【2020年 ヴァレット】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事

PV 4,849 いいね 18 コメント 0

【2020年 ヴァレット】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事

はじめに

『【ヴァレット】デッキを組んで遊んでみたい!』

『【ヴァレット】デッキと相性が良いカードが知りたい!』

この記事はそんな方へ向けて書かれたデッキテーマ解説記事です。

【ヴァレット】について知らない人でも、この記事を読めば【ヴァレット】デッキの回し方と相性が良いカードが分かる内容となっておりますので、ぜひ最後までお楽しみください!

目次

【ヴァレット】デッキの特徴

【ヴァレット】は、遊戯王VRAINSでリボルバーが使用していたテーマです。

破壊する、されることをトリガーとして、フィールドにモンスターを展開することが得意なテーマとなっています。

「ヴァレット」に関連して、「ヴァレル」というテーマもあります。リンクモンスターが主体ではありますが、シンクロモンスターや融合モンスターなどもおり、どのモンスターも「ヴァレット」と好相性です。

【ヴァレット】デッキレシピ

『コピーしてデッキを作成する』をタップして『初手ドロー』を行えば、実際の【ヴァレット】デッキのイメージが掴めますので、ぜひお試しください

【ヴァレット】デッキのカード解説

【ヴァレット】モンスターについて

破壊されることをトリガーとするヴァレット!

《マグナヴァレット・ドラゴン》

【効果モンスター】
星4/闇/ドラゴン族/攻1800/守1200

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後、フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「マグナヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《シルバーヴァレット・ドラゴン》

【効果モンスター】
星4/闇/ドラゴン族/攻1900/守100

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後、相手のEXデッキを確認し、その内の1枚を選んで除外する。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「シルバーヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

この2体は共通効果で破壊されたターンのエンドフェイズに同名以外の「ヴァレット」をリクルートする効果があります。

この効果で「ヴァレット」モンスターをフィールドに維持するのが非常に容易となっています。

また、リンクモンスターの効果の対象になったときの共通効果がもう一つあります。

《マグナヴァレット・ドラゴン》はモンスターを対象を取らずに墓地へ送る効果、《シルバーヴァレット・ドラゴン》は相手のエクストラデッキを見て1枚除外する効果があります。

デッキレシピではリンクモンスターの対象になったのをトリガーとする「ヴァレット」は2種類しか採用していませんが、他にも様々な効果を持った「ヴァレット」モンスターがいるので、採用してみてもいいかもしれません。

《ヴァレット・リチャージャー》

【効果モンスター】
星4/闇属性/ドラゴン族/攻0/守2100

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:EXデッキから特殊召喚された自分フィールドの闇属性モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、破壊されたそのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとは元々のカード名が異なる闇属性モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚する。
②:EXデッキから特殊召喚された闇属性モンスターが自分フィールドに存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

エクストラデッキから出したモンスターが破壊されることをトリガーにして手札・フィールドから効果を発動できるモンスターです。

破壊されたモンスターと同名以外の墓地の闇属性を蘇生します。

闇属性ならなんでもいいので、高レベル、高リンクのモンスターを蘇生することも可能です。

破壊することをトリガーとするヴァレット!

《ヴァレット・トレーサー》

【チューナー・効果モンスター】
星4/闇/ドラゴン族/攻1600/守1000

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、デッキから「ヴァレット・トレーサー」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自分フィールドのカード1枚を破壊するのをトリガーに、デッキから同名以外の「ヴァレット」モンスターをリクルートできる、フリーチェーンの効果を持ち合わせた「ヴァレット」です。

前述した、破壊をトリガーとする「ヴァレット」たちと好相性です。

このカードはチューナーモンスターでもあるため、高レベルシンクロモンスターを出すのにも役立ちます。

【ヴァレット】のサポートカードについて

強力な効果を持つフィールド魔法!

《リボルブート・セクター》

【フィールド魔法】

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの「ヴァレット」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:自分メインフェイズに以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札から「ヴァレット」モンスターを2体まで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
●相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターよりも多い場合、その差の数まで自分の墓地から「ヴァレット」モンスターを選んで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

フィールドの「ヴァレット」モンスターの攻守を300上げる効果と、名称ターン1で、手札から「ヴァレット」モンスターを2体まで特殊召喚するか、自分のモンスターの数が相手より少ない場合相手と自分のフィールドのモンスターの差分だけ同名カード1枚まで限定で墓地から「ヴァレット」を特殊召喚するか、いずれかを使用できる効果があります。

このカードは「ヴァレット」の核となるカードで、手札から特殊召喚する効果は序盤の展開補助になり、墓地から特殊召喚する効果は単純なアドバンテージを生み出す効果となっていて、劣勢でも効果が通れば一発逆転も可能である強力なカードです。

さらに、この《リボルブート・セクター》をサーチできるリンクモンスターが存在します。それがこちら。

テーマ内フィールド魔法をサーチするリンクモンスター!

