【2022年 ヌメロンデッキ 応用書】リリース2日で最高ランク到達【マスターデュエル】

PV 114,154 いいね 6 18

【2022年 ヌメロンデッキ 応用書】リリース2日で最高ランク到達【マスターデュエル】

はじめに

今回記事を担当しました、カード効果全把握勢の蒼乃です、よろしくおねがいしますー。

さて、今回は先日リリースされた「遊戯王マスターデュエル」向けの【ヌメロン】を紹介します。

無課金の私が使用し、リリースから2日でランク戦の最高ランクであるプラチナ1に到達したデッキです。

高レアリティのエクストラデッキがなくても強力なデッキを作ることができるので、序盤の攻略におすすめのデッキです。エクストラデッキが安く組めるというのは現実でデッキを組む場合でも共通していて、嬉しい部分ですね。

カード資産の都合上妥協構築を紹介することにはなりますが、本来入れたいカードや、逆にもっとカードが足りないときの代用カード等も解説していくので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

目次

【ヌメロン】デッキレシピ


このデッキレシピで行える具体的な展開はこちら ▼

【ヌメロン】デッキの特徴

【ヌメロン】デッキはフィールド魔法の《ヌメロン・ネットワーク》1枚で後攻1ターンキルを狙うことができるデッキです。

ぐるぐるとデッキを回すのではなく、一度に4体のモンスターを特殊召喚してそのまま攻撃するというシンプルな手順のため、相手の手札からの妨害を受けにくいのが特徴です。

マスターデュエルならではの部分

必須パーツのレアリティが低く、カードを揃えやすいのが特徴です。

《ヌメロン・ネットワーク》《強欲で貪欲な壺》《ツインツイスター》 《閃刀術式-ジャミングウェーブ》はセレクションパック「ストルワート・フォース」で入手できるほか、【ヌメロン】カードは《ヌメロン・ネットワーク》等が出た時に出現するシークレットパック「ナンバーズ・メモリー」でほとんどR以下で揃えることができます。

「ナンバーズ・メモリー」には汎用性の高いエクシーズモンスターが多数収録されており、【ヌメロン】以外のカードも優秀です。

また、マスターデュエルではランク戦の対戦終了後に、スコアに応じた報酬が獲得できます。

後攻1ターン目に勝負を決められることが多いため回転率がいい上に、「速攻勝利」「5000ダメージオーバー」などのポイントの高い条件をクリアできるため報酬を多めに獲得することができます。

速い、安い、(報酬が)美味い。三拍子揃ったデッキがヌメロンだと思います。

【ヌメロン】カードの解説

《ヌメロン・ダイレクト》

【 通常魔法 】

①:自分のフィールドゾーンに「ヌメロン・ネットワーク」が存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。EXデッキから「ゲート・オブ・ヌメロン」Xモンスターを4体まで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は1回しかモンスターを召喚・特殊召喚できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

一度にエクシーズモンスターを4体特殊召喚するという豪快なカードです。

エクストラデッキからの特殊召喚のため《灰流うらら》も効かず、1回の特殊召喚なので《増殖するG》で何度もドローされる心配もありません。《エルシャドール・ミドラーシュ》に対しても強いですね。

4体を出した後すぐバトルフェイズに入るので、基本的に《原始生命態ニビル》も効きません。

それでは肝心の特殊召喚できるエクシーズモンスターを見ていきましょう。

《No.1 ゲート・オブ・ヌメロン-エーカム》

【 エクシーズモンスター 】
星 1 / 光 / 機械族 / 攻1000 / 守100

レベル1モンスター×3
①:このカードは戦闘では破壊されない。②:このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時にこのカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。自分フィールドの全ての「ヌメロン」モンスターの攻撃力はターン終了時まで倍になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このほかに《No.2 ゲート・オブ・ヌメロン-ドゥヴェー》《No.3 ゲート・オブ・ヌメロン-トゥリーニ》《No.4 ゲート・オブ・ヌメロン-チャトゥヴァーリ》を含めた4体を特殊召喚することになるのですが、この4体は全く同じ効果を持っています。

