【2021年 エクゾディアデッキ 入門書】殴って勝つ、召喚神エクゾディアデッキ!!

PV 8,389 いいね 58 コメント 3

【2021年 エクゾディアデッキ 入門書】殴って勝つ、召喚神エクゾディアデッキ!!

はじめに

皆さんこんにちは、初めまして、お久しぶり、ドリルフィールドです!

今回はテーマ解説を担当させていただくことになりました。

今回私が解説するのは、遊戯王においては歴史あるカテゴリである【エクゾディア】デッキ!

その中でも本来【エクゾディア】が主流とする「特殊勝利」を狙うものではなく、「ビートダウン」をメインの勝ち筋とする、《 召喚神エクゾディア 》軸のデッキです!!

これは、実はあまり見ないデッキタイプなので、皆さん想像するのが少し難しいかもしれません。

しかし!

意外にも「除去能力」「超耐性、高打点のフィニッシャー」「高い自由度」と3拍子があるデッキタイプになりますので、構築力に自信のある方には勿論、オリジナルデッキの構築に不安のある方でも手を出せるように、今回はガイドしていきたいと思いますので、是非一見の程をお願いします!!

そしてもし興味が出たあなた!カードショップでは探すのが大変なデッキパーツも記事のリンクから楽々購入できますよ!!(宣伝)

しかも当日15時までの注文なら即日発送!!(これがマジで便利なんだよなぁ)

目次

【召喚神エクゾディア】デッキの特徴

先ほどより【召喚神軸エクゾディア】と一口に言っていますが、このカテゴリは所謂「テーマ」ではありません、このカテゴリを構成するカードはほぼ以下の3種と言う事ができます。少ねえ!

  • 効果を受け付けないモンスターである《 召喚神エクゾディア 》
  • その「エクゾディア」の打点を上げながら相手を妨害する《 魔神火炎砲 》
  • 《 召喚神エクゾディア 》及び《 魔神火炎砲 》の召喚及び発動コストになる【封印されし】モンスター達

そしてこの中でも特に面白く、重要なカードはこちらです!

【 永続罠 】

「魔神火炎砲」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

①:フィールドのモンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
手札・デッキから「封印されし」モンスター1体または「エクゾディア」カード1枚を墓地へ送り、対象のカードを持ち主の手札に戻す。

②:このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、自分の墓地の「封印されし」モンスター1体または「エクゾディア」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《 魔神火炎砲 》は手札・デッキの中に存在する【封印されし】モンスターをコストに、フリーチェーンでフィールド上のモンスターをバウンスするカード。

【封印されし】モンスターは、全5種でそれぞれが制限カードなので基本は5回打つことができます。

単純に相手の展開を妨害する目的で使っても勿論強いのですが、このカード何といっても面白いのが、自分のモンスターにも使える点!

《E・HERO エアーマン》の様に召喚時にサーチができるモンスターや、《ジュラゲド》の様に手札から特殊召喚されて効果が発動できるモンスターを使いまわすことで、色々なカードの効力を高める事ができます!

【召喚神エクゾディア】デッキレシピ

まずはデッキレシピを見て下さい!

今回はスタンダードに《 召喚神エクゾディア 》を使えるような構築を考えてみました!

《 召喚神エクゾディア 》がレベル10のモンスターである事を利用して、《 七精の解門 》の効果を利用します。

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:このカードの発動時の効果処理として、「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体、またはそのいずれかのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。

②:1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。自分の墓地から攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

③:1ターンに1度、自分フィールドにレベル10モンスターが存在する場合に発動できる。自分の墓地から永続魔法カード1枚を選んで手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

その効果で《魔術師の再演》を使いまわす事で、《召喚神エクゾディア》の召喚コストである「封印されし」モンスターを展開したり、《魔術師の右手》《魔術師の左手》で相手の動きを妨害していく感じです。

【 永続魔法 】

①:このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、自分の墓地のレベル3以下の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「魔術師の再演」以外の「魔術師」永続魔法カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

また、《七精の解門》の③の効果をより使いやすくするために、フィールド上に展開しやすいレベル10モンスターである《黄金卿エルドリッチ》と、その関連カードを採用しました!

【 効果モンスター 】
星 10 / 光 / アンデット族 / 攻2500 / 守2800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:手札からこのカードと魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送る。

②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを手札に加える。その後、手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターは相手ターン終了時まで、攻撃力・守備力が1000アップし、効果では破壊されない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

そしてここからが大事なポイントなのですが

《 召喚神エクゾディア 》は効果を受け付けない超耐性がありますが、その攻撃力は墓地の【封印されし】モンスターの数に依存しています。

つまり《 魔神火炎砲 》をあまり使えていない序盤に速攻で召喚しても、すぐに戦闘破壊されて、折角の耐性が無意味なってしまうのです…

エースの召喚はデュエル中盤の大事どころで行いましょう!

