「ジャッジ!相手がミスしたので勝ちでいいですよね?」「あなたの負けです」

「ジャッジ!相手がミスしたので勝ちでいいですよね?」「あなたの負けです」

目次

■ はじめに

こんにちは、神田一です。

遊戯王に限らず、TCGでたまに見かけるのが「ジャッジを呼び、罰則を要求する」という行為。
結論から書くと、これはダメです。

相手が何かミスをした(あるいは違反行為をした)時に、ジャッジを呼ぶのはプレイヤーの権利です。
しかし、罰則を要求するというのは、実はプレイヤーの権利ではありません。

タイトルの「ジャッジ!相手がミスしたので勝ちでいいですよね?」には、ふたつのダメなポイントがあります。

今回は、この言葉のダメなポイントと、ジャッジを呼ぶ際にプレイヤーが何をするべきかについて解説します。

■ 遊戯王には「罰則規定」がある

最初に知っていただきたいのは、負けにならない違反行為があることです。
なんとなく

「ジャッジを呼んだら、相手は負けになる」

あるいは

「相手にジャッジを呼ばれたら、自分は負けてしまう」

……と思い込んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、まずは遊戯王における「罰則」について説明します。

遊戯王(ランキングデュエル)には「罰則規定」が定められています。
これは、対戦中の代表的な反則や違反行為と、それに対する罰則をまとめたものです。

罰則には6つの段階があります。

何か違反行為があったとしても、必ずしも“デュエルの敗北”が適用されるわけではありません。“注意”“警告”で済む違反も、結構あるのです。

1.罰則の種類
A:注意

注意は、その行為が罰則に違反することをプレイヤーに伝えることを目的とする。

B:警告
警告は、その行為が罰則に違反することをプレイヤーに伝えることを目的とする。(以下略)

C:デュエルの敗北
この罰則が適用された場合、そのプレイヤーは進行中のデュエルに敗北する。
デュエルとデュエルの間に違反した場合は、次のデュエルに適用する。(以下略)

D:マッチの敗北
この罰則が適用された場合、そのプレイヤーは進行中のマッチに敗北する。
マッチとマッチの間に違反した場合や、すでに敗北が決まっているマッチで違反した場合には、ジャッジの判断で次のマッチに適用することかできる。(以下略)

E:失格
この罰則が適用された場合、そのプレイヤーは進行中のマッチに敗北し、大会を失格となる。
プレイヤーが失格前に獲得していた賞は、そのまま受け取ることができる。(以下略)

F:受賞資格を失う失格
この罰則が適用された場合、そのプレイヤーは進行中のマッチに敗北し、大会を失格となる。
プレイヤーが失格前に獲得していた受賞資格も失われる。(以下略)

ランキングデュエル - 大会罰則規定
https://www.yugioh-card.com/japan/event/shop_duel/rules/?penalty

このように、“デュエルの敗北”にならない罰則もあれば、単発の“敗北”では済まない罰則もあります。
反則や違反行為に対してどの程度の罰則が適用されるかは「罰則規定」を基準とし、ジャッジがその状況に応じた判断で決定されるのです。

「ジャッジ!相手がミスしたので勝ちでいいですよね?」のダメポイント1。
相手がミスしたからと言って、罰則が“敗北”とは限らない。

■ “デュエルの敗北”にならない行為の例

では“デュエルの敗北”にならない行為には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
「罰則規定」の中から“注意”“警告”に該当する違反行為を、いくつかピックアップしてみます。

4.ルールに関する違反
故意ではなく、ルールを誤解したプレイをした
罰則:注意

故意ではなく、過剰にカードを引いた
罰則:警告

故意ではなく、過剰にカードを見た
罰則:注意

ランキングデュエル - 大会罰則規定
https://www.yugioh-card.com/japan/event/shop_duel/rules/?penalty

6.裏の状態で区別のつくカードの使用
規則性がない場合
罰則:注意

ランキングデュエル - 大会罰則規定
https://www.yugioh-card.com/japan/event/shop_duel/rules/?penalty

7.不必要に長い時間をかけたプレイ
故意ではなく、不必要に長い時間をかけたプレイをした

罰則:注意

ランキングデュエル - 大会罰則規定
https://www.yugioh-card.com/japan/event/shop_duel/rules/?penalty

結構たくさんあるものです。
これらは「違反行為ではあるものの、故意(わざと)ではないもの」です。

故意でない場合は“注意”“警告”ですが、故意の場合は“デュエルの敗北”~最上位の“受賞資格を失う失格”となっています。
これらの行為が故意かそうでないかは、ジャッジが状況を見て判断することになります。(故意かどうかを見極めるのが難しい状況もありますが……)