《ストライカー・ドラゴン》

【リンク・効果モンスター】

リンク1/闇/ドラゴン族/攻1000

レベル4以下のドラゴン族モンスター1体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「リボルブート・セクター」1枚を手札に加える。
②:自分フィールドの表側表示モンスター1体と自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。対象のフィールドのモンスターを破壊し、対象の墓地のモンスターを手札に加える。

【リンクマーカー:左】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

召喚条件はレベル4以下のドラゴン族モンスター、すなわちレシピ内の「ヴァレット」モンスター全てから《ストライカー・ドラゴン》をリンク召喚できます。

《ストライカー・ドラゴン》はリンク召喚成功時に先ほど解説した《リボルブート・セクター》をサーチすることができるため、簡単に大量展開が可能となっています。

デッキから「ヴァレット」を特殊召喚できる速攻魔法!

《クイック・リボルブ》

【速攻魔法】

①:デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

デッキから「ヴァレット」モンスターを特殊召喚する、わかりやすく強力な速攻魔法です。

デメリットとしてこの効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊されますが、エンドフェイズの破壊はリクルート効果を持つ「ヴァレット」を特殊召喚した場合にはむしろメリットとなり得る効果です。

速攻魔法なので、相手ターンのエンドフェイズに発動しリクルート効果を持つ「ヴァレット」を特殊召喚、効果で自壊することで、墓地を肥やしつつデッキからノーデメリットで「ヴァレット」を出すことができます。

破格の耐性を持つ「ヴァレル」リンクモンスター!

《ヴァレルエンド・ドラゴン》

【リンク・効果モンスター】

リンク5/闇/ドラゴン族/攻3500

効果モンスター3体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されず、モンスターの効果の対象にならない。
②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
③:フィールドの効果モンスター1体と自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。この効果は相手ターンでも発動できる。

【リンクマーカー:上/左/右/左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

モンスターの対象にならず、戦闘・効果で破壊されないという超耐性持ちの「ヴァレル」リンク5のモンスターです。

モンスター全てに1回ずつ攻撃する効果、フリーチェーンでモンスター1体と墓地の「ヴァレット」モンスターを対象とし、相手のチェーンを許さずにそのモンスターの効果を無効にし、墓地から対象の「ヴァレット」モンスターを特殊召喚する効果があります。

モンスター効果の無効と特殊召喚する効果は相手ターンでも発動できるので、毎ターン無効にして相手の妨害をしつつこちらは特殊召喚して場を広げる、といったことが可能。

さらにこれに相手はチェーンできないので確実に効果を通すことができます。

【ヴァレット】デッキの回し方〜概要〜

【ヴァレット】デッキの回し方①:「ヴァレット」モンスターを展開しよう!

まずはフィールドに「ヴァレット」モンスターを展開しましょう。

レベル4以下のドラゴン族モンスター1体を素材として《ストライカー・ドラゴン》を出し、そこから《リボルブート・セクター》がサーチできるので、容易に展開が可能です。

また、《ヴァレット・トレーサー》の効果で自分フィールドのカードを破壊することで展開することもできます。もし序盤に展開できない手札でも、リクルート効果などで《ヴァレット・トレーサー》にアクセスできればどんどんフィールドに「ヴァレット」モンスターが増えていくので、モンスターを絶やすことなくデュエルを進めていくことができます。

【ヴァレット】デッキの回し方②:《ヴァレット・トレーサー》にアクセスしよう!

《ヴァレット・トレーサー》が出ないことにはアドバンテージを稼ぐことも難しいです。

《クイック・リボルブ》《アブソルーター・ドラゴン》、リクルート効果持ち「ヴァレット」モンスターを駆使して《ヴァレット・トレーサー》にアクセスしましょう。

【ヴァレット】デッキの回し方③:高レベル、高リンクモンスターを出そう!

