【2020年 トゥーン】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事

PV 3,343 いいね 10 コメント 0

【2020年 トゥーン】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事

はじめに

『【トゥーン】デッキを組んで遊んでみたい!』

『【トゥーン】デッキと相性が良いカードが知りたい!』

この記事はそんな方へ向けて書かれたデッキテーマ解説記事です。

【トゥーン】について知らない人でも、この記事を読めば【トゥーン】デッキの回し方と相性が良いカードが分かる内容となっておりますので、ぜひ最後までお楽しみください!

目次

【トゥーン】デッキの特徴

【トゥーン】は既存の遊戯王OCGで活躍してきた《ブラック・マジシャン》《サイバー・ドラゴン》のような人気モンスター達が、独特のデフォルメをされたイラストが特徴的なデッキテーマ。

高い攻撃力でありながら共通効果で相手への直接攻撃を可能とし、相手のフィールドの状況に関わらず確実にライフを削り取る戦い方をします。

【トゥーン】デッキレシピ

『コピーしてデッキを作成する』をタップして『初手ドロー』を行えば、実際の【トゥーン】デッキのイメージが掴めますので、ぜひお試しください

【トゥーン】デッキのカード解説

この記事では【トゥーン】デッキの全体像を分かりやすくするために、種類ごとにカードを紹介します。

この記事では【トゥーン】デッキのカードを以下のように分類して解説していきます。

  • 【トゥーン】モンスター
  • 【トゥーン】魔法・罠
  • 【トゥーン】関連魔法

【トゥーン】モンスターはこのデッキのメインアタッカーとして活躍するモンスターで、『《トゥーン・ワールド》が存在し、相手フィールドに【トゥーン】モンスターが存在しない場合、相手に直接攻撃できる』という共通の特性を持ちます。

【トゥーン】魔法・罠はこのデッキの核となる《トゥーン・キングダム》や万能サーチカードの《トゥーンのもくじ》等、【トゥーン】デッキを回す上で欠かせない効果を持ったカード達です。

【トゥーン】関連魔法カードはカード名に【トゥーン】を含まないため《トゥーンのもくじ》等の【トゥーン】サポートを受けられませんが、禁止カード級の強力な効果を持っているのが特徴。

【トゥーン】モンスターについて

【トゥーン】モンスターはこのデッキのメインアタッカーとなるモンスター達で、『《トゥーン・ワールド》が存在し、相手フィールドに【トゥーン】モンスターが存在しない場合に直接攻撃できる』という共通効果を持ちます。

相手のフィールドの状況に左右されずライフを削ることができる強力な共通効果ですが、フィールドに展開されたターンは攻撃が行えないというデメリットも持ちます。

《トゥーン・ブラック・マジシャン》

【トゥーン・効果モンスター】
星7/闇/魔法使い族/攻2500/守2100
①:このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。
②:自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、
相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、
このカードは直接攻撃できる。
③:1ターンに1度、手札から「トゥーン」カード1枚を捨て、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「トゥーン・ブラック・マジシャン」以外の
トゥーンモンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
●デッキから「トゥーン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ブラック・マジシャン》がトゥーン化した姿。

《トゥーン・ブラック・マジシャン》は3つの効果を持ちます。

①の効果はこのカードが召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できないデメリット効果。

②の効果は自分フィールドに《トゥーン・ワールド》が存在し、相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合に、この《トゥーン・ブラック・マジシャン》が相手プレイヤーに直接攻撃できる効果。

この①、②の効果は各トゥーンモンスターが共通で持っているため、次のモンスターの紹介からは効果の説明を省きます。

③の効果は1ターンに1度、手札から【トゥーン】カード1枚を捨てて、以下の効果から選択して発動できる効果。

●デッキから「トゥーン・ブラック・マジシャン」以外のトゥーンモンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

デッキからのリクルートなのでシンプルに強力な効果。

《トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール》を特殊召喚すれば即時攻撃へ、《レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン》を展開した場合はレベル7モンスターが2体揃うため、ランク7エクシーズの展開へと繋げることもできます。

