【2021年 相剣デッキ 入門書】幻竜デッキの集大成!

PV 14,134 いいね 31 コメント 0

【2021年 相剣デッキ 入門書】幻竜デッキの集大成!

はじめに

こんにちは、はみるとんです!

今回は新規テーマ【相剣】について紹介していきます!

幻竜族・シンクロ・トークンという既に強いシナジーのある優秀な戦術のテーマですが、一体どのような動きをしていくのでしょうか?

目次

【相剣】デッキレシピ

【】デッキレシピ一覧

        このデッキレシピで行える具体的な展開はこちら ▼

        【相剣】デッキの特徴

        【相剣】テーマはシンクロ召喚を主体として戦うテーマで、メインデッキに入る非チューナーがチューナーであるトークンを生み出す事で、少ない始動札からシンクロ召喚を成立させるテーマです。

        【相剣】カードの解説

        【相剣】カードは大きく分けて初動であるメインデッキのモンスター、展開と妨害をこなすSモンスター、展開を補助する魔法カード、妨害を行う罠カードで構成されています。

        まずは初動となる【相剣】下級モンスターから見ていきましょう。

        初動となる【相剣】モンスター

        下級の【相剣】モンスターはいずれもトークンを生み出す効果を持っていて、1枚からシンクロ召喚に繋げていく事が出来ます。

        【 効果モンスター 】
        星 4 / 風 / 幻竜族 / 攻1800 / 守1500

        このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

        ①:自分の墓地から「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を除外して発動できる。
        自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。
        この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
        ②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
        デッキから「相剣」カードまたは幻竜族モンスター1体を墓地へ送る。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        【 効果モンスター 】
        星 4 / 水 / 幻竜族 / 攻1700 / 守1800

        このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

        ①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札の「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を相手に見せて発動できる。
        自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。
        この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
        ②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
        自分はデッキから1枚ドローする。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        2種類のレベル4【相剣】モンスターは、それぞれ手札・墓地に【相剣】または幻竜族が存在する事を条件にレベル4チューナーを生み出し、8シンクロを行う事が出来ます。

        また、それぞれS素材になった時の効果によってアドバンテージを稼ぐ事が出来るので、これらのカードから《相剣大師-赤霄》を出すのが主な初動となります。

        【 効果モンスター 】
        星 6 / 炎 / 幻竜族 / 攻1200 / 守2300

        このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

        ①:このカード以外の手札の「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を捨てて発動できる。
        このカードを手札から特殊召喚する。
        その後、自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚できる。
        この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
        ②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
        相手に1200ダメージを与える。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        また、《相剣軍師-龍淵》は手札から自身を特殊召喚しつつ4チューナーのトークンを生み出し、10シンクロを行う事が出来ます。

        追加の展開として優秀なカードです。

        【相剣】シンクロモンスター

        【 シンクロモンスター 】
        星 8 / 光 / 幻竜族 / 攻2800 / 守1000

        チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
        このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

        ①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
        デッキから「相剣」カード1枚を手札に加えるか除外する。
        ②:自分の手札・墓地から「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を除外し、このカード以外のフィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
        そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
        この効果は相手ターンでも発動できる。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        《相剣師-泰阿》などから出す事ができ、【相剣】カードのサーチを行いつつ相手ターンに妨害も出来るという非常に優秀なモンスターです。

        まずはこのカードを出す事が【相剣】デッキの基本となり、ここからサーチしてくるカードによって更なる展開を行うか妨害を構えるか色々と派生する事が出来ます。

        【 シンクロモンスター 】
        星 10 / 水 / 幻竜族 / 攻3000 / 守3000

        チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
        このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。

        ①:除外されているカードの数×100だけ、このカードの攻撃力・守備力はアップし、相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力はダウンする。
        ②:このカードが効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のカード1枚を除外できる。
        ③:カードが除外された場合に発動できる。
        相手のフィールド及び墓地のカードをそれぞれ1枚ずつ選んで除外する。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        もう一種のSモンスターである《相剣大公-承影》は《相剣軍師-龍淵》などから出す事ができ、《相剣大師-赤霄》の効果によって条件を満たして場と墓地それぞれを除外することが出来ます。

