【ワルキューレ】デッキや回し方・相性の良いカード・対策カードまとめ記事

【ワルキューレ】デッキや回し方・相性の良いカード・対策カードまとめ記事

【ワルキューレ】は戦闘に特化した超攻撃的なデッキです。

専用魔法カードや《ワルキューレ・セクスト》を使って大量展開を行い、後攻ワンキルを狙うことができます。

このページでは【ワルキューレ】のデッキレシピや回し方・相性の良いカード・対策カードなどについて解説していきます。

目次

【ワルキューレ】とは

【ワルキューレ】はEXTRA PACK 2019でカテゴリ化されたカードです。

《Walkuren Ritt》や《ワルキューレ・セクスト》を使って【ワルキューレ】モンスターを大量展開し、後攻ワンキルをするデッキです。

また、相手のライフを0にできなかったとしても、《時の女神の悪戯》を使って相手ターンをスキップしもう一度バトルフェイズを行うことができます。

【ワルキューレ】で使用するカード効果・画像まとめ

【ワルキューレ】:モンスターカードの効果・画像

ワルキューレ・セクスト

《ワルキューレ・セクスト》

【 効果モンスター 】
星 1 / 光 / 天使族 / 攻0 / 守2000

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ワルキューレ・セクスト」以外の「ワルキューレ」モンスター1体を特殊召喚する。②:自分メインフェイズに発動できる。相手のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

ワルキューレ・ドリット

《ワルキューレ・ドリット》

【 効果モンスター 】
星 4 / 光 / 天使族 / 攻1000 / 守1600

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ワルキューレ・ドリット」以外の「ワルキューレ」カード1枚を手札に加える。②:このカードの攻撃力は、除外されている相手モンスターの数×200アップする。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

ワルキューレ・フィアット

《ワルキューレ・フィアット》

【 効果モンスター 】
星 3 / 光 / 天使族 / 攻1400 / 守1400

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分メインフェイズに発動できる。このカード以外の自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターの数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。その中に通常魔法・通常罠カードがあった場合、その内の1枚を選んで手札に加え、残りのカードは全て墓地へ送る。無かった場合、めくったカードを全てデッキに戻す。②:このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「ワルキューレ」モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

ワルキューレ・フュンフト

《ワルキューレ・フュンフト》

【 効果モンスター 】
星 2 / 光 / 天使族 / 攻800 / 守1200

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターの攻撃力は、除外されている相手モンスターの数×200アップする。②:自分フィールドに「ワルキューレ・フュンフト」以外の「ワルキューレ」モンスターが存在する場合に発動できる。デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

ワルキューレ・アルテスト

《ワルキューレ・アルテスト》

【 効果モンスター 】
星 6 / 光 / 天使族 / 攻1600 / 守1800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが魔法カードの効果で手札から特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「時の女神の悪戯」1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。②:自分フィールドに「ワルキューレ・アルテスト」以外の「ワルキューレ」モンスターが存在する場合に発動できる。相手の墓地からモンスター1体を選んで除外する。その後、このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの元々の攻撃力と同じになる。この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

ワルキューレ・ツヴァイト

《ワルキューレ・ツヴァイト》

【 効果モンスター 】
星 5 / 光 / 天使族 / 攻1600 / 守1600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。②:このカードが戦闘を行ったダメージ計算後に、自分の墓地の永続魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

ワルキューレ・ヴリュンヒルデ

《ワルキューレ・ヴリュンヒルデ》

【 効果モンスター 】
星 7 / 光 / 天使族 / 攻1800 / 守2000

①:このカードの攻撃力は、相手フィールドのモンスターの数×500アップする。②:このカードは相手の魔法カードの効果を受けない。③:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。このカードの守備力を1000ダウンし、このターン、自分の「ワルキューレ」モンスターは戦闘では破壊されない。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

ワルキューレ・エルダ

《ワルキューレ・エルダ》

【 効果モンスター 】
星 8 / 光 / 天使族 / 攻2000 / 守2200

①:「ワルキューレ・エルダ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。②:「ワルキューレ」カードの効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手フィールドのモンスターの攻撃力は1000ダウンする。③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、戦闘・効果で破壊され相手の墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

ワルキューレ・シグルーン

《ワルキューレ・シグルーン》

【 効果モンスター 】
星 9 / 光 / 天使族 / 攻2200 / 守2400

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・墓地からレベル8以下の「ワルキューレ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

【ワルキューレ】:魔法カードの効果・画像

ワルキューレの抱擁

《ワルキューレの抱擁》

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は「ワルキューレ」モンスターしか特殊召喚できない。①:自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合、自分フィールドの攻撃表示の「ワルキューレ」モンスター1体と相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その自分のモンスターを守備表示にし、その相手モンスターを除外する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

