【2021年 SRデッキ 入門書】疾風怒濤の連続シンクロ!【スピードロイド】

PV 2,184 いいね 13 コメント 0

【2021年 SRデッキ 入門書】疾風怒濤の連続シンクロ!【スピードロイド】

はじめに

こんにちは、はみるとんです!

今回はデュエリストパック -疾風のデュエリスト編-で強化された【SR】デッキについて紹介していきます!

強力な新規エースを得てさらに強化されました!では、早速どんな動きをするのか見ていきましょう!

目次

【SR(スピードロイド)】デッキレシピ

このデッキレシピで行える具体的な展開はこちら ▼

【SR(スピードロイド)】デッキの特徴

【SR】デッキは風属性のシンクロモンスターを展開して戦うデッキです。

風属性しか特殊召喚できなくなったり、シンクロ召喚しかできなくなったりというデメリットを負うかわりに非常に高い展開力を持った回していくテーマです。

1枚の展開札が2~3枚分のシンクロ素材を生み出したり、デッキから直接展開していったり、他のシンクロテーマでは考えられないほど莫大な展開力を持っている上、昨今の強化によって風属性シンクロ自体の層がかなり増えているので最終盤面も強くなっている、イチオシのテーマです。

【SR(スピードロイド)】カードの解説

初動となる【SR】モンスター

【SR】はシンクロ召喚を行うためにチューナーと非チューナーをそろえたり、《HSR-GOMガン》を出すために風属性モンスターを並べるところから展開が始まります。

特に1枚で2枚分の素材になれるモンスターは初動として優秀です。2枚分になれるカードには以下があります。

【 効果モンスター 】
星3 / 風属性 / 機械族 / 攻1200 / 守600

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「SRベイゴマックス」以外の「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 ペンデュラムモンスター 】
星2 / 風属性 / 機械族 / 攻200 / 守100

【Pスケール:青1/赤1】
①:1ターンに1度、自分の守備表示モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
そのモンスターを表側攻撃表示にする。
このターン、そのモンスターは戦闘では破壊されない。

【モンスター効果】
このカード名のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 速攻魔法 】
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:手札を1枚捨てて発動できる。サイコロを1回振る。
レベルの合計が出た目と同じになるように手札・デッキから「スピードロイド」モンスターを2体まで効果を無効にして特殊召喚する。
特殊召喚できなかった場合、自分は出た目の数×500LPを失う。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 効果モンスター 】
星 3 / 風 / 機械族 / 攻800 / 守800

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「スピードロイド」カード1枚を墓地へ送る。

②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻し、そのモンスターとはカード名が異なり、レベルが同じ「スピードロイド」Sモンスター1体を効果を無効にしてEXデッキから特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 通常罠 】
このカード名の②の効果はデュエル中に1度しか使用できない。

①:自分の墓地から風属性モンスター1体を除外し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

②:このカードが墓地に存在する場合、自分メインフェイズに自分フィールドの「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルを1つ下げ、このカードは通常モンスター(機械族・チューナー・風・星1・攻/守0)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【SR】デッキは主に上記の3種類を初動として展開していきます。

特に《SRベイゴマックス》は召喚権を使わずに展開できる最強の初動です。あまりに強すぎて制限カードになっています。

《SRマジックハウンド》は《SRデュプリゲート》を落とす事でレベル3シンクロにつなげることが出来、後述の《HSRコルク-10》によって展開していくことが出来ます。

これらのカードによって枚数を増やして展開用のモンスターを場に出していきます。

展開用のEXデッキの【SR】カード

モンスターを並べることに成功したら、まずは下記の2種類のモンスターを展開していきます。

【 リンクモンスター 】
星2 / 風属性 / 機械族 / 攻1000 /

風属性モンスター2体

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分メインフェイズに発動できる。
風属性モンスター1体を召喚する。
この効果を発動したターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

②:EXデッキから風属性Sモンスター1体を除外して発動できる。
レベルの合計が除外したモンスターと同じになるように、デッキからカード名が異なる「スピードロイド」モンスター2体を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
その1枚を自分の手札に加え、残りを墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 シンクロ・チューナーモンスター 】
星 3 / 風 / 機械族 / 攻500 / 守1000

