【OCG】2024年 ヴォルカニックデッキ 入門書【進化した究極のバーンデッキ!渦巻く業火で戦場を焼き尽くせ!】

PV 49,270 いいね 5 -

【OCG】2024年 ヴォルカニックデッキ 入門書【進化した究極のバーンデッキ!渦巻く業火で戦場を焼き尽くせ!】

はじめに

読者の皆さま、こんにちは。かもめ先生です。

「アニメでも活躍した炎属性モンスターのデッキを使ってみたい!」「バーン戦術を活用するテクニカルなデッキを使ってみたい!」

今回はそんな方に向けた、バーンとコントロールを得意とする炎属性モンスターテーマヴォルカニック】デッキの解説記事です。

この記事では、さまざまなライフダメージ効果やモンスター除去効果を扱う【ヴォルカニック】デッキの特徴や展開例、相性の良いカードについて解説していきます。

目次

【ヴォルカニック】デッキレシピ


このデッキレシピで行える具体的な展開はこちら ▼

【ヴォルカニック】デッキの特徴

【ヴォルカニック】デッキとは?

【ヴォルカニック】デッキは、アニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」の登場人物であるオーチン・オブライエンが扱うテーマデッキです。

テーマのモンスターが炎属性・炎族のモンスターで統一されており、【炎属性】デッキらしいバーン戦術(効果ダメージで相手ライフを削っていく戦い方のこと)を得意としています。

【ヴォルカニック】モンスターやそれらに関連する【ブレイズ・キャノン】カードは、自立兵器のような武器や弾丸といった見た目をしているのが特徴です。

【ヴォルカニック】デッキの特徴

先述したように、【ヴォルカニック】デッキはバーン戦術を得意としたデッキです。

またバーンだけでなくモンスター除去によるコントロール戦術も得意としており、専用のサポートカテゴリである【ブレイズ・キャノン】カードと組み合わせることで、相手モンスターをことごとく破壊することができます。

かつてはこれらのカードのデメリット効果で攻撃宣言が行えなかったり、テーマのモンスターの打点が全体的に低いといった弱点を持っていましたが、新規カードの登場などもあってその点もかなり改善されました。

あらたに登場した《ヴォルカニック・エンペラー》がとくに強力で、非常に高い打点を確保しながらバーン効果も持つという、まさに【ヴォルカニック】の新エースとなっています。

【ヴォルカニック】デッキの戦い方

ここまでのお話でもお分かりいただけるように、【ヴォルカニック】の基本はコントロールとバーンの戦術です。

【ヴォルカニック】モンスターと【ブレイズ・キャノン】カードを用いて相手モンスターを除去しつつ、バーン効果を何度も発動して相手のライフをじっくりと削りながら相手をじわじわと追いつめていきます。

自分ターンであれば《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》で除去しながら展開を行い、相手ターンには《ブレイズ・キャノン・マガジン》《ヴォルカニック・バックショット》のコンボを使って任意のタイミングで全体除去を行うことができます。

こうしたモンスター除去効果で相手のリソースを削り、自分は《ヴォルカニック・トルーパー》や《ヴォルカニック・バレット》の効果でアドバンテージを稼ぐことで、じっくりと確実に相手とのアドバンテージを拡げていく戦い方を目指していきます。

状況が整えば、自己再生効果を持つ《ヴォルカニック・エンペラー》を特殊召喚しそちらの効果で高火力のバーンを行いながら、3100という高打点でも攻撃して相手のライフを一気に削っていきます。

《ヴォルカニック・エンペラー》が安全に着地できるような状況であれば、すでに相手の盤面・ライフはかなり消耗させていることでしょうから、そのまま鮮やかに勝ち切ることが可能でしょう。

【ヴォルカニック】カードの解説

【ヴォルカニック】モンスター

《ヴォルカニック・トルーパー》

【効果モンスター】
星3/炎属性/炎族/攻1000/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「ヴォルカニック・トルーパー」以外の「ヴォルカニック」カード1枚を手札に加える。
②:手札を1枚捨てて発動できる。相手フィールドに「ボムトークン」(炎族・炎・星1・攻/守1000)1体を特殊召喚する。
このトークンが破壊された時にそのコントローラーは500ダメージを受ける。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

