【2021年 ペンギンデッキ 入門書】1枚から展開可能に

PV 5,369 いいね 15 コメント 0

【2021年 ペンギンデッキ 入門書】1枚から展開可能に

はじめに

今回記事を担当しました、カード効果全把握勢の蒼乃です、よろしくおねがいしますー。

さて、この記事で紹介する【ペンギン】はアニメデュエルモンスターズでも登場したテーマですね。

シンクロ召喚を取り入れているのでだいぶアニメとは印象が違うかもしれませんが、リバース効果を活用し相手のカードを手札に戻すというコンセプトはそのままになっています。

低速で組むこともできますが、新規カードの登場で安定して大量展開が可能になったので展開ルートだけでも見て行ってもらえると嬉しいです。

目次

【ペンギン】デッキレシピ

【】デッキレシピ一覧

        このデッキレシピで行える具体的な展開はこちら ▼

        【ペンギン】デッキの特徴

        冒頭でも説明した通り、【ペンギン】はリバース効果を活用し相手モンスターを手札に戻すデッキです。

        リバース効果と聞くと遅い印象を受けるかもしれませんが、相手ターンに自分のモンスターの表示形式を変更できるモンスターも居るので、相手の攻撃を待つ必要は基本的にありません。

        むしろ、1ターンに1度のない特殊召喚効果を持ったモンスターを使いまわすことのできる、大量展開が可能な高速デッキになりました。

        【ペンギン】カードの解説

        《ペンギン勇者》

        【 シンクロモンスター 】
        星 6 / 水 / 水族 / 攻2400 / 守1200

        チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
        このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
        ①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ペンギン」モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。
        ②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの裏側守備表示モンスターは相手の効果の対象にならない。
        ③:相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。自分フィールドの裏側守備表示の水属性モンスター1体を選んで表側守備表示にする。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        このカードさえ出せればデッキからリバースモンスターをセットし、相手ターンに表側にすることができます。

        これにより、自分相手問わずモンスターを2枚まで手札に戻す《ペンギン・ソルジャー》、相手の魔法・罠を2枚まで手札に戻す《ペンギン忍者》、相手のカードをなんでも1枚手札に戻す《ペンギン・ナイトメア》のうち1枚を選んでセットし、相手ターンに効果を発動できますね。

        これだけでも十分強力ですが、手札に戻したカードの再利用を防ぐカードもあります。

        《否定ペンギン》

        【 効果モンスター 】
        星 3 / 水 / 水族 / 攻1600 / 守100

        「ペンギン」と名のついたモンスターの効果が発動した時に発動する。
        このカードを墓地から特殊召喚する。
        「否定ペンギン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
        このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
        「ペンギン」と名のついたカードの効果によって
        フィールド上から手札に戻るカードは手札に戻らずゲームから除外される。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        このカードがあれば、手札に戻したモンスターを再利用される心配がなくなります。

        しかもこのカード、墓地から自身を特殊召喚する効果を持っているモンスターとしては珍しく、フィールドから離れた時に除外されるなどのデメリットを持っていません。自分と相手のターンが来るたびに蘇るので、継続してシンクロやリンクなどを行うことができます。

        このカードを使って《ペンギン勇者》を出せれば無駄がないですが、それを簡単に可能にするカードがあります。

        《大皇帝ペンギン》

        【 効果モンスター 】
        星 5 / 水 / 水族 / 攻1800 / 守1500

        このカードをリリースして発動する。自分のデッキから「大皇帝ペンギン」以外の「ペンギン」と名のついたモンスターを2体まで特殊召喚する。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        シンプルかつ強力な展開効果ですね。