また、《トゥーン・サイバー・ドラゴン》を特殊召喚した場合は、相手のエクストラモンスターゾーンのモンスターを素材とした《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》の展開を狙うことも可能。

●デッキから「トゥーン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

後述する【トゥーン】魔法・罠カードをサーチ可能。

デッキ内の【トゥーン】カードへとアクセスできる優秀な効果です。

優先してフィールドへと展開し、デッキの回転率を上げましょう。

《レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン》

【トゥーン・効果モンスター】
星7/闇/ドラゴン族/攻2400/守2000
①:このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。
②:自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、
相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、
このカードは直接攻撃できる。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札から「レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン」以外のトゥーンモンスター1体を
召喚条件を無視して特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《真紅眼の黒竜》がトゥーン化した姿。

①②の効果は【トゥーン】モンスター共通の効果となります。

③の効果は1ターンに1度、自分のメインフェイズに発動できる効果で、手札から【トゥーン】モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚します。

【トゥーン】モンスターは上級モンスターが多いため、それらのモンスターをリリースなしで展開できるのが強力。

《トゥーン・ブラック・マジシャン》を展開し、次のリクルート・サーチ効果の発動へ繋げるのが基本となります。

《トゥーン・サイバー・ドラゴン》

【トゥーン・効果モンスター】
星5/光/機械族/攻2100/守1600
①:相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。
③:自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、
相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、このカードは直接攻撃できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《サイバー・ドラゴン》がトゥーン化した姿。

②③は【トゥーン】モンスター共通の効果となります。

①の効果は、本家の《サイバー・ドラゴン》と同様の『相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合』を条件として、手札のこの《トゥーン・サイバー・ドラゴン》を特殊召喚できる効果。

上級【トゥーン】でありながら自身の効果で特殊召喚可能。

また、このカードは【サイバードラゴン】モンスターなので、相手のエクストラモンスターを素材として《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》の展開が可能。

《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》

【トゥーン・効果モンスター】
星4/地/魔法使い族/攻1900/守 900
①:このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。
②:自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、
相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、
このカードは直接攻撃できる。
③:このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる。
④フィールドの「トゥーン・ワールド」が破壊された時にこのカードは破壊される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ヂェミナイ・エルフ》がトゥーン化した姿。

①②の効果は【トゥーン】モンスター共通の効果となります。

③の効果はこの《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》が相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる効果で、相手の手札をランダムに1枚選んで捨てます。

【トゥーン】の共通効果で直接攻撃が可能なため、このハンデス効果の発動条件が満たしやすいです。

④の効果はフィールドの《トゥーン・ワールド》が破壊された際にこの《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》も破壊される効果。

一部の【トゥーン】モンスターはこのデメリット効果を持ちます。

1枚の破壊で2枚以上のカードが破壊され、一気に不利になってしまうため、注意が必要です。

《トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール》

【特殊召喚・トゥーン・効果モンスター】
星6/闇/魔法使い族/攻2000/守1700
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、自分フィールドのモンスター1体をリリースした場合に特殊召喚できる。
①:このカードの攻撃力は、お互いの墓地の「ブラック・マジシャン」「マジシャン・オブ・ブラックカオス」の数×300アップする。
②:相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、
このカードは直接攻撃できる。
存在する場合、トゥーンモンスターを攻撃対象にしなければならない。
③:フィールドの「トゥーン・ワールド」が破壊された時にこのカードは破壊される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ブラック・マジシャン・ガール》がトゥーン化した姿。

《トゥーン・ワールド》が存在する場合に、自分フィールド上のモンスターをリリースすることで手札から特殊召喚できます。

他の【トゥーン】モンスターとは違い特殊召喚したターンでも攻撃が可能なので、《トゥーン・ブラック・マジシャン》等でデッキから特殊召喚することで、そのまま相手のライフを削りにいくことができます。

