【2021年 ネメシスデッキ 入門書】引き出せ秘めたポテンシャル!

PV 4,779 いいね 21 コメント 3

【2021年 ネメシスデッキ 入門書】引き出せ秘めたポテンシャル!

こんにちは、ゲストライターのふじおです!

今回紹介する【ネメシス】はデッキのアクセントとして採用される例が多く、いわゆる「出張パーツ」としての役割が主なテーマです。

そんな【ネメシス】をメインに据えたデッキの紹介をメインに、テーマの特徴や相性の良いカードを紹介していきたいと思います!

はじめに

突然ですがこのテーマ、【ネメシス】カードのみでデッキを構築する事は不可能です。

前述した通り「出張パーツ」としての役割が主で、その理由は【ネメシス】下級モンスターの共通効果にあります。

【 効果モンスター 】 
星 2 / 炎 / 炎族 / 攻1100 / 守200 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:「ネメシス・フラッグ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。

②:自分メインフェイズに発動できる。デッキから「ネメシス・フラッグ」以外の「ネメシス」モンスター1体を手札に加える。 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

除外されているモンスターをデッキに戻しつつ展開する珍しい共通効果を持ち、4種類の下級モンスターが存在しています。

そして、自身のモンスターを除外する手段は【ネメシス】上級モンスターを特殊召喚する事だけしかありません。

【 効果モンスター 】 
星 11 / 闇 / 幻竜族 / 攻2500 / 守3000 

このカードは通常召喚できない。
自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、属性が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:フィールドのこのカードは効果では破壊されない。②:フィールドのモンスターの属性を1つ宣言して発動できる。フィールドの宣言した属性のモンスターを全て破壊する。次のターンの終了時まで、お互いに宣言した属性のモンスターを特殊召喚できない。 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

初動にならねェ…

よって、【ネメシス】カードは、「動きの中で自然にモンスターを除外する」デッキに採用される事が前提となっており、メインギミックではなくサブギミックとして起用されがちです。

また、デッキの【ネメシス】カードに触る手段が《ネメシス・フラッグ》の効果のみで、デュエルに絡めるかどうかが引き次第な所も「出張パーツ」たる所以です。

今回はそんな【ネメシス】カードを1から見つめ直し、がっつり活用するための【ネメシス】デッキを考えてきたので、ご紹介させていただきます!

是非、最後までご観覧ください!

目次

【ネメシス】デッキレシピ

このデッキレシピで行える具体的な展開はこちら ▼

カーナベルなら当日15時までのご注文で【ネメシス】のデッキパーツを即日発送させて頂きます!

【ネメシス】デッキに興味がある方はぜひご利用くださいませ

【ネメシス】カードの解説

《ネメシス・フラッグ》

【 効果モンスター 】 
星 2 / 炎 / 炎族 / 攻1100 / 守200 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:「ネメシス・フラッグ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。

②:自分メインフェイズに発動できる。デッキから「ネメシス・フラッグ」以外の「ネメシス」モンスター1体を手札に加える。 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【ネメシス】モンスターをサーチできる下級【ネメシス】

【ネメシス】で最も重要な効果を持ち、単純にカードが増えるため出張性能も高いです。

自身をサーチする手段が存在しないため、テーマデッキとしての【ネメシス】を安定させるには、初動からこのカードにアクセスする手段を用意する必要がありました。

《ネメシス・コリドー》

【 効果モンスター 】 
星 4 / 風 / 雷族 / 攻1900 / 守600 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。

②:「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

除外された【ネメシス】モンスターを回収できる下級【ネメシス】

特殊召喚するだけで《超雷龍-サンダー・ドラゴン》の召喚条件を満たす事ができ、【ネメシス】の中で出張性能が最も高いです。

序盤は《クロシープ》の蘇生効果のトリガーとなり、終盤は《妖精伝姫-シラユキ》のコストで除外された【ネメシス】モンスターを回収できます。

《ネメシス・アンブレラ》

【 効果モンスター 】 
星 3 / 水 / 水族 / 攻1500 / 守400 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:「ネメシス・アンブレラ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。