1体目が戦闘をすれば全員の攻撃力が倍、2体目が戦闘をすればさらに倍で4倍。3体目では8倍の8000に上がった状態で4体目が攻撃することができます。

《エフェクト・ヴェーラー》《教導の騎士フルルドリス》にも強く、1体の効果が無効化されたとしても残りの3体から攻撃すれば関係ありません。

ところで「エクシーズ素材がないから効果を発動できないのでは?」と思った人も居るかと思いますが、次に紹介するカードの効果があるので問題ありません。

《ヌメロン・ネットワーク》

【 フィールド魔法 】

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分メインフェイズに、発動条件を満たしている「ヌメロン」通常魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分フィールドの「ヌメロン」XモンスターがX素材を取り除いて効果を発動する場合、X素材を取り除かずに発動する事もできる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このカード1枚さえ引ければ、デッキから《ヌメロン・ダイレクト》の効果を発動することができます。

デッキから墓地へ送るのはコストなので、ここにも《灰流うらら》は効きません。

《ヌメロン・ダイレクト》を発動するときは《ヌメロン・ネットワーク》があることが条件なので、基本的に【ヌメロン】エクシーズモンスターは素材を取り除かなくても効果を発動できます。

逆に言えばこのカードがないと始まらないデッキなので、《ヌメロン・ウォール》等を使って全力で引きに行きます。

《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ》

【 エクシーズモンスター 】
星 2 / 闇 / 機械族 / 攻2000 / 守1000

レベル2モンスター×4
このカードは自分フィールドの「No.1 ゲート・オブ・ヌメロン-エーカム」の上に重ねてX召喚する事もできる。①:このカードがX召喚に成功した場合に発動する。フィールドのモンスターを全て除外する。②:このカードが除外された場合、次の自分スタンバイフェイズに発動できる。除外されているこのカードを特殊召喚する。自分のフィールドゾーンに「ヌメロン・ネットワーク」が存在する場合、さらに除外されている自分・相手のXモンスターの攻撃力の合計分のダメージを相手に与える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ヌメロン・ダイレクト》で出す4体は全く同じ効果のモンスターだと言いましたが、唯一の違いはカード名。1体だけ重ねてランクアップすることができます。

攻撃を防がれてしまった場合に相手モンスターを除去したり、残ったライフを次のターンに削り切る準備をすることができます。

このモンスターを2回出した場合、除外されているのは攻撃力1000が6体と2000が1体なので、8000の効果ダメージで削り切ることもできます。

3ターンかかるのであまり起こらないパターンではありますが、戦闘にめっぽう強いデッキ相手には有効な戦法です。

【ヌメロン】デッキと相性が良いカード

《惑星探査車》

【 効果モンスター 】
星 4 / 地 / 機械族 / 攻1000 / 守1000

このカードをリリースして発動できる。デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

デッキの中心である《ヌメロン・ネットワーク》を手札に加えることができるカードです。

同じ効果を持った魔法カードの《テラ・フォーミング》のレアリティはURなのに対して、《惑星探査車》はRなのですぐに生成できます。

《閃刀起動-エンゲージ》

(準制限カード) 【 通常魔法 】

①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキから「閃刀起動-エンゲージ」以外の「閃刀」カード1枚を手札に加える。
その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、自分はデッキから1枚ドローできる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【ヌメロン】デッキは手札から発動する妨害カードが効きにくいという話をしましたが、そうなると残る課題はフィールドのカードです。

そこで、モンスター効果を無効にする《閃刀機-ウィドウアンカー》とセットされた魔法・罠カードを破壊する《閃刀術式-ジャミングウェーブ》をサーチし分けることによって、フィールドの妨害を打ち抜いていきます。

魔法カードの割合が高いため【閃刀】魔法カードの追加効果も狙いやすく、そうなるとより強力です。このデッキの場合、墓地に魔法カードが2枚ある状態で自分の魔法カードを《閃刀術式-ジャミングウェーブ》で破壊する使い方もします。

もしURの《閃刀起動-エンゲージ》が手に入らない場合も、その他の《閃刀術式-ジャミングウェーブ》《閃刀機-ウィドウアンカー》だけでも十分に採用する価値があります。

