【2020年 王(ジェネレイド)】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事

PV 3,350 いいね 6 コメント 4

【2020年 王(ジェネレイド)】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事

はじめに

『【ジェネレイド】デッキを組んで遊んでみたい!』

『【ジェネレイド】デッキと相性が良いカードが知りたい!』

この記事はそんな方へ向けて書かれたデッキテーマ解説記事です。

【ジェネレイド】について知らない人でも、この記事を読めば【ジェネレイド】デッキの回し方と相性が良いカードが分かる内容となっておりますので、ぜひ最後までお楽しみください!

目次

【ジェネレイド】デッキの特徴

【ジェネレイド】デッキはこのデッキで活躍する【ジェネレイド】モンスターを、《王の舞台》で展開、サポートしながら戦うのが特徴のデッキテーマとなります。

【フィールド魔法】
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、相手がデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
デッキから「ジェネレイド」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
②:相手ターンに、自分が「ジェネレイド」モンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「ジェネレイドトークン」(天使族・光・星4・攻/守1500)を
可能な限り攻撃表示で特殊召喚する。
このトークンはエンドフェイズに破壊される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

①:1ターンに1度、相手がデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
デッキから「ジェネレイド」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

相手が『デッキからカードを手札に加える』という非常に満たしやすい条件でデッキから【ジェネレイド】モンスターを展開します。

【ジェネレイド】モンスターは全てレベル9の上級モンスターですが、この効果によって容易に展開可能。

②:相手ターンに、自分が「ジェネレイド」モンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「ジェネレイドトークン」(天使族・光・星4・攻/守1500)を
可能な限り攻撃表示で特殊召喚する。
このトークンはエンドフェイズに破壊される。

そしてこの②の効果によってフィールドに『ジェネレイドトークン』を展開し、そのトークンを利用した効果を利用しながら戦うのが【ジェネレイド】デッキの基本戦術となります。

【効果モンスター】
星9/闇/魔法使い族/攻3000/守3000
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「轟の王 ハール」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手は自身の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。
③:魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは魔法使い族モンスターを合計2体リリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《轟の王 ハール》は③の効果の発動のために2体のリリースが必要ですが、《王の舞台》によってトークンを生成することでそのコストを調達できます。

【ジェネレイド】デッキレシピ

『コピーしてデッキを作成する』をタップして『初手ドロー』を行えば、実際の【ジェネレイド】デッキのイメージが掴めますので、ぜひお試しください

【ジェネレイド】デッキのカード解説

この記事では【ジェネレイド】デッキの全体像を分かりやすくするために、種類ごとにカードを紹介します。

この記事では【ジェネレイド】デッキのカードを以下のように分類して解説していきます。

  • 【ジェネレイド】モンスター
  • 【ジェネレイド】魔法・罠カード

【ジェネレイド】モンスターはこのデッキで主に活躍するモンスターで、レベル9で統一されています。

また、同名モンスターは1体しかフィールドに存在できない共通効果を持ちます。

【ジェネレイド】魔法・罠カードは【ジェネレイド】モンスターをサポートする効果を持ったカードです。

【ジェネレイド】モンスターについて

王の影ジェネレイド・シャドウ ロプトル》

【効果モンスター】
星4/炎/天使族/攻1500/守1500
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「王の影 ロプトル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターの攻撃力・守備力は相手ターンの間1000アップする。
③:自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの「ジェネレイド」モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なるレベル9の「ジェネレイド」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

3つの効果を持った【ジェネレイド】下級モンスター。

固有効果は②と③の効果となります。

②:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターの攻撃力・守備力は相手ターンの間1000アップする。

相手ターンのみですが、【ジェネレイド】モンスターのステータスを大きく強化できる効果。

このカード自身も【ジェネレイド】モンスターなので、相手ターン中は攻撃力・守備力2500となり、中級アタッカークラスのステータスとなります。

③:自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの「ジェネレイド」モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なるレベル9の「ジェネレイド」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