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。

①:このカードがS召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「スピードロイド」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
●このカードが「スピードロイド」モンスターのみを素材としてS召喚していた場合、そのS召喚に使用したS素材モンスター一組が全て自分の墓地に揃っていれば、その一組を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《HSR-GOMガン》と《HSRコルク-10》はそれぞれ更なる展開用の素材を追加する効果を持っています。

これらの効果によって、最初に場に並べた2枚分のモンスターがそこからさらに3枚分、4枚分と伸びていく事で大量のシンクロモンスターを並べていくのが【SR】デッキの主な展開方法です。

最終盤面に並べるシンクロモンスター

十分に頭数が揃ったら、最終的に盤面に並べたい大型シンクロモンスターの素材条件やレベルを調整し、以下のモンスターたちで盤面を形成していきます。

【 シンクロモンスター 】
星 10 / 風 / ドラゴン族 / 攻3000 / 守2500

Sモンスターのチューナー+チューナー以外の「クリアウィング」モンスター1体

①:1ターンに1度、相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
このカードはターン終了時まで、攻撃力がその相手モンスターの元々の攻撃力分アップし、相手が発動したモンスターの効果を受けない。

②:1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

③:S召喚したこのカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから風属性モンスター1体を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 シンクロモンスター 】
星 11 / 風 / 機械族 / 攻3500 / 守2000

風属性チューナー+チューナー以外の風属性Sモンスター1体

①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
サイコロを1回振る。
出た目の数まで自分の墓地の風属性モンスターを選んでデッキに戻す。
その後、戻した数まで相手フィールドのカードを選んで破壊できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊した数×500アップする。

②:相手メインフェイズに、S召喚したこのカードをリリースして発動できる。
EXデッキからレベル7の風属性Sモンスターを2体まで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 シンクロモンスター 】
星7 / 風属性 / ドラゴン族 / 攻2500 / 守2000

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

①:1ターンに1度、このカード以外のフィールドのレベル5以上のモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

②:1ターンに1度、フィールドのレベル5以上のモンスター1体のみを対象とするモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

③:このカードの効果でモンスターを破壊した場合、このカードの攻撃力はターン終了時まで、このカードの効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 シンクロモンスター 】
星8 / 風属性 / ドラゴン族 / 攻3000 / 守2500

チューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上

①:1ターンに1度、このカード以外のモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
この効果でモンスターを破壊した場合、このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。

②:このカードがレベル5以上の相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【SR(スピードロイド)】デッキの回し方

【SR】デッキは《HSR-GOMガン》で2枚見せたカードのうちどちらが捲れるか、《SRルーレット》のサイコロの出目が何になるか、などかなり展開の途中で分岐点が存在し、基本的には手札の状況やそれらのランダム要素に合わせてアドリブで回していく事になります。

以下は確定で行える展開ルートとして紹介します。

《HSR-GOMガン》を出すルート

まず、【SR】の展開は基本的に《HSR-GOMガン》を出すところから始まります。

というわけで、いくつか《HSR-GOMガン》を出すまでの展開をまず紹介します。

パターン1.《SRビーダマシーン》始動

  • 手札:《SRビーダマシーン》

【手順】

  1. 《SRビーダマシーン》を召喚
  2. 《SRビーダマシーン》の効果で《SRカールターボ》をサーチ
  3. 《SRカールターボ》の効果で自身を特殊召喚
  4. 《HSR-GOMガン》をリンク召喚

パターン2.《SRマジックハウンド》始動

  • 手札:《SRマジックハウンド》

【手順】

  1. 《SRマジックハウンド》を召喚
  2. 《SRマジックハウンド》の効果によって《SRデュプリゲート》を墓地送り
  3. 《SRデュプリゲート》の効果によって《SRマジックハウンド》のレベルを下げて自身を特殊召喚
  4. 《HSR-GOMガン》をリンク召喚

