【DBC】これが俺のジャンジャンドデッキだ!!!

PV 16,277 いいね 21 コメント 0

【DBC】これが俺のジャンジャンドデッキだ!!!

目次

はじめに

皆さんこんにちは。[DBC]に参加しているtigheです。

今回は《コズミック·ブレイザー·ドラゴン》をエースとしたジャンジャンドデッキを紹介したいと思います。

デッキレシピ

これがジャンジャンドデッキのレシピです。

このデッキは

このデッキは《シューティング·クェーサー·ドラゴン》のジャンドデッキと同じく、《コズミック·ブレイザー·ドラゴン》を何が何でも出すデッキです。

それ以外にも、相手ターンでシンクロモンスターを出すようにしています。

違いがあるとすれば、出し方が大きく分けて2つあることでしょうか。

なお、ルールは新ルール対応です。

ジャンジャンドって?

ジャンドは[ジャンクドッペル]だということはわかるけど、ジャンジャンドって何?と思っている人もいるでしょう。

ジャンジャンドの正式名称は[ジャンクジャンクドッペル]という意味です。

【 チューナーモンスター 】
星 3 / 闇 / 戦士族 / 攻1300 / 守500

このカードが召喚に成功した時、自分の墓地に存在するレベル2以下のモンスター1体を表側守備表示で特殊召喚する事ができる。この効果で特殊召喚した効果モンスターの効果は無効化される。

【 効果モンスター 】
星 2 / 闇 / 戦士族 / 攻800 / 守800

自分の墓地に存在するモンスターが特殊召喚に成功した時、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。このカードがシンクロ召喚の素材として墓地へ送られた場合、自分フィールド上に「ドッペル・トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守400)2体を攻撃表示で特殊召喚する事ができる。

ジャンクって?

ジャンクというカテゴリーは漫画遊戯王5D'sの主人公、不動遊星が使用したカテゴリーです。

今回、このデッキを作る上で相性が良いと思い、ジャンドと合体させました。

メインデッキ

メインデッキの紹介に入りたいと思います。

《ジャンク·サーバント》

【 効果モンスター 】
星 4 / 地 / 戦士族 / 攻1500 / 守1000

自分フィールド上に「ジャンク」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。

自分フィールドに「ジャンク」モンスターが存在すれば手札から特殊召喚出来るこのモンスター。

ターン1制限がないため1ターンに何度でも出すことが出来ます。

《ジャンク·チェンジャー》

【 チューナーモンスター 】
星 3 / 地 / 戦士族 / 攻1500 / 守900

「ジャンク・チェンジャー」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、フィールドの「ジャンク」モンスター1体を対象として以下の効果から1つを選択して発動できる。
●対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
●対象のモンスターのレベルを1つ下げる。

自身を召喚、特殊召喚することで、フィールドの「ジャンク」モンスターのレベルを1つ変動出来るこのモンスター。

その効果を使用し、シンクロ先に合わせて展開出来ます。

《ジャンク·フォアード》

【 効果モンスター 】
星 3 / 地 / 戦士族 / 攻900 / 守1500

自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。

《フォトン·スラッシャー》の通常召喚出来るレベル3のモンスターという感じです。

その特殊召喚効果を使用し、レベル3のジャンクチューナーモンスターと合わせると、《スターダスト·アサルト·ウォーリアー》を出し、《スターダスト·アサルト·ウォーリアー》の①の効果でジャンクチューナーモンスターを特殊召喚。その特殊召喚に反応し、《ドッペル·ウォーリアー》の自身の効果で特殊召喚。

このような展開が出来ます。

《ジャンク·アンカー》

このカードは「シンクロン」チューナーの代わりとしてS素材にできる。①:1ターンに1度、手札を1枚捨て、チューナー以外の自分の墓地の「ジャンク」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材として、「シンクロン」チューナーを素材とするSモンスター1体をS召喚する。その時のS素材モンスターは墓地へは行かず除外される。

このカードの効果はエクストラデッキの都合上使用することは出来ませんが、《クイック·シンクロン》のテキスト外効果を柔らかくしたのを持っているので、このデッキだと《ロード·ウォーリアー》、それ以外のシンクロ素材に使用することも出来ます。

