【第5回TWC】ジャンドの可能性

PV 8,328 いいね 30 コメント 3

【第5回TWC】ジャンドの可能性
トレカライターコロシアム(TWC)とは

読者参加型の記事投稿企画!
最終投票で賞金を手にするのは誰だ!?

記事一覧・参加受付はこちら

目次

はじめに

皆さんこんにちは〜。第一回デッキビルダーコンテストに参加したtigherです。

今回は私の使っている「ジャンド」デッキの可能性についてお話したいと思います。

まず、「ジャンド」って何?

まず、「ジャンド」って何?と思う人もいると思います。

「ジャンド」とは「ジャンク·ドッペル」の略で《ジャンク·シンクロン》、《ドッペル·ウォーリアー》を使用して展開するデッキです。

ちなみに、どちらのカードも遊戯王5D'sの主人公、不動遊星が使用したカードです。

《ジャンク·シンクロン》

【 チューナーモンスター 】
星 3 / 闇 / 戦士族 / 攻1300 / 守500

このカードが召喚に成功した時、自分の墓地に存在するレベル2以下のモンスター1体を表側守備表示で特殊召喚する事ができる。この効果で特殊召喚した効果モンスターの効果は無効化される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

「ジャンド」デッキのメインカードのうちの1つです。このカードを召喚し、効果を使用することで、墓地のレベル2以下を蘇生しそのレベルに合わせてシンクロすることが出来ます。

ただ、「時、出来る」なのでチェーン2以上で召喚すると効果が使えないので注意が必要です。

《ドッペル·ウォーリアー》

【 効果モンスター 】
星 2 / 闇 / 戦士族 / 攻800 / 守800

自分の墓地に存在するモンスターが特殊召喚に成功した時、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。このカードがシンクロ召喚の素材として墓地へ送られた場合、自分フィールド上に「ドッペル・トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守400)2体を攻撃表示で特殊召喚する事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

「ジャンド」デッキのメインカードのうちの1つです。《ジャンク·シンクロン》の蘇生効果に対してこのカードを特殊召喚する事が出来ます。

また、このカードがシンクロ素材として墓地へ送られることで《ドッペル·トークン》を出す事が出来ます。

《ジャンク·シンクロン》の効果で蘇生したモンスターがチューナーモンスターならば2体のシンクロモンスターを出す事が出来ます。

ただこちらも、「時、出来る」なのでチェーン2以上で自分の墓地からモンスターを特殊召喚しても効果を発動出来ないので、こちらも注意が必要です。

《調律》

【 通常魔法 】

自分のデッキから「シンクロン」と名のついたチューナー1体を手札に加えてデッキをシャッフルする。その後、自分のデッキの上からカードを1枚墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

「ジャンド」デッキの必須カードです。

このカードで《ジャンク·シンクロン》等を手札に加え、デッキをシャッフル後、デッキトップのカードを1枚墓地に送ります。

この墓地へ送られるカード次第ではさらなる展開を繋げられるかもしれない最強カードです。

展開例

それでは展開してみましょう。

展開の例としては、墓地にレベル2以下のチューナーモンスター。手札に《ジャンク·シンクロン》、《ドッペル·ウォーリアー》の状態で始めます。

《ジャンク·シンクロン》を召喚します。自身の効果で墓地に存在するレベル2以下のチューナーモンスターを蘇生します。

その特殊召喚に反応して手札の《ドッペル·ウォーリアー》の効果で自身を特殊召喚します。

《ジャンク·シンクロン》、《ドッペル·ウォーリアー》でレベル5シンクロモンスターをシンクロ召喚します。

シンクロ素材となった《ドッペル·ウォーリアー》の効果で《ドッペル·トークン》2体を特殊召喚します。

レベル2以下のチューナーモンスターがレベル1のチューナーモンスターならば、レベル1のチューナーモンスター、《ドッペル·トークン》でレベル2のシンクロモンスターを、レベル2のチューナーモンスターならばレベル3のシンクロモンスターを出す事が出来ます。

このような展開が出来ます。

また、構築次第ではさらなる高みへ登る事が出来ます。

タイトルの「ジャンドの可能性」って?

さて、そろそろ本題に入りましょう。

「ジャンドの可能性」とはズバリ!

「ジャンド」とあまり縛りのなく、レベル2以下のモンスターが存在するテーマとならいろんなデッキと相性良いのでは?、ということです!!!

あまり縛りのないテーマというのは「この効果を発動するターン自分は○○○しか出せない」等がない、もしくはあまりない、関係ないテーマのことです。

そんなバカな〜

「そんなバカな〜」と思った方もいるでしょう。

シンクロテーマと合わせるならまだしも、それ以外もだなんてと思う方もいるでしょう。

しかし、デッキ構築には無限の可能性があります。

私の手持ちの使える「ジャンド」デッキと作り掛け、記事で紹介したのも合わせて今のところ、17個もあります。

多分まだまだ増えますよ〜。

じゃあ、例えば?