        レベル3の【ペンギン】チューナーが存在するため、このカード1枚で《否定ペンギン》経由の《ペンギン勇者》をシンクロ召喚することができます。

        さらに、《大皇帝ペンギン》には1ターンに1度などの制限が全くないため、墓地から特殊召喚できれば更に2体のモンスターをデッキから特殊召喚できます。

        ただ、《大皇帝ペンギン》のレベルは5なので、普通に通常召喚するにはリリースが必要です。

        その問題点を解決したのが、次に紹介する新規です。

        《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》

        【 永続魔法 】
        このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
        ①:このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン」以外の「ペンギン」カード1枚を手札に加える事ができる。
        ②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
        手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「ペンギン」モンスター1体を選び、そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ下げる。
        その後、自分の手札を1枚選んで捨てる。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        このカードの効果で《大皇帝ペンギン》を手札に加え、レベルを下げることによってそのままリリースなしで通常召喚することができます。

        また、すでに《大皇帝ペンギン》が手札にある場合は《否定ペンギン》手札に加えてそのまま捨ててもいいですし、次に紹介する新規を手札に加えて展開を強化することもできます。

        《ペンギン勇士》

        【 チューナーモンスター 】
        星 5 / 水 / 水族 / 攻1800 / 守600

        このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、このカードをS素材とする場合、水属性モンスターのS召喚にしか使用できない。
        ①:自分フィールドにモンスターがセットされた場合に発動できる。
        このカードを手札から特殊召喚する。
        その後、このカードのレベルを1つまたは2つ下げる事ができる。
        ②:自分フィールドの裏側守備表示モンスター1体を対象として発動できる。
        そのモンスターを表側守備表示にする。
        この効果で「ペンギン」モンスター以外のモンスターを表側守備表示にした場合、その効果は無効化される。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        カードを手札に戻す効果を持つ【ペンギン】リバースモンスターはそれぞれレベル2、3、4とバラバラですが、2と3のどちらをセットした場合でもこのカードを特殊召喚すれば、リバース効果を使いながら合計レベルを6にすることができます。

        また、《ペンギン勇者》の効果によるセットに反応して特殊召喚することもできますし、その時セットしたモンスターをそのターンのうちに表側にすることができるため、展開を大きくサポートできる1枚です。

        【ペンギン】デッキと相性が良いカード

        《氷結界》

        【 通常罠 】

        このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

        ①:相手モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
        その相手モンスターは、攻撃力が0になり、表示形式を変更できず、効果は無効化される。
        ②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
        デッキからレベル5以上の水属性モンスター1体を墓地へ送る。
        その後、自分の墓地から水属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
        この効果の発動後、次の自分ターンの終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        ①の効果も弱くはないのですが、今回重要になるのは②の墓地で発動する効果です。

        このデッキの重要パーツである《大皇帝ペンギン》と《ペンギン勇士》、それに私の構築なら《海亀壊獣ガメシエル》などを間接的に手札に加えることができます。《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》と同じパックに収録されている《氷水のトレモラ》を手札に加え、《大皇帝ペンギン》を特殊召喚するのも強いですね。

        基本的には《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》のコストにしたり《おろかな副葬》でデッキから直接墓地へ送るなどして、1ターン目から効果の発動を狙っていきましょう。

        《鬼ガエル》

        【 効果モンスター 】
        星 2 / 水 / 水族 / 攻1000 / 守500

        このカードは手札の水属性モンスター1体を捨てて、手札から特殊召喚する事ができる。このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキ・フィールド上から水族・水属性・レベル2以下のモンスター1体を選択して墓地へ送る事ができる。1ターンに1度、自分フィールド上に存在するモンスター1体を手札に戻す事で、このターン通常召喚に加えて1度だけ、自分は「鬼ガエル」以外の「ガエル」と名のついたモンスター1体を召喚する事ができる。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        手札にこのカードと水属性モンスターが居れば《餅カエル》が出せるので水属性デッキにはとりあえず入れていい1枚ではありますが、このデッキの場合《大皇帝ペンギン》のリリースとして使えることも大きな利点です。

        また、【ガエル】は属性だけでなく種族も【ペンギン】と一致していることから、手札の【ペンギン】を《餅カエル》のコストにできるなどの噛み合いもあります。

        《深海のコレペティ》

        【 シンクロ・チューナーモンスター 】
        星 5 / 水 / 海竜族 / 攻1800 / 守1500

        「深海のディーヴァ」+チューナー以外のモンスター1体以上
        このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