②:「ネメシス・アンブレラ」以外の自分の墓地の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

墓地の【ネメシス】モンスターを回収できる下級【ネメシス】

出張パーツとしては扱いづらいカードでしたが、今回の構築では《永遠の淑女 ベアトリーチェ》で墓地に送った【ネメシス】を回収するギミックがあるため、必須カードとなりました。

《ネメシス・キーストーン》

【 効果モンスター 】 
星 1 / 地 / 岩石族 / 攻700 / 守0 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:「ネメシス・キーストーン」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。

②:このカードが除外されたターンのエンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

除外されたターンの終わりに手札に戻る下級【ネメシス】

出張パーツとしては扱いづらいカードでしたが、今回の構築では《御影志士》でサーチできる下級ネメシスであり、《妖精伝姫-シラユキ》の除外コストにすればリソースにもなるため、必須カードとなりました。

《アークネメシス・エスカトス》

【 効果モンスター 】 
星 11 / 光 / ドラゴン族 / 攻3000 / 守2500 

このカードは通常召喚できない。自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、種族が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:フィールドのこのカードは効果では破壊されない。

②:フィールドのモンスターの種族を1つ宣言して発動できる。フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊する。次のターンの終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚できない。 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

種族を指定する除去効果とロック効果を併せ持つ上級【ネメシス】

属性を指定する《アークネメシス・プロートス》もありますが、どちらか又は両方を採用するかはデッキと相談しましょう。

召喚条件と効果の性質上、先行1ターン目からの出番はほぼありません。《ネメシス・フラッグ》でサーチ可能なので、1枚採用しておくだけで相手の種族デッキに対しての脅威となるでしょう。

【ネメシス】デッキと相性が良いカード

《D-HERO ディアボリックガイ》

【 効果モンスター 】 
星 6 / 闇 / 戦士族 / 攻800 / 守800 

①:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「D-HERO ディアボリックガイ」1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

墓地から除外する事でデッキの同名モンスターを特殊召喚できる、驚異のメインエンジン

今回の【ネメシス】デッキを構築するにあたって最も重要となるカードです。

下級ネメシスの共通効果、「除外されているモンスターをデッキに戻す」と相性が良く、自身が準制限カードである事を忘れ、増えて増えて増えまくり、何度もリンク素材になってくれます。

このカードを墓地に送る手段も充実しており、後述する《V・HERO ヴァイオン》から《融合》を経由して墓地に送る事で【ネメシス】デッキに様々な恩恵をもたらしてくれます。

《V・HERO ヴァイオン》

【 効果モンスター 】 
星 4 / 闇 / 戦士族 / 攻1000 / 守1200 

「V・HERO ヴァイオン」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「HERO」モンスター1体を墓地へ送る。
②:1ターンに1度、自分の墓地から「HERO」モンスター1体を除外して発動できる。
デッキから「融合」1枚を手札に加える。 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

HEROの墓地肥やしと融合のサーチを1枚で行うデッキの初動

前述した《D -HERO ディアボリックガイ》にアクセスできるカードの中で最も強力で、1枚からランク6モンスターを展開するギミックを備えており、《永遠の淑女 ベアトリーチェ》のX召喚を狙います。

・ランク6ギミックについて

《V・HERO ヴァイオン》召喚から以下の流れになります

  1. 効果で《E・HERO シャドー・ミスト》を墓地に送り、《D -HEROディアボリックガイ》をサーチ
  2. 続けて《V・HERO ヴァイオン》の効果で墓地の《E・HERO シャドー・ミスト》を除外し、《融合》をサーチ
  3. 《融合》で場の《V・HERO ヴァイオン》と手札の《D -HERO ディアボリックガイ》を素材に《D -HERO デッドリーガイ》を融合召喚
  4. 墓地の《D -HERO ディアボリックガイ》を除外し、デッキから《D -HERO ディアボリックガイ》を特殊召喚
  5. 場の2体で《永遠の淑女 ベアトリーチェ》をX召喚