そのために序盤をつなぐためのモンスターを展開する初動を伝授します!

【召喚神エクゾディア】デッキでの展開例

【使用カード】

  • 《七精の解門》または《暗黒の招来神》
  • 《呪われしエルドランド》
  • 《魔神火炎砲》

【結果】

  • 《ライトロード・ドミニオン キュリオス》
  • 《黄金卿エルドリッチ》(守備力3800)
  • 《七精の解門》
  • 《黄金郷のコンキスタドール》(破壊効果付き)
  • 《紅き血染めのエルドリクシル》
  • 《魔神火炎砲》
  1. 《暗黒の招来神》を召喚、または《七精の解門》を発動、それぞれ効果で、「召喚神」なら「解門」をサーチ、「解門」なら「召喚神」をサーチ。
  2. サーチしたカード召喚または発動し、効果で《混沌の招喚神》をサーチ。
  3. 《暗黒の招来神》の効果で《混沌の招喚神》を召喚。
  4. 《混沌の招喚神》で《リンクリボー》をリンク召喚。
  5. 《七精の解門》の効果で《混沌の招喚神》を墓地から蘇生。
  6. 《混沌の招喚神》1体で《サクリファイス・アニマ》をリンク召喚。
  7. 《サクリファイス・アニマ》《暗黒の招来神》《リンクリボー》の3体で《ライトロード・ドミニオン キュリオス》をリンク召喚。
  8. 《ライトロード・ドミニオン キュリオス》の効果で《黄金卿エルドリッチ》をデッキから墓地へ送る。
  9. 《呪われしエルドランド》を発動し、効果で《黄金郷のコンキスタドール》をサーチ。
  10. 墓地の《黄金卿エルドリッチ》の効果で《呪われしエルドランド》を墓地へ送りつつ手札に戻し、そのまま効果で特殊召喚。
  11. 《呪われしエルドランド》の効果で《黄金郷のワッケーロ》をデッキから墓地へ。
  12. エンドフェイズに《黄金郷のワッケーロ》の効果でデッキから《紅き血染めのエルドリクシル》をセット。

この展開の良い点

《黄金卿エルドリッチ》がフィールド上にいるので《黄金郷のコンキスタドール》のボーナス効果を使う事ができる。

《黄金郷のコンキスタドール》が効果を使った後、生き残ったら《魔神火炎砲》で回収して再利用できる。

《ライトロード・ドミニオン キュリオス》の②の効果でデッキから墓地に送られて意味があるカードがデッキ内にたくさん入っている。

《ライトロード・ドミニオン キュリオス》《デコード・トーカー・ヒートソウル》を使い分けができる。

そう、この初動で初めに出すモンスターは2種類の内から使い分ける事ができるのです!

【 リンクモンスター 】
星 3 / 炎 / サイバース族 / 攻2300 /

属性が異なるサイバース族モンスター2体以上

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。

②:自分・相手ターンに1000LPを払って発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。その後、自分のLPが2000以下の場合、以下の効果を適用できる。
●フィールドのこのカードを除外し、EXデッキから「デコード・トーカー・ヒートソウル」以外のリンク3以下のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。

【LINK-3:上/左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

  1. 《暗黒の招来神》を召喚、または《七精の解門》を発動、それぞれ効果で、「召喚神」なら「解門」をサーチ、「解門」なら「召喚神」をサーチ。
  2. サーチしたカード召喚または発動し、効果で《混沌の招喚神》をサーチ。
  3. 《暗黒の招来神》の効果で《混沌の招喚神》を召喚。
  4. 《混沌の招喚神》で《リンクリボー》をリンク召喚。
  5. 《七精の解門》の効果で《混沌の招喚神》を墓地から蘇生。
  6. 《暗黒の招来神》と《混沌の招喚神》で《セキュリティ・ドラゴン》をリンク召喚。
  7. 《リンクリボー》《セキュリティ・ドラゴン》《デコード・トーカー・ヒートソウル》をリンク召喚。

この展開だと【エルドリッチ】関連のカードに触れないのですが、ドローを進める事ができますので、【エルドリッチ】関連カードをどれくらい引いたか、手札と相談して使い分けていきましょう!

【召喚神エクゾディア】デッキの3つの魅力

1.なんといっても《魔神火炎砲》が強い!

