【2021年 ラヴァルデッキ 入門書】炎の戦闘民族

PV 2,841 いいね 14 コメント 1

【2021年 ラヴァルデッキ 入門書】炎の戦闘民族

はじめに

今回記事を担当しました、カード効果全把握勢の蒼乃です、よろしくおねがいしますー。

さて、この記事で紹介する【ラヴァル】は「デュエルターミナル」出身の炎属性シンクロテーマです。

破壊や大量展開、攻撃力アップなどができる非常に攻撃的なデッキで、文字通り爆発力は凄まじいです。

そのぶん展開が1枚のカードに依存しがちという欠点があり、安定させるために他テーマの力を借りたり低速気味にするなどして補うことも多いこのテーマですが、新規カードの登場で純構築でも展開しやすくなったと思います。

(コナミさんその調子でそろそろ《ラヴァルバル・チェイン》返してくれてもいいんですよ?)

目次

【ラヴァル】デッキレシピ

カーナベルなら当日15時までのご注文で【ラヴァル】のデッキパーツを即日発送させて頂きます!

【ラヴァル】デッキに興味がある方はぜひご利用くださいませ

【ラヴァル】カードの特徴

シンクロテーマということで、まずはシンクロモンスターから1枚紹介しましょう。

《ラヴァルバル・ドラゴン》

【 シンクロモンスター 】
星 5 / 炎 / ドラゴン族 / 攻2000 / 守1100

チューナー+チューナー以外の炎属性モンスター1体以上
自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついたモンスター2体をデッキに戻し、相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して発動する。選択したカードを持ち主の手札に戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

一見すると、1枚手札に戻すだけなのに墓地コストが2枚も必要で、《氷結界の龍 ブリューナク》等と比べると見劣りするかもしれませんが、《ラヴァルバル・ドラゴン》には1ターンに1度の制約が付いていません。そのため、墓地さえ大量に貯めておけば、相手のモンスターも伏せカードも、全て手札に戻すこともできてしまいます。

そして、何度も使うだけの墓地を貯めるためのカードももちろんあります。

《ラヴァル炎火山の侍女》

【 チューナーモンスター 】
星 1 / 炎 / 炎族 / 攻100 / 守200

自分の墓地に「ラヴァル炎火山の侍女」以外の「ラヴァル」と名のついたモンスターが存在する場合にこのカードが墓地へ送られた時、自分のデッキから「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ラヴァル炎火山の侍女》も、名称指定の1ターンに1度の指定がありません。

つまり、このカードを3枚採用したデッキで、墓地にこのカードと「ラヴァル」モンスターの2枚を墓地へ送ると、《ラヴァル炎火山の侍女》3枚と「ラヴァル」モンスター2枚の合計5枚にまで墓地が増えます。

『ということは、《ラヴァル炎火山の侍女》とレベル4の「ラヴァル」で《ラヴァルバル・ドラゴン》をシンクロ召喚すれば墓地が5枚になるのか!』と思った人、すみません。

実はこのモンスター、墓地へ送られた「時」発動「できる」なので、シンクロ召喚の素材にした場合は発動タイミングを逃して効果を使えないんです…。

でも大丈夫です、それを解決するカードもあります。

《炎熱伝導場》

【 通常魔法 】

自分のデッキから「ラヴァル」と名のついたモンスター2体を墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

シンプルで強いですね。これで《ラヴァル炎火山の侍女》と「ラヴァル」モンスターの2枚を墓地へ送ることで、《ラヴァル炎火山の侍女》の効果が3回発動し、墓地が5枚増えることになります。

「ラヴァル」には他にも墓地を利用する効果を持ったカードが多く、なるべく初手に欲しいカードの1枚です。

【ラヴァル】デッキと相性が良いカード

『はじめに』で「 展開が1枚のカードに依存しがち 」と言いましたが、その1枚というのが次に紹介するカードです。

《真炎の爆発》

【 通常魔法 】

自分の墓地に存在する守備力200の炎属性モンスターを可能な限り特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズ時にゲームから除外される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

カード名にもテキストにも「ラヴァル」とは書いていませんが、採用率はほぼ100%と言っていいでしょう。

先程紹介した《ラヴァル炎火山の侍女》をはじめ、「ラヴァル」には守備力が200のモンスターが多く存在しています。

そのため、《炎熱伝導場》で墓地へ送ったモンスター5体をいっきに特殊召喚することができます。

このカードを引けているかどうかでパワーが大きく変わるので、多少のデメリットを抱えてでもデッキから引っ張ってくるカードが欲しいですね。

《左腕の代償》

【 通常魔法 】

このカードを発動するターン、自分は魔法・罠カードをセットできない。
①:このカード以外の自分の手札が2枚以上の場合、その手札を全て除外して発動できる。
デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