メインフェイズであればフリーチェーンで発動でき、デッキから任意のレベル9【ジェネレイド】モンスターを特殊召喚可能。

このカード自身をリリースして発動することもできますし、『ジェネレイドトークン』をリリースしてこの効果を発動することもできます。

状況に合わせた【ジェネレイド】モンスターをフィールドへ呼び出しましょう。

特に序盤はサーチ効果を持った《光の王 マルデル》の展開がオススメです。

ひかりジェネレイド マルデル》

【効果モンスター】
星9/光/植物族/攻2400/守2400
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「光の王 マルデル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「光の王 マルデル」以外の、「ジェネレイド」カード1枚または植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

レベル9の上級【ジェネレイド】モンスター。

固有効果は以下の通り。

②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「光の王 マルデル」以外の、「ジェネレイド」カード1枚または植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。

展開時に【ジェネレイド】カードをサーチ可能。

このデッキの核となる《王の舞台》を優先してサーチしましょう。

とどろきジェネレイド ハール》

【効果モンスター】
星9/闇/魔法使い族/攻3000/守3000
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「轟の王 ハール」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手は自身の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。
③:魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは魔法使い族モンスターを合計2体リリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

レベル9の上級【ジェネレイド】モンスター。

固有効果は②と③の2つを持ちます。

②:1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手は自身の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。

相手のドローフェイズ以外でのドロー・サーチに反応し、相手に手札・フィールドのモンスターを墓地へ送ること強制する効果。

【ジェネレイド】カードには《永の王 オルムガンド》《王の襲来》《王の支配》など、『相手にドローをさせる』カードがあるため、能動的にこの効果を発動することもできます。

③:魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは魔法使い族モンスターを合計2体リリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

カード効果の発動を【ジェネレイド】モンスター2体をリリースすることで無効化できる効果。

《王の舞台》が存在すればコストは気にせず発動できますが、発動自体は1ターンに1度しかできないため、マストカウンターを決めましょう。

こおりジェネレイド ニードヘッグ》

【効果モンスター】
星9/水/幻竜族/攻2100/守2600
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「氷の王 ニードヘッグ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:相手がモンスターを特殊召喚する際に、自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは幻竜族モンスター1体をリリースして発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

レベル9の上級【ジェネレイド】モンスター。

固有効果は以下の通り。

②:相手がモンスターを特殊召喚する際に、自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは幻竜族モンスター1体をリリースして発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

【ジェネレイド】モンスターのリリースによって相手の特殊召喚を無効化する効果。

《轟の王 ハール》と並べて展開すれば高い制圧力を発揮します。

ジェネレイド ヘル》

【効果モンスター】
星9/闇/アンデット族/攻 800/守2800
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「死の王 ヘル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体をリリースし、そのモンスターとはカード名が異なる自分の墓地の、「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

レベル9の【ジェネレイド】モンスター。

固有効果は以下の通り。

②:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体をリリースし、そのモンスターとはカード名が異なる自分の墓地の、「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

【ジェネレイド】モンスターをリリースすることで、墓地の【ジェネレイド】モンスターを蘇生できる効果。

【ジェネレイド】は墓地へ送られてしまうと自己蘇生する効果が無いため、貴重な効果となります。

また、この効果はフリーチェーンで発動可能なのでサクリファイスエスケープのような運用も可能です。

ほのおジェネレイド ナグルファー》

【効果モンスター】
星9/炎/獣戦士族/攻3100/守 200
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「炎の王 ナグルファー」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは獣戦士族モンスター1体を破壊できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

レベル9の上級【ジェネレイド】モンスター。

固有効果は以下の通り。

②:自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは獣戦士族モンスター1体を破壊できる。

1ターンに1度だけ、自分フィールドのカードを破壊される際に、代わりに【ジェネレイド】モンスターを破壊できる効果。

基本的にはレベル9の上級【ジェネレイド】モンスターを守るために『ジェネレイドトークン』を破壊することになります。

魔法・罠カードを守ることもできるので、核となる《王の舞台》を守ることもできます。

うつろジェネレイド ウートガルザ》

【効果モンスター】
星9/光属性/岩石族/攻2200/守2700
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「虚の王 ウートガルザ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは岩石族モンスターを合計2体リリースし、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