ただし、これらの行為も「負けにならないのだから、いくらやっても構わない」というものではありません。

たとえば、あるカードのルールを間違えて覚えていた場合。
1回目は「正しいルールを知らなかった=故意ではない」と判断されて“注意”で済む場合もあるでしょう。
しかし、一度そこで正しいルールを説明されたのに、もう一度同じ間違いをした場合は「知っているのにやった=故意である」となりかねません。

また、同じ違反行為を繰り返した場合は、上位の罰則が適用されると定められています。
“注意”なら“警告”に、そして“警告”なら“デュエルの敗北”が適用されるので、気を付けましょう。
(とはいえ「いくらやっても構わない」と考えている時点で、それは故意なのですが……)

本筋とは少しずれますが、他にも“警告”を受ける違反行為として、以下のようなものもあります。
うっかりやってしまいがちなミスなので、注意したいですね。

10.デュエル中の私語
デュエル中他のプレイヤーまたは観戦者等の第三者にアドバイスを受けたり、ルールを確認した
罰則:警告

デュエル中他のプレイヤーまたは観戦者等の第三者に話しかけた
罰則:警告

ランキングデュエル - 大会罰則規定
https://www.yugioh-card.com/japan/event/shop_duel/rules/?penalty

■ 罰則を要求してはいけない

「ジャッジ!相手がミスしたので勝ちでいいですよね?」の、もうひとつのダメポイントは冒頭に書いたお話です。
ジャッジを呼んだ際に罰則を要求する行為は、実は違反行為で罰則の対象になります。

「罰則規定」には、以下のように定められています。

8.不適切な対戦結果の決定
故意に、自らの対戦結果に対する罰則の適用をジャッジに要求した

罰則:デュエルの敗北

ランキングデュエル - 大会罰則規定
https://www.yugioh-card.com/japan/event/shop_duel/rules/?penalty

「勝ちでいいですよね?」は、対戦結果に対する罰則の適用をジャッジに要求していますね。多くの場合は、故意と判断されるでしょう。
「罰則規定」に則れば“デュエルの敗北”が適用されます。

ジャッジを呼ぶのはプレイヤーの権利ですが、罰則を判断するのはジャッジであり、プレイヤーではないということです。

ちなみに、ランキングデュエルの「大会規定」には以下のような記述があります。

4.禁止事項と大会中のマナー
反則・違反行為について

(中略)参加者はショップデュエル大会規定・罰則規定を利用した判定の申し立てをする、またはそれを誘導してはならない。

ランキングデュエル - 大会規定
https://www.yugioh-card.com/japan/event/shop_duel/rules/?ranking

この記述からは「勝ちでいいですよね?」に限らず、たとえば試合結果に影響しなくとも「警告を与えてください」なども、禁止事項であると読み取れます。

何か違反行為があった場合、プレイヤーがやるべきことは

「手を止めて、カードを動かさず、ジャッジを呼ぶ」
「今起きていることを正しく(偽りや不足なく)ジャッジに伝える」

このふたつです。あとは、ジャッジの判断を待ちましょう。

「ジャッジ!相手がミスしたので勝ちでいいですよね?」のダメポイント2。
罰則を要求してはいけない。

■ おわりに ~ジャッジは「罰則を与える人」ではない~

ここから先は、遊戯王のルールに書いてある話ではなく私の考えです。

しばしば勘違いされていますが、TCGにおけるジャッジは「罰則を与える人」ではありません。
ましてや「プレイヤーを殺す(負けにする)人」でもありません。

ジャッジの役割は、公正で円滑な試合が進められるよう、プレイヤーの手助けをすることです。
それでも、ジャッジが「公正な試合が続行できない」と判断した時には、規定に従って“デュエルの敗北”などの罰則が適用されるというだけです。

その「罰則規定」も、罰を与えることが本命ではありません。
「正しいルールを伝え、同じ間違いをしないようプレイヤーに促すこと」
「不正に対する罰則を定めて不正をしないように促し、公正な試合を維持すること」
……が本命ではないでしょうか。

ジャッジや「罰則規定」は、公正に試合をしたいと考えるプレイヤーの味方だと、私は考えます。

今後、コナミさんには「ジャッジの役割」も整備して、公開していただきたいものです。
そしてできることなら「ジャッジはプレイヤーを殺す(負けにする)人ではない」ことを、しっかり書いていただきたいですね。

関連記事

コメント

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

関連
記事