【ドラゴンメイド】デッキレシピや回し方・相性の良いカード・対策カードについてのまとめ

PV 24,807 いいね 20

【ドラゴンメイド】デッキレシピや回し方・相性の良いカード・対策カードについてのまとめ

はじめに

【ドラゴンメイド】はデッキビルドパック ミスティック・ファイターズにて収録されたテーマ。

かわいらしい絵柄とドラゴン×メイドのコンボにより発売前から人気を獲得していった。

そんな【ドラゴンメイド】についてのデッキレシピや回し方を紹介していきます。

目次

【ドラゴンメイド】とは

下級ドラゴンメイドモンスターバトルフェイズ開始時手札か墓地の最上級ドラゴンメイドモンスターと入れ替わる効果、最上級ドラゴンメイドモンスターバトルフェイズ終了時手札の下級ドラゴンメイドモンスターと入れ替わる効果をそれぞれ持つ。

戦闘を行う時だけドラゴンの姿になるメイドのドラゴンテーマです。

【ドラゴンメイド】 カード効果・画像まとめ

《ドラゴンメイド・パルラ》

ドラゴンメイド・パルラ

【 効果モンスター 】
星 3 / 風 / ドラゴン族 / 攻500 / 守1700

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ドラゴンメイド・パルラ」以外の「ドラゴンメイド」カード1枚を墓地へ送る。②:自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。このカードを持ち主の手札に戻し、自分の手札・墓地からレベル8の「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《ドラゴンメイド・ティルル》

ドラゴンメイド・ティルル

【 効果モンスター 】
星 3 / 炎 / ドラゴン族 / 攻500 / 守1700

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ドラゴンメイド・ティルル」以外の「ドラゴンメイド」モンスター1体を手札に加える。その後、手札から「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで墓地へ送る。②:自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。このカードを持ち主の手札に戻し、自分の手札・墓地からレベル8の「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《ドラゴンメイド・ナサリー》

ドラゴンメイド・ナサリー

【 効果モンスター 】
星 2 / 地 / ドラゴン族 / 攻500 / 守1600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「ドラゴンメイド・ナサリー」以外の自分の墓地のレベル4以下の「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。②:自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。このカードを持ち主の手札に戻し、自分の手札・墓地からレベル7の「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《ドラゴンメイド・パルラ》

ドラゴンメイド・パルラ

【 効果モンスター 】
星 2 / 水 / ドラゴン族 / 攻500 / 守1600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。②:自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。このカードを持ち主の手札に戻し、自分の手札・墓地からレベル7の「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《ドラゴンメイド・ルフト》

ドラゴンメイド・ルフト

【 効果モンスター 】
星 8 / 風 / ドラゴン族 / 攻2700 / 守1700

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードを手札から捨て、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、その表側表示モンスターはフィールドで発動する効果を発動できない。②:自分フィールドに融合モンスターが存在する限り、このカードは効果では破壊されない。③:自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。このカードを持ち主の手札に戻し、手札からレベル3の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《ドラゴンメイド・フランメ》

ドラゴンメイド・フランメ

【 効果モンスター 】
星 8 / 炎 / ドラゴン族 / 攻2700 / 守1700

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードを手札から捨て、自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで2000アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。②:自分フィールドに融合モンスターが存在する限り、このカードは効果では破壊されない。③:自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。このカードを持ち主の手札に戻し、手札からレベル3の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《ドラゴンメイド・エルデ》

ドラゴンメイド・エルデ

【 効果モンスター 】
星 7 / 地 / ドラゴン族 / 攻2600 / 守1600

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードを手札から捨てて発動できる。手札からレベル4以下の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。②:自分フィールドに融合モンスターが存在する限り、このカードは効果では破壊されない。③:自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。このカードを持ち主の手札に戻し、手札からレベル2の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《ドラゴンメイド・フルス》

ドラゴンメイド・フルス

【 効果モンスター 】
星 7 / 水 / ドラゴン族 / 攻2600 / 守1600

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードを手札から捨て、自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。②:自分フィールドに融合モンスターが存在する限り、このカードは効果では破壊されない。③:自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。このカードを持ち主の手札に戻し、手札からレベル2の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《ドラゴンメイド・ハスキー》

ドラゴンメイド・ハスキー

【 融合モンスター 】
星 9 / 光 / ドラゴン族 / 攻3000 / 守2000

「ドラゴンメイド」モンスター+ドラゴン族モンスター
①:自分・相手のスタンバイフェイズに、このカード以外の自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターよりレベルが1つ高い、またはレベルが1つ低い「ドラゴンメイド」モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで守備表示で特殊召喚する。②:このカード以外の自分フィールドの表側表示のドラゴン族モンスターが自分の手札に戻った時、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《ドラゴンメイドのお心づくし》

ドラゴンメイドのお心づくし

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分の手札・墓地から「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。その後、特殊召喚したモンスターと同じ属性でレベルが異なる「ドラゴンメイド」モンスター1体をデッキから墓地へ送る事ができる。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《ドラゴンメイドのお召し替え》