レベル9の上級【ジェネレイド】モンスター。

固有効果は以下の通り。

②:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは岩石族モンスターを合計2体リリースし、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

発動コストは【ジェネレイド】モンスター2体と重いですが、フリーチェーンでフィールドのカードを除外できる非常に強力な効果を持ちます。

くろがねジェネレイド ドヴェルグス》

【効果モンスター】
星9/地/機械族/攻1500/守2500
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「鉄の王 ドヴェルグス」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは機械族モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
リリースした数だけ、リリースしたモンスターとはカード名が異なる、
「ジェネレイド」モンスターまたは機械族モンスターを手札から守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

レベル9の上級【ジェネレイド】モンスター。

固有効果は以下の通り。

②:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは機械族モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
リリースした数だけ、リリースしたモンスターとはカード名が異なる、
「ジェネレイド」モンスターまたは機械族モンスターを手札から守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果は相手ターンでも発動できる。

【ジェネレイド】モンスターをリリースし、手札の【ジェネレイド】モンスターを展開する効果。

基本的には『ジェネレイドトークン』をリリースし、手札の【ジェネレイド】モンスターを展開することになります。

手札に来てしまった【ジェネレイド】モンスターは活用が難しいため、この効果でフィールドに展開することになります。

とこしえジェネレイド オルムガンド》

【エクシーズ・効果モンスター】
ランク9/地/爬虫類族/攻 ?/守 ?
レベル9モンスター×2体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「永の王 オルムガンド」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:このカードの元々の攻撃力・守備力は、このカードのX素材の数×1000になる。
③:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
お互いは、それぞれデッキから1枚ドローする。
その後、ドローしたプレイヤーは自身の手札・フィールドのカードを1枚選び、このカードの下に重ねてX素材とする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

レベル9モンスター2体以上でエクシーズ召喚可能な【ジェネレイド】モンスター。

【ジェネレイド】は基本的にレベル9モンスターとなるため、それらのモンスターを素材としてのエクシーズ召喚となります。

①は【ジェネレイド】共通の効果となり、固有効果は②と③となります。

②:このカードの元々の攻撃力・守備力は、このカードのX素材の数×1000になる。

エクシーズ素材の数によってステータスが変動する効果。

最低でも2000、このカードの③の効果によってそれ以上の攻撃力を得ることができます。

③:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
お互いは、それぞれデッキから1枚ドローする。
その後、ドローしたプレイヤーは自身の手札・フィールドのカードを1枚選び、このカードの下に重ねてX素材とする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

お互いにドローを行い、お互いに1枚ずつをこの《永の王 オルムガンド》のエクシーズ素材とする効果。

素材を1つ消費し、2つのエクシーズ素材を補充できるため、結果的に攻撃力を1000ポイント強化できます。

また、この効果は相手ターンでも発動できるため、毎ターン攻撃力を1000ずつ強化できます。

《王の舞台》が存在すれば相手のドローに合わせてデッキからレベル9の【ジェネレイド】モンスターの展開が可能となります。

【ジェネレイド】魔法・罠カードについて

王の舞台ジェネレイド・ステージ

【フィールド魔法】
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、相手がデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
デッキから「ジェネレイド」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
②:相手ターンに、自分が「ジェネレイド」モンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「ジェネレイドトークン」(天使族・光・星4・攻/守1500)を
可能な限り攻撃表示で特殊召喚する。
このトークンはエンドフェイズに破壊される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このデッキの核となる2つの効果を持った【ジェネレイド】フィールド魔法カード。

①:1ターンに1度、相手がデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
デッキから「ジェネレイド」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