【ヌメロン】デッキの回し方

実例の動画

やりたいことは非常にシンプルです。伏せカードを割り、妨害効果を持つモンスターが居れば無効化し、4体を並べて1ターンキル。

難しい回し方はしないので、注意点へと移りましょう。

【ヌメロン】デッキを扱う上でのポイント

基礎的なことですが、後攻を選択します。相手は先攻を選んでくれることが多いので、だいたい後攻をとれます。

《原始生命態ニビル》が効きにくいという話はしましたが、《ヌメロン・ダイレクト》の発動前に《惑星探査車》や【壊獣】を召喚していると効くようになってしまいます。

そうせざるを得ない状況では仕方ないですが、そうしなくてもいい状況であれば用心するに越したことはないですね。

ちなみに《海亀壊獣ガメシエル》ではなく《怪粉壊獣ガダーラ》を採用している理由は、【鉄獣戦線】が《烈風の結界像》を出してくるためです。レアリティもこちらのほうが低いのでお得ですね。

《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ》をエクシーズ召喚するときはなるべくEXモンスターゾーンを利用しましょう。

《エフェクト・ヴェーラー》等で効果を止められてしまった場合は場に残ることになるのですが、メインモンスターゾーンに出してしまうと【閃刀】魔法カードの発動条件を満たさなくなってしまいます。

EXモンスターゾーンに出しておけば、《閃刀術式-ジャミングウェーブ》の追加効果で自分の《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ》を破壊することができます。

攻撃順について、警戒するカードによって《No.1 ゲート・オブ・ヌメロン-エーカム》が攻撃するタイミングが変わります。

《PSYフレームギア・γ》を警戒するなら相手の最後に残ったモンスターを破壊するのは別のモンスターにする、《朱光の宣告者》 を警戒するなら最後に攻撃するなどして効果を発動しない。

《閃刀機-ウィドウアンカー》を警戒するなら逆に先に攻撃しておく。こうすることで、メインフェイズ2に《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ》が出しやすくなります。

前のターンに《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ》をエクシーズ召喚していて墓地に《No.1 ゲート・オブ・ヌメロン-エーカム》が居る場合は特に注意が必要で、先に《No.1 ゲート・オブ・ヌメロン-エーカム》が攻撃してしまうと《墓穴の指名者》で効果を無効にされてしまう恐れがあります。

《ドン・サウザンドの契約》はどちらかのライフポイントが1000未満のときは発動できませんが、1000ぴったりのときは発動できます。

【ヌメロン】エクシーズモンスターの直接攻撃で4000、《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ》の効果ダメージで3000のダメージを与えた後に発動すると、ちょうどライフを0にすることができます。

【ヌメロン】デッキをカスタムするおすすめカード

《リミッター解除》

【 速攻魔法 】

自分の全ての表側表示機械族モンスターの攻撃力を倍にする。ターン終了時この効果を受けたモンスターカードを破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

倍になっていく【ヌメロン】エクシーズモンスターの攻撃力をさらに倍することができるので、1ターンキルがしやすくなります。

【ヌメロン】エクシーズモンスターはモンスターと戦闘を行わないと攻撃力を上げられないため、モンスターを出さないままターンエンドされた場合は1ターンキルができません。

そこで《リミッター解除》を使えば、モンスターを出してこない相手に対しても1ターンキルが可能になります。

《希望の記憶》

(準制限カード) 【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分フィールドの「No.」Xモンスターの種類の数だけ、自分はデッキからドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ヌメロン・ダイレクト》から特殊召喚されるモンスターは全て【No.】なので、4枚のドローが可能です。

先攻をとる前提なら《強欲な壺》3枚分の超パワーカードではあるのですが、このデッキは後攻をとるので、《ヌメロン・ダイレクト》が通った後にしか強くないカードの枚数は増やしすぎないように注意しましょう。

その他おすすめカード

【ヌメロン】ならではのカードというわけではありませんが、入れたいけれど生成できていなかったカードや、候補になるURカード、カードが足りないときにおすすめなR以下のカードなどを簡単に紹介します。

《チキンレース》(UR)

【 フィールド魔法 】

①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。
②:お互いのプレイヤーは1ターンに1度、自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●デッキから1枚ドローする。
●このカードを破壊する。
●相手は1000LP回復する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ヌメロン・ネットワーク》はもう要らない…」という手札のときに《惑星探査車》《テラ・フォーミング》から手札に加えるカードとして優秀です。