Walkuren Ritt

《Walkuren Ritt》

【 通常魔法 】

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札から「ワルキューレ」モンスターを任意の数だけ特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。この効果で3体以上のモンスターを特殊召喚した場合、次のターンの終了時まで自分が受ける戦闘ダメージは0になる。このカードを発動したターンのエンドフェイズに、自分フィールドのモンスターは全て持ち主のデッキに戻る。②:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「時の女神の悪戯」1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

時の女神の悪戯

《時の女神の悪戯》

【 速攻魔法 】

このカードはチェーン発動できず、このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。①:自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合、自分バトルフェイズ終了時に発動できる。このカードを墓地へ送る。次の自分ターンのバトルフェイズ開始時までターンをスキップする。そのターンの終了時まで自分は「時の女神の悪戯」を発動できない。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

【ワルキューレ】のサンプルデッキレシピ

【ワルキューレ】デッキの回し方

【ワルキューレ】の回し方①:《ワン・フォー・ワン》からできること

2019年10月のリミットレギュレーションで《ワン・フォー・ワン》が約10年ぶりに二枚以上使えるようになりました。

これによって、レベル1モンスターを扱うデッキは恩恵を受けており、この【ワルキューレ】デッキもそのその例に漏れません。

ワン・フォー・ワン

《ワン・フォー・ワン》

(準制限カード) 【 通常魔法 】

手札からモンスター1体を墓地へ送って発動する。手札またはデッキからレベル1モンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

この《ワン・フォー・ワン》で《ワルキューレ・セクスト》をデッキから特殊召喚することにより、《ワルキューレ・セクスト》の効果によってすべての【ワルキューレ】モンスターにアクセスすることができます。

例として、手札二枚から【ワルキューレ】モンスター三体+相手モンスター一体を除外する展開を挙げます。

例:《ワン・フォー・ワン》+《ワルキューレ・ドリット》

  1. 《ワン・フォー・ワン》を《ワルキューレ・ドリット》をコストに発動。デッキから《ワルキューレ・セクスト》を攻撃表示で特殊召喚。
  2. 《ワルキューレ・セクスト》の効果により、デッキから《ワルキューレ・シグルーン》を特殊召喚。
  3. 《ワルキューレ・シグルーン》の効果により、墓地から《ワルキューレ・ドリット》を特殊召喚。
  4. 《ワルキューレ・ドリット》の効果により《ワルキューレの抱擁》を手札に加える。
  5. 《ワルキューレの抱擁》を発動。《ワルキューレ・セクスト》を守備表示にし、相手のモンスターを除外する。

コストにした【ワルキューレ】モンスターも余すところなく使用できるのがこのデッキにおける《ワン・フォー・ワン》の強みです。

また、余った召喚権から別のモンスターを召喚して動けるのも《ワン・フォー・ワン》の良さの一つともいえるでしょう。

【ワルキューレ】の回し方②:《Walkuren Ritt》で大量展開

魔法カードの《Walkuren Ritt》を使えば、手札から一度に好きなだけ【ワルキューレ】モンスターを特殊召喚することができます。

《ワルキューレ・セクスト》、《ワルキューレ・ドリット》、《ワルキューレ・アルテスト》、《ワルキューレ・ツヴァイト》、《ワルキューレ・シグルーン》の五体はいずれも特殊召喚時の効果を持っており、《Walkuren Ritt》で特殊召喚した場合はそのすべてを発動することができます。

しかし、気を付けなければならないことが一つ。

このカードを発動したターンのエンドフェイズに、自分フィールドのモンスターは全て持ち主のデッキに戻ってしまいます。

大量に特殊召喚する効果の重い代償です。

しかしご安心ください。

《時の女神の悪戯》の効果によって、なんと次の自分のバトルフェイズ開始時までターンスキップできます。

これで「このカードを発動したターンのエンドフェイズ」はきれいさっぱり消え去ってしまいました。

しかも一度のバトルフェイズに与えることのできるダメージが4000以上ならそれでデュエルは終了です。

デメリットを帳消しにし、あまつさえもう一度攻撃までできる。

もはや悪戯では済まされない効果です。

【ワルキューレ】の回し方③:専用永続魔法でのコンボ

【ワルキューレ】デッキには、【ワルキューレ】と名前はついていないものの関連カードがおおいです。

その中の三つのカード《女神スクルドの託宣》《女神ヴェルダンディの導き》《女神ウルドの裁断》のコンボについて紹介していこうと思います。

女神スクルドの託宣

《女神スクルドの託宣》

【 永続魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:このカードの発動時の効果処理として、自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合には、デッキから「女神ヴェルダンディの導き」1枚を手札に加える事ができる。②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。相手のデッキの上からカードを3枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は天使族モンスターしか召喚・特殊召喚できない。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