モンスターをフィールドに並べたら、高レベル、高リンクのモンスターを出してデュエルを有利に進めましょう。

例えば《ヴァレルエンド・ドラゴン》《ヴァレルロード・S・ドラゴン》など。

ワンキルしにいくなら《ヴァレルソード・ドラゴン》《アクセスコード・トーカー》なども良いかもしれません。

【ヴァレット】デッキと相性が良いカード

サンプルレシピにある相性の良いカード

《竜の霊廟》

【通常魔法】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。この効果で墓地へ送られたモンスターがドラゴン族の通常モンスターだった場合、さらにデッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

デッキからドラゴン族を墓地に送るカード。

主に《アブソルーター・ドラゴン》を墓地に送り、「ヴァレット」モンスターにアクセスします。

《おろかな埋葬》でも良いのですが、ドラゴン族しか落としたいカードがなく、《おろかな埋葬》《抹殺の指名者》で宣言されやすいという裏目があるため、レシピでは《竜の霊廟》にしてあります。

ただ、《竜の霊廟》はターン1であるため2枚目、3枚目を入れるのであれば《おろかな埋葬》を入れても良いと思います。

《星遺物の守護竜》

【永続魔法】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時に、自分の墓地のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を対象にできる。その場合、そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。②:1ターンに1度、自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

墓地のレベル4以下のドラゴン族1体を対象として、手札に加えるか特殊召喚する効果、ターン1でドラゴン族の位置を他の自分のメインモンスターゾーンに移動する効果があります。

基本的には特殊召喚しますが、相手が《増殖するG》を発動した時などにあえて手札に加えることで相手のドローを減らす、といったことも可能です。

移動効果は主に《守護竜ピスティ》の効果を発動するために使います。

また、このカードは永続魔法であるため、特殊召喚か手札に加える効果を使ったあとに《ヴァレット・トレーサー》で破壊することでこのカード1枚から「ヴァレット」2枚に増やすことができます。さらにここからシンクロ召喚、リンク召喚を行うこともできます。

《大捕り物》

【永続罠】

①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターのコントロールを得る。そのモンスターは自分フィールドに存在する場合、攻撃できず、効果を発動できない。そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

相手のモンスター1体を対象として、そのモンスターのコントロールを得る永続罠。

奪ったモンスターは攻撃を行えず効果が発動できないデメリットがつきます。

しかし、《ヴァレット・トレーサー》で奪ったモンスターを破壊してしまえば、そのモンスターを安全に除去しつつ自分は「ヴァレット」モンスターを展開できる、まさに相性抜群の罠カードです。

サンプルレシピ以外の相性の良いカード

《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》

【融合・効果モンスター】

星8/闇/魔法使い族/攻3000/守2500

「ブラック・マジシャン」+「真紅眼の黒竜」またはドラゴン族の効果モンスター
①:このカードは効果の対象にならず、効果では破壊されない。②:自分メインフェイズに発動できる。相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。この効果は1ターン中に、このカードの融合素材とした通常モンスターの数まで使用できる。③:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を1000アップする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《真紅眼融合》《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》とともに色々なデッキに出張されるこのカードですが、【ヴァレット】ではこのカードが何らかの手段で突破され墓地に行ったときでも《ストライカー・ドラゴン》の効果で《ヴァレット・リチャージャー》を回収、即座に捨てることで《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を蘇生することができます。

また、《神聖魔皇后セレーネ》の効果でも守備表示限定ですが蘇生できます。

また、《真紅眼融合》または《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》の効果が無効化された場合でも、《ヴァレット・トレーサー》《シェルヴァレット・ドラゴン》《ドロドロゴン》をシンクロ召喚し、もう1体ドラゴン族の効果モンスターを用意することで《ドロドロゴン》の起動効果で《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を融合召喚できます。

ただし、《ヴァレット・リチャージャー》《神聖魔皇后セレーネ》の効果で特殊召喚した場合だと、融合素材に通常モンスターを使った情報が消えている、《ドロドロゴン》の効果で特殊召喚した場合だと融合素材に通常モンスターを使っていないため、モンスターを破壊して攻撃力分のダメージを与える効果が使うことができないのに注意が必要です。

《螺旋竜バルジ》

【効果モンスター】

星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドに光・闇属性のドラゴン族モンスターが2体以上存在する場合に発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
②:自分メインフェイズに発動できる。自分フィールドの全てのモンスターのレベルはターン終了時まで8になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札・墓地に存在して光または闇属性ドラゴン族が2体以上いるときに特殊召喚できる効果、自分フィールドのすべてのモンスターのレベルを8に合わせる効果があります。

《竜の霊廟》《おろかな埋葬》を合計複数枚採用しているとそれらで落とすモンスターの選択肢が増えるのでぜひとも採用したいカードです。

闇属性ドラゴン族を2体並べるだけで出てくるので、【ヴァレット】デッキでは簡単に出すことができます。

レベルを8に合わせる効果を使うことで、《宵星の機神ディンギルス》などの強力なレベル8エクシーズモンスターを楽に出すことができます。

《螺旋竜バルジ》をエクシーズ素材にすれば、フィールドを離れたときにゲームから除外されるデメリットも消えるので再度特殊召喚効果を使うことが可能。

ただし、《ヴァレット・トレーサー》の効果を発動したターンは闇属性しかエクストラデッキから出せないので注意が必要です。

《王宮の勅命》

【永続罠】

このカードのコントローラーはお互いのスタンバイフェイズ毎に700LPを払う。700LP払えない場合このカードを破壊する。①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの全ての魔法カードの効果は無効化される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