次に生成するURはこれにする予定です。

《閃刀機-ホーネットビット》(R)、《閃刀姫-カガリ》(UR)

【 速攻魔法 】

①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。自分フィールドに「閃刀姫トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。このトークンはリリースできない。自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、そのトークンの攻撃力・守備力は1500になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 リンクモンスター 】
星 1 / 炎 / 機械族 / 攻1500 /

炎属性以外の「閃刀姫」モンスター1体
自分は「閃刀姫-カガリ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「閃刀」魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
②:このカードの攻撃力は自分の墓地の魔法カードの数×100アップする。
【LINK-1:左上】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

墓地の魔法カードが3枚ある状態から、《閃刀起動-エンゲージ》《閃刀機-ホーネットビット》を手札に加えて1枚ドロー。

《閃刀姫-カガリ》《閃刀起動-エンゲージ》を手札に戻し、《閃刀術式-ジャミングウェーブ》を手札に加えて1枚ドロー。

《閃刀術式-ジャミングウェーブ》で伏せカードと《閃刀姫-カガリ》を破壊。

こうすることによって、《ヌメロン・ダイレクト》の発動条件を妨害せずに2枚のカードをドローできます。

《トポロジック・ゼロヴォロス》《閃刀機-ホーネットビット》で相手ターンにカードを全て除外するコンボもできますね。

《ハーピィの羽根帚》(UR)

【 通常魔法 】

相手のフィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【エルドリッチ】の制圧を1枚で返せるカードなので、持っていたら絶対に入れたいところです。

《アクセスコード・トーカー》(UR)

【 リンクモンスター 】
星 4 / 闇 / サイバース族 / 攻2300 /

効果モンスター2体以上
このカードの効果の発動に対して相手は効果を発動できない。①:このカードがリンク召喚に成功した場合、そのリンク素材としたリンクモンスター1体を対象として発動できる。このカードの攻撃力は、そのモンスターのリンクマーカーの数×1000アップする。②:自分のフィールド・墓地からリンクモンスター1体を除外して発動できる。相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。このターン、自分の「アクセスコード・トーカー」の効果を発動するために同じ属性のモンスターを除外する事はできない。

【LINK-4:上/左/右/下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

リンク召喚を多用するデッキではないので攻撃力もアップしませんし、効果は自身を除外する1回きりしか使えませんが、いつでも自身を除外して《ヌメロン・ダイレクト》の発動条件を満たせるのが優秀です。

《召命の神弓-アポロウーサ》(UR)

【 リンクモンスター 】
星 4 / 風 / 天使族 / 攻? /

トークン以外のカード名が異なるモンスター2体以上
①:「召命の神弓-アポロウーサ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。②:このカードの元々の攻撃力は、このカードのリンク素材としたモンスターの数×800になる。③:相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。このカードの攻撃力を800ダウンし、その発動を無効にする。

【LINK-4:上/左下/下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

採用する【ヌメロン】エクシーズモンスターを2枚ずつにする場合はこれも入れておきたいですね。4体素材なので攻撃力3200になります。

《天霆號アーゼウス》(UR)

【 エクシーズモンスター 】
星 12 / 光 / 機械族 / 攻3000 / 守3000

レベル12モンスター×2
「天霆號アーゼウス」は、Xモンスターが戦闘を行ったターンに1度、自分フィールドのXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。①:このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。このカード以外のフィールドのカードを全て墓地へ送る。この効果は相手ターンでも発動できる。②:1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。手札・デッキ・EXデッキからカード1枚を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

効果を無効化されて場に残った《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ》から稀にランクアップします。

それ以外だと素材が足りないので注意。

《無限起動要塞メガトンゲイル》(UR)

【 リンクモンスター 】
星 3 / 地 / 機械族 / 攻4000 /

Xモンスター3体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、このカード及びXモンスター以外のモンスターの効果を受けず、Xモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。②:自分の墓地のXモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。その墓地のXモンスターを特殊召喚し、その相手のカードを下に重ねてX素材とする。この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になる。