これを含めれば《真炎の爆発》が6枚体制になります。

《成金ゴブリン》《強欲で貪欲な壺》も入っているので、これでそこそこ引けるようにはなりますね。

コストで手札を全て除外してしまうので、もし《抹殺の指名者》と一緒に引いていた場合は先に発動し《灰流うらら》等を除外しておきましょう。

【ラヴァル】デッキの魅力

《ラヴァルバル・ドラゴン》以外にも、守備モンスターの上からライフを削り取る《ラヴァル・ツインスレイヤー》、手札交換をしつつ対象をとらずにモンスターを裏側にできる《ラヴァルバル・サラマンダー》、手札を整えたり墓地を増やせる《ラヴァルバル・ドラグーン》、倒すと増える《ラヴァルバル・エクスロード》と、魅力的なシンクロモンスターが揃っています(私は採用していませんが他にもあと2枚あります)

これらを駆使し、相手のカードを除去しながら1ターンキルを決める性能は高いです。

また、《真炎の爆発》に依存するところが大きいという話をしましたが、逆に言えばこのカードを2枚3枚引くことができれば、《真炎の爆発》でモンスターを並べ、《TG ハイパー・ライブラリアン》から連続でシンクロし、2枚目の《真炎の爆発》を引き当てれば更に連続シンクロしながら手札が増やすこともできます。

大当たりが存在するランダムドローなので、いわゆるソーシャルゲームのガチャのような中毒性がありますね。

【ラヴァル】デッキの回し方〜概要〜

とはいえ、そう毎回理想の手札が揃うものではありません。

ということで、まずは揃っていないときの回し方から見ていきましょう

デッキの回し方①:《ラヴァル・キャノン》を使った展開

  1. 《炎熱伝導場》《ラヴァル炎火山の侍女》《ラヴァル炎湖畔の淑女》を墓地へ送る。
  2. 《ラヴァル炎火山の侍女》の効果で2枚目の《ラヴァル炎火山の侍女》を墓地へ送り、更に2枚の効果で3枚目を、3枚目の効果でもう1枚「ラヴァル」モンスターを墓地へ送る。
  3. 《ラヴァル炎湖畔の淑女》の効果で自身と「ラヴァル」モンスターを除外し、相手フィールドのセットされたカードを破壊する。
  4. 《ラヴァル・キャノン》を召喚し、除外した「ラヴァル」を特殊召喚。

これで、伏せカードを1枚破壊しながらレベル5~7のシンクロやランク4エクシーズ等が可能になります。

《炎熱伝導場》を引いていないときや先攻時でも、《封印の黄金櫃》《抹殺の指名者》で除外したカードを特殊召喚できます。

《ラヴァルバル・サラマンダー》を出して《真炎の爆発》を引きに行くもよし。《驀進装甲ライノセイバー》で4体特殊召喚を狙うのもよし。後に紹介する相手ターンシンクロを狙うのもいいと思います。

デッキの回し方②:《ラヴァル・アーチャー》を使った展開

  1. 《ラヴァル・アーチャー》を召喚。効果で追加召喚を可能にする。
  2. 星4の「ラヴァル」を召喚し、2体で《御影志士》をX召喚。
  3. 《御影志士》の効果で《魔救の探索者》を手札に加え、特殊召喚。
  4. 《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し、《ラヴァル炎火山の侍女》を特殊召喚。
  5. 《ラヴァル・アーチャー》の効果を発動。《ラヴァル炎火山の侍女》を破壊し自身を特殊召喚。(同時なのでタイミングは逃しません)
  6. 《ラヴァル炎火山の侍女》の効果が3回発動(今後は略します)。

このように、《炎熱伝導場》がなくても墓地に大量の「ラヴァル」を用意することができます。

もちろん、星4の「ラヴァル」の部分は「ラヴァル」チューナーでも直接《水晶機巧-ハリファイバー》につなぐことができます。

デッキの回し方③:相手ターンシンクロを狙う

回し方②ではフィールドが《水晶機巧-ハリファイバー》、《ラヴァル・アーチャー》となっていましたが、《真炎の爆発》がない場合はこのままターンを渡します。

相手ターン、《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で《シューティング・ライザー・ドラゴン》を特殊召喚した場合、このデッキだとレベル7か8のシンクロモンスターを出すことができます。