また、レベル2のため、《ジャンク·シンクロン》の蘇生対象にもなります。

《調律》

【 通常魔法 】

自分のデッキから「シンクロン」と名のついたチューナー1体を手札に加えてデッキをシャッフルする。その後、自分のデッキの上からカードを1枚墓地へ送る。

言わずとしれた宇宙最強のこのカード。 

「シンクロン」チューナーをサーチ出来るだけでなく、運が良ければ墓地肥やしも出来る、まさに最強カードです。

《リミットオーバー·ドライブ》

【 速攻魔法 】

「リミットオーバー・ドライブ」は1ターンに1枚しか発動できない。
①自分フィールドのSモンスターのチューナー1体とチューナー以外のSモンスター1体をエクストラデッキに戻して発動できる。
そのモンスター2体のレベルの合計と同じレベルのSモンスター1体を、召喚条件を無視してエクストラデッキから特殊召喚する。

このデッキの《コズミック·ブレイザー·ドラゴン》を出す方法のもう1つの方法、それがこのカードです。

レベルさえあっていれば、《コズミック·ブレイザー·ドラゴン》を召喚条件を無視して出すことが出来ます。

しかも、《コズミック·ブレイザー·ドラゴン》の自身の効果を使用しても、ちゃんと帰還するので、このカードと《コズミック·ブレイザー·ドラゴン》は宇宙1相性がいいです。

《王者の調和》

【 通常罠 】

①:相手モンスターが自分のSモンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
その攻撃を無効にする。
その後、以下の効果を適用できる。
●その自分のSモンスターと自分の墓地のチューナー1体を除外し、除外したモンスターのレベルの合計と同じレベルを持つSモンスター1体を、エクストラデッキからS召喚扱いで特殊召喚する。

相手ターンでシンクロモンスターを出すというのがこのデッキのコンセプト。

このカードを使用しても《コズミック·ブレイザー·ドラゴン》を出すことも出来ます。

また、このカードを使用することで、妨害カード(《氷結界の龍トリシューラ》、《月華龍ブラックローズ》など)を出すのも手です。

エクストラデッキについて

ここからは、エクストラデッキについてご紹介します。

《コズミック·ブレイザー·ドラゴン》

【 シンクロモンスター 】
星 12 / 風 / ドラゴン族 / 攻4000 / 守4000

Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター2体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
①:フィールドのこのカードをエンドフェイズまで除外して以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
●相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にし、その後バトルフェイズを終了する。

このデッキのエースモンスター。

自身を除外することで《攻撃の無力化》《神の宣告》《神の警告》のいずれかを発揮します。

無効にされても、「エンドフェイズまで除外する」はコストなので、必ず戻ってきます。

また、シンクロ素材によって効果が変わるわけではないので、《リミットオーバー·ドライブ》と1番相性がいいです。

《スカーレッド·ノヴァ·ドラゴン》

【 シンクロモンスター 】
星 12 / 闇 / ドラゴン族 / 攻3500 / 守3000

チューナー2体+「レッド・デーモンズ・ドラゴン」
このカードの攻撃力は、自分の墓地に存在するチューナーの数×500ポイントアップする。このカードは相手の魔法・罠・効果モンスターの効果では破壊されない。また、相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをゲームから除外し、相手モンスター1体の攻撃を無効にする事ができる。エンドフェイズ時、この効果で除外したこのカードを特殊召喚する。

このデッキの裏のエースである《スカーレッド·ノヴァ·ドラゴン》。

正規召喚では出せませんが、攻撃無効化効果を1度しか使用出来なくてもいいなら《リミットオーバー·ドライブ》を、完全体で出すのなら《王者の調和》で出すといいでしょう。

《氷結界の龍トリシューラ》

【 シンクロモンスター 】
星 9 / 水 / ドラゴン族 / 攻2700 / 守2000

チューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、相手の手札・フィールド上・墓地のカードをそれぞれ1枚までゲームから除外する事ができる。

