【第5回TWC】デュエリストは突然に。<結:ちゃんと序からコラム読んでね>

PV 2,627 いいね 24 コメント 11

【第5回TWC】デュエリストは突然に。<結:ちゃんと序からコラム読んでね>
トレカライターコロシアム(TWC)とは

読者参加型の記事投稿企画!
最終投票で賞金を手にするのは誰だ!?

記事一覧・参加受付はこちら

目次

あらすじ

こんばんは、私はキンプウエン。

名前は最悪おぼえなくていい。

まさか、こんな多くの人にこのコラムが読まれるとは思ってもみなかった。ここまで鋭意執筆ができたのは紛れもなく、読んでくれている方々のおかげである。

「あらすじ」で語ることではないが、この場で感謝を述べたい。

と、同時にこれでこの話は終わらないことを伝えておきたい。なぜなら、私たちはまだ物語の途中であり、まだまだこれから楽しいこと、うれしいこと、悔しいこと、さまざまな経験をする。

多分、この「ガチまとめ」さんで執筆ができるだけの短い期間では到底、表すことができない。

だから、このコラムの最後の最後で「うーん締まらないなぁ」と首をかしげてしまうかもしれない。だから、読んでくれている方々で好き勝手に補填してくれると助かる。

結局これは世迷言なのだ。二次創作なんてなんのそのよ。


さて、あらすじと言ってもそこまで語ることはない。

何せ、私は一度もデュエリストとして後世に語り継ぐことができる試合をしていないのだから。

全部読んでくれた方ならわかると思うが、この話は私が主人公ではない。

主軸として私がいるかもしれないが、注目すべきは私だけではなく登場人物であるカズ、テツ、そしてレイの3人だ。

田舎の小さなコミュニティで起きた、遊戯王を通じた成長と挫折、そして挫折を通り越した大きな成長。

そして、引き返すには成長しすぎた私たちの半年とちょっとの物語だ。

研究結果:ERROR

まずはなぜ、カズとレイが喧嘩したのかについて話そう。

理由は当然「年末の悪魔」こと《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》をかけてのものだった。

3度目の登場。やっぱり何度見ても嘘みたいな効果してるな。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

レイ「あれほどまでに嫌っていたカードをなんで使うんだ!」

カズ「テツが使うなら対抗して使うしかない」

レイ「カワイイ女の子を使って好きなデッキを使うんじゃなかったのかよ!」

カズ「勝つにはそうするしかないだろ。汎用カードだってそうだろ」

レイ「カード1枚が強いだけのデッキなんてデッキじゃない!」

カズ「《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》もやってることは同じだろ」

・・・・・・うんぬんかんぬん。

実際に喧嘩を聞いたわけではないが、話を聞く限りこんな話をしたんだろうなと勝手に捏造している。もし違ったらカズ、レイ、ここのコメント欄でもいいから指摘してくれ。

結局、この論争に決着がつくことはなかった。

カズもレイも、どちらも正論なのだから。

「好きなカードを使って勝つ」

少年でもない私らにとってそんなものは夢見事であることは承知だった。それでもレイが許せなかったのは、

「嫌いなカードを使ってでも勝つ」

ことを良しとしたカズの言動だった。この半年の遊戯王への思いはそんな程度だったのかと、非難したのだった。

対してカズは、友人同士での戦いでも手を抜くなんてことはしないのはもちろん。であるなら、テツと対等に戦えるだけの力を持つしかないという結論に至り、嫌いなカードに手を出したに過ぎないのだ。