『相手がデッキからカードを手札に加える』という非常に満たしやすい発動条件で発動でき、デッキからレベル9【ジェネレイド】モンスターを特殊召喚できます。

通常のドローフェイズによるドローでも発動できるため、ほぼ確実に効果を発動可能。

また、自分のターンであっても《永の王 オルムガンド》《王の襲来》《王の支配》等のカード効果を使用すればこの効果を起動させることが可能となります。

②:相手ターンに、自分が「ジェネレイド」モンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「ジェネレイドトークン」(天使族・光・星4・攻/守1500)を
可能な限り攻撃表示で特殊召喚する。
このトークンはエンドフェイズに破壊される。

相手のドローフェイズに《王の舞台》を起動させれば自動的にこの②の発動条件も満たし、自分フィールドに一気に複数体の『ジェネレイドトークン』を展開できます。

エンドフェイズに生成したトークンは破壊されてしまいますが、【ジェネレイド】モンスターの多くは『【ジェネレイド】モンスターをコスト』として強力な効果を発揮するため、基本的にコストとしての運用が想定されています。

王の襲来ジェネレイド・バトル

【通常罠】
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のデッキ・墓地から「ジェネレイド」フィールド魔法カード1枚を選んで発動する。
その後、相手はデッキから1枚ドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【ジェネレイド】通常魔法カード。

①:自分のデッキ・墓地から「ジェネレイド」フィールド魔法カード1枚を選んで発動する。
その後、相手はデッキから1枚ドローする。

《王の舞台》を発動させ、更に相手にドローを行わせることで《王の舞台》のデッキからレベル9【ジェネレイド】を展開できる効果の発動条件を満たす非常に優秀な効果を持ちます。

墓地からも《王の舞台》を発動可能なため、相手に《王の舞台》を破壊されてしまってもこのカードによってのケアが可能です。

王の試練ジェネレイド・クエスト

【通常魔法】
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札の「ジェネレイド」モンスター1体を相手に見せ、デッキから「王の試練」以外の「ジェネレイド」魔法・罠カードを
2枚まで手札に加える(同名カードは1枚まで)。
その後、見せたカードをデッキの一番下に戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【ジェネレイド】通常魔法カード。

①:手札の「ジェネレイド」モンスター1体を相手に見せ、デッキから「王の試練」以外の「ジェネレイド」魔法・罠カードを
2枚まで手札に加える(同名カードは1枚まで)。
その後、見せたカードをデッキの一番下に戻す。

デッキから特殊召喚したい【ジェネレイド】モンスターをデッキへ戻しつつ、【ジェネレイド】魔法・罠カード2枚をサーチできます。

このデッキの核となる《王の舞台》や、次に紹介する《王の支配》等、状況に応じた【ジェネレイド】魔法・罠カードを手札に加えましょう。

王の支配ジェネレイド・テリトリー

【永続罠】
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の「ジェネレイド」カードの効果の発動にチェーンして相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。
その相手の効果は「お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする」となる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【ジェネレイド】永続罠カード。

①:自分の「ジェネレイド」カードの効果の発動にチェーンして相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。
その相手の効果は「お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする」となる。

相手の【ジェネレイド】カードの効果の発動にチェーンした効果を、手札コスト1枚で書き換える効果。

《王の舞台》の効果の発動にチェーンした《コズミック・サイクロン》などの妨害効果を書き換えられます。

また、相手もカードをドローしてしまいますが、《王の舞台》《轟の王 ハール》の発動条件を満たし、アドバンテージを取り返すことが可能。

【ジェネレイド】デッキの回し方〜概要〜

デッキの回し方①:《王の舞台》を発動しよう!

まずはこのデッキの核となる《王の舞台》を発動しましょう。

《王の舞台》へのアクセス手段は豊富なので、安定して《王の舞台》を発動準備ができます。

  • 《王の影 ロプトル》の効果を発動し、デッキから《光の王 マルデル》を特殊召喚し、デッキから《王の舞台》を手札に加える
  • 《ローンファイア・ブロッサム》の効果でデッキから《光の王 マルデル》を特殊召喚し、デッキから《王の舞台》を手札に加える
  • 《王の試練》でデッキから《王の舞台》を手札に加える
  • 《王の襲来》で相手ターンに《王の舞台》をデッキ・墓地から発動する etc.