女神ヴェルダンディの導き

《女神ヴェルダンディの導き》

【 永続魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:このカードの発動時の効果処理として、自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合には、デッキから「女神ウルドの裁断」1枚を手札に加える事ができる。②:1ターンに1度、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。相手のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、宣言した種類のカードだった場合、相手はそのカードを自身のフィールドにセットする。違った場合、またはセットできない場合、相手はそのカードを手札に加える。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

女神ウルドの裁断

《女神ウルドの裁断》

【 永続魔法 】

①:自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。②:1ターンに1度、カード名を1つ宣言し、相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。そのセットされたカードをお互いに確認し、宣言したカードだった場合、そのカードを除外する。違った場合、自分フィールドのカード1枚を選んで除外する。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

例:場に【ワルキューレ】モンスターのみ+《女神スクルドの託宣》

  1. 《女神スクルドの託宣》を発動。効果処理によって《女神ヴェルダンディの導き》を手札に加える。
  2. 《女神スクルドの託宣》の効果を発動。相手のデッキの上から三枚を確認し、好きな順番で戻す
  3. 《女神ヴェルダンディの導き》を発動。効果処理によって《女神ウルドの裁断》を手札に加える。
  4. 《女神ヴェルダンディの導き》の効果をカードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動。相手のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、宣言した種類のカードだった場合、相手はそのカードを自分フィールドにセットする。
  5. 《女神ウルドの裁断》を発動。さらに、カード名を1つ宣言し、 相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動。セットされたカードを確認し、宣言したカードだった場合そのカードを除外する。

かなり回りくどい方法ですが、簡単にいえば相手のデッキトップ三枚のうち一枚を除外する効果です。

コンボそのものは《女神スクルドの託宣》を発動するだけでスタートするのですが、難点は《女神スクルドの託宣》《女神ヴェルダンディの導き》《女神ウルドの裁断》の三種類をすべてデッキに投入しなければならないということ。

このコンボに関してはあまり使われないですが、《女神スクルドの託宣》一枚を引けばできるので、採用してみても面白いかもしれません。

【ワルキューレ】と相性の良いカード

強欲で金満な壺

《強欲で金満な壺》

【 通常魔法 】

①:自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《強欲で金満な壺》はエクストラデッキのカードをランダムに裏側で除外し、その枚数に応じてデッキからカードをドローできるという強力なカード。

【ワルキューレ】にはエクストラデッキに入るモンスターがおらず、またエクストラデッキ自体も使わない上、【ワルキューレ】専用のドローカードもあまり使われないです。

そのため、この《強欲で金満な壺》と非常に相性がいいです。

光神化

《光神化》

【 速攻魔法 】

手札の天使族モンスター1体を特殊召喚する。このカードで特殊召喚されたモンスターは攻撃力が半分になり、エンドフェイズ時に破壊される。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

《光神化》は手札の天使族を特殊召喚できるカード。

速攻魔法であるため、バトルフェイズに追撃するなどして使えます。

とくに《ワルキューレ・セクスト》との噛みあいはバツグンで、このカードで特殊召喚した際も効果が発動します。

また、バトルフェイズにこのカードで【ワルキューレ】モンスターを特殊召喚することによって《エフェクト・ヴェーラー》を打たれなくすることができます。

【ワルキューレ】デッキの対策カード

閃光を吸い込むマジック・ミラー

《閃光を吸い込むマジック・ミラー》

【 永続罠 】

このカードがフィールド上に存在する限り、墓地またはフィールド上で発動した光属性モンスターの効果を無効にする。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

【ワルキューレ】モンスターはほとんどが光属性で、モンスター効果をそこそこ使うため、この《閃光を吸い込むマジック・ミラー》を発動されるとかなり危ういです。

展開等は魔法カードでも行えるので、まだバトルに強い特徴は消えてはいませんので、《時の女神の悪戯》などには気を付けましょう。

魔封じの芳香

《魔封じの芳香》

【 永続罠 】

このカードがフィールド上にある限り、魔法カードは一度フィールドにセットし、次の自分のターンが来るまで使用できない。

出典:遊戯王OCGデュエルモンスターズ

【ワルキューレ】は、戦闘を行う際の効果こそモンスター効果が多いですが、実際に危険なのは魔法カードです。

大量展開を狙える《Walkuren Ritt》にターンスキップの《時の女神の悪戯》

どちらも決まってしまえば【ワルキューレ】の勝利にぐっと近くなる効果ばかりです。

そんな魔法カードの発動を一ターン遅らせることができるため、かなりの効果を期待できます。

まとめ

今回紹介した【ワルキューレ】は戦闘に強く、また《時の女神の悪戯》によるターンスキップが非常に強力なテーマ。

ターンをスキップしてもエキストラターンのターン経過は行われている扱いになるため、注意しましょう。

この記事を読んで【ワルキューレ】デッキを組みたくなった方は、ぜひ参考にしてみてください!

関連記事

関連
記事