【トゥーン】魔法・罠について

【トゥーン】魔法・罠カードは《トゥーン・ブラック・マジシャン》《トゥーンのもくじ》の効果でデッキから手札に加えることができます。

《トゥーン・キングダム》

【フィールド魔法】
①:このカードの発動時の効果処理として、
自分のデッキの上からカード3枚を裏側表示で除外する。
②:このカードのカード名は、
フィールドゾーンに存在する限り「トゥーン・ワールド」として扱う。
③:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分フィールドのトゥーンモンスターは相手の効果の対象にならない。
④:自分フィールドのトゥーンモンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに破壊されるモンスター1体につき1枚、自分のデッキの上からカードを裏側表示で除外できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

4つの効果を持った【トゥーン】フィールド魔法カード。

①の効果はこの《トゥーン・キングダム》の発動時の処理として、自分のデッキの上からカードを3枚裏側で除外する効果。

裏側での除外なので再利用が難しいですが、枚数も少ないため大きな負担にならず、後半の②〜④の効果を見るとむしろ小さなデメリット効果です。

②の効果はこの《トゥーン・キングダム》がフィールドゾーンに存在する限り、このカード名は《トゥーン・ワールド》として扱う効果。

【トゥーン】モンスターは《トゥーン・ワールド》が存在しなければ直接攻撃できず、一部の【トゥーン】魔法・罠カードは《トゥーン・ワールド》が存在しなければ発動自体が不可能なため、このデッキの必須のフィールド魔法であるといえます。

③の効果はこの《トゥーン・キングダム》がフィールドに存在する限り、自分フィールドの【トゥーン】モンスターは相手の効果の対象にならない効果。

④の効果は自分の【トゥーン】モンスターが戦闘・効果で破壊される場合に、代わりに破壊されるモンスター1体につき1枚、自分のデッキの上からカードを裏側表示で除外できる効果。

実質、【トゥーン】モンスターが以下の耐性を得ることができます。

  • 相手の効果の対象にならない
  • 戦闘で破壊されない
  • 効果で破壊されない

非常に場持ちが良くなり、直接攻撃可能な効果もあいまって確実に相手のライフを削っていく強力なアタッカーとなります。

本来の《トゥーン・ワールド》よりいくつのも強力な効果を持ち、フィールド魔法である点から《テラ・フォーミング》《メタバース》等のフィールド魔法サポートも受けられるため、基本的には《トゥーン・ワールド》よりも優先して採用することになります。

《トゥーンのもくじ》

【通常魔法】

①:デッキから「トゥーン」カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【トゥーン】魔法カード。

デッキから【トゥーン】カードを手札に加える効果を持ちます。

【トゥーン】モンスターだけでなく、《トゥーン・キングダム》等の魔法・罠カードもこのカードでサーチ可能。

名称を指定した発動回数制限も無いため、1ターンに複数枚の《トゥーン・ワールド》を発動して複数枚の【トゥーン】カードをサーチすることもできます。

《トゥーン・ロールバック》

【通常魔法】
①:自分フィールドのトゥーンモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【トゥーン】モンスター1体を対象として発動できる【トゥーン】通常魔法カード。

対象とした【トゥーン】モンスターに2回攻撃可能な状態を付与します。

【トゥーン】モンスターは直接攻撃が可能なため、例えば《トゥーン・ブラック・マジシャン》であれば1体で相手のライフを5000削ることができるようになります。

《シャドー・トゥーン》

【通常魔法】
「シャドー・トゥーン」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在する場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《トゥーン・ワールド》が存在する場合に、相手フィールド上のモンスターを対象として発動できる通常魔法カードで、その対象としたモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与えます。

相手依存ではありますが、攻撃力そのままライフを削れるため爆発力が高く、高い攻撃力のモンスターを主体とする【ブルーアイズ】のようなデッキであれば大幅にライフを削れます。

または高い攻撃力の【壊獣】を相手フィールドへ送りつけ、バーンダメージをコントロールすることも可能。

《トゥーン・マスク》

【通常罠】
①:自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在する場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルまたはランクの数値以下のレベルを持つトゥーンモンスター1体を、
召喚条件を無視して手札・デッキから特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《トゥーン・ワールド》が存在する場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる効果で、その対象としたモンスターのレベルorランク以下の【トゥーン】モンスターを自分の手札・デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する効果を持ちます。