        ①:自分・相手ターンに1度、手札からレベル4以下の水属性モンスター1体を捨てて発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで800アップする。
        ②:S召喚したこのカードが墓地へ送られた場合、「深海のコレペティ」以外の自分の墓地のレベル5以上の水属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。このターン、自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        墓地へ送られると水属性の上級モンスター、つまり《大皇帝ペンギン》を特殊召喚することができるシンクロチューナーです。水属性しか出せない縛りはつきますが、ほとんど影響はありません。

        シンクロ素材に《深海のディーヴァ》が必要なので、《水晶機巧-ハリファイバー》でデッキから特殊召喚しましょう。

        【ペンギン】デッキの回し方

        ここでは《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》から《大皇帝ペンギン》につなげる動きを4パターン紹介します。

        《強欲で金満な壺》込みで先攻なら44%、後攻なら51%程度は 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》 を引ける計算です。

        《大皇帝ペンギン》につながらないときは《ペンギン勇士》を使って《ペンギン勇者》のシンクロを目指しましょう。

        1枚初動の先攻展開

        まずは控えめな展開から見ていきます。

        【使用カード/条件】

        • 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》
        • 手札コストなんでも1枚

        【結果】

        • 《ペンギン勇者》
        • 《否定ペンギン》
        • 《ペンギン・ソルジャー》(裏側守備表示)

        【手順】

        1. 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》 を発動し、デッキから《大皇帝ペンギン》を手札に加える。
        2. 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》の効果を発動し、 手札を1枚捨て《大皇帝ペンギン》のレベルを1下げる。
        3. 《大皇帝ペンギン》を通常召喚し、効果を発動。デッキから《否定ペンギン》《極氷獣ポーラ・ペンギン》を特殊召喚。
        4. 《ペンギン勇者》をシンクロ召喚し、効果を発動。《ペンギン・ソルジャー》を裏側守備表示で特殊召喚し、《否定ペンギン》を墓地から特殊召喚。

        【盤面の解説】

        相手がモンスター効果を発動した段階で、相手モンスターを2体まで除外することができる盤面です。

        強固な布陣というわけではないですが、エクストラデッキの消費も最小限で次のターン《海晶乙女コーラルアネモネ》からの展開がしやすくなっています。

        1枚初動の後攻展開

        私の構築では確実に1ターンキルというわけにはいきませんが、同じ条件でも後攻のほうが動きやすいので紹介します。

        【使用カード/条件】

        • 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》
        • 手札コストなんでも1枚

        【結果】

        • 《マスター・ボーイ》
        • 《深海姫プリマドーナ》
        • 《氷騎士》
        • 水属性モンスター追加召喚可能

        【手順】

        1. 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》 を発動し、デッキから《大皇帝ペンギン》を手札に加える。
        2. 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》の効果を発動し、 手札を1枚捨て《大皇帝ペンギン》のレベルを1下げる。
        3. 《大皇帝ペンギン》を通常召喚し、効果を発動。デッキから《否定ペンギン》《極氷獣ポーラ・ペンギン》を特殊召喚。
        4. 《海晶乙女コーラルアネモネ》をリンク召喚し、効果で《極氷獣ポーラ・ペンギン》を特殊召喚。
        5. 《極氷獣ポーラ・ペンギン》の効果を発動、それにチェーンして《否定ペンギン》を特殊召喚し、相手のカード1枚を除外する。
        6. 《海晶乙女コーラルアネモネ》《極氷獣ポーラ・ペンギン》《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し、デッキから《深海のディーヴァ》を特殊召喚。
        7. 《深海のコレペティ》をシンクロ召喚。
        8. 《マスター・ボーイ》をリンク召喚。《深海のコレペティ》の効果で墓地から《大皇帝ペンギン》を特殊召喚。
        9. 《大皇帝ペンギン》の効果を発動。デッキから2枚目の《極氷獣ポーラ・ペンギン》《ペンギン・ナイトメア》を特殊召喚。
        10. 《深海姫プリマドーナ》をシンクロ召喚し、手順⑤で除外した相手のカードを相手の手札に加え、デッキから《氷騎士》を特殊召喚。

