ジャンプフェスタ2020に行ってきました

PV 2,521 いいね 13 コメント 0

ジャンプフェスタ2020に行ってきました

【前回の記事はこちら】おしゃれはカードから!遊戯王を身に着けろ!

こんにちは、ひうごです。

皆さんあけましておめでとうございます。

今年の抱負は決まりましたでしょうか?

 

僕は今年の抱負を決めることを今年の抱負に決めました。

 

さて、去年の2019年12月21日()、2019年12月22日()にジャンプフェスタ2020が開催されました!

ジャンプフェスタは、週刊少年ジャンプの作品が一堂に会した大型イベントです!

そしてもちろん、週刊少年ジャンプで連載されていた「遊☆戯☆王」もその例外ではなく、特設ブースがあります。

そんなジャンプフェスタ2020に、私ひうごが潜入してきましたので、今回はそのレポートをしていきたいと思います!!

ジャンフェス前ウキウキのひうご

目次

エクゾディアの封印を解け!

朝一番に行われるこのイベント「エクゾディアの封印を解け!」には、特殊勝利をしようと多くの人が集まりました。

参加するとまず、「決闘証書(デュエルパス)」というスタンプラリーの台紙みたいなのがもらえます。

ジャンプフェスタの遊戯王ブースにはさまざまなコーナーがあり、そのコーナーにてもらうスタンプを5個ためればチャレンジできます。

このスタンプめっちゃほしい……

肝心の景品ですが、今までの公式イベントにて配布のあった今では入手の難しいアイテムが沢山あり、それに加えて新しく「エクゾディアTシャツ」がもらえます。

40枚デッキで初手5枚でエクゾディアが揃う確率は
0.00015197383618436252%

中でも10000種展示イベントで配布されたTTPR-JP001の20thシークレットの 《女剣士カナン》は皆さん狙い目の景品だったみたいです。

スタンプコーナーにはカードになりきれる場所も!

カード展示コーナー

遊戯王カードはIGNITION ASSAULTに収録された《万物創世龍》でカードの種類がなんと10000種類になりました。

10000種記念として東京、大阪、名古屋では展示イベントがありましたが、その展示されたカードが今回のジャンプフェスタでも登場!

皆さん好きなカードを探していましたので、僕も大好きなカードを探しました!

2013年だからこの辺に……

あ!

征竜についてはこちら

ありました!征竜たち!

カッコいいですよねぇ……。

ちょっと写真がブレていますが、子征竜たちもいました!プロモパック出身なので無いかもなーと思ってましたが、しっかりとありました~。

決闘技場~デュエルコロシアム~

遊戯王プレイヤーの方なら是非とも行きたいのがこちら!

決闘技場(デュエルコロシアム)です!

ここでは、遊戯王OCGインストラクターである「ハノイの騎士」の方々と実際にデュエルを行うことができます!

ハノイの騎士の使用するデッキのレベルは2つで、カジュアルに戦える「スタンダード」と、環境レベルを想定した「アルティメット」です。

画像の通り、デッキのレベルによってもらえる景品のパック数が変わってきますので、自信のある人はアルティメットに挑戦して沢山のパックをもらっていったとか……

遊☆戯☆王最新情報JF2020

ジャンプフェスタの醍醐味といえばこれ!

毎回、新カードの情報や新アニメの発表等がされ会場は大盛り上がりになります!

ここが発表が行われる会場です。

今回も大発表が沢山ありました!

もう皆さんは知っていると思いますが、主な重大発表が3つありましたので、ここでも紹介していきたいと思います。

1.新カード発表

新カード発表では新テーマ【コードブレイカー】と【蟲惑魔】、【ドラゴンメイド】、【召喚獣】の新規カードが発表されました。

《コードブレイカー・ウイルスバーサーカー》

出典:遊戯王OCGチャンネル

アニメ「遊戯王VRAINS」で主人公の仲間であった草薙翔一の使用するテーマ【コード・ブレイカー】のOCG化が発表されました。

まだこのリンクモンスター一体のみしか発表されていませんが、効果を見る限り少なくともモンスターが後三体出ることは確定していますので、今後の新規に期待ですね!

《アロメルスの蟲惑魔》

出典:遊戯王OCGチャンネル

そして、根強いファンも多い【蟲惑魔】の新規である《アロメルスの蟲惑魔》も発表されました!

素材縛りの無い汎用的なランク4、そして墓地から昆虫族、植物族を特殊召喚できる効果、と、かなり危なそうな効果を持っていますが、蟲惑魔としてみればかなり良い新規です。

③の効果では落とし穴系統の効果で相手モンスターを除去する場合に役に立ちそうな効果を持っています。

《ドラゴンメイド・シュトラール》

出典:遊戯王OCGチャンネル

人気テーマ【ドラゴンメイド】から新カード!

唯一なかったメイド長《ドラゴンメイド・ハスキー》のドラゴン体が満を持して登場しました。

基本的に妨害の無かった【ドラゴンメイド】において確実な妨害札になる上に緩めの召喚条件であるので、ドラゴンメイド的にはすごく良い強化だと思います。

《召喚獣アウゴエイデス》

出典:遊戯王OCGチャンネル

こちらは【召喚獣】の新規で、特殊召喚時に発動できる破壊効果を持っています。

破壊効果も魅力的なのですが、個人的にはこの属性が気に入っています。

なんと、デッキの中に光属性モンスターを用意しなくても光属性が用意でき、《召喚獣メルカバ―》を特殊召喚する際の素材とすることができるのです。

イラストから見るに《魔導書院ラメイソン》を装着しているなにかにみえますが……

2.新ルール発表!