・《V・HERO ヴァイオン》への確実なアクセス

サーチ・リクルート手段は以下の3種類があり、実質的な採用枚数は9枚です。

  • 《ヒーローアライブ》を経由した《E・HERO エアーマン》でサーチ
  • 《召喚僧サモンプリースト》によるリクルート
  • 《増援》によるサーチ

《永遠の淑女 ベアトリーチェ》

【 エクシーズモンスター 】 
星 6 / 光 / 天使族 / 攻2500 / 守2800 

レベル6モンスター×2
このカードは手札の「彼岸」モンスター1体を墓地へ送り、自分フィールドの「ダンテ」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
この方法で特殊召喚したターン、このカードの①の効果は発動できない。
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
エクストラデッキから「彼岸」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

デッキのカード全てにアクセスできる、展開兼妨害Xモンスター

前述した通り《V・HERO ヴァイオン》から簡単にX召喚でき、大きな役割を2つ持っています。

役割① :【ネメシス】カードへのアクセス

《ネメシス・フラッグ》を墓地に送る事で《ネメシス・アンブレラ》の墓地回収や《ネメシス・コリドー》《クロシープ》による蘇生から、一気に【ネメシス】カードを集める事が可能になります。

また、自然に《D -HERO ディアボリックガイ》を経由している事により下級【ネメシス】に爆発的な展開力が付与され、リンクモンスターを織り交ぜた強力な盤面を構築できます。

役割②: 《妖精伝姫-シラユキ》を墓地に送る

主に相手のターンで墓地送り、相手モンスターへの妨害として機能します。

また、このデッキでは《ネメシス・コリドー》《ネメシス・キーストーン》による除外リソースの活用ができるため、単純な妨害だけで終わらない所がポイントです。

【ネメシス】デッキの魅力

魅力①:働きすぎのディアボリックガイ

【 効果モンスター 】 
星 6 / 闇 / 戦士族 / 攻800 / 守800 

①:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「D-HERO ディアボリックガイ」1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《D -HERO ディアボリックガイ》と下級ネメシスを交互に繰り出してる時が一番気持ち良く、間違いなくこのデッキ一番の魅力です!

準制限カードをジャブジャブ使う快感はこのデッキでしか味わえません。

魅力②:お手軽に出てくる超雷龍

【 融合モンスター 】 
星 8 / 闇 / 雷族 / 攻2600 / 守2400 

「サンダー・ドラゴン」+雷族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●雷族モンスターの効果が手札で発動したターン、融合モンスター以外の自分フィールドの雷族の効果モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事ができない。
②:このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地の雷族モンスター1体を除外できる。 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ネメシス・コリドー》から特殊召喚される《超雷龍-サンダー・ドラゴン》は強力なサーチロックと破壊耐性を備えており、相手によっては1枚で詰ませてしまう恐ろしいモンスターです!

【ネメシス】が出張パーツとして優秀な理由のひとつで、引ければラッキーの要素になりがちですが、このデッキは【ネメシス】カードへのアクセス力を限界まで高めているため、高い頻度で盤面に添える事ができます。

魅力③:質の落ちない展開力

このデッキは基本的に下級ネメシスと《D -HERO ディアボリックガイ》をサイクルさせてモンスターを稼いでるので、序盤から終盤いつでも同じ出力でリンク素材を供給する事ができます。

リンク召喚の連打でEXデッキは減っていきますが、《妖精伝姫-シラユキ》《アクセスコード・トーカー》で除外したリンクモンスターを下級【ネメシス】で再利用する小技もあります。