        【盤面の解説】

        《マスター・ボーイ》と《氷騎士》の効果によって、総攻撃力は1900+2000+2600で6500。そして《氷騎士》の効果で水属性モンスターを追加召喚できるため、攻撃力600以上の水属性・水族モンスターを召喚できれば攻撃力アップを含めて1ターンキルが成立します。(召喚したモンスターと 《氷騎士》 の攻撃力がアップするため)

        《氷水のティノーラ》や《レクンガ》等を入れる、もしくは《マスター・ボーイ》を2枚入れれば確実に1ターンキルが可能ではありますが、そのために無理して構築を曲げるほどではないと思います。

        2枚初動の先攻展開①

        ここからは指定した2枚を使った動きを紹介します。

        【使用カード/条件】

        • 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》
        • 《否定ペンギン》もしくは《大皇帝ペンギン》

        【結果】

        • 《水晶機巧-ハリファイバー》
        • 《魔救の奇跡-ドラガイト》
        • 《ペンギン勇者》
        • 《ペンギン忍者》
        • 《ペンギン・ソルジャー》 (裏側守備表示)

        【手順】

        1. 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》を発動し、デッキから《大皇帝ペンギン》もしくは《否定ペンギン》のうち足りないほうを手札に加える。
        2. 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》の効果で手札の《否定ペンギン》を捨て、《大皇帝ペンギン》のレベルを1下げる。
        3. 《大皇帝ペンギン》を召喚し効果を発動。 デッキから《ペンギン勇士》と《極氷獣ポーラ・ペンギン》、墓地から《否定ペンギン》を特殊召喚。(必要なら《極氷獣ポーラ・ペンギン》の効果を発動し相手のカード1枚を除外)
        4. 《ペンギン勇者》をシンクロ召喚し、デッキから《子型ペンギン》を裏側守備表示で特殊召喚。
        5. 《ペンギン勇士》の効果を発動し、 《子型ペンギン》 を表側表示に変更。
        6. 《ペンギン勇士》と《子型ペンギン》《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し、デッキから《深海のディーヴァ》を特殊召喚。
        7. 墓地へ送られた《子型ペンギン》の効果が発動し、墓地から《大皇帝ペンギン》を特殊召喚。
        8. 《大皇帝ペンギン》の効果を発動し、デッキから《否定ペンギン》と《ペンギン僧侶》を特殊召喚。
        9. 《ペンギン僧侶》の効果を発動し、《ペンギン勇者》の攻撃力を600アップしライフポイントを600回復。
        10. 《深海のコレペティ》をシンクロ召喚。
        11. 《魔救の奇跡-ドラガイト》をシンクロ召喚。
        12. 墓地へ送られた《深海のコレペティ》の効果で、墓地から《大皇帝ペンギン》を特殊召喚。
        13. 《大皇帝ペンギン》の効果を発動し、デッキから《ペンギン忍者》と《ペンギン・ソルジャー》を特殊召喚。
        14. 《ペンギン忍者》の効果を発動し、《ペンギン・ソルジャー》を裏側守備表示に変更。

        【盤面の解説】

        これで、魔法罠カードを1枚無効にし、モンスター効果が発動すればモンスターを2枚まで除外できる上に、《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で《シューティング・ライザー・ドラゴン》を特殊召喚し《氷結界の還零龍 トリシューラ》などの強力なモンスターを相手ターンにシンクロ召喚することができます。

        相手ターンになれば水属性モンスター以外も特殊召喚できるようになるので、私は採用していませんが《フルール・ド・バロネス》など幅広いシンクロモンスターを出すことができます。

        2枚初動の先攻展開②

        【使用カード/条件】

        • 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》
        • 《大皇帝ペンギン》か《ペンギン勇士》+手札コストなんでも1枚

