フェルグラントの新たな可能性《教導フェルグラント》

PV 3,340 いいね 7 コメント 0

フェルグラントの新たな可能性《教導フェルグラント》
トレカライターガーデン(TWG)とは

誰でもいつでも、ガチまとめで記事が書ける!
読者参加型の企画です。

記事一覧・参加受付はこちら

目次

はじめに

2020年4月18日に発売された「RISE OF THE DUELIST」により追加されたテーマ【教導】。
これにより【フェルグラント】が強化されたとかされてないとか。


今回私はその【教導フェルグラント】のデッキレシピを制作したので紹介しようと思います。


ドラグマの最大の特徴、それは「EXデッキのモンスターを墓地へ送る」ということです。

その効果よって《F・G・D》《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》を墓地へ送り、《フェルグラントドラゴン》の効果を最大限に引き出せるのです。


このデッキは3つのパターンを使いながら戦います。

《画像引用元:DECK MAKER》

1.教導パターン

【教導】は《天底の使徒》《ドラグマ・パニッシュメント》でEXデッキのモンスターを墓地へ送りながら《教導の大神祇官》や《教導枢機テトラドラグマ》のような高レベルモンスターを展開し、相手の妨害をしながら戦う魔法使い族テーマです。

このデッキは【教導】の動きを万全にできるように《深海姫プリマドーナ》《灰燼竜バスタード》が投入されています。

【教導】の基本的な動きは以下の通りです。 《教導の天啓アディン》《教導の聖女エクレシア》《教導の鉄槌テオ》3体の【教導】モンスター及び《天底の使徒》《ドラグマ・パニッシュメント》でEXデッキのモンスターを墓地へ送りつつ《教導の騎士フルルドリス》《教導の大神祇官》を手札に加え、展開していきます。

【フェルグラント】と合わせる場合、《F・G・D》《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》をデッキに投入することで高打点に繋がります。

《教導の大神祇官》の特殊召喚に《F・G・D》などを使ってしまった場合でも《深海姫プリマドーナ》の効果で墓地へ戻すことが出来るので【フェルグラント】側から見ても大きな問題はありません。

2.フェルグラントドラゴンパターン

【フェルグラント】の動きは至ってシンプルです。 《巨竜の聖騎士》の効果で《フェルグラントドラゴン》及び《巨神竜フェルグラント》《アークブレイブドラゴン》を装備し、《巨神竜の遺跡》の効果で装備したカードを墓地へ送り、トークンを特殊召喚、その後《巨竜の聖騎士》の効果により装備していたドラゴンを特殊召喚するものです。

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》が手札に存在する場合、特殊召喚したトークンをコストに特殊召喚することもできます。この方法ならフィールドに《巨竜の聖騎士》を残すことになりますから壁役や更なる展開に繋ぐこともできます。

【教導】と合わせる場合、《F・G・D》《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》を墓地へ送ることによって《フェルグラントドラゴン》の最大攻撃力である「ATK5200」を実現可能可能です。

また、《ユニオン・キャリアー》の効果で《フェルグラントドラゴン》を装備した場合でも次のターン以降《フェルグラントドラゴン》の特殊召喚が可能となります。

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》を墓地から特殊召喚する術がないので、《復活の福音》の②の効果で戦闘・効果による破壊から守りましょう。

3.波動竜騎士ドラゴエクィテスパターン

【教導】の最大の特徴である「EXデッキのカードを墓地へ送る」効果を利用することで《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》を特殊召喚できます。 方法は次の通りです。

《ドラグマ・パニッシュメント》や《教導の大神祇官》の効果で《サテライト・ウォリアー》《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》を墓地へ送り、その後《捕食植物キメラフレシア》を墓地へ送ることでデッキから《ミラクルシンクロフュージョン》を手札に加えます。

《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》の素材は「ドラゴン族Sモンスターと戦士族モンスター」であるため、《ミラクルシンクロフュージョン》で問題なく融合召喚できます。

《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》は高い攻撃力を持つので高打点モンスターの少ない【教導】そのものの補助にもなりますし、メインデッキに依存せずに出せるので通常の【教導】デッキにもオススメです。

最後に

以上が【ドラグマ・フェルグラント】の動きです。 《ミラクルシンクロフュージョン》には相手に破壊されることでドローする効果を持っているので《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》を出さないパターンであってもブラフとしてセットしておくことなど多種多様な利用方法があります。

最後に、【教導】のデッキパーツや《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》が購入できないという方も中にはいるかと思います。そういう時は緊急手段として《アークブレイブドラゴン》を増やしたり《巨竜の守護騎士》《創世の竜騎士》を投入して作ってみてはどうでしょうか。

【フェルグラント】を使うのであれば最悪《ドラグマ・パニッシュメント》《F・G・D》《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》があればやりたい事はできるはずです。


【ドラグマ・フェルグラント】の解説は以上です。このデッキは「他の人と少しだけ違うデッキを組んでみたい」という人や「教導は買えたけどシャドールや召喚獣を買えなかった」という人にオススメです。

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

7