ドラゴンメイドのお召し替え

【 通常魔法 】

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分の手札・フィールドから、ドラゴン族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札に加え、そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《ドラゴンメイドのお出迎え》

ドラゴンメイドのお出迎え

【 永続魔法 】

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスターの数×100アップする。②:自分フィールドに「ドラゴンメイド」モンスターが2体以上存在する場合、自分の墓地の「ドラゴンメイドのお出迎え」以外の「ドラゴンメイド」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。③:このカードが墓地へ送られた場合に発動する。このターン、自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスターは相手の効果の対象にならない。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《ドラゴンメイドのお見送り》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なる
「ドラゴンメイド」モンスター1体を手札から守備表示で特殊召喚し、
対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンの終了時まで、
戦闘・効果では破壊されない。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《ドラゴンメイド・リラクゼーション》

ドラゴンメイド・リラクゼーション

【 永続罠 】

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象とし、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●対象のモンスターを持ち主の手札に戻し、デッキから「ドラゴンメイド・リラクゼーション」以外の「ドラゴンメイド」カード1枚を手札に加える。
●対象のモンスターを持ち主の手札に戻し、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

【ドラゴンメイド】レシピ

【ドラゴンメイド】デッキの回し方

このデッキにおける初動は主に二つ

《ドラゴンメイド・パルラ》 または《ドラゴンメイド・ティルル》です。

この二人のメイドにアクセスするのが勝利へのカギです。

【ドラゴンメイド】デッキの回し方①:《ドラゴンメイド・ティルル》

《ドラゴンメイド・パルラ》 と 《ドラゴンメイド・ティルル》 は一見別の効果に見えますが、ほぼ同じ効果です

《ドラゴンメイド・パルラ》 が【ドラゴンメイド】魔法罠を送れるのに対し、 《ドラゴンメイド・ティルル》 はモンスターしか墓地に送れません。

  1. 《ドラゴンメイド・ティルル》 を召喚。効果によって 《ドラゴンメイド・フランメ》 または《ドラゴンメイド・ルフト》を手札に加え、そのまま墓地へ送る。
  2. バトルフェイズ開始時、《ドラゴンメイド・ティルル》の効果によってレベル8の【ドラゴンメイド】モンスターを特殊召喚する。

《ドラゴンメイド・ティルル》 一枚でもフィールドに下級、墓地に最上級の構えができます。

【ドラゴンメイド】デッキの回し方②:《封印の黄金櫃》

このテーマはドラゴン族が主体のテーマであるため、様々なドラゴン族サポートを受けることができます。

なかでも、2018年10月に制限カードとして復帰した《嵐征竜-テンペスト》との相性は抜群です。

  1. 《封印の黄金櫃》を発動。デッキから 《嵐征竜-テンペスト》 を除外。
  2. 《嵐征竜-テンペスト》 の効果によって《ドラゴンメイド・パルラ》を手札に加える。
  3. 《ドラゴンメイド・パルラ》を召喚。効果によって《ドラゴンメイド・ルフト》または《ドラゴンメイド・フランメ》を墓地に送る。
  4. バトルフェイズ開始時、《ドラゴンメイド・パルラ》の効果によってレベル8の【ドラゴンメイド】モンスターを特殊召喚する。

手札一枚で完結する優秀な動きです。

ただし、《封印の黄金櫃》は現在制限カードであり、確率の観点からみると心もとないのが現実です。

【ドラゴンメイド】デッキの回し方③:《嵐征竜-テンペスト》+《ドラゴンメイド・パルラ》

②の展開方法は《嵐征竜-テンペスト》を引いていない場合にできるのですが、 《嵐征竜-テンペスト》 を引いてしまっていてもあまり支障はありません。

この二枚がそろっているときはフィールドに二体のドラゴン族を供給することができます。

  1. 《ドラゴンメイド・パルラ》 をコストに《嵐征竜-テンペスト》の効果を発動。 《ドラゴンメイド・ナサリー》 を手札に加える。
  2. 《ドラゴンメイド・ナサリー》を召喚。効果によって《ドラゴンメイド・パルラ》を特殊召喚。
  3. 《ドラゴンメイド・パルラ》 の効果によって【ドラゴンメイド】カードを墓地へ送る。

この後はそのまま戦線に【ドラゴンメイド】モンスターを維持する、もしくは《天球の聖刻印》をリンク召喚するなどの選択肢があります。

【ドラゴンメイド】デッキの回し方④:《ドラゴンメイド・パルラ》 +《ドラゴンメイドのお心づくし》

【ドラゴンメイド】デッキにおける一番のパワーカードといってもいいのがこの《ドラゴンメイドのお心づくし》。

【ドラゴンメイド】専用の《死者蘇生》と《おろかな埋葬》を一枚にしたようなカード。

  1. 《ドラゴンメイド・パルラ》を召喚。効果により《ドラゴンメイド・ティルル》を墓地へ送る。
  2. 《ドラゴンメイドのお心づくし》を発動。墓地の 《ドラゴンメイド・ティルル》 を特殊召喚し、デッキから《ドラゴンメイド・ルフト》を墓地へ送る。
  3. 《ドラゴンメイド・ティルル》 の効果によって 《ドラゴンメイド・フランメ》 を手札に加えたのち、墓地へ送る。