このカードの出し方は基本的に《王者の調和》で出すといいでしょう。

そうすることで、攻撃は無効になり、相手の手札・フィールド上・墓地のカードをそれぞれ1枚までゲームから除外する事が出来ます。

また、このカードと《王者の調和》、レベル3チューナーモンスターを合わせることで、《コズミック·ブレイザー·ドラゴン》や《スカーレッド·ノヴァ·ドラゴン》を出すことが出来ます。

《ロード·ウォーリアー》

【 シンクロモンスター 】
星 8 / 光 / 戦士族 / 攻3000 / 守1500

「ロード・シンクロン」+チューナー以外のモンスター2体以上
1ターンに1度、自分のデッキからレベル2以下の戦士族または機械族モンスター1体を特殊召喚する事ができる。

効果は強いのですが、今のルールでは出すのが難しかってこのカード。

しかし、新ルールになり出しやすくなったため採用しました。

また、《リミットオーバー·ドライブ》や《王者の調和》の調整用素材としても優秀です。

瑚之龍

【 シンクロ・チューナーモンスター 】
星 6 / 水 / ドラゴン族 / 攻2400 / 守500

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「瑚之龍」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、手札を1枚捨て、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
②:S召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

《リミットオーバー·ドライブ》の素材用として採用しています。

また、①の効果で相手フィールド上のカード除去することもでき、②の効果でドローすることも出来ます。

《スターダスト·アサルト·ウォーリアー》

【 シンクロモンスター 】
星 6 / 風 / 戦士族 / 攻2100 / 守1200

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「スターダスト・アサルト・ウォリアー」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがS召喚に成功した時、自分フィールドに他のモンスターが存在しない場合に自分の墓地の「ジャンク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

条件は厳しいものの、「ジャンク」モンスター専用の蘇生効果があるので、このカードは実質、「スターダスト」の名を持つ「ジャンク」モンスター。

また、その特殊召喚効果にも《ドッペル·ウォーリアー》の特殊召喚効果が発動出来ます。

たつのこ

【 シンクロ・チューナーモンスター 】
星 3 / 水 / 幻竜族 / 攻1700 / 守500

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
S召喚したこのカードを素材としてS召喚をする場合、手札のモンスター1体をS素材にできる。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードはこのカード以外のモンスターの効果を受けない。

テキスト外効果で手札のモンスターとシンクロできるこのモンスター。

そのため効果が無効になったとしてもシンクロ召喚で出した状態ならば、何の問題もありません。

展開の仕方(序章)

それでは《コズミック·ブレイザー·ドラゴン》をしてみましょう。

手札には《ジャンク·フォアード》《ジャンク·シンクロン》《ドッペル·ウォーリアー》《おろかな埋葬》の状態でスタートします。

なお、ルールは新ルールです。

《おろかな埋葬》を発動し、デッキから《ジャンク·アンカー》を墓地へ。

《ジャンク·フォアード》を自身の効果で特殊召喚。→《ジャンク·シンクロン》を召喚し、自身の効果で《ジャンク·アンカー》を特殊召喚。→その特殊召喚に反応し、手札の《ドッペル·ウォーリアー》を自身の効果で特殊召喚。→《ジャンク·アンカー》、《ジャンク·フォアード》で《TGハイパー·ライブラリアン》をシンクロ召喚

《ドッペル·ウォーリアー》《ジャンク·シンクロン》で《アクセル·シンクロン》をシンクロ召喚。→《TGハイパー·ライブラリアン》でカードをドローし、《ドッペル·ウォーリアー》の効果で《ドッペル·トークン》を2体特殊召喚。

《アクセル·シンクロン》の効果でデッキから《ジェット·シンクロン》を墓地へ送りレベルを1つ下げる。→レベル4となった《アクセル·シンクロン》、《ドッペル·トークン》1体で《A·O·Jカタストル》をシンクロ召喚→《TGハイパー·ライブラリアン》の効果でカードをドロー。

手札を捨て、《ジェット·シンクロン》を自身の効果で特殊召喚。→《ジェット·シンクロン》、《ドッペル·トークン》で《フォーミュラ·シンクロン》をシンクロ召喚。→《TGハイパー·ライブラリアン》、《フォーミュラ·シンクロン》の効果でカードを2枚ドロー。

《TGハイパー·ライブラリアン》、《A·O·Jカタストル》、《フォーミュラ·シンクロン》で、《コズミック·ブレイザー·ドラゴン》デルタ·アクセル·シンクロぉぉぉ!!!