新たに登場した、【ヴォルカニック】デッキの初動や展開の要となるレベル3の【ヴォルカニック】モンスターです。

①:このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「ヴォルカニック・トルーパー」以外の「ヴォルカニック」カード1枚を手札に加える。

《ヴォルカニック・トルーパー》の①の効果

自身の召喚・特殊召喚成功時に、デッキから【ヴォルカニック】カード1枚をサーチするという、非常に範囲の広いサーチ効果です。

各種【ヴォルカニック】モンスターはもちろんのこと、《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》や《ヴォルカニック・エミッション》といった新規魔法・罠カードもサーチできるため、序盤からしっかり使いたい効果となっています。

②:手札を1枚捨てて発動できる。相手フィールドに「ボムトークン」(炎族・炎・星1・攻/守1000)1体を特殊召喚する。
このトークンが破壊された時にそのコントローラーは500ダメージを受ける。

《ヴォルカニック・トルーパー》の②の効果

②の効果は、自分の手札1枚を捨てることで相手フィールドに《ボムトークン》1体を生成するというもの。

手札コストこそ必要なものの、先攻1ターン目の展開で相手フィールドにモンスターを用意したり、中盤以降の戦闘ダメージを与えるトリガーとしたりと、さまざまな形で活用することができます。

とくに後述する《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》の③の効果と相性が良く、先攻1ターン目であっても【ヴォルカニック】の基本展開を可能にしてくれます。

また【ヴォルカニック】のエースモンスターである《ヴォルカニック・デビル》の戦闘破壊トリガーとして活用すれば、そちらの効果で相手モンスターの全体破壊を行いつつ効果ダメージを与えることもできます。

《ヴォルカニック・リムファイア》

【効果モンスター】
星1/炎属性/炎族/攻 300/守 0
①:このカードが墓地へ送られた場合、以下の効果から1つを選択して発動できる(このカード名の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度しか適用できない)。
●墓地のこのカードを除外し、デッキから「ヴォルカニック・リムファイア」以外の「ヴォルカニック」モンスター1体を墓地へ送る。
●自分のフィールド(表側表示)・墓地から「ブレイズ・キャノン」カード1枚を除外し、
手札・デッキから「ブレイズ・キャノン」永続魔法・永続罠カード1枚を自分フィールドに表側表示で置く。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

こちらもあらたに登場した、レベル1の【ヴォルカニック】モンスター。

①:このカードが墓地へ送られた場合、以下の効果から1つを選択して発動できる(このカード名の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度しか適用できない)。
●墓地のこのカードを除外し、デッキから「ヴォルカニック・リムファイア」以外の「ヴォルカニック」モンスター1体を墓地へ送る。
●自分のフィールド(表側表示)・墓地から「ブレイズ・キャノン」カード1枚を除外し、
手札・デッキから「ブレイズ・キャノン」永続魔法・永続罠カード1枚を自分フィールドに表側表示で置く。

《ヴォルカニック・リムファイア》の①の効果

どこからでも自身が墓地へ送られた際に、2つの中からどちらか1つの効果を適用することができます。

名称ターン1の制約がかかっていますが「以下の効果はそれぞれ」とあるように、同一ターンであっても「それぞれ1度ずつ」発動することができます。

リンク素材として墓地へ送ったり、《ヴォルカニック・トルーパー》の手札コストとして墓地へ送ったり、《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》の効果で墓地へ送っても発動することが可能と言う訳ですね。

【ヴォルカニック】デッキのエースである《ヴォルカニック・エンペラー》を墓地へ送ったり、デッキのエンジンである《ブレイズ・キャノン・マガジン》を先攻から表側表示で用意したりといった使い方が基本となります。

《ヴォルカニック・バックショット》

《ヴォルカニック・バックショット》

【 効果モンスター 】
星 2 / 炎 / 炎族 / 攻500 / 守0

このカードが墓地に送られた時、相手ライフに500ポイントダメージを与える。このカードが「ブレイズ・キャノン」と名のついたカードの効果で墓地に送られた場合、手札またはデッキから「ヴォルカニック・バックショット」2体を墓地に送る事で、相手フィールド上モンスターを全て破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

長らく【ヴォルカニック】デッキのメインギミックとして支える、レベル2の【ヴォルカニック】モンスター。

このカードが「ブレイズ・キャノン」と名のついたカードの効果で墓地に送られた場合、手札またはデッキから「ヴォルカニック・バックショット」2体を墓地に送る事で、相手フィールド上モンスターを全て破壊する。