おさらいになりますが、《 魔神火炎砲 》は妨害に使ってヨシ、自分のモンスターに使ってヨシの万能カードです。

このカードのコンボ性により、構築の範囲の広さがこのデッキの魅力の一つです。

【 永続罠 】

「魔神火炎砲」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

①:フィールドのモンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
手札・デッキから「封印されし」モンスター1体または「エクゾディア」カード1枚を墓地へ送り、対象のカードを持ち主の手札に戻す。

②:このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、自分の墓地の「封印されし」モンスター1体または「エクゾディア」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える

出典:遊戯王OCGカードデータベース

一つ、このカードを使った面白いコンボを紹介します。

【 通常罠 】

①:相手バトルフェイズに発動できる。デッキから魔法・罠カード2枚を選び、そのカード2枚を通常モンスターカード扱い(攻/守0)として、自分のメインモンスターゾーンのモンスター1体と合わせてシャッフルして裏側守備表示でセットする。この効果でデッキから特殊召喚したカードはバトルフェイズの間しか存在できず、バトルフェイズ終了時に破壊される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《マジカルシルクハット》はデッキの魔法罠をモンスター扱いでセットできますので、《魔神火炎砲》でセットしたカードを手札に戻せば、デッキから自由に魔法罠をサーチする事ができます!

他にもまだ見ぬ面白いコンボがあると思うので、是非探してみて下さい!

2.EXデッキの自由度も高い!

《召喚神エクゾディア》デッキは勿論、EXデッキも自由度が高いので、好きなモンスターを入れる事ができます!

今回のデッキでは 汎用的なリンクモンスターを採用していますが、 《七精の解門》が展開の補助を行ってくれるので、少しデッキの中身を弄れば、シンクロやエクシーズの色々なモンスターを展開できますよ。

EXデッキをほぼ使わずに《金満で謙虚な壺》を採用して《魔神火炎砲》を手札に加えやすくするなんかもアリ!

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はカードの効果でドローできない。

①:自分のEXデッキのカード3枚または6枚を裏側表示で除外して発動できる。除外した数だけ自分のデッキの上からカードをめくり、その中から1枚を選んで手札に加え、残りのカードを好きな順番でデッキの一番下に戻す。このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

3.最後の手段、特殊勝利もある!!

《召喚神エクゾディア》はビートダウン向けの効果をしていますが、一方では「エクゾディア」の端くれです。

相手がロックカードを使って場が硬直した時など、特殊勝利を狙える事を忘れないようにしましょう!

【 効果モンスター 】
星 10 / 闇 / 魔法使い族 / 攻? / 守0

このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの「封印されし」モンスター1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。

①:このカードの攻撃力は自分の墓地の「封印されし」モンスターの数×1000アップする。

②:このカードは他のカードの効果を受けない。

③:自分エンドフェイズに発動する。自分の墓地から「封印されし」モンスター1体を選んで手札に加える。

④:このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。手札の「封印されし」モンスターを任意の数だけ相手に見せ、見せた数だけ自分はデッキからドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

今回のデッキでは特に、《召喚神エクゾディア》を何回も出せるようにしてあるのでワンチャンありますよ!

決めろ攻撃力∞!!!

【召喚神エクゾディア】デッキの回し方〜概要〜

デッキの回し方①:《黄金卿エルドリッチ》を墓地へ送り込む

このデッキにおける《 黄金卿エルドリッチ 》は、デッキをスムーズに動かすための潤滑油でありながら《 召喚神エクゾディア 》降臨までの場つなぎを行ってくれる重要モンスターです。

《 ライトロード・ドミニオン キュリオス 》を筆頭に、サーチカードを駆使して早めに墓地に送りこみましょう!

【 リンクモンスター 】
星 3 / 光 / 戦士族 / 攻2400 /

同じ属性で種族が異なるモンスター3体

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。

②:自分のデッキのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

③:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

【LINK-3:上/左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

デッキの回し方②:《召喚神エクゾディア》の召喚準備を行う

このデッキでは《召喚神エクゾディア》のサーチ方法を設けていません、しかし、墓地回収のカードを採用しているので、墓地を経由して手札に加えれるようになっています。

《マジシャンズ・ソウルズ》で墓地に送り、「闇属性・守備力0」である事を利用して、《悪夢再び》で拾います。

《悪夢再び》《ライトロード・ドミニオン キュリオス》の召喚に使う《暗黒の招来神》や《混沌の招喚神》も回収できるので、単純にサーチするよりも相性が良くなっています!