こちらも相手に依存する効果ですが、デッキからの【トゥーン】モンスターの展開が可能。

《シャドー・トゥーン》と同じく【壊獣】を採用することで、自分の狙ったレベルの【トゥーン】をデッキから呼び出すことが可能になります。

《トゥーンのかばん》

【通常罠】
①:自分フィールドにトゥーンモンスターが存在し、相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚した時に発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自分フィールドに【トゥーン】モンスターが存在し、相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚に成功したときに発動できる【トゥーン】罠カード。

その展開されたモンスターをデッキに戻します。

発動条件はありますがデッキバウンスであるめ除去手段として優秀で、かつノーコスト、【トゥーン】サポートも受けられるため、1枚でも採用しておくと便利。

【トゥーン】関連魔法カードについて

【トゥーン】関連魔法カードはカード名に【トゥーン】を含まないため《トゥーンのもくじ》等の【トゥーン】サポートを受けられませんが、禁止カード級の強力な効果を持っているのが特徴。

《コピーキャット》

【通常魔法】
「コピーキャット」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「トゥーン・ワールド」及びトゥーンモンスターが存在する場合、相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードがモンスターだった場合、そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
そのカードが魔法・罠カードだった場合、そのカードを自分フィールドにセットする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自分フィールドに《トゥーン・ワールド》及び【トゥーン】モンスターが存在する場合に、相手の墓地のカード1枚を対象として発動可能な通常魔法。

モンスターであればそのカードを自分フィールドへ特殊召喚、魔法・罠カードであれば自分フィールドへセットします。

相手の墓地の任意のカードを自分のカードとして扱えるため、相手のエースモンスターを利用したり、汎用的な《死者蘇生》《無限泡影》等を再利用したりなど、相手のデッキに強力なカードが入っているほどポテンシャルが上がる面白いカードです。

《コミックハンド》

【装備魔法】
自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在する場合に相手フィールドのモンスターに装備できる。
①:装備モンスターのコントロールを得る。
②:装備モンスターはトゥーンモンスターとしても扱い、相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、装備モンスターは直接攻撃できる。
③:フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在しない場合にこのカードは破壊される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《トゥーン・ワールド》が存在する場合に相手モンスターに装備できる装備魔法カード。

装備モンスターのコントロールを奪い、更にトゥーンモンスターとして扱い、相手フィールドに【トゥーン】モンスターが存在しない場合には直接攻撃可能とします。

相手モンスターをトゥーン化させる装備魔法ですね。

相手のエースモンスターをデメリットなしで奪うだけでなくトゥーン化させ、より強力な状態にします。

【トゥーン】デッキの回し方〜概要〜

デッキの回し方①:《トゥーン・キングダム》を発動しよう!

【トゥーン】デッキは『《トゥーン・ワールド》が存在すること』を条件に様々な強力な効果を発揮します。

そのため、《トゥーン・ワールド》として扱う効果を持った《トゥーン・キングダム》を発動することが最優先となります。

《トゥーンのもくじ》だけでなく、《テラ・フォーミング》《メタバース》《強欲で金満な壺》等、ドロー、サーチで《トゥーン・キングダム》へとアクセスしましょう。

デッキの回し方②:【トゥーン】モンスターを展開しよう!

《トゥーン・キングダム》発動したら、【トゥーン】モンスターを展開しましょう。

《トゥーン・サイバー・ドラゴン》は条件を満たせば自身の効果でフィールドへ展開することができます。

《レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン》は手札の【トゥーン】モンスターを特殊召喚する効果を持ちます。

《レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン》は通常召喚可能な《伝説の黒石》からも展開できるため、合わせて採用すると安定率がアップします。

《トゥーン・ブラック・マジシャン》はデッキから直接【トゥーン】モンスターを特殊召喚する効果を持ちます。

デッキの回し方③:【トゥーン】魔法・罠を駆使してデュエルを進めよう!