このコンボにより墓地に最上級【ドラゴンメイド】モンスターを二体、フィールドに下級【ドラゴンメイド】モンスターを二体用意することができる。

《ドラゴンメイドのお心づくし》 の効果で墓地に送れる 【ドラゴンメイド】 モンスターは、この効果によって特殊召喚した 【ドラゴンメイド】 モンスターと属性、レベルが異なっていなければならないことを忘れないようにしよう。

【ドラゴンメイド】デッキの強化方法

【ドラゴンメイド】と相性のいいカード

バージェストマ・ディノミスクス

《バージェストマ・ディノミスクス》

【 通常罠 】

①:フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のカードを除外する。
②:罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、フィールドから離れた場合に除外される。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

ドラゴンメイド自体には明確な妨害カードが無いため、こういった強力な妨害カードがとても心強いです。

最上級【ドラゴンメイド】モンスターを、この 《バージェストマ・ディノミスクス》 の効果で捨ててしまったとしても、フィールドに下級【ドラゴンメイド】モンスターさえいれば最終的には回収できるので損が無いです。

超融合

《超融合》

(準制限カード) 【 速攻魔法 】

手札を1枚捨てる。自分または相手フィールド上から融合モンスターカードによって決められたモンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。このカードの発動に対して、魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事はできない。(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

現在環境デッキである【ドラゴンリンク】に対しても強いカード。

《ドラゴンメイド・ハスキー》の融合素材が、【ドラゴンメイド】モンスター+ドラゴン族モンスターなため、相手のドラゴン族モンスターごと融合素材にすることができる。

また、バトルフェイズ中に発動することで追撃も狙える。

【ドラゴンメイド】と相性のいいテーマ

【守護竜】

現在環境デッキである【ドラゴンリンク】の動きにも採用されている【守護竜】ギミックは、同じドラゴン族のテーマであるこの【ドラゴンメイド】においても有用性があります。

守護竜エルピィ

《守護竜エルピィ》

【 リンクモンスター 】
星 1 / 闇 / ドラゴン族 / 攻1000 /

レベル4以下のドラゴン族モンスター1体
自分は「守護竜エルピィ」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。2体以上のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに、手札・デッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。
【LINK-1:左】

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

効果が非常に強力で、ドラゴン族ならほぼデッキから特殊召喚することが可能。

難点としては、重なったリンク先を用意しなければいけないことだろうか。

守護竜ピスティ

《守護竜ピスティ》

【 リンクモンスター 】
星 1 / 闇 / ドラゴン族 / 攻1000 /

【 リンクモンスター 】
星 1 / 闇 / ドラゴン族 / 攻1000 /

レベル4以下のドラゴン族モンスター1体
自分は「守護竜ピスティ」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。
②:自分の墓地のモンスターまたは除外されている自分のモンスターの中から、ドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを、2体以上のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
【LINK-1:右】

《守護竜エルピィ》の効果とにているが、こちらは墓地と除外から特殊召喚することができる。

《嵐征竜-テンペスト》の効果のコストとして除外したドラゴン族を特殊召喚できるのは覚えておきたい。

【ドラゴンメイド】デッキの対策方法

【ドラゴンメイド】デッキの対策モンスターカード

エフェクト・ヴェーラー

《エフェクト・ヴェーラー》

【 チューナーモンスター 】
星 1 / 光 / 魔法使い族 / 攻0 / 守0

このカードを手札から墓地へ送り、相手フィールド上に表側表示で存在する効果モンスター1体を選択して発動する。選択した相手モンスターの効果をエンドフェイズ時まで無効にする。この効果は相手のメインフェイズ時のみ発動する事ができる。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

【ドラゴンメイド】はフィールドのモンスターの効果を使って戦うテーマのため、 《エフェクト・ヴェーラー》 の効果を受けるとかなり痛手です。

下級【ドラゴンメイド】モンスターはそのまま戦闘を行うには少し物足りないステータスをしているので、《ドラゴンメイド・フランメ》等で攻撃力をあげて戦いましょう。

【ドラゴンメイド】デッキの対策罠カード

無限泡影

《無限泡影》

【 通常罠 】

自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。セットされていたこのカードを発動した場合、さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《エフェクト・ヴェーラー》 と効果は類似していますが、大きく違うことは罠カードということです。

《エフェクト・ヴェーラー》 だと《墓穴の指名者》で無効にされてしまうことがありますが、このカードならその心配がありません。

まとめ

かわいらしいメイドさんのテーマであるこの【ドラゴンメイド】。

これから組もうかなと思っている方の参考に少しでもなったら幸いです!

以上、【ドラゴンメイド】の紹介でした!

関連記事

20