        【結果】

        • 《水晶機巧-ハリファイバー》
        • 《餅カエル》
        • 《鬼ガエル》
        • 《魔救の奇跡-ドラガイト》
        • 《ペンギン勇者》
        • 《ペンギン・ナイトメア》(裏側守備表示)
        (相手ターンのスタンバイフェイズ時)

        【手順】

        1. 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》を発動し、デッキから《大皇帝ペンギン》もしくは《ペンギン勇士》の足りないほうを手札に加える。
        2. 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》の効果を発動し、手札を1枚捨て《大皇帝ペンギン》のレベルを1下げる。
        3. 《大皇帝ペンギン》を召喚し、効果を発動。デッキから《否定ペンギン》《極氷獣ポーラ・ペンギン》を特殊召喚。 (必要なら《極氷獣ポーラ・ペンギン》の効果を発動し相手のカード1枚を除外)
        4. 墓地の《氷結界》を除外して効果を発動。デッキから《ペンギン勇士》を墓地へ送り、そのまま手札に加える。
        5. 《ペンギン勇者》をシンクロ召喚し、デッキから《子型ペンギン》を、墓地から《否定ペンギン》を特殊召喚。
        6. 《ペンギン勇士》を特殊召喚。
        7. 《ペンギン勇士》の効果を発動し、《子型ペンギン》を表側表示に変更。
        8. 《ペンギン勇士》と《子型ペンギン》《水晶機巧-ハリファイバー》 をリンク召喚し、デッキから《深海のディーヴァ》を特殊召喚。
        9. 墓地へ送られた《子型ペンギン》の効果が発動し、墓地から《大皇帝ペンギン》を特殊召喚。
        10. 《大皇帝ペンギン》の効果を発動し、デッキから《ペンギン忍者》と《ペンギン・ナイトメア》を特殊召喚。
        11. 《ペンギン忍者》の効果を発動し、《ペンギン・ナイトメア》を裏側守備表示に変更。
        12. 《魔救の奇跡-ドラガイト》をシンクロ召喚。
        13. 墓地へ送られた《深海のコレペティ》の効果で墓地から《大皇帝ペンギン》を特殊召喚。
        14. 《大皇帝ペンギン》の効果を発動し、デッキから《ペンギン・ソルジャー》2体を特殊召喚。
        15. 《餅カエル》をエクシーズ召喚。
        16. 相手ターンのスタンバイフェイズに《餅カエル》の効果を発動。デッキから《鬼ガエル》を特殊召喚し、その効果で《粋カエル》を墓地へ 送る。

        【盤面の解説】

        何でも効果を1回無効にし、魔法罠カードを1回無効にし、相手ターンシンクロで妨害し、 モンスター効果が発動したら相手のカード1枚を手札に戻す(《餅カエル》の効果を使うか《水晶機巧-ハリファイバー》からのシンクロをした後ならフィールドに空きができるので《否定ペンギン》を特殊召喚でき、除外に変更できる)という盤面ができあがりました。

        《水晶機巧-ハリファイバー》から《シューティング・ライザー・ドラゴン》経由で《飢鰐竜アーケティス》や 《氷結界の還零龍 トリシューラ》 。《ペンギン・ナイトメア》がリバースした後であれば《氷結界の龍 トリシューラ》にもつなげることができます。

        ここまで決まれば返されることは少ないですが、もし全て返されてしまったとしても《餅カエル》の墓地効果で《大皇帝ペンギン》を手札に加え、《粋カエル》でリリースを用意し、墓地の《否定ペンギン》も特殊召喚できるという次のターン以降の動きまで保証されています。

        2枚初動の先攻展開③

        【使用カード/条件】

        • 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》
        • 《氷結界》

        【結果】

        • 《ペンギン勇者》
        • 《ペンギン・ナイトメア》(裏側守備表示)
        • 《否定ペンギン》
        • 《餅カエル》
        • 《魔救の奇跡-ドラガイト》
        • 《飢鰐竜アーケティス》
        (相手メインフェイズ時点)