相手がいっきに展開してきたら《ブラック・ローズ・ドラゴン》をS召喚してもいいですし、《ラヴァルバル・エクスロード》でモンスターの効果を使いにくしたり、破壊されたときに墓地の3体を特殊召喚できるので迂闊に破壊できないというプレッシャーを与えることができます。

【ラヴァル】デッキでの展開例

お待たせしました。《真炎の爆発》を使った展開を紹介していきます。

①相手の場のカード5枚を手札に戻しながら、総攻撃力8400の1ターンキル

【使用カード】

  • 《炎熱伝導場》
  • 《真炎の爆発》

【結果】

  • 相手フィールドのカードを5枚バウンス
  • ワンショットキルが可能な打点の確保(8400ダメージ)

【手順】

  1. 《炎熱伝導場》《ラヴァル炎火山の侍女》3枚と《ラヴァル・アーチャー2枚》を墓地へ送る。(略)
  2. 《真炎の爆発》で5体を特殊召喚。
  3. 《ラヴァル炎火山の侍女》2体で《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し、効果で《ラヴァル炎樹海の妖女》を特殊召喚。
  4. 《ラヴァル炎火山の侍女》と《ラヴァル・アーチャー》で《ラヴァルバル・ドラゴン》をS召喚。
  5. 《ラヴァル炎樹海の妖女》と 《ラヴァル・アーチャー》で《ラヴァルバル・ドラグーン》をS召喚。
  6. 墓地へ送られた《ラヴァル炎樹海の妖女》の効果で「ラヴァル」モンスター全ての攻撃力を墓地の「ラヴァル」モンスターの数×200ポイント、 つまり1200ポイントアップ。
  7. 《ラヴァルバル・ドラゴン》の効果で墓地の《ラヴァル炎火山の侍女》3枚と《ラヴァル・アーチャー》をデッキに戻し、相手のカード2枚を手札に戻す。
  8. 《ラヴァルバル・ドラグーン》の効果でデッキから《ラヴァル炎火山の侍女》を手札に加えそのまま墓地へ送り、《ラヴァル炎火山の侍女》2枚と《ラヴァル・アーチャー》を墓地へ送る。(略)
  9. 《ラヴァル炎火山の侍女》3枚、《ラヴァル・アーチャー》2枚、《ラヴァル炎樹海の妖女》をデッキに戻し、相手のカード3枚を手札に戻す。
  10. 《水晶機巧-ハリファイバー》《ラヴァルバル・ドラゴン》(攻撃力3200)、《ラヴァルバル・ドラグーン》(攻撃力3700)で一斉攻撃、合計8400のダメージ。

このように、相手のカードを消し去りながら1ターンキルが可能です。

しかもこの展開、まだ通常召喚をしていません。

そのため、《ラヴァル・キャノン》が手札にあるなら《ラヴァル炎湖畔の淑女》の除外を挟んでおけば、《ラヴァルバル・サラマンダー》で対象をとらずにモンスターを裏返してから《ラヴァルバル・ドラゴン》で手札に戻すことで、効果の対象にならないモンスターにも対処することができます。

②《ラヴァル・アーチャー》と《真炎の爆発》を使った1ターンキル

「デッキの回し方②:《ラヴァル・アーチャー》を使った展開」で紹介した、場に《水晶機巧-ハリファイバー》と《ラヴァル・アーチャー》、墓地に《ラヴァル炎火山の侍女》3体と「ラヴァル」モンスター1体のフィールドから、《真炎の爆発》を引いている場合の1ターンキルです。

《ラヴァル・アーチャー》の墓地効果を使ってしまうとその後炎属性モンスターしか特殊召喚できなくなるのですが、そこからでも1ターンキルできるようにしてあります。

  1. 《真炎の爆発》《ラヴァル炎火山の侍女》3体と《ラヴァル炎樹海の妖女》を特殊召喚。
  2. 《ラヴァル炎火山の侍女》と《ラヴァル・アーチャー》で《ラヴァルバル・ドラゴン》をS召喚。
  3. 《ラヴァル炎樹海の妖女》2体で《ドリトル・キメラ》をリンク召喚。
  4. 《ラヴァル炎火山の侍女》3枚、星4「ラヴァル」の4枚をデッキに戻し、相手のカード2枚を手札に戻す。
  5. 《ラヴァル炎樹海の妖女》《ラヴァルバル・ドラゴン》で《驀進装甲ライノセイバー》をS召喚。
  6. 手札を3枚捨て、攻撃力を2100アップ
  7. 一斉攻撃(ちょうど8000)