【LINK-3:右/左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

この耐性が頼もしいと思える環境のときは入れたいですね。

《コズミック・サイクロン》(SR)

【 速攻魔法 】

①:1000LPを払い、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【エルドリッチ】や【電脳堺】など、墓地で発動する効果を持った魔法・罠カードに有効です。

《ピリ・レイスの地図》(SR)

【 通常魔法 】

①:自分メインフェイズ1開始時に発動できる。
デッキから攻撃力0のモンスター1体を手札に加え、自分のLPを半分にする。
このカードの発動後、次のターンの終了時まで、自分はこの効果で手札に加えたモンスターまたはその同名カードの召喚に成功しない限り、そのモンスター及びその同名カードの効果を発動できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ヌメロン・ウォール》を手札に加えることができるので、どうしても《ヌメロン・ネットワーク》を引きたいときは採用圏内です。

《パラレル・ツイスター》(R)

【 通常魔法 】

①:このカード以外の自分フィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

初期配布デッキに入っているので入手しやすく、魔法・罠とモンスターの両方を選べのが強力です。

場合によっては自分の《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ》を破壊することもできる器用なカードです。(《ヌメロン・カオス・リチューアル》を採用したタイプであればより好相性です)

《禁じられた聖杯》(R)

【 速攻魔法 】

フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。エンドフェイズ時まで、選択したモンスターの攻撃力は400ポイントアップし、効果は無効化される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

相手モンスターによる妨害を封じることができるだけでなく、攻撃力を上げることもできます。

たった400と思うかもしれませんが、【ヌメロン】エクシーズモンスターの攻撃力は倍になっていきます。

攻撃力をアップさせたあとに他の3体が効果を発動できれば、攻撃力11200まで上げることができます。

さらに、メインフェイズ1で《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ》を出してそれを《禁じられた聖杯》で無効にすれば、2400×8で攻撃力19200も夢ではありません。

《EMポップアップ》(R)

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:手札を3枚まで墓地へ送って発動できる。自分はその数だけデッキからドローする。その後、この効果でドローした数まで、自分のPゾーンのカード2枚のPスケールでP召喚可能なレベルを持つ、「EM」モンスター、「魔術師」Pモンスター、「オッドアイズ」モンスターを手札から特殊召喚できる(同名カードは1枚まで)。このカードの効果で特殊召喚しなかった場合、自分は自分の手札の数×1000LPを失う。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

とにかく手札を揃えて手早く終わらせたいのならおすすめのカードです。

《灰流うらら》等で無効にされてしまうとデュエルが終わるレベルでの損害を受けますが、下のほうでのランク戦やソロモードを素早く終わらせるにはうってつけです。

《リンクアップル》(R)

【 効果モンスター 】
星 1 / 炎 / サイバース族 / 攻0 / 守0

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分のEXデッキの裏側表示のカードをランダムに1枚選んで除外する。
除外したカードがリンクモンスターだった場合、このカードを手札から特殊召喚する。
違った場合、このカードを手札から捨て、自分はデッキから1枚ドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

エクストラデッキをエクシーズモンスターのみにすると、確実に1枚ドローすることができます。

そしてエクストラデッキからエクシーズモンスターが除外されたことで、《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ》で与えられるダメージが増えます。

《超次元ロボ ギャラクシー・デストロイヤー》あたりを除外できた日には5000ダメージが追加され、先攻2ターン目のスタンバイフェイズに勝利することも夢ではありません。

おわりに

以上、マスターデュエル仕様の【ヌメロン】の紹介でした。

ゲームを始めてすぐの段階ならば《ヌメロン・ネットワーク》《ヌメロン・ダイレクト》、【ヌメロン】エクシーズ4枚を入れるだけでも「1枚で勝負を決められるすごい切り札」になるので、運よく《ヌメロン・ネットワーク》が当たった人はまず試してみるといいと思います。

それではー。

【他のヌメロンデッキ解説はこちら!】

【2020年 ヌメロン】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事
【2021年 ヌメロン デッキ 応用書】初のランク13!攻撃力10万!更には特殊勝利!?多彩な勝ち筋のド派手なデッキ!!【ヌメロニアス】

カテゴリ:

タグ:,


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

6

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な22,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事