        【相剣】魔法・罠カード

        主に《相剣大師-赤霄》からのサーチ先として選ぶことができ、それぞれが優秀な効果を持っています。

        【 通常魔法 】

        このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

        ①:デッキから「相剣」モンスター1体を手札に加える。
        自分フィールドにSモンスターが存在する場合、代わりに幻竜族モンスター1体を手札に加える事もできる。
        ②:このカードが除外された場合、自分フィールドの、「相剣」モンスターまたは幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。
        そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        こちらは実質的な初動カードで、《相剣師-泰阿》をサーチすることで1枚から展開する事が出来ます。

        【 通常罠 】

        このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

        ①:自分フィールドの幻竜族モンスター1体と相手フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
        そのカードを破壊する。
        ②:このカードが除外された場合に発動できる。
        自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。
        この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        純粋なフリーチェーン破壊として扱いやすく、素引きしても条件を満たしやすいのが魅力です。

        【 通常魔法 】

        このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

        ①:自分の墓地の「相剣」モンスター1体を対象として発動できる。
        そのモンスターを特殊召喚する。
        自分フィールドにSモンスターが存在する場合、代わりに幻竜族モンスター1体を対象とする事もできる。
        ②:このカードが除外された場合、自分フィールドの、「相剣」モンスターまたは幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。
        そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        《相剣大師-赤霄》からサーチした場合は幻竜族を何でも蘇生できるカードとなり、《相剣師-泰阿》の墓地肥やしで落としたモンスターをそのまま出す事が出来、更なる展開に繋がります。

        【相剣】デッキと相性が良いカード

        【天威】モンスター

        【 効果モンスター 】
        星 4 / 風 / 幻竜族 / 攻800 / 守1000

        このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
        ①:自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
        ②:効果モンスター以外の自分の表側表示モンスターが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に、手札・墓地のこのカードを除外して発動できる。その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで1500ダウンする。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        【相剣】デッキは初動の条件として「手札・墓地に幻竜族モンスターが存在する」事を要求してくるため、初動を安定させるためにデッキ内にたくさん幻竜族を入れておく必要があります。

        その中でも、【天威】モンスターは自身の効果で特殊召喚する事が出来るので腐る事が殆どないほか、通常モンスターが存在する時の効果も【相剣】のトークン生成能力と噛み合っているため、様々な点で相性が良いです。

        《トラップトリック》

        【 通常罠 】

        このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

        ①:デッキから「トラップトリック」以外の通常罠カード1枚を除外し、その同名カード1枚をデッキから選んで自分フィールドにセットする。この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。このカードの発動後、ターン終了時まで自分は罠カードを1枚しか発動できない。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        《相剣暗転》を除外してセットすることで、《相剣暗転》の除外時効果によってトークンを生み出し、そのままトークンを破壊して《相剣暗転》の効果を使うことでタダで2枚のカードを除去する事が出来ます。

        《天幻の龍輪》

        【 速攻魔法 】

        このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
        ①:自分フィールドの幻竜族モンスター1体をリリースして発動できる。デッキから幻竜族モンスター1体を手札に加える。効果モンスター以外のモンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、手札に加えず効果を無効にして特殊召喚する事もできる。
        ②:自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「天威」カード1枚を手札に加える。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        【天威】モンスターを特殊召喚し、リリースしてこのカードを発動することで、《相剣師-泰阿》や《相剣師-莫邪》などの【相剣】の初動カードをサーチする事が出来ます。