《ヴォルカニック・バックショット》の2段目の効果

【ブレイズ・キャノン】カードの効果で墓地へ送られた際に、手札・デッキの同名カードをすべて墓地へ送ることで、相手モンスターすべてを効果で破壊することができます。

とくに永続罠カードである《ブレイズ・キャノン・マガジン》と非常に相性が良く、あちらの墓地効果でフリーチェーンでこのカードを墓地へ送ることができるため、相手ターン中の展開に合わせて任意のタイミングで全体除去効果を誘発させることができます。

一度効果を使うと手札・デッキの同名カードがすべて墓地へ送られてしまいますが、後述する《ヴォルカニック・エンペラー》の特殊召喚コストに用いたり、《炎帝近衛兵》の効果でリソース回復+ドローを行ったりと、それ自体もさまざまな活用を見出すことができます。

《ヴォルカニック・エンペラー》

【特殊召喚・効果モンスター】
星8/炎属性/炎族/攻3100/守2400
このカードは通常召喚できない。
自分のフィールド(表側表示)・墓地から炎族モンスター3体か「ブレイズ・キャノン」カード1枚を除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。
自分は「ヴォルカニック・エンペラー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:この方法でこのカードが特殊召喚した時に発動できる。
除外状態の炎族モンスターの数×500ダメージを相手に与える。その後、デッキから「ヴォルカニック」罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。
②:相手がモンスターを特殊召喚するたびに相手に500ダメージを与える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

あらたに登場した、【ヴォルカニック】デッキのエースモンスター。

このカードは通常召喚できない。
自分のフィールド(表側表示)・墓地から炎族モンスター3体か「ブレイズ・キャノン」カード1枚を除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。
分は「ヴォルカニック・エンペラー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

《ヴォルカニック・エンペラー》の効果外テキスト

このカードはフィールドの表側表示カードまたは墓地から、炎族モンスター3体か【ブレイズ・キャノン】カードを除外することで、手札・墓地から特殊召喚することができます。

このカードは《ヴォルカニック・リムファイア》の効果で墓地へ送ることができ、《ヴォルカニック・バックショット》《ヴォルカニック・バレット》など炎族モンスターの墓地肥やし手段も豊富なため、デュエル序盤の早い段階であっても呼び出すことが容易となっています。

①:この方法でこのカードが特殊召喚した時に発動できる。
除外状態の炎族モンスターの数×500ダメージを相手に与える。その後、デッキから「ヴォルカニック」罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。

《ヴォルカニック・エンペラー》の①の効果

先述の方法で特殊召喚に成功した際に、除外されている炎族モンスターの数に応じた効果ダメージを相手に与えつつ、さらにデッキから【ヴォルカニック】罠カードをセットすることができます。

【ヴォルカニック】モンスターをリクルートできる《ヴォルカニック・エミッション》や、相手モンスターが発動した効果を無効にできる《ヴォルカニック・インフェルノ》など、状況に応じてセットするカードを使い分けることが可能です。

②:相手がモンスターを特殊召喚するたびに相手に500ダメージを与える。

《ヴォルカニック・エンペラー》の②の効果

自身の打点も3100と非常に高く、②の効果による継続的なバーン効果も優秀なため、このカードをどれだけ早く着地させることができるかが、【ヴォルカニック】デッキでは重要となってくるでしょう。

【ヴォルカニック】魔法・罠カード

《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》

【永続魔法】
手札・デッキ・フィールド(表側表示)から「ブレイズ・キャノン」1枚を墓地へ送ってこのカードを発動できる。
①:「ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 手札から「ヴォルカニック」モンスター1体を特殊召喚する。
③:1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。デッキから炎族・レベル1モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターを破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【ヴォルカニック】と【ブレイズ・キャノン】の両方の名称をもった、あらたな永続魔法カードです。

手札・デッキ・フィールド(表側表示)から「ブレイズ・キャノン」1枚を墓地へ送ってこのカードを発動できる。

《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》の効果外テキスト

このカードを発動する際は、元となった《ブレイズ・キャノン》を手札やデッキから墓地へ送る必要があります。

一見デメリットのようにも見えますが、《ヴォルカニック・リムファイア》の手札・デッキから【ブレイズ・キャノン】カードを置く効果のコストとして墓地の《ブレイズ・キャノン》を使うことができるので、実は重要なテキストとなっています。