「力を対等にするために嫌いなカードを使う」

当然の選択である。

この話を聞いて何より悲しかったのは、

カズレイも強大な敵に立ち向かうために研究を繰り返した。

その結果として、

カズは『自身も強大な敵となること』を選び、

レイは『それ以外の方法を考え、そして諦めること』を選んだ。

目標は同じであったはずなのに何故。

そして、レイは

「お前らが「ドラグーン」を使う間は、一生お前らと遊戯王なんかやらない」

と、言い残したきり、音信不通となったのだった。


いや、別に音信不通になったことは悲しくなんかないのよ。

もう10年近い付き合いなのだ、音信不通の1回や2回程度、「いつも自宅の前で寝ていた野良猫が最近、見なくなった」ぐらいにしか思っていない。どうせ、何かあったらまた会えるよ。

腐れ縁ってのは、そうできているんだ。

実際に地元を離れた私が、そうなのだから。

というか、テツが「ドラグーン」使わなきゃいい話なんだよ!

けど、「ドラグーン」関係のカードが制限された今でも「転生炎獣」に出張させて戦ってるんだから、もう本人としては「強いドラグーンを使う」信念を曲げるはずがないんだわ。余計、勝てないわけで。

ちなみに、カズは「ドラグーン」はもう使っていない。

4月に規制されたことを契機に、デッキを壊したらしい。

何より、一番の理由は

「つまらない」

から、だそう。こんな形でレイの主張の正当性が証明されるとは、なんとも難儀な話だ。

レイとは未だに、連絡がついていない。

このコラムで言いたかったこと

さて、長くなったこのコラムも終わりを迎える。

このコラムで最初に言いたいことは、

「デッキビルドパック」はいいぞ!

だ。

私たちを復帰させるために必要なカードがそろっていて、

何より「ドラゴンメイド」や「ウィッチクラフト」、新しいパックだと「六花」とカワイイカードがたくさん入っている!!

「ドラゴンメイド」の融合。カズが私の《ヴァレルロード・ドラゴン》と超融合。ルールミスにより敗北。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

「ウィッチクラフト」の教師役。太ももと腰にこだわりがあると見た。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

「六花」のエクシーズ。植物ならうちの《ガーデン・ローズ・メイデン》のほうがカワイイかんな!

出典:遊戯王OCGカードデータベース

今から始めたい人、また始めたい人にうってつけなので、ぜひ買ってみてね。


次に言いたいことは、

友人戦はほどほどに

である。

今回、ここまで私たちの遊戯王が競技シーンに近い様相になったのは従来の、

「好きなカードを研究して、使って、強くなる」

ことで勝つはずものが、手札誘発や汎用カードを使ったことで

「相手のデッキコンセプトを踏みにじる」

ことで勝つように変化したことで起きてしまった予期せぬ変化なのだ。

これはこれで遊戯王のあり方として正しいとは思うが、友人戦でそこまでやっていいのかと疑問に思うシーンは多々ある。

実は一度だけ、地元の友達とは別の友達と戦う機会があった。その友達は一般的なエンジョイ勢で、テーマに沿ったカードしか入れていなかったのだが、

今まで負け続けだった私が圧勝してしまった。

サーチには《灰流うらら》。特殊召喚には《儚無みずき》

これだけで勝ってしまった。

それ以来、その友達と遊戯王は一度もしていない。そして、

「あぁ、我々の遊戯王はやはり”異常”なのだな」

と、ひどく痛感したのだった。

だからここでは、

強くなることはとてもよいことであると言いたいとともに、

ただ強いカードに頼るような楽な手段を取らずに、今一度だけ手持ちのカード1枚1枚と見つめ合い、自分だけの力を使って遊戯王を楽しんでほしい。

と、これから生まれるであろうデュエリストに伝えたい。


そして最後に伝えたいことは、

もしこのコラムを読んでくれたレイへのメッセージ

というか、私はそのためにこのコラムを書いているといっても過言ではない。

《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》
彼の相棒

出典:遊戯王OCGカードデータベース

・・・・・・・・

久しぶり、私はキンプウエン。

名前はさすがにおぼえているだろう。

まず、最初に謝らなくてはならない。レイを遊戯王に誘ったのは、楽しく、昔ながらにカードゲームで遊ぶ仲間を増やしたかっただけで、喧嘩の種をまこうとしたつもりでは決してない。

