に《真超量機神王ブラスター·マグナ》をリンク召喚します。

墓地に送られた《超量士ブルーレイヤー》の②の効果で墓地の自身と《超量妖精アルファン》2枚、合計3枚をデッキに戻します。

現在フィールドはこんな感じです。

《サテライト·シンクロン》の②の効果で自身のレベルを4にします。

《サテライト·シンクロン》、《超量士グリーンレイヤー》を素材に《超量機獣エアロボロス》を《真超量機神王ブラスター·マグナ》のリンク先に特殊召喚します。

《真超量機神王ブラスター·マグナ》の①の効果でカードをドローします。

《死者蘇生》を発動し墓地から《超量士レッドレイヤー》を特殊召喚します。

《超量士レッドレイヤー》、《ジャンク·シンクロン》を素材に《ヴァレルロード·S·ドラゴン》をシンクロ召喚します。

《ヴァレルロード·S·ドラゴン》の①の効果で墓地の《水晶機巧-ハリファイバー》を装備し、ヴァレルカウンターを2つ置きます。

以上が今回の手札の展開です。《超量機神王グレート·マグナス》は出せませんでしたが妨害二段構えすることが出来ました。

最終盤面はこんな感じです。

展開の仕方part3

それでは最後の展開です。手札はこちら。

結構良いですねぇ

それではやっていきましょう。

《緊急テレポート》を発動しデッキから《超量士ブルーレイヤー》を特殊召喚します。

《超量士ブルーレイヤー》の①の効果でデッキから《超量必殺アルファンボール》を手札に加えます。

手札の《超量士グリーンレイヤー》を捨て《ワン·フォー·ワン》を発動しデッキから《超量妖精アルファン》を特殊召喚します。

《超量妖精アルファン》の②の効果で自身をリリースし、デッキから《超量士ホワイトレイヤー》《超量士レッドレイヤー》《超量士グリーンレイヤー》の3体を選択しその中からランダムに1枚選びます。

ちなみに自分はまた《超量士グリーンレイヤー》でした。今回もこちらで。

選ばれた《超量士グリーンレイヤー》を特殊召喚し、残りを墓地に送ります。

墓地に送られた《超量士ホワイトレイヤー》の③の効果でデッキから《超量妖精アルファン》を手札に加え、《超量士レッドレイヤー》③の効果で墓地から《超量士ホワイトレイヤー》を特殊召喚します。

《ジェット·シンクロ》を通常召喚し、《ジェット·シンクロン》、《超量士グリーンレイヤー》を素材に《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚します。

《水晶機巧-ハリファイバー》の①の効果でデッキから《ジャンク·シンクロン》を特殊召喚し、墓地に送られた《超量士グリーンレイヤー》の②の効果で手札の《超量必殺アルファンボール》を捨て、カードを1枚ドローします。

墓地の《超量必殺アルファンボール》の②の効果で自身と《超量妖精アルファン》を除外しデッキから《超量機艦マグナキャリア》を発動します。

《水晶機巧-ハリファイバー》、《超量士ブルーレイヤー》を素材に《真超量機神王ブラスター·マグナ》をシンクロ召喚します。

手札を1枚捨て、墓地の《ジェット·シンクロン》を②の効果で自身を特殊召喚します。

その特殊召喚に反応し、手札の《ドッペル·ウォーリアー》を自身の効果で特殊召喚します。

《ジャンク·シンクロン》、《ドッペル·ウォーリアー》を素材に《TGハイパー·ライブラリアン》をシンクロ召喚します。

シンクロ素材として墓地に送られた《ドッペル·ウォーリアー》の効果で2体の《ドッペル·トークン》を特殊召喚します。

《ドッペル·トークン》1体、《ジェット·シンクロン》を素材に《フォーミュラ·シンクロン》をシンクロ召喚します。

《フォーミュラ·シンクロン》、《TGハイパー·ライブラリアン》の効果でカードを2枚ドローします。

《フォーミュラ·シンクロン》、《ドッペル·トークン》を素材に《武力の軍奏》をシンクロ召喚します。

《武力の軍奏》の①の効果で墓地から《ジャンク·シンクロン》を特殊召喚し、《TGハイパー·ライブラリアン》の効果でカードをドローします。

《ジャンク·シンクロン》、《武力の軍奏》を素材に《超量機獣グランパルス》を《真超量機神王ブラスター·マグナ》のリンク先にエクシーズ召喚します。

《真超量機神王ブラスター·マグナ》の①の効果でカードをドローします。

《超量機艦マグナキャリア》の①の効果で手札を1枚捨て、《超量士ホワイトレイヤー》を素材に《超量機獣ラスターレックス》を《真超量機神王ブラスター·マグナ》のリンク先にエクシーズ召喚します。

《真超量機神王ブラスター·マグナ》の①の効果でカードをドローします。

現在変わりまくった手札がこちらです。

この手札なら《超量機神王グレート·マグナス》を出す事が出来ます。

手札のモンスターカードを捨て、《クイック·シンクロン》を手札から特殊召喚します。

《クイック·シンクロン》、《TGハイパー·ライブラリアン》を素材に《超量機獣マグナライガー》を《真超量機神王ブラスター·マグナ》のリンク先にエクシーズ召喚します。

《真超量機神王ブラスター·マグナ》の効果でカードをドローします。

これでフィールドには3体の《超量機獣》エクシーズモンスターが揃いました。

《超量機艦マグナキャリア》の②の効果で自身を墓地に送り、エクストラデッキから《超量機神王グレート·マグナス》を《真超量機神王ブラスター·マグナ》のリンク先に特殊召喚し、《超量機獣》エクシーズモンスターと全てのエクシーズを《超量機神王グレート·マグナス》の下に重ねます。

《真超量機神王ブラスター·マグナ》の効果でカードをドローします。

以上がこのデッキの展開になります。手札は5枚になり、《超量機神王グレート·マグナス》を出す事が出来ました。

最終盤面はこちらです。

最後に

如何でしたか?

このデッキ、「超量ジャンド」でも《超量機神王グレート·マグナス》を出す事が出来るだけでなく、余力さえあれば《ヴァレルロード·S·ドラゴン》も出す事が出来ます。

皆さんもやって見て下さい。

最後までご覧頂きありがとうございました。

次回!「これが俺の水晶ジャンドデッキだ!!!」をお楽しみに〜。

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (9)

ナイトメア

スキルドレインと王宮の勅命で動きが止まるから、弱い

2
tigher

コメントありがとうございます。

確かに相手に先行取られて貼られたらどうしようもありませんね(苦笑)

0
匿名

逆にそれで止まらないデッキとは()

4
KR

マグナキャリアーの効果はマグナスの特殊召喚後に対象を素材に加える効果なので、リンク先にマグナスを出したいなら最後の1種類はリンク先に出さない方が良いですよ。

1
tigher

コメントありがとうございます。

わかりました。これからはそのように致します。

0
tigher

追伸

ご指摘ありがとうございます。

勘違いでランクアップののりで出していたので全然気づかなかったです。

これからはきをつけます。

0
匿名

くっそ面白い
すごく組みたい

2
tigher(第5回TWC参加中)

コメントありがとうございます。

面白いと感じて頂いて嬉しいです。

これからもよろしくお願い致します。

1
匿名

三回連続でブリリアントフュージョンが手札に来るのは、あきらかな印象操作としかいえない
問題として通報しました

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

26