もし手札が足りない場合は、《ラヴァル炎樹海の妖女》を素材に《ドリトル・キメラ》をリンク召喚すれば7700ダメージを与えられるので、その後相手ターンに《ラヴァルバル・エクスロード》を出しておくことで、実質相手のモンスター効果を封じることができます。

【ラヴァル】デッキをカスタムするおすすめカード

《昇華騎士-エクスパラディン》

【 効果モンスター 】
星 3 / 炎 / 戦士族 / 攻1300 / 守200

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキから戦士族・炎属性モンスターまたはデュアルモンスター1体を選び、攻撃力500アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する。②:デュアルモンスターを装備したこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。その装備していたデュアルモンスターを墓地から可能な限り自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはもう1度召喚された状態として扱う。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このカード自身も守備力200の炎属性モンスターですし、《チューン・ナイト》を装備して特殊召喚、《聖騎士の追想 イゾルデ》から《焔聖騎士-リナルド》(これも守備力200の炎属性)を使って展開することができます。

《クリバンデット》

【 効果モンスター 】
星 3 / 闇 / 悪魔族 / 攻1000 / 守700

①:このカードが召喚に成功したターンのエンドフェイズ時に
このカードをリリースして発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは全て墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

速度を落として安定感を得るならこのカードがおすすめです。うまくいけば墓地に「ラヴァル」モンスターを貯めながら《真炎の爆発》を手札に加えることができます。

1ターン目に展開することにこだわらなければ《強欲で謙虚な壺》などと合わせて安定させられますが、その間罠カードなどで凌ぐ必要があります。

その他採用しなかったカードについて色々

「ラヴァル」は相性のいいカードが本当にたくさんあるので、ここからは採用しなかったカードについてざっくり話します。

まず、今回採用しなかったものの強いテーマカードについて。

《ラヴァルの炎車回し》

強力な効果を持っていますが、大会等で使うには遅いと判断しました。

《紅蓮の炎壁》

とても強力なカードで採用していいとは思いますが、エクストラデッキがリンク寄りになってしまうため採用しませんでした。

《炎塵爆発》

《真炎の爆発》より前に打ってしまうと墓地が使えなくなり、《真炎の爆発》の後に打つにはオーバーキル気味なので採用しませんでした。

次に制圧用カード。私は《レッド・ワイバーン》からの相手ターン《サテライト・ウォリアー》等にしていますが、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》等を目指す型や、《源竜星-ボウテンコウ》《真竜皇アグニマズドV》を墓地へ送るなどして《真竜皇V.F.D.》を出すなど多岐にわたります。

そして1ターンキルの精度を上げる融合ギミック。展開例の②で《ラヴァル炎樹海の妖女》をリンク素材にすれば手札コストがなくても7700は削れるという話をしましたが、メインフェイズ2に《プロキシー・F・マジシャン》をリンク召喚し、その効果で《ラヴァル炎火山の侍女》《水晶機巧-ハリファイバー》《重爆撃禽 ボム・フェネクス》を融合召喚。残りのライフを削り切ることもできます。

他にも召喚条件を無視してSモンスターを出せる《炎雄爆誕》、《真炎の爆発》を連打する《魔法石の採掘》、相手に墓地があれば《炎熱伝導場》の代わりができる《ネオフレムベル・レディ》、守備力が200で《水晶機巧-ハリファイバー》につなぎやすくなる《レッド・リゾネーター》、手札消費0で出せる守備力200の《ネメシス・フラッグ》などなど。

極論として「ラヴァル」モンスター5枚、《炎熱伝導場》3枚、《真炎の爆発》3枚だけでも成立するので、純構築にこだわらなければ個性の出しやすいデッキです。

【ラヴァル】デッキのカーナベルおすすめ対戦動画

おわりに

以上、ラヴァルデッキの紹介でした。

このデッキを組んでおくと、新規の炎属性モンスターが出るたびに守備力を確認する楽しみが増えますね。

それではー。

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (1)

匿名

ラヴァルいいね

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

14