「そこまで言うんだったらなんか出してよ〜」という方のために1つご紹介します。

「オルフェジャンド」

ここからはデッキ紹介に入ります。

今回は、「オルフェジャンド」デッキを紹介します。

「オルフェジャンド」というのは、「オルフェゴール」と「ジャンド」を合体させたデッキです。

デッキレシピ

これが「オルフェジャンド」のレシピです。

「オルフェゴール」は闇属性、機械族のテーマで主にリンク召喚を使用します。

強いテーマ故に闇属性モンスターしか出せない縛りを持っていますが、「ジャンド」の《ジャンク·シンクロン》、《ドッペル·ウォーリアー》は闇属性のためにあまり関係ありません。

故に合体させました。

ちなみにまだ試作段階です。

展開の仕方

それでは展開していきます。

手札は《ジャンク·シンクロン》、《ドッペル·ウォーリアー》、《オルフェゴール·プライム》、《オルフェゴール·カノーネ》、《オルフェゴール·ディヴェル》です。

《オルフェゴール·プライム》を発動し、《オルフェゴール·カノーネ》を墓地に送りカードを2枚ドローします。

《ジャンク·シンクロン》を召喚し、自身の効果で《オルフェゴール·カノーネ》を蘇生します。その特殊召喚に反応して、手札の《ドッペル·ウォーリアー》を自身の効果で特殊召喚します。

《ジャンク·シンクロン》、《ドッペル·ウォーリアー》を素材に《TGハイパー·ライブラリアン》をシンクロ召喚します。

《ドッペル·ウォーリアー》の効果で《ドッペル·トークン》2体を特殊召喚します。

《オルフェゴール·カノーネ》、《ドッペル·トークン》1体を素材に《フォーミュラ·シンクロン》をシンクロ召喚します。

《TGハイパー·ライブラリアン》、《フォーミュラ·シンクロン》の効果でカードを2枚ドローします。

《フォーミュラ·シンクロン》、《ドッペル·トークン》を素材に《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚します。

《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で《ジェット·シンクロン》を特殊召喚します。

墓地の《オルフェゴール·カノーネ》の効果で自身を除外し、手札から《オルフェゴール·ディヴェル》を特殊召喚します。

《オルフェゴール·ディヴェル》、《ジェット·シンクロン》で《アクセル·シンクロン》をシンクロ召喚し、《TGハイパー·ライブラリアン》の効果でカードを1枚ドローします

墓地の《オルフェゴール·ディヴェル》を除外し自身の効果で《宵星の騎士ギルス》をデッキから特殊召喚します。

《宵星の騎士ギルス》の効果でデッキから《星遺物-『星杖』》を墓地に送ります。ただし、チューナーモンスターにはしないようにします。

《アクセル·シンクロン》の効果でデッキから《ジェット·シンクロン》を墓地に送り自身のレベルを4にします。

墓地の《星遺物-『星杖』》の効果で自身を除外し、除外されている《オルフェゴール·ディヴェル》を特殊召喚します。

《宵星の騎士ギルス》、《水晶機巧-ハリファイバー》で《オルフェゴール·ガラテア》をリンク召喚します。

《オルフェゴール·ガラテア》の効果で《オルフェゴール·カノーネ》をデッキに戻し、デッキから《オルフェゴール·バベル》をフィールドにセットします。

レベル4となった《アクセル·シンクロン》、《オルフェゴール·ディヴェル》を素材に《ヴァレルロード·S·ドラゴン》をシンクロ召喚します。

《ヴァレルロード·S·ドラゴン》の効果で墓地の《水晶機巧-ハリファイバー》を装備し、ヴァレルカウンターを2つ置き、《TGハイパー·ライブラリアン》の効果でカードをドローします。

《オルフェゴール·ガラテア》を素材に《宵星の機神ティンギルス》をエクシーズ召喚します。(相手フィールドにモンスターが入ればそのまま墓地に送る事が出来ます。)

以上がこのデッキの展開の紹介です。

なお、《TGハイパー·ライブラリアン》の効果でドローしたカード次第では、これよりももっと強固なフィールドが出来上がるかもしれません。

皆さんもぜひ試してみて下さい。

最後に

如何でしたか?「ジャンド」デッキには無限の可能性があるということ、少しは納得して頂けましたか?

今回はリンクモンスターのテーマと合体させた状態を説明しましたが、他にもいろんなテーマと合うという事をぼくは考えています。

皆さんも自分だけの「ジャンド」デッキを見つけてみましょう。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

次回!「これが俺の音響ジャンドデッキだ!!!」をお楽しみに〜。

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (3)

tatsuya

誘発系入れる枠ありますか?

1
tigher

コメントありがとうございます。
そうですね〜。
「オルフェゴール」の同名を1枚にして頑張れば入ると思います。

0
tigher

レシピ変わりました。
皆さん見て下さい。

1

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

30