私もこうなるとは思っていなかったのだ。

すまない。

一応「ドラグーン」はKONAMIさんも環境を危惧して制限をかけてくれたから、レイが引退した頃よりかは対策はできるようにはなったぞ。

カズも今では「ドラグーン」が悪いことを認めているし、テツは・・・・・・うん、使ってはいるけど、大丈夫、多分、なんとかなる、うん。

だからいつでも帰ってきてくれ。

テツは今、仕事の都合で頻繁にはデュエルができないし、何よりこのご時世で今までみたいに、ただゲームをするためだけに集合するなんてことはできない。

ようは、私もカズも相手がいなくて寂しいんだ。

それに前に《ダイナレスラー・パンクラトプス》でポコポコされて負けた試合のリベンジもしたいしさ。最近やっと「ローズ」デッキが完成して、おまけに「ティンダングル」デッキもできたから、レイの「叢雲ダ・イーザ」と一戦交えたくてしょうがないんだ。

・・・・カズも同じことを思っているはず。

だから、

成長した、私たちを見てほしい。

成長しすぎた、私たちを嗤ってほしい。

それだけなんだ。

さいごに

最後にちょっとした小話をしようと思う。

実はもうひとり遊戯王に誘っている友達がいる。そいつもまた地元を離れ、辺境の地で頑張っているのだが、遊戯王に誘うためだけに連絡をとった。

キン「遊戯王やろうぜ!」

カズ「遊戯王やろうぜ!」

友達「うるせぇーーー!!」

一応、地元に帰ってきたときにポケットにカードの賄賂を忍ばせておいたから、やらざるを得ないはず。

カズからは「20thアニバーサリー・レジェンド・コレクション」で当たった金枠の《青眼の白龍》を。

《青眼の白龍》
あげたはいいけど普通、その手のカードって飾るよな。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

私からは「ブルーアイズ」デッキに必要なカード一式を。

《復活の福音》
世にも珍しい正面から映した《青眼の白龍》が見れる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ドラゴン・目覚めの旋律》
絶対こいつのライブの定番ソング『the虎舞竜のロード』だろ。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

これでやってくれるだろうと信じているが、本人曰く「6月にお金に余裕があれば」とのこと。

キン・カズ「「6月が待ち遠しいぜ!」」

・・・・けど、なんか最近、財布の羽振りもいいよなアイツ。

「見てみてー! ”五等分の花〇”のグッズいっぱい買っちゃったー」

と度々報告してくるんだけれど、忘れてないよな・・・・

大丈夫かな、おまけで《水晶機巧-ハリファイバー》とかあげちゃったけど私。

《水晶機巧-ハリファイバー》動画で一番よくみるカード。12月に格安2200円で買えた。レアコレで2枚当てた。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

これでデュエリストが増えてくれると嬉しいな。

そいつは確か昔は「ジャンド」を使っていたから、ルールが変更してシンクロがいっぱいできるようになった今こそ復帰すべきかもしれない。

《ジャンク・シンクロン》
ライディングデュエルは走るのかと思ったら、飛んでてショックを受けた。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ドッペル・ウォリアー》
「ウォリアー」のこと「うぉーりあ」って発音しちゃうよね。

出典:遊戯王OCGカードデータベース


そういえば、その友達の言葉が引っかかったな。

キン「遊戯王しようぜ、6月まで待てねぇわ!」

友達「いやぁー、ちょーっとね腰が重いね」

キン「大丈夫だって、とりあえずパック一個買いな。重い腰軽くなるって」

友達「もうやすやすと、紙に金はかけれんのよ」

ん?