デッキの回し方②:デッキから強力な【ジェネレイド】モンスターを展開しよう!

《王の舞台》を発動したら、相手のドローフェイズのドローに合わせてデッキから【ジェネレイド】モンスターを展開しましょう!

《王の舞台》で更に『ジェネレイドトークン』を展開し、【ジェネレイド】モンスターの効果を発動するためのコストとして活用しましょう。

相手ターンだけでなく、自分のターンでも《永の王 オルムガンド》《王の襲来》《王の支配》によって相手にドローを強制し、デッキから【ジェネレイド】モンスターを展開しましょう。

【ジェネレイド】デッキと相性が良いカード

必須級:【ジェネレイド】デッキと相性が良いカード

《テラ・フォーミング》

【通常魔法】
①:デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

フィールド魔法をサーチできる通常魔法。

デッキの核となる《王の舞台》をサーチしましょう。

星遺物せいいぶつ胎導たいどう

【速攻魔法】
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札からレベル9モンスター1体を特殊召喚する。
●自分フィールドのレベル9モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとは元々の種族・属性が異なる
レベル9モンスター2体をデッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【星遺物】速攻魔法カード。

2つの効果のうち1つを選択して発動する効果を持ちます。

●手札からレベル9モンスター1体を特殊召喚する。

手札の【ジェネレイド】モンスターを展開できます。

《光の王 マルデル》を展開できれば初動とすることも可能。

●自分フィールドのレベル9モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとは元々の種族・属性が異なる
レベル9モンスター2体をデッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

レベル9モンスター1体を対象として、種族・属性がことなるレベル9モンスターを2体、デッキから特殊召喚できる非常に強力な効果。

一気に3体ものレベル9モンスターをフィールドに揃えることができます。

特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズには破壊されてしまいますが、エクシーズ素材としてしまえば問題ありません。

切り札である《永の王 オルムガンド》や、《真竜皇V.F.D.》《幻子力空母エンタープラズニル》等の汎用ランク9エクシーズの展開も可能となります。

《強欲で金満な壺》

【通常魔法】
①:自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。
除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【ジェネレイド】デッキはエクストラデッキに依存しないため、ドローソースとして採用できます。

発動後にドローが行えなくなる効果があるため、《永の王 オルムガンド》《王の支配》の効果の発動はできなくなる点には注意が必要です。

真竜皇しんりゅうおうV.F.D.ザ・ビースト

【エクシーズ・効果モンスター】
ランク9/闇/幻竜族/攻3000/守3000
レベル9モンスター×2体以上
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、
宣言した属性の相手モンスターは攻撃できず、効果を発動できない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを相手フィールドからも選ぶ事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

汎用ランク9エクシーズ。

フリーチェーンで一方的に『相手モンスターの攻撃』と『効果の発動』を封じられる非常に強力な制圧力を持ちます。

幻子力空母ミラージュフォートレスエンタープラズニル》

【エクシーズ・効果モンスター】
ランク9/風/機械族/攻2900/守2500
レベル9モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドのカード1枚を選んで除外する。
●相手の手札をランダムに1枚選んで除外する。
●相手の墓地のカード1枚を選んで除外する。
●相手のデッキの一番上のカードを除外する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

汎用ランク9エクシーズモンスター。

起動効果で相手のフィールド・手札・墓地いずれかのカードを対象に取らずに除外できる効果を持ちます。

名称を指定した発動回数制限が無いため、複数体の《幻子力空母エンタープラズニル》を展開すれば、1ターンに2枚の手札を除外することも可能です。

無限起動むげんきどうアースシェイカー》

【エクシーズ・効果モンスター】
ランク9/地/機械族/攻3100/守2100
レベル9モンスター×2
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を任意の数だけ取り除き、その数だけフィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
③:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの機械族リンクモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