制限カードであるこのカードですが、【ヴァレット】では他のデッキよりさらに強力に使うことができます。

いらなくなった、または自分の魔法を発動したいときに《ヴァレット・トレーサー》の効果で破壊することで相手の妨害だけしつつ使い終わったら展開の補助にする、といった芸当が可能です。

【ヴァレット】デッキの回し方〜具体例〜

ここでは実際に【ヴァレット】デッキのカードを使用したデッキの回し方の例を紹介します。

【使用カード】任意の「ヴァレット」モンスター2体(《クイック・リボルブ》も可)+《アブソルーター・ドラゴン》

【結果】《ヴァレルエンド・ドラゴン》+リンク2モンスターを装備した《ヴァレルロード・S・ドラゴン》

  1. 「ヴァレット」モンスターを通常召喚または《クイック・リボルブ》で特殊召喚、《アブソルーター・ドラゴン》を自身の効果で特殊召喚
  2. レベル4以下の「ヴァレット」モンスター1体で《ストライカー・ドラゴン》をリンク召喚、効果で《リボルブート・セクター》をサーチ
  3. 《ストライカー・ドラゴン》《アブソルーター・ドラゴン》を素材とし左下、右下にリンクマーカーのあるリンク2モンスター(ここでは《見習い魔嬢》)をリンク召喚、墓地に送られた《アブソルーター・ドラゴン》の効果で《ヴァレット・トレーサー》をサーチ
  4. 《リボルブート・セクター》を発動、手札から任意の「ヴァレット」モンスター(《クイック・リボルブ》の場合はあとで発動)とサーチした《ヴァレット・トレーサー》を特殊召喚
  5. 《ヴァレット・トレーサー》の効果で《リボルブート・セクター》を対象にし、破壊してデッキからレベル4の「ヴァレット」モンスターを特殊召喚
  6. 「ヴァレット」モンスター1体ずつを素材にして《守護竜ピスティ》《ストライカー・ドラゴン》をリンクマーカーが向き合うようにリンク召喚
  7. 《守護竜ピスティ》の効果で墓地、除外からドラゴン族モンスターを特殊召喚
  8. リンク2モンスター、《守護竜ピスティ》《ストライカー・ドラゴン》《守護竜ピスティ》の効果で特殊召喚したモンスターを素材として《ヴァレルエンド・ドラゴン》をリンク召喚
  9. 《ヴァレルエンド・ドラゴン》の効果で残っている「ヴァレット」モンスター1体を対象として墓地から《ヴァレット・トレーサー》を特殊召喚
  10. 《ヴァレット・トレーサー》とレベル4「ヴァレット」モンスターで《ヴァレルロード・S・ドラゴン》をシンクロ召喚、効果で墓地のリンク2モンスターを装備

《ヴァレルロード・S・ドラゴン》《見習い魔嬢》を装備すると、《見習い魔嬢》がカードの効果で破壊された時の効果は使えるので、《ヴァレット・トレーサー》で装備カード扱いの《見習い魔嬢》を破壊してリクルート効果のあとで墓地回収効果が使えます。

【ヴァレット】デッキを回す上でのポイント

《リボルブート・セクター》を強く使えるようにする

《リボルブート・セクター》は特に蘇生効果が強力です。

相手モンスターがたくさんいればいるほど比例して蘇生効果も強力になります。

相手の妨害を他に当てさせてから《リボルブート・セクター》の効果を発動すると強く使えます。

「ヴァレット」モンスターを絶やさないようにする

「ヴァレット」モンスターを絶やすとリソースがなくなり、試合の負け筋ができてしまいます。

逆に言えば、1体でもいれば《ストライカー・ドラゴン》をリンク召喚して《リボルブート・セクター》をサーチすることで試合を優位に進めることができます。リソースは最低限確保しておきましょう。

【ヴァレット】デッキのオススメの対戦動画

おわりに

【ヴァレット】は強力な大型モンスターを並べることができるデッキですが、リソース管理も必要な繊細なデッキでもあります。

構築にもカスタマイズ性があるので使い手の構築力も試されます。

そんな【ヴァレット】デッキをぜひ一度使ってみてください!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

18