4月から遊戯王OCGにおいて「新たなマスタールール」の施行が決定しました。

前回の新マスタールールへの変更の際は、今までのモンスターゾーンに加えてEXモンスターを出すためのフィールドである「EXモンスターゾーン」が追加され、かなりの反響を呼びました。

まずは現行のルールの確認です。

出典:遊戯王OCGチャンネル

ペンデュラムゾーンの廃止に加え、リンクマーカーと呼ばれる矢印をもったモンスター、リンクモンスターが新たに登場、そのリンクマーカーの先にEXデッキからのモンスターの特殊召喚ができるといったかなり大幅なルール変更。

高速化した環境を低速化させて一強環境が崩れた反面、ルール変更によって一部のモンスター効果が使えなくなる等の理由から賛否両論でした。(どっちかというと世論は否定寄り)

おそらく新マスタールールの一番の被害者だと思われる《ゴヨウ・ディフェンダー》くん

そして、4月から適応の新ルールはこちら!

出典:遊戯王OCGチャンネル

なななんと!今まで通り融合、シンクロ、エクシーズモンスターはメインモンスターゾーンにも特殊召喚することができるように!

……リンクモンスター、ペンデュラムモンスターは新マスタールールのままですが…。

まあ、ペンデュラム召喚がいかにパワーの高い召喚方法だったのかが分かりますね!

ということでぼくは4月から《デビル・フランケン》が使いたくてうずうずウズベキスタンってかんじです。

やったね《ゴヨウ・ディフェンダー》くん!

3.新アニメ決定!

2年半続いた「遊戯王VRAINS」が終わりを迎え、来年の遊戯王アニメはなにかなー、と思っていた方々に朗報です!

なんと、遊戯王新アニメが決定しました!

その名も

出典:遊戯王OCGチャンネル

出典:遊戯王OCGチャンネル

どことなくカ○トボーグを思わせる風貌をした主人公たちが登場するこのアニメでは、通常のデュエルに加え、主人公の開発した「ラッシュデュエル」という形式のデュエルが登場します。

出典:遊戯王OCGチャンネル

出典:遊戯王OCGチャンネル

そして今までの遊戯王OCGとはまた別形式、別カードを使う「ラッシュデュエル」が現実でも出ます!

カードとしては、アニメでは《ブルーアイズ・ホワイトドラゴン》が映っており、さらに《セブンスロード・マジシャン》と《連撃竜ドラギアス》が判明しています。

出典:遊戯王OCGチャンネル

出典:遊戯王OCGチャンネル

今までの遊戯王カードと比べるとちょっと低年齢向けになったのかな?といったイメージです。

発売されたら早速やってみようと思います。

声優スペシャルステージ 『デュエルオペラ』&なりきり!モンスター召喚大合戦!

ステージ上で行われるのは情報公開だけではありません!

歴代のアニメ「遊☆戯☆王」に関わってきた声優さんたちによるデュエルが見られるのも、この『デュエルオペラ』だけ!

なんと声優さんたちが生アフレコによって目の前でキャラクターを演じてくれます!

アニメファンにはたまらないですね!

個人的にはアニメ「遊☆戯☆王ARC-V」からのデュエルオペラが無かったのが少し残念ですが……。

それでも会場は大盛り上がりでした!

そしてなりきり!モンスター召喚大合戦!

こちらは一般の参加者の方がモンスターの召喚口上を叫ぶ、という少し恥ずかし目の企画。

最初は僕も恥ずかしくないのかなぁと思いながら見ていたのですが、そのモンスターへの熱い思いが参加者の方から伝わってきて、気づけば熱い声援を送っていました!

最後に

ジャンプフェスタ2020の総括をすると、一言でいえば

「楽しかった」

でした。小学生かよ。

でも、その言葉が自然と出てしまうくらいに楽しかったです。

特に感動したのは需要への供給の配分です。

遊戯王が好きと一口に言っても、楽しみ方は人それぞれ。

競技として、アニメとして、またコレクターとして。

このジャンプフェスタ2020にて行われた遊戯王ブースでのそういったニーズに対する配分は素晴らしかったと思います。

遊戯王がしたい人はハノイの騎士に挑戦でき、アニメ遊戯王が好きな人はデュエルオペラを鑑賞し、そしてコレクターの方は遊戯王の歴代のカードを眺めることができる。

そういった部分への配慮がとてもよかったです。

次回のジャンプフェスタでもきっと遊戯王のブースがあると思いますので、まだ参加したことのない人は是非参加してみてください!

以上、ジャンプフェスタ2020潜入レポートでした!

【前回の記事はこちら】おしゃれはカードから!遊戯王を身に着けろ!

【次回の記事はこちら】みんな装備してすぐ外す《エレキューブ》について

ガチまとめからのお知らせ

カテゴリ:

タグ:

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

13