また《召喚神エクゾディア》の攻撃力上昇のために《魔神火炎砲》はガンガン使いましょう。

《召喚神エクゾディア》がフィールドに出れば、《魔神火炎砲》の弾も回収してくれるので、弾切れは恐れなくて大丈夫です!

《マジシャンズ・ソウルズ》を筆頭に自分のモンスターに使うのも忘れずに!

デッキの回し方③:EXデッキやメインのカードで《召喚神エクゾディア》をサポート!

《召喚神エクゾディア》は降臨後は耐性を持ったモンスターですが、自身には除去能力などはついていません、なので、状況に応じたモンスターをエクストラデッキから展開して対応していきましょう!

特に《 魔神火炎砲 》がきかない、魔法罠や対象耐性を持ったモンスターは要注意です!

《魔術師の右手》《魔術師の左手》は場持ちがよい《召喚神エクゾディア》と相性が良いので、

永続魔法を回収できる《七精の解門》と、墓地へ送られたら「右手・左手」をサーチできる《魔術師の再演》《魔術師の再演》を墓地へ送れる《黄金卿エルドリッチ》《マジシャンズ・ソウルズ》を上手く使ってサーチや、維持を行いましょう!

【召喚神エクゾディア】デッキと相性が良いカード

《覚醒の三幻魔》

【 永続罠 】

①:自分フィールドの「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」の種類の数によって以下の効果を得る。

●1種類以上:相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功する度に、自分はそのモンスターの攻撃力分だけLPを回復する。
●2種類以上:相手フィールドのモンスターが発動した効果は無効化される。
●3種類:相手の墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。

②:自分ターンに1度、自分フィールドにレベル10モンスターが存在する場合に発動できる。自分の墓地から永続罠カード1枚を選んで手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《暗黒の招来神》でサーチできる《覚醒の三幻魔》は②の効果で墓地から永続罠を回収する事ができますので、破壊されてしまった《魔神火炎砲》や、墓地に行きやすい《黄金郷のコンキスタドール》《黄金郷のワッケーロ》を使いまわすこともできます!

ところで、今回のデッキの動きとはあまり関係がなさそうなカードがレシピに含まれていますね。

一見全然関係なさそうなこの二枚のカードは効果を使った後、《魔神火炎砲》で手札に戻す事で使いまわせる防御カードです!

また、どちらも「守備力が0の闇属性」なので《悪夢再び》に対応しています。

複数の方法で回収して粘り強く戦いましょう!

【召喚神エクゾディア】デッキをカスタムするおすすめカード

《黒き森のウィッチ》

【 効果モンスター 】
星 4 / 闇 / 魔法使い族 / 攻1100 / 守1200

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。デッキから守備力1500以下のモンスター1体を手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《黒き森のウィッチ》《召喚神エクゾディア》をサーチできる数少ないカードです。

特徴的なのは、「ウィッチ」で手札に加えたカードはそのターン効果を発動できないのですが、召喚自体はでき、また発動する効果ではない永続効果は使えるので、高打点、超耐性を持ちうる《召喚神エクゾディア》とは特に相性が良い1枚です!

《ダーク・オネスト》

【 効果モンスター 】
星 4 / 闇 / 天使族 / 攻1100 / 守1900

①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。フィールドの表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。

②:自分の闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで、その攻撃力分ダウンする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《召喚神エクゾディア》は他のカード効果を受けないので、攻撃力アップで戦闘をサポートする事はできません。

しかし闇属性であることを活かして《ダーク・オネスト》ならばサポートが可能!

《激流葬》

【 通常罠 】

モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動してもよい。フィールド上のモンスターを全て破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

一方で《激流葬》は他の効果を受けない部分を使って相手モンスターだけを破壊する事が可能!!

《黄金卿エルドリッチ》も効果破壊されないので相性が良いですね。

おわりに

今回は《召喚神エクゾディア》を軸としたデッキの紹介でした!

私が紹介したのは《召喚神エクゾディア》《魔神火炎砲》の魅力のほんの一部分です!

昨今のテーマとは違って自分で考える余地が大きい分、サポートしたら、しただけの強さが引き出せる、楽しいテーマだと思います!

構築力に自信がある方や、特定のエースモンスターを使った構築が好きな方はこの機会に挑戦してみて下さい!

当日15時までのご注文で即日発送、15以降なら翌日発送で【召喚神エクゾディア】のデッキパーツをお届けします!

それではまた次回!!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (3)

匿名

俺得デッキ解説

2
ドリルフィールド

コメントありがとうございます!

みんなが得できるような解説を目指していきたいと思います!

0
匿名

同じエクゾディア関連で、パーツビートも記事にしていただけたり…

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

58