【トゥーン】魔法・罠カードは発動条件が厳しく、相手に依存する部分が大きいカード達ですが、発動できれば非常に強力な効果を発揮します。

デッキの回し方④:直接攻撃で相手のライフを一気に削ろう!

【トゥーン】の展開から1ターンが経過したら、共通効果による直接攻撃で相手のライフを一気に削りましょう!

相手フィールドに壁モンスターや攻撃力の高いモンスターが存在しても無視して相手のライフを直接削り、《トゥーン・キングダム》によって耐性を得ているためより安全に攻めることができます。

《トゥーン・ロールバック》を発動すれば2回の攻撃が可能となり、少ないモンスター数でも相手のライフを削り切ることが可能となります。

【トゥーン】デッキと相性が良いカード

必須級:【トゥーン】デッキと相性が良いカード

《テラ・フォーミング》

【通常魔法】
①:デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

フィールド魔法をサーチする効果を持った通常魔法。

《トゥーン・キングダム》へのアクセスを可能とします。

《メタバース》

【通常罠】
①:デッキからフィールド魔法カード1枚を選び、手札に加えるか自分フィールドに発動する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

デッキからフィールド魔法をサーチまたは直接発動する効果を持った通常罠カード。

《テラ・フォーミング》と比べると罠カードである分遅いですが、《トゥーン・キングダム》へのアクセス手段は少しでも多く採用することが重要となります。

《強欲で金満な壺》

【通常魔法】
①:自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの
裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。
除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

エクストラデッキのカードを3〜6枚除外して1〜2枚のドローを可能とする汎用ドローソースカード。

【トゥーン】デッキは特定のエクストラモンスターに依存せず、更にはテーマ内にドロー効果を持ったカードも少ないため、問題なくドローソースとして採用できます。

カスタム案:【トゥーン】デッキと相性が良いカード

《伝説の黒石》

【効果モンスター】
星1/闇/ドラゴン族/攻 0/守 0
「伝説の黒石」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードをリリースして発動できる。
デッキからレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻し、墓地のこのカードを手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

2つの効果を持ったモンスター。

①の効果はこの《伝説の黒石》自身をリリースして発動できる効果で、デッキからレベル7以下の【レッドアイズ】モンスターを特殊召喚します。

この効果でデッキの《レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン》を特殊召喚可能。

《レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン》は手札の【トゥーン】モンスターを特殊召喚できる効果を持つため、【トゥーン】モンスターを展開するための初動札として機能します。

②の効果はこの《伝説の黒石》が墓地に存在する場合、自分の墓地のレベル7以下の【レッドアイズ】モンスターを対象として発動できる効果で、そのモンスターをデッキに戻し、墓地のこの《伝説の黒石》を手札に加えます。

再び次のターンにこのカードを召喚することで、デッキから《レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン》の展開が狙えます。

このカードを採用する場合、レベル1モンスターへとアクセスできる《ワン・フォー・ワン》も採用しましょう。

《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》

【融合・効果モンスター】
星10/闇/機械族/攻 0/守 0
「サイバー・ドラゴン」モンスター+EXモンスターゾーンのモンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
①:このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1200になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

フィールドの【サイバードラゴン】モンスターとエクストラモンスタゾーンのモンスター1体以上を墓地へ送ることで特殊召喚可能な融合モンスター。

《トゥーン・サイバー・ドラゴン》は【サイバードラゴン】モンスターなので、この条件の片方を満たすことができます。

そのため、このカードを採用すれば、《トゥーン・サイバー・ドラゴン》が存在すれば相手のエクストラモンスターゾーンのモンスターを除去できるというプレイの幅が広がります。

おわりに

カーナベルではこの記事の中で紹介した【トゥーン】カードや相性の良いカードを豊富に準備しております。

記事を読んで【トゥーン】デッキが組みたくなった方はぜひカーナベルでカードを手に入れて実際の【トゥーン】デッキで遊んでみてください!

当日15時までのご注文で即日発送、15以降なら翌日発送で【トゥーン】のデッキパーツをお届けします。

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

10