        【手順】

        1. 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》を発動し、デッキから《大皇帝ペンギン》を手札に加える。
        2. 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》の効果を発動し、手札の《氷結界》を捨て、《大皇帝ペンギン》のレベルを1下げる。
        3. 《大皇帝ペンギン》を召喚し、効果を発動。デッキから《否定ペンギン》《極氷獣ポーラ・ペンギン》を特殊召喚。 (必要なら《極氷獣ポーラ・ペンギン》の効果を発動し相手のカード1枚を除外)
        4. 墓地の《氷結界》を除外して効果を発動。デッキから《ペンギン勇士》を墓地へ送り、そのまま手札に加える。
        5. 《ペンギン勇者》をシンクロ召喚し、デッキから《子型ペンギン》を、墓地から《否定ペンギン》を特殊召喚。
        6. 《ペンギン勇士》を特殊召喚。
        7. 《ペンギン勇士》の効果を発動し、《子型ペンギン》を表側表示に変更。
        8. 《ペンギン勇士》と《子型ペンギン》《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し、デッキから《深海のディーヴァ》を特殊召喚。
        9. 墓地へ送られた《子型ペンギン》の効果が発動し、墓地から《大皇帝ペンギン》を特殊召喚。
        10. 《大皇帝ペンギン》の効果を発動し、デッキから《ペンギン僧侶》と2枚目の《極氷獣ポーラ・ペンギン》を特殊召喚。
        11. 《ペンギン僧侶》の効果を発動し、ライフポイントを600回復。
        12. 《魔救の奇跡-ドラガイト》をシンクロ召喚。
        13. 墓地へ送られた《深海のコレペティ》の効果で墓地から《大皇帝ペンギン》を特殊召喚。
        14. 《大皇帝ペンギン》の効果を発動し、デッキから《ペンギン・ソルジャー》2体を特殊召喚。
        15. 《餅カエル》をエクシーズ召喚。
        16. 《飢鰐竜アーケティス》をシンクロ召喚し、カードを1枚ドロー。
        17. 相手ターンのスタンバイフェイズに《餅カエル》の効果を発動。デッキから《鬼ガエル》を特殊召喚し、その効果で《粋カエル》を墓地へ 送る。
        18. 相手メインフェイズに《水晶機巧-ハリファイバー》の効果を発動し、《水晶機巧-クオンダム》 を特殊召喚。
        19. 《水晶機巧-クオンダム》の効果を発動し、2枚目の《ペンギン勇者》をEXモンスターゾーンにシンクロ召喚。デッキから《ペンギン・ナイトメア》を裏側守備表示で特殊召喚し、墓地から《否定ペンギン》を特殊召喚。

        【盤面の解説】

        一度相手にメインフェイズ優先権は渡してしまいますが、これで《氷結界》で水属性縛りがついている中でも4か所の妨害ができます。

        【ペンギン】デッキを扱う上でのポイント

        《否定ペンギン》の墓地から特殊召喚する効果は強制効果で、自分が発動した【ペンギン】モンスターの効果にチェーンする形で必ず発動します。

        その間に相手は効果を割り込むことはできないため、例えば最初に発動した《大皇帝ペンギン》に対して《灰流うらら》を撃たれないようにすることができます。

        ただし強制効果であることは必ずしも良いわけではなく、《ペンギン・ソルジャー》で自身を戻して再セットという動きができなくなるというケースもあります。

        裏側守備表示の《ペンギン・ソルジャー》が相手のモンスター効果で破壊される場合、チェーンして《ペンギン勇者》の③効果を発動して表側にしたとしても、《ペンギン・ソルジャー》の効果は発動できなくなりました。(裁定変更により、効果の発動前に正しい場所から離れると効果が発動できません)