③:1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。デッキから炎族・レベル1モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターを破壊する。

《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》の③の効果

③の効果は、デッキから炎族・レベル1モンスターを墓地へ送ることで相手モンスターを対象に取って破壊する効果となっています。

先攻ターンであれば《ヴォルカニック・トルーパー》などで用意した《ボムトークン》を、後攻ターンであれば邪魔な相手モンスターを破壊しながら展開することができます。

デッキから《ヴォルカニック・リムファイア》を送って効果を誘発させたり、《ヴォルカニック・バレット》を送ってそちらの効果で同名カードを手札に供給したりと、さまざまな【ヴォルカニック】カードの効果を誘発させるトリガーとしても活用することとなります。

《ヴォルカニック・エミッション》

【通常罠】
①:以下の効果から1つを選択して発動できる(このカード名の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度しか選択できない)。
デッキから「ヴォルカニック」モンスター1体を選び、手札に加えるか召喚条件を無視して特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに手札に戻る。
●フィールドの炎族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
自分フィールドのモンスターを対象として発動した場合、この効果で与えるダメージは半分になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【ヴォルカニック】の名称を持った、通常罠カード。

①:以下の効果から1つを選択して発動できる(このカード名の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度しか選択できない)。
●デッキから「ヴォルカニック」モンスター1体を選び、手札に加えるか召喚条件を無視して特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに手札に戻る。
●フィールドの炎族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
自分フィールドのモンスターを対象として発動した場合、この効果で与えるダメージは半分になる。

《ヴォルカニック・エミッション》の①の効果

①の効果は2つの中から選ぶものとなっており、【ヴォルカニック】モンスターのリクルート効果とフィールドの炎族モンスターの攻撃力分の効果ダメージを与える効果となっています。

とくにリクルート効果が強力で、特殊召喚時に効果を発動できる【ヴォルカニック】モンスターや、特殊召喚モンスターである《ヴォルカニック・デビル》や《ヴォルカニック・エンペラー》も呼び出すことができます。

特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに手札に戻ってしまいますが、むしろ手札リソースの回復と捉えることもできるため、うまく扱えばメリットとして活用することが可能です。

《ヴォルカニック・インフェルノ》

【永続罠】
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手がフィールドのモンスターの効果を発動した時、
自分の墓地から炎族モンスター1体を除外して発動できる。
相手に500ダメージを与える「ヴォルカニック」モンスターを除外して発動した場合、さらに発動した効果を無効にできる
②:相手エンドフェイズに、自分の墓地・除外状態の「ヴォルカニック」モンスターを2体まで対象として発動できる。そのモンスターを好きな順番でデッキの下に戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【ヴォルカニック】の名称を持った、永続罠カードです。

①:相手がフィールドのモンスターの効果を発動した時、
自分の墓地から炎族モンスター1体を除外して発動できる。
相手に500ダメージを与える。「ヴォルカニック」モンスターを除外して発動した場合、さらに発動した効果を無効にできる。

《ヴォルカニック・インフェルノ》の①の効果

①の効果は、相手モンスターが効果を発動した際に自分の墓地の炎族モンスターを除外することで相手に効果ダメージを与え、【ヴォルカニック】モンスター除外していればさらに発動した効果を無効にすることができます。

【ヴォルカニック】カードで唯一の無効効果となっているので、可能ならばデュエル序盤からアクセスしていきたい妨害手段となっています。

《ヴォルカニック・トルーパー》の効果でサーチしたり、《ヴォルカニック・エンペラー》の効果でセットしたりと言う形でアクセスすることとなるでしょう。

②:相手エンドフェイズに、自分の墓地・除外状態の「ヴォルカニック」モンスターを2体まで対象として発動できる。そのモンスターを好きな順番でデッキの下に戻す。

《ヴォルカニック・インフェルノ》の②の効果

②の効果は、デッキリソースの回復ができる効果となっています。

《ヴォルカニック・エンペラー》の召喚コストに用いたモンスターや、全体除去効果を使って墓地に落ちた《ヴォルカニック・バックショット》を再利用することが可能となります。

とは言え、除外モンスターの数を参照する《ヴォルカニック・エンペラー》のバーン効果との噛み合いもあるので、盤面の状況と見合わせながら効果を用いることを意識しておきましょう。

【ブレイズ・キャノン】カード

《ブレイズ・キャノン》

《ブレイズ・キャノン》

【 永続魔法 】

手札から攻撃力500ポイント以下の炎族モンスター1体を墓地へ送る事で、相手フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する。この効果を使用したターン、自分のモンスターは攻撃する事ができない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

本家本元となる【ブレイズ・キャノン】カードです。

このデッキでは《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》の発動コストとして採用する意味合いが強いですが、先述したように《ヴォルカニック・リムファイア》の発動コストなどにも必要となるため、意外に重要度が高いカードとなっています。

手札から攻撃力500ポイント以下の炎族モンスター1体を墓地へ送る事で、相手フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する。この効果を使用したターン、自分のモンスターは攻撃する事ができない。

《ブレイズ・キャノン》の効果

もちろん状況によっては、本来の除去効果を用いることも検討する必要があるでしょう。

この効果を用いると自分はモンスターによる攻撃が行えなくなりますが、【ヴォルカニック】デッキはバーン効果が豊富なため、そちらの効果だけでも十分に相手のライフを削ることができます。

限られた状況下ではありますが、効果使用にターン1の制約もないため、どうしても相手モンスターを複数体除去したいときなどは検討してみると良いでしょう。

《ブレイズ・キャノン・マガジン》

《ブレイズ・キャノン・マガジン》

【永続罠】
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、魔法&罠ゾーンに存在する限り 「ブレイズ・キャノン-トライデント」として扱う。
②:自分・相手のメインフェイズに発動できる。手札から「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送り、自分は1枚ドローする。
③:自分・相手のメインフェイズに、墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

フリーチェーンで発動することができる、【ブレイズ・キャノン】永続罠カードです。

②:自分・相手のメインフェイズに発動できる。手札から「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送り、自分は1枚ドローする。

《ブレイズ・キャノン・マガジン》の②の効果

②の効果で、お互いのメインフェイズに手札の【ヴォルカニック】カードを墓地へ送ることで1ドローに変換することができます。

手札に供給しやすい《ヴォルカニック・バレット》をドローに変換したり、《ヴォルカニック・リムファイア》を相手ターンに誘発させつつドローに変換したりと、さまざまな形で活用することが可能です。

③:自分・相手のメインフェイズに、墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送る。

《ブレイズ・キャノン・マガジン》の③の効果

また先述したように、お互いのメインフェイズに墓地のこのカードを除外することで、デッキから任意の【ヴォルカニック】カードを墓地へ送ることができます。

相手モンスターの展開中に《ヴォルカニック・バックショット》を墓地へ送って全体除去を行ったり、戦闘ダメージ反射効果を持った《ヴォルカニック・カウンター》を墓地へ送ったりと、さまざまな使い方が可能となっています。

【ヴォルカニック】デッキと相性が良いカード

《火霊媒師ヒータ》

《火霊媒師ヒータ》

【 効果モンスター 】
星 5 / 炎 / 魔法使い族 / 攻1850 / 守1500

このカード名はルール上「霊使い」カードとしても扱う。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札からこのカードと炎属性モンスター1体を捨てて発動できる。
このカード以外の捨てたモンスターより攻撃力が高い炎属性モンスター1体をデッキから手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は炎属性以外のモンスターの効果を発動できない。
②:自分の炎属性モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自身と炎属性モンスターを手札から捨てることで、捨てたモンスターより攻撃力の高い炎属性モンスターをサーチする効果を持っています。マイフェイバリットモンスター

【ヴォルカニック】モンスターは攻撃力が低いものが多くそれらをコストとすることで、幅広い範囲の炎属性モンスターをサーチすることができます。

初動に使いやすい《ヴォルカニック・トルーパー》や《ヴォルカニック・ロケット》、序盤から着地を狙いたい《ヴォルカニック・エンペラー》などがサーチ候補となることでしょう。

《焔征竜-ブラスター》

《焔征竜-ブラスター》

(制限カード) 【 効果モンスター 】
星 7 / 炎 / ドラゴン族 / 攻2800 / 守1800

自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族または炎属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードと炎属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。
このカードが除外された場合、デッキからドラゴン族・炎属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「焔征竜-ブラスター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

みんな大好き【征竜】モンスターの1種ですね。

【ヴォルカニック】デッキでは打点や展開の1つと活用でき、さらにフィールドのカードの破壊もできるという優秀なモンスターとなっています。

また自身の特殊召喚のために【ヴォルカニック】モンスターや炎族モンスターを除外することで、《ヴォルカニック・エンペラー》のバーン効果をより強力にするといった使い方も可能となっています。

《警衛バリケイドベルグ》

《警衛バリケイドベルグ》

【 リンクモンスター 】
星 2 / 闇 / 機械族 / 攻1000 /

カード名が異なるモンスター2体
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。このターンのエンドフェイズに、自分の墓地から永続魔法カードまたはフィールド魔法カード1枚を選んで手札に加える。②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの表側表示の魔法カードは相手の効果では破壊されない。

【LINK-2:左/下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自身のリンク召喚成功時に手札1枚を捨てることで、墓地の永続魔法・永続罠カード1枚をエンドフェイズに回収する効果を持っています。

墓地へ送られてしまった【ブレイズ・キャノン】カードの再利用したり、先攻ターンから手札の《ヴォルカニック・リムファイア》や《ブレイズ・キャノン・マガジン》を墓地へ送る手段としても活用することができます。

また③の効果も、《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》を相手カードによる破壊から守る手段として地味にうれしいものとなっています。

【ヴォルカニック】デッキの回し方

《ヴォルカニック・トルーパー》+手札コスト1枚の展開例

【使用カード/条件】

  • 《ヴォルカニック・トルーパー》
  • 手札コスト1枚
  • 自分のライフが1000より多い

【結果】

  • 《灼熱の火霊使いヒータ》
  • 《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》
  • 手札に《ヴォルカニック・バレット》

【手順】

  1. 手札から《ヴォルカニック・トルーパー》を召喚して効果を発動、デッキから《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》を手札に加える
  2. 手札1枚を捨てて《ヴォルカニック・トルーパー》の効果を発動、相手フィールドに《ボムトークン》を特殊召喚
  3. デッキから《ブレイズ・キャノン》を墓地へ送って手札から《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》を発動
  4. 《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》の効果を《ボムトークン》に対象を取って発動、デッキから《ヴォルカニック・バレット》を墓地へ送り対象のモンスターを破壊する(《ボムトークン》の効果で相手に500ダメージ)
  5. 500ライフを支払って墓地の《ヴォルカニック・バレット》の効果を発動、デッキから《ヴォルカニック・バレット》を手札に加える
  6. 《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》の効果を発動、手札から《ヴォルカニック・バレット》を特殊召喚
  7. 《ヴォルカニック・バレット》を素材として、EXデッキから《リンクリボー》をリンク召喚
  8. 500ライフを支払って墓地の《ヴォルカニック・バレット》の効果を発動、デッキから《ヴォルカニック・バレット》を手札に加える
  9. 《ヴォルカニック・トルーパー》《リンクリボー》を素材として、EXデッキから《灼熱の火霊使いヒータ》をリンク召喚

【盤面の解説】

《ヴォルカニック・トルーパー》と手札コスト1枚からの展開の一例です。

デッキのエンジンとなる《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》を用意しつつ最低限の消費で展開し、破壊された際にサーチ効果を持つ《灼熱の火霊使いヒータ》を出しておくことで次ターン以降の展開の準備としています。

【ヴォルカニック】デッキは先攻1ターン目から一気にモンスターを展開するというよりも、序盤・中盤は相手モンスターを除去してコントロールしながらバーン効果でライフを削っていくのが基本となります。

そのため、こうした展開はあくまでゲームの展開を有利に進めていくための準備として考えることを念頭に置いて立ち回っていきます。

相手の盤面とライフをコントロールしながら、最終的には《ヴォルカニック・エンペラー》や《ヴォルカニック・デビル》といった大型モンスターを安全に着地させるのを目指しましょう。

後攻などで相手フィールドにモンスターが存在すれば、そちらを《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》の対象にすることで《ヴォルカニック・トルーパー》のトークン生成効果を使わずとも展開することができます。

もし初手から《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》があれば、《ヴォルカニック・トルーパー》のサーチ先を《ヴォルカニック・エミッション》に変えることで、相手ターン中に攻撃強制効果を持つ《ヴォルカニック・デビル》をリクルートするなどといった動きも可能です。

手札の組み合わせによっては《ヴォルカニック・バレット》ではなく《ヴォルカニック・リムファイア》を墓地へ送り、そちらの効果でデッキから《ブレイズ・キャノン・マガジン》を置いて手札交換といったこともできます。

墓地に炎族モンスターが揃っているのであれば《ヴォルカニック・リムファイア》から《ヴォルカニック・エンペラー》を墓地へ送ってそちらの効果で自分フィールドに特殊召喚すれば、アタッカー出力と高火力バーンを同時に行うことも可能です。

このようにこの展開はあくまで基本というだけで、実際には他の手札やフィールド、墓地の状況に応じて、臨機応変に展開していくことを心がけておきましょう。

《ヴォルカニック・リムファイア》を用いた展開の一例

【使用カード/条件】

  • 《ヴォルカニック・トルーパー》
  • 《ヴォルカニック・リムファイア》
  • 自分ライフが1000より多い

【結果】

  • 《ヴォルカニック・エンペラー》
  • 《I:Pマスカレーナ》
  • 《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》
  • 《ヴォルカニック・エミッション》
  • 手札に《ヴォルカニック・バレット》
  • 相手に2500ダメージ

【手順】

  1. 手札から《ヴォルカニック・トルーパー》を召喚して効果を発動、デッキから《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》を手札に加える
  2. 手札の《ヴォルカニック・リムファイア》を捨てて《ヴォルカニック・トルーパー》の効果を発動、相手フィールドに《ボムトークン》を特殊召喚
  3. 墓地へ送られた《ヴォルカニック・リムファイア》の効果を発動、自身を除外してデッキから《ヴォルカニック・エンペラー》を墓地へ送る
  4. デッキから《ブレイズ・キャノン》を墓地へ送って手札から《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》を発動
  5. 《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》の効果を《ボムトークン》に対象を取って発動、デッキから《ヴォルカニック・バレット》を墓地へ送り対象のモンスターを破壊する(《ボムトークン》の効果で相手に500ダメージ)
  6. 500ライフを支払って墓地の《ヴォルカニック・バレット》の効果を発動、デッキから《ヴォルカニック・バレット》を手札に加える
  7. 《ヴォルカニック・ブレイズ・キャノン》の効果を発動、手札から《ヴォルカニック・バレット》を特殊召喚
  8. 《ヴォルカニック・トルーパー》 《ヴォルカニック・バレット》を素材として、EXデッキから《I:Pマスカレーナ》をリンク召喚
  9. 500ライフを支払って墓地の《ヴォルカニック・バレット》の効果を発動、デッキから《ヴォルカニック・バレット》を手札に加える
  10. 墓地の《ヴォルカニック・トルーパー》 《ヴォルカニック・バレット》2体を除外して、墓地の《ヴォルカニック・エンペラー》を特殊召喚
  11. 《ヴォルカニック・エンペラー》の効果を発動、相手に2000ポイントのダメージを与え、デッキから《ヴォルカニック・エミッション》をセット

【盤面の解説】

先述した《ヴォルカニック・トルーパー》の展開から派生した、《ヴォルカニック・リムファイア》を用いた展開ルートの一例です。

《I:Pマスカレーナ》と《ヴォルカニック・エンペラー》、リクルート効果の《ヴォルカニック・エミッション》をセットしているため、相手ターンのリンクモンスターをリンク召喚することで妨害を行えるようにしています。

手札に《ブレイズ・キャノン・マガジン》があれば《トロイメア・ユニコーン》でカードバウンスをしながらそちらを捨てたり、《ヴォルカニック・エミッション》で《ヴォルカニック・トルーパー》をリクルートしてサーチ効果を使った後に相手モンスターを含めて《閉ザサレシ世界ノ冥神》をリンク召喚したりと、妨害を使い分けることができます。

また《ヴォルカニック・エンペラー》によるセット対象を《ヴォルカニック・インフェルノ》にしておけば、《I:Pマスカレーナ》などの効果で墓地へ送った《ヴォルカニック・エンペラー》を除外することで相手モンスターの効果を無効化することもできます。

さらに相手エンドフェイズに《ヴォルカニック・インフェルノ》の効果で墓地・除外の炎族モンスターをデッキに戻すことできるので、次ターン以降の展開に備えて《ヴォルカニック・バレット》をデッキに戻すといった動きも可能となります。

ちなみにこの展開、実は《ヴォルカニック・エミッション》1枚から再現することが可能です