パターン3.複数枚のSRモンスターによる始動

  • 手札:《SR吹持童子》、《SRカールターボ》

【手順】

  1. 《SR吹持童子》を召喚
  2. 《SRカールターボ》を特殊召喚
  3. 《HSR-GOMガン》をリンク召喚

《HSR-GOMガン》が出た後の展開パターン

《HSR-GOMガン》が出るところまで行ったら、効果によって《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》などを除外し、《SRベイゴマックス》と《SRダブルヨーヨー》の2枚を見せます。これによってランダムにどちらかが手札に加わり、もう片方が墓地へ送られるため、どちらが手札に加わったかによって展開を分岐させます。

②:EXデッキから風属性Sモンスター1体を除外して発動できる。
レベルの合計が除外したモンスターと同じになるように、デッキからカード名が異なる「スピードロイド」モンスター2体を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
その1枚を自分の手札に加え、残りを墓地へ送る。

《HSR-GOMガン》の②の効果

パターン1.《SRベイゴマックス》が選択された場合

  • 場:《HSR-GOMガン》
  • 手札:《SRベイゴマックス》

【手順】

  1. 《SRベイゴマックス》を召喚し、《SRタケトンボーグ》をサーチ
  2. 《SRタケトンボーグ》を特殊召喚し、効果で《SR赤目のダイス》を特殊召喚
  3. 《SR赤目のダイス》の効果で《SRベイゴマックス》をレベル2に変更
  4. 《HSRコルク-10》をシンクロ召喚し、素材とした2体を特殊召喚
  5. 《SRベイゴマックス》と《SR赤目のダイス》で《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》をシンクロ召喚
  6. 《HSRコルク-10》と《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》で《クリスタルクリアウィング・シンクロ・ドラゴン》をシンクロ召喚

【結果】

パターン2.《SRダブルヨーヨー》が選択された場合

【手順】

  1. 《HSR-GOMガン》の効果で《SRダブルヨーヨー》を召喚
  2. 《SRベイゴマックス》を特殊召喚し、《SRタケトンボーグ》をサーチ
  3. 《SRタケトンボーグ》を特殊召喚し、効果で《SR赤目のダイス》を特殊召喚
  4. 《SR赤目のダイス》の効果で《SRベイゴマックス》をレベル2に変更
  5. 《HSRコルク-10》をシンクロ召喚し、素材とした2体を特殊召喚
  6. 《SRベイゴマックス》と《SR赤目のダイス》で《武力の軍奏》をシンクロ召喚
  7. 《武力の軍奏》の効果で《SR赤目のダイス》を特殊召喚
  8. 《SR赤目のダイス》と《SRダブルヨーヨー》で《HSRマッハゴー・イータ》をシンクロ召喚
  9. 《武力の軍奏》と《HSRマッハゴー・イータ》で《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》をシンクロ召喚
  10. 《HSRマッハゴー・イータ》効果で自身を特殊召喚
  11. 《HSRコルク-10》と《HSRマッハゴー・イータ》で《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》をシンクロ召喚

【結果】

  • 《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》×2

【盤面の解説】

《SRダブルヨーヨー》を引き込めた場合、その1枚分展開札が増えるので、2体の《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》によってモンスター効果を2回止める事が出来ます。

この他、《HSRコルク-10》から《SRルーレット》をサーチして出目に応じて様々なモンスターを展開していくことでさらに強い展開を行う事も可能です。 これはサイコロの出目によって終着点が変わるので、残りの手札などと相談して回してみてください。

【SR(スピードロイド)】デッキをカスタムするおすすめカード

《簡素融合》

【通常魔法】
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:1000LPを払って発動できる。効果モンスターを除くレベル6以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

非チューナーの風属性モンスターを特殊召喚したりチューナーを確保したりと、場に足りていない幅広い用途で使う事ができ、素材を供給する安定感を上げる事が出来ます。

他にもこういったモンスターを展開する事が出来るカードを増やす事によって、【SR】テーマ以外のカードも初動にする事が出来ます。

おわりに

というわけで、今回は様々な展開手段を持った【SR】デッキの紹介をしていきました!

展開系のデッキとしては、固定のルート以外の追加での展開手段が豊富なので妨害を乗り越える力があったり、アドリブで様々な展開に派生できるので相手に合わせた戦い方ができる非常に面白いテーマです。是非組んでみてください!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

ガチまとめからのお知らせ

カテゴリ:

タグ:

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

13