【ネメシス】デッキの回し方

デッキの回し方①:ヴァイオン+ネメシスで盤面構築

《V・HEROヴァイオン》を軸とした3つの展開パターンを紹介します。

展開パターンA《V・HERO ヴァイオン》+《ネメシス・アンブレラ》

  1. 『ランク6ギミック』を展開し、《永遠の淑女 ベアトリーチェ》《ネメシス・フラッグ》をデッキから墓地に送る
  2. 除外されている《D -HERO ディアボリックガイ》をデッキに戻し、《ネメシス・アンブレラ》を特殊召喚、墓地の《ネメシス・フラッグ》を回収
  3. 墓地の《D -HERO ディアボリックガイ》を除外し、デッキから《D -HERO ディアボリックガイ》を特殊召喚
  4. 除外されている《D -HERO ディアボリックガイ》をデッキに戻し、《ネメシス・フラッグ》を特殊召喚、デッキから《ネメシス・コリドー》をサーチ
  5. 《D -HERO ディアボリックガイ》を含む2体で《クロシープ》をリンク召喚
  6. 墓地の《D -HERO ディアボリックガイ》を除外し、デッキから《D -HERO ディアボリックガイ》を特殊召喚
  7. 除外されている《D -HERO ディアボリックガイ》をデッキに戻し、《ネメシス・コリドー》を特殊召喚
  8. 《クロシープ》のリンク先に《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を特殊召喚、墓地の《V・HERO ヴァイオン》を特殊召喚
  9. 場の闇属性2体で《ユニオン・キャリアー》をリンク召喚、デッキの《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》を《超雷龍ーサンダー・ドラゴン》に装備
  10. 墓地の《D -HERO ディアボリックガイ》を除外し、デッキから《D -HERO ディアボリックガイ》を特殊召喚
  11. 《D -HERO ディアボリックガイ》を含む2体で《I:Pマスカレーナ》をリンク召喚

【結果】

  • 《永遠の淑女 ベアトリーチェ》(X素材1)
  • 《クロシープ》
  • 《I:Pマスカレーナ》
  • 《ユニオン・キャリアー》
  • 《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》を装備した《超雷龍-サンダー・ドラゴン》

リソースは残らないものの、最も強い展開です。

《ネメシス・アンブレラ》《ネメシス・フラッグ》でも同様の展開が可能です。

展開パターンB《V・HERO ヴァイオン》+《ネメシス・コリドー》

  1. 『ランク6ギミック』を展開し、《永遠の淑女 ベアトリーチェ》《ネメシス・フラッグ》をデッキから墓地に送る
  2. 除外されている《D -HERO ディアボリックガイ》をデッキに戻し、《ネメシス・コリドー》を特殊召喚
  3. 《D -HERO ディアボリックガイ》と《永遠の淑女 ベアトリーチェ》《クロシープ》をリンク召喚
  4. 《クロシープ》のリンク先に《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を特殊召喚、墓地の《ネメシス・フラッグ》を特殊召喚し、《ネメシス・アンブレラ》をサーチ
  5. 除外されている《D -HERO ディアボリックガイ》をデッキに戻し、《ネメシス・アンブレラ》を特殊召喚
  6. 墓地の《D -HERO ディアボリックガイ》を除外し、デッキから《D -HERO ディアボリックガイ》を特殊召喚
  7. 《D -HERO ディアボリックガイ》と《ネメシス・フラッグ》で《I:Pマスカレーナ》をリンク召喚
  8. 《ネメシス・アンブレラ》の効果で墓地の《ネメシス・フラッグ》を回収

【結果】

  • 《クロシープ》
  • 《I:Pマスカレーナ》
  • 《ネメシス・アンブレラ》
  • 《超雷龍-サンダー・ドラゴン》
  • 手札に《ネメシス・フラッグ》