        《ペンギン勇者》の②の効果があるので比較的起きにくい状況ではありますが、憶えておきましょう。

        《鬼ガエル》の③の効果はコストで戻すため、《ペンギン勇士》の効果で無効になっている場合でもコストだけ支払って手札に戻すことができます。

        【ペンギン】デッキをカスタムするおすすめカード

        《ジェネクス・ウンディーネ》

        【 効果モンスター 】
        星 3 / 水 / 水族 / 攻1200 / 守600

        このカードが召喚に成功した時、自分のデッキに存在する水属性モンスター1体を墓地に送る事で、自分のデッキから「ジェネクス・コントローラー」1体を手札に加える。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        このカード1枚で《ペンギン勇者》を出すことができます。

        1. 《ジェネクス・ウンディーネ》を召喚、デッキから《水晶機巧-ローズニクス》を墓地へ送り、《ジェネクス・コントローラー》を手札に加える。
        2. 墓地の《水晶機巧-ローズニクス》を除外し、トークンを特殊召喚。
        3. 《リンク・スパイダー》をリンク召喚し、《ジェネクス・コントローラー》を特殊召喚。
        4. 《ペンギン勇者》をシンクロ召喚。

        《水晶機巧-ハリファイバー》を経由することもできますね。

        引きたくないカードが増えるのは難点ですが、そのぶん決まれば強力です。

        他にも水属性には豊富なサポートがあり、《クリスタル・ガール》《水舞台》《強欲なウツボ》など相性のいいカードが多数あります。

        また、種族・属性が同じモンスターが多くなれば《トランスターン》も採用しやすくなりますね。

        《ジャンクスリープ》

        【 永続罠 】

        このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
        ①:相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分フィールドの裏側守備表示モンスターを全て表側攻撃表示にする。
        ②:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。自分フィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        《ペンギン勇者》が表側表示にする効果を持っているとはいえ、相手がモンスター効果を使うまでは《ペンギン・ソルジャー》を表側にして手札に戻すことはできません。

        そこで、《ジャンクスリープ》《星遺物の傀儡》のようなカードを使えば、効果の発動を待たずに表側にすることができます。

        永続罠なので長期戦になるほど強さを増すカードですね。

        《マジシャンズ・ソウルズ》

        【 効果モンスター 】
        星 1 / 闇 / 魔法使い族 / 攻0 / 守0

        このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
        ①:このカードが手札にある場合、デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。
        ●このカードを特殊召喚する。
        ●このカードを墓地へ送る。その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。
        ②:自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        手札に来た《氷結界》を墓地へ送りながらドローし、《大皇帝ペンギン》のリリースを用意することができるカードです。

        それだけなら非常に強力なのですが、《ディメンション・アトラクター》や《妖眼の相剣師》などの「引いた時に弱くはないもののあまり嬉しくない」程度のカードもセットで採用する必要があるのが少し悩みどころです。

        おわりに

        以上、【ペンギン】デッキの紹介でした。

        色々な展開を載せましたが、引きたくないのに手札に来てしまったカードや相手に応じて展開が変わるため、同じ手札でも複数のルートを頭に入れておくと動きやすいです。

        例えば「《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》+《大皇帝ペンギン》または《否定ペンギン》」からの展開も実は《水晶機巧-ハリファイバー》《魔救の奇跡-ドラガイト》+《ペンギン勇者》+《餅カエル》《鬼ガエル》(相手ターン《氷結界の還零龍 トリシューラ》)にできますが、《ペンギン・ソルジャー》2枚がデッキの中にある必要があるため、使用頻度は先に紹介したほうが高いだろうとそちらを紹介しています。

        《子型ペンギン》を引いてしまった、あるいは《子型ペンギン》ではなく《ペンギン・ソルジャー》でモンスターを除去してから動きたい場合など、分岐が多い分研究のし甲斐がありますね。

        それではー。

        あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
        遊戯王通販サイト「カーナベル」


        〜3つの特徴〜

        1. 毎日最大12%ポイント還元
        2. 当日15時までの注文で即日発送
        3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

        ガチャを回して大量ポイントGET!!
        ▼毎日ガチャ開催中▼


        徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
        デッキパーツをお得にGET!!

        ガチまとめからのお知らせ

        関連記事

        コメント (0)

        ※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

        15