汎用ランク9エクシーズモンスター。

エクシーズ素材を取り除きフィールドのカードを破壊して、更に自身の効果でエクシーズ素材を調達できる効果を持ちます。

カスタム案:【ジェネレイド】デッキと相性が良いカード

《ローンファイア・ブロッサム》

【効果モンスター】
星3/炎/植物族/攻 500/守1400
①:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから植物族モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

この《ローンファイア・ブロッサム》自身をリリースすることでデッキから《光の王 マルデル》を特殊召喚できます。

《光の王 マルデル》がサーチ効果を持つため、初動のカードとして採用しましょう。

《機巧蹄-天迦久御雷》

【効果モンスター】
星9/炎/機械族/攻2750/守2750
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXモンスターゾーンにモンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:EXモンスターゾーンの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
③:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
このカードに装備された自分のモンスターカード1枚を選んで特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

エクストラモンスターゾーンにモンスターが存在する場合に手札から特殊召喚できるレベル9モンスター。

単体でも成立する強力な効果を持ちます。

レベル9なのでランク9エクシーズ素材にもなれますし、《星遺物の胎導》の対象とすることも可能。

《トリアス・ヒエラルキア》

【効果モンスター】
星9/光/天使族/攻1900/守2900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの天使族モンスターを3体までリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
さらに、この効果を発動するためにリリースしたモンスターの数によって以下の効果をそれぞれ適用できる。
●2体以上:相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
●3体:自分はデッキから2枚ドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札・墓地に存在する場合、自分フィールドの天使族3体をリリースして特殊召喚できるレベル9モンスター。

『ジェネレイドトークン』は天使族なので、それらのモンスターをリリースして特殊召喚可能。

3体のモンスターをリリースして展開すれば、相手フィールドのカードを対象に取らずに破壊し、更に2枚のドローを行えるため、相手とのアドバンテージの差をつけることができます。

《失楽の魔女》

【 効果モンスター 】 
星 4 / 闇 / 天使族 / 攻100 / 守2000 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「禁じられた」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
②:相手メインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。デッキから「失楽の魔女」以外の天使族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

特に相性が良いのが②の効果。

②:相手メインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。デッキから「失楽の魔女」以外の天使族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。 

相手ターンにこのカード自身をリリースすることで、デッキから《王の影 ロプトル》を特殊召喚することができます。

そして《王の影 ロプトル》は相手ターンでもデッキから【ジェネレイド】モンスターを特殊召喚できる効果を持ちます。

そのため、このカードがあれば相手ターンの【ジェネレイド】モンスターの展開まで繋げることができます。

【ジェネレイド】デッキのオススメの対戦動画

おわりに

カーナベルではこの記事の中で紹介した【ジェネレイド】カードや相性の良いカードを豊富に準備しております。

記事を読んで【ジェネレイド】デッキが組みたくなった方はぜひカーナベルでカードを手に入れて実際の【ジェネレイド】デッキで遊んでみてください!

当日15時までのご注文で即日発送、15以降なら翌日発送で【ジェネレイド】のデッキパーツをお届けします!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (4)

匿名

なんの捻りもなくてわざわざ記事にするほどじゃないねw

0
ガチまとめ遊戯王担当

ご意見ありがとうございます。
匿名様の満足できるような捻りのある内容をお届けできなくて大変残念に思います。
現在はそのテーマをスタンダートな内容でお届けしていくことに特化しておりますが、ゆくゆくはユニークな、捻りのある内容でユーザーの皆さまを満足させることができればと思います。

2
匿名

失楽の魔女いいですよ

0
ガチまとめ遊戯王担当

匿名様
《王の影 ロプトル》とのシナジーですね!
記事内容に反映させて頂きました!
情報のご提供ありがとうございます。

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

6