紙に金はかけれない、か。

キン「・・・・・・」

キン「・・・・・・ま、だよねー。まぁせかさないから気が向いたらよろしくね」

友達「へいへい」

このときは確か「だよねー」と軽々しく答えてしまった。まぁ、普通に考えて紙切れ一枚買うために1000円、2000円使う度胸はないよな。

「つい半年前は自分もこう思ってたんだよなぁ」

と、たったつい半年前のことを懐かしんでしまった。やはり、少なからず私も変わってしまったんだな。

紙切れに金は出せない?

この問いに対してやっと堂々と答えることができる。

紙切れにこそ命は宿るものよ。

大人をなめるなよ少年、

時代を変えるのは自分なんだ。

少なくとも、半年でコラム5回分の物語を書けるようにはなるぞ。

それがウソかマコトはさておきね。

end

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (11)

プレデター

今までお疲れさまでした。
カジュアルプレイヤーからガチプレイヤーになっていく様子が生々しく書かれていてドキドキしながら見てました。これから先皆さんがより楽しく遊戯王が出来ることを祈ります。
…それにしてもローズに引き続きティンダングルとはなかなかニッチなテーマばかりですねw
もしそちらで何か動きがあったら外伝的な感じで投稿してくれると幸いです!
今まで本当にありがとうございました!

1
キンプウエン(第5回TWC参加中)

最後まで読んでいただきありがとうございます。実は思い出した話がひとつあり、現在そちらを執筆中です。近日中に書き上げられればと思っています。

1
遊星太郎

うぅ~(T_T)キンプウエン様、最後は楽しくて悲しくて、喜怒哀楽のつまった最高のお話でした(T_T)カズ様テツ様レイ様そしてキンプウエン様のデュエルのお話の続きを、これからも冗談抜きでぜひともお願いいします\(^-^)/僕もまず1人遊戯王をはじめました!キンプウエン様のおかげです(^o^)1人でも、凄く面白過ぎて遊戯王はめちゃくちゃ楽しいですね\(^-^)/僕は、テニスをやってて試合とか1人なんですけど(テニスのシングルスの試合です)、試合の待ち時間に1人で遊戯王をしてリラックスしていたら、他の選手の方々から、遊びながら試合に出るな、と怒鳴られました(^o^;)でも、僕はテニスの試合に誰よりも真剣に望んでいる事だけは、出場してる誰にも負けない自信がありましたので、心の中で、僕が遊戯王を1人ででもやっているのは、あなた達が音楽を聴いたり他の人達とお話してリラックスしてるのと一緒だと思いました(^^)dでも、やっぱり見てくれてる人がいて、太郎がカードゲームやってるのはリラックスして楽しんでるから、って僕に怒鳴った方々に注意されました(^o^)本当に遊戯王は、たくさんたくさんの遊び方があって、時間があればどんな時にもできる、めちゃくちゃ凄く最高のゲームですよね\(^-^)/これからさらに楽しくなりそうで、ワクワクしています( ノ^ω^)ノキンプウエン様、そしてコメントを書いてられる方々本当にありがとうございます!これからもよろしくお願いいたします!キンプウエン様、続きを待ってますね\(^-^)/ それと、皆様、遊戯王パワーでコロナをなくしましょう!キンプウエン様、皆様、お身体お気をつけ下さい(^^)d
 遊星太郎( ノ^ω^)ノ

3
キンプウエン(第5回TWC参加中)

最後まで読んでいただきありがとうございます。つたない文章でしたがこれで物語は一区切りを迎えます。ですが、後日談などを含めた執筆中のコラムがいくつかあるので、いずれそちらも読んでいただくと幸いです。

1

外野から失礼します。wikiにも載っていますが「復活の福音」のイラストは「青眼の白龍」ではなく「巨神竜フェルグラント」です。コラムお疲れ様でした。

0
キンプウエン(第5回TWC参加中)

ご指摘ありがとうございます。イラストと効果のみで判断した私のミスです。以後気を付けます。

0
真竜より虚無魔人派おじさん

まードラグーン使わない派はいたけど相手がドヤ顔で出したドラグーン止めるのとか最初から死ぬ気でエクストラメタるとか楽しみ方はあるしなあ
そもそもパワカが悪ならハリファイバーも相当だし結局は好みでしょう