《ネメシス・フラッグ》がリソースとして残る展開ですが、手札に残さずに展開する事もできます。

また、初手で引いた闇属性モンスターを《V・HERO ヴァイオン》の代わりに融合素材にする事で、《永遠の淑女 ベアトリーチェ》を場に残す事もできます。

展開パターンC《ヒーローアライブ》or《召喚僧サモンプリースト》+魔法カード

  1. 《召喚僧サモンプリースト》で《V ・HEROヴァイオン》をリクルート
  2. 『ランク6ギミック』を融合召喚前まで展開し、場のレベル4モンスター2体で《御影志士》をX召喚
  3. 《御影志士》《ネメシス・キーストーン》をサーチし、《グラビティ・コントローラー》をリンク召喚
  4. 《融合》で《D -HERO ディアボリックガイ》と《グラビティコントローラー》を素材に《D -HERO デッドリーガイ》を融合召喚
  5. 除外されている《D -HERO ディアボリックガイ》をデッキに戻し、《ネメシス・キーストーン》を特殊召喚
  6. 《ネメシス・キーストーン》と《D -HERO ディアボリックガイ》で《クロシープ》をリンク召喚
  7. 墓地の《D -HERO ディアボリックガイ》を除外し、デッキから《D -HERO ディアボリックガイ》を《クロシープ》のリンク先に特殊召喚
  8. 《クロシープ》の効果で墓地の《召喚僧サモンプリースト》を特殊召喚
  9. 場のレベル6モンスター2体で《永遠の淑女 ベアトリーチェ》をX召喚し、《妖精伝姫-シラユキ》をデッキから墓地に送る
  10. 場のモンスター2体で《I:Pマスカレーナ》をリンク召喚

【結果】

  • 《クロシープ》
  • 《I:Pマスカレーナ》
  • 墓地に《妖精伝姫-シラユキ》
  • 墓地に《ネメシス・キーストーン》

《ネメシス・キーストーン》がリソースとして残る展開です。

初手で引いた闇属性モンスターを《V・HERO ヴァイオン》の代わりに融合素材にする事で、《永遠の淑女 ベアトリーチェ》を場に残す事もできます。

デッキの回し方②:優秀な妨害札でフィールドを支配

《超雷龍-サンダー・ドラゴン》のサーチロックと《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》のEXロック、《妖精伝姫-シラユキ》による妨害、《I:Pマスカレーナ》で相手のモンスターを巻き込んで《閉ザサレシ世界ノ冥神》をリンク召喚するなど、様々な妨害で中盤を支配しましょう。

また、盤面を崩されても立て直せるように、下級【ネメシス】のサーチ・サルベージ能力を駆使してリンク素材を供給し続けましょう。

デッキの回し方③:強力なリンクモンスターでフィニッシュ!

再び下級ネメシス+《D -HERO ディアボリックガイ》でリンク素材を荒稼ぎし、【トロイメア】モンスターからの《アクセスコード・トーカー》に繋いで全てを破壊しましょう。

ライフを削り切れない場合でも《アークネメシス・エスカトス》を特殊召喚する事で相手の特殊召喚を封殺する事もできます。

【ネメシス】カードと組み合わせるおすすめカード

水晶機巧-ハリファイバー

【リンクモンスター 】 
星 2 / 水 / 機械族 / 攻1500 / 

チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。②:相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。 
【LINK-2:左下/右下】 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

言わずと知れた強力シンクロサポート

自身を除外する効果を持つため、下級ネメシスで使い回す事ができます。

数に限りがあるモンスターを再利用するのはネメシスの醍醐味ですね!

【恐竜】デッキ

既存の強力なデッキに出張させるのはやっぱり王道で、《幻創のミセラサウルス》《究極進化薬》でモンスターを除外しがちな【恐竜】との相性はバツグンです!

【 効果モンスター 】 
星 4 / 炎 / 恐竜族 / 攻1800 / 守1000 

「幻創のミセラサウルス」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのメインフェイズの間、自分フィールドの恐竜族モンスターは相手が発動した効果を受けない。
②:自分の墓地からこのカードを含む恐竜族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外したモンスターの数と同じレベルの恐竜族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 通常魔法 】 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・墓地から、恐竜族モンスターと恐竜族以外のモンスターを1体ずつ除外して発動できる。手札・デッキからレベル7以上の恐竜族モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。 

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ネメシス・コリドー》《ネメシス・フラッグ》が単純なパワーカードとして活躍してくれるでしょう。

おわりに

以上、【ネメシス】デッキの紹介でした!

出張テーマとしてはもちろん、メインギミックに起用する事もできる【ネメシス】のポテンシャルを感じていただけたなら幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

カテゴリ:

タグ:

関連記事

コメント (3)

匿名

成金ゴブリンは何で入ってるんですか?

0
ふじお

今回の構築は召喚僧サモンプリーストを採用している割に魔法カードが少ないので、コストorデッキ圧縮を選択できるカードとして成金ゴブリンを採用しました。
より初動を意識するなら金満で謙虚な壺にしてもいいと思います。

1
匿名

ご丁寧にありがとうございます
参考になりました!

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

21