        後半の効果も【相剣】のトークン生成によって満たしやすく、継続的なリソースになってくれます。

        【相剣】デッキの回し方

        【使用カード/条件】

        • 《龍相剣現》

        【結果】

        【手順】

        1. 《龍相剣現》を発動し、《相剣師-泰阿》をサーチ
        2. 《相剣師-泰阿》の効果で《龍相剣現》を除外してトークンを特殊召喚
        3. トークンと《相剣師-泰阿》で《相剣大師-赤霄》をS召喚
        4. 《相剣大師-赤霄》の効果で《大霊峰相剣門》をサーチ
        5. 《相剣師-泰阿》の墓地効果で《竜宮のツガイ》を墓地送り
        6. 《大霊峰相剣門》を発動し《竜宮のツガイ》を蘇生
        7. 《竜宮のツガイ》の効果で手札を捨てて《メタファイズ・ラグナロク》を特殊召喚
        8. 《メタファイズ・ラグナロク》《竜宮のツガイ》で《相剣大公-承影》をS召喚

        【盤面の解説】

        《相剣大師-赤霄》によってモンスター効果を無効にしつつ、その際の除外をトリガーとして《相剣大公-承影》の効果を発動し、相手の場と墓地のカードを除外する事が出来ます。

        上記の動きは《相剣大師-赤霄》のサーチ先を《大霊峰相剣門》にしている場合ですが、《相剣暗転》をサーチすればそのまま2枚除去、《妖眼の相剣師》をサーチすれば《相剣大師-赤霄》による無効からそのまま特殊召喚を行って相手の特殊召喚に合わせて効果を使うなど、《相剣大師-赤霄》のサーチ先によってさまざまな展開が可能です。

        【相剣】デッキを扱う上でのポイント

        相手に刺さる妨害を見極めよう

        【相剣】デッキは大きく分けて以下のような妨害の種類があります。

        破壊

        • 《相剣暗転》によってフリーチェーンで2枚のカードを破壊
        • 《妖眼の相剣師》によってEXデッキから特殊召喚されたモンスターを破壊

        効果無効

        • 《相剣大師-赤霄》によってフリーチェーンで場のモンスター効果を無効

        除外

        • 《相剣大公-承影》によって場と墓地のカードを除外
        • 《相剣瑞獣-純鈞》によって場か墓地のカードを除外

        これらの妨害のうちどれが相手のデッキギミックに対して有効か見極め、《相剣大師-赤霄》のサーチ先を選んだり展開の仕方を工夫するのが重要です。

        【相剣】デッキをカスタムするおすすめカード

        《源竜星-ボウテンコウ》

        【 シンクロ・チューナーモンスター 】
        星 5 / 光 / 幻竜族 / 攻0 / 守2800

        チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
        自分は「源竜星-ボウテンコウ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

        ①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
        デッキから「竜星」カード1枚を手札に加える。
        ②:1ターンに1度、デッキから幻竜族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
        このカードのレベルは、墓地へ送ったモンスターと同じになる。
        ③:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
        デッキから「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        《天威龍-アーダラ》を絡めてシンクロ召喚することでレベル調整を行い色々なレベルのSモンスターを出したり、《竜星の九支》や相手ターンシンクロなどで妨害の手数を増やす事が出来ます。

        下級の【竜星】モンスターを採用する必要があるためデッキに初動になり得ないカードが増えることになりますが、幻竜族を増やしたい【相剣】デッキの性質とはかみ合っている上、《幻竜星-チョウホウ》《輝竜星-ショウフク》などの強力な竜星モンスターとのシナジーも高くオススメです。

        おわりに

        というわけで今回は注目の新シンクロテーマ【相剣】について紹介していきました!

        非チューナーがチューナーを生むという新鮮なテーマで、幻竜ギミックやシンクロギミックなど既存の様々なギミックによって多彩な戦術を絡める事が出来て非常に楽しいテーマなので、是非皆さんも組んでみてください!

        それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

        あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
        遊戯王通販サイト「カーナベル」


        〜3つの特徴〜

        1. 毎日最大12%ポイント還元
        2. 当日15時までの注文で即日発送
        3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

        ガチャを回して大量ポイントGET!!
        ▼毎日ガチャ開催中▼


        徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
        デッキパーツをお得にGET!!

        ガチまとめからのお知らせ

        カテゴリ:

        タグ:

        関連記事

        コメント (0)

        ※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

        31