0
キンプウエン(第5回TWC参加中)

読んでいただきありがとうございます。楽しみ方はそれぞれであり、それぞれで楽しめればいい。と、割り切ればよかったのですが、如何せん遊戯王は一人で楽しむゲームではありません。それゆえに、嫌いな相手と当たらざるを得ない。しかも小さなコミュニティであるがためにそれとしか戦えない状況が続いた結果がもたらしたものだと思っています。もっと広い世界で遊戯王を知れていたらどうなっていたのでしょうね。ひとつエピソードがあり、一度エクストラメタデッキを作ったことがあります。手札誘発すべてと《浮幽さくら》を3枚積み、相手のエクストラを全て真似て、相手のエクストラを一切使えなくさせて《魔鍾洞》と《波動キャノン》でバーンするデッキです。圧勝とは言わずとも勝てましたが、それに対してカズから「それをやり出したらオシマイだろ」「それで勝って何になるんだ」と言われて、全くその通りだなと思ったことがあります。パワーカードが悪とは思いません。ですが、環境やtierが物語るようにデッキに強弱が生まれてしまっているのが現状であり、それを補うために”仕方なく”使っているものがパワーカードだと思いたいし、そうあるべきだと思っています。これから私たちがどのようなデッキを作るかはわかりません。そのたびに、あのカードがべらぼうに強くて勝てない、手札誘発を引いてるか否か、先攻とれるかどうか、それだけで何もせず、何もできずにサレンダーを選ぶような状態にはならないようにしていきたいですね。

3
遊星太郎

ハイ、キンプウエンさん、いつもありがとうございますo(*⌒―⌒*)o後日談、楽しみにしてます\(^-^)/くれぐれもお身体ご無理されずに、体調にお気をつけて下さい(^^)d今度、僕が作ったデッキを見て下さい(^^)d

2
キンプウエン(第5回TWC参加中)

返信ありがとうございます。私に限らずもっと広くデッキを紹介してみてもよいかもしれません。ガチまとめさんではDECK MAKERという自分のデッキをネット上に公開するサイトと連携して運営しています。そちらに自分で作ったデッキを登録、公開してみてもいいでしょう。あるいは、私のようにコラムを書くのもよいかもしれませんね。

1
オブリビオン

こんばんは。キンプウエン様の壮絶な戦い+出来事のコラムはとても面白くて一気に読んでしまいました笑
自分も同じような思い出があり、今回のコラムは凄く共感出来たので今更ながらコメントさせて頂きました。

私も過去に久しぶりに友人と遊戯王で遊んだ時、こっぴどくやられたのが悔しくて強めのテーマと汎用を積んで後日再戦した事がありました。
友人もガチデッキを使う人ではなかったので圧倒出来ましたね。
最初は何度も勝てて嬉しかったのですが、だんだんと申し訳ない気持ちが上回り、その場の空気も良いものではなくなってしまいました。
そこで私もキンプウエン様と同じく、互いに遊戯王を楽しむ事を大事にしようと思いました。
もちろん強いカードやテーマ、それを使う人を否定するつもりは一切ありません。
遊戯王は特にカードの強弱が激しいカードゲームだと思いますし、楽しみ方も人それぞれですから。
ただ「友人戦ではほどほどに」これが一番だとこのコラムを読んで再び思いました。

長々と自分の事ばかり書いてすみません汗
その後レイ様とは連絡が取れましたでしょうか?
私もレイ様と同じで好きなモンスターを無理やり主役にして戦うデッキで遊んでいるので共感が持てました。ダ・イーザと共に帰って来て欲しいです。
その後のお話があればまたコラムとして読みたいです。
最後に、楽しいコラムをありがとうございました!
長文失礼致しました。

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

24