これがこのデッキの《コズミック·ブレイザー·ドラゴン》の出し方です。

ジャンジャンドデッキなので「ジャンク」モンスターを一部絡ませてみました。

展開の仕方(加速)

今度は《リミットオーバー·ドライブ》を使った展開の仕方です。

手札は《リミットオーバー·ドライブ》、《ジャンク·チェンジャー》、《ジャンク·フォアード》、《ドッペル·ウォーリアー》で始めます。

《ジャンク·フォアード》を自身の効果で特殊召喚。→《ジャンク·チェンジャー》を召喚。→《ジャンク·フォアード》、《ジャンク·チェンジャー》で《スターダスト·アサルト·ウォーリアー》をシンクロ召喚。

《スターダスト·アサルト·ウォーリアー》の①の効果で《ジャンク·チェンジャー》を特殊召喚。→《ジャンク·チェンジャー》の①の効果をチェーン1、チェーン2で《ドッペル·ウォーリアー》の効果を発動。チェーン2の《ドッペル·ウォーリアー》の自身の効果で特殊召喚。チェーン1の《ジャンク·チェンジャー》の効果で自身のレベルを1つ上げる。

《ドッペル·ウォーリアー》にレベル4となった《ジャンク·チェンジャー》で《瑚之龍》をシンクロ召喚。

《リミットオーバー·ドライブ》を発動。自分フィールドの《瑚之龍》、《スターダスト·アサルト·ウォーリアー》をエクストラデッキに戻し、《コズミック·ブレイザー·ドラゴン》を召喚条件を無視して特殊召喚。

これがこのデッキのもう1つの出し方です。

手札消費は激しいものの、ロマン溢れる形で出すことが出来ます。

展開の仕方(未来)

今度は完全体の《スカーレッド·ノヴァ·ドラゴン》の出し方です。

手札は《王者の調和》、《クイック·シンクロン》、《ジャンク·シンクロン》、《ドッペル·ウォーリアー》でスタートです。

手札の《ドッペル·ウォーリアー》を捨て、《クイック·シンクロン》を特殊召喚。→《ジャンク·シンクロン》を召喚し、自身の効果で《ドッペル·ウォーリアー》を特殊召喚。

《クイック·シンクロン》、《ジャンク·シンクロン》で《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し、自身の①の効果で《ジャンク·チェンジャー》を特殊召喚。

《ジャンク·チェンジャー》、《ドッペル·ウォーリアー》で《アクセル·シンクロン》をシンクロ召喚し、《ドッペル·ウォーリアー》の効果で《ドッペル·トークン》2体を特殊召喚。

《アクセル·シンクロン》、《ドッペル·トークン》で《瑚之龍》をシンクロ召喚し、《瑚之龍》、《ドッペル·トークン》で《月華龍ブラック·ローズ》をシンクロ召喚。

《瑚之龍》の効果でカードをドローし、《王者の調和》をセットし、相手にターンを渡す。

相手のメインフェイズ終了時に《水晶機巧-ハリファイバー》の②の効果を使用し、《水晶機巧-クオンダム》を出す。

相手が《月華龍ブラック·ローズ》を攻撃対象にした場合、その攻撃宣言時《王者の調和》を発動。→その攻撃を無効にし、《月華龍ブラック·ローズ》と《クイック·シンクロン》を除外し、《スカーレッド·ノヴァ·ドラゴン》をシンクロ召喚扱いで特殊召喚。

このような方法で《スカーレッド·ノヴァ·ドラゴン》を出すことが出来ます。

また、《水晶機巧-クオンダム》の場合は同じ手順で《氷結界の龍トリシューラ》を出すことが出来ます。

最後に

皆さん、このデッキは如何でしたか?

自分で言うのもなんですが結構上手く出来たと思っています。

皆さんもぜひ、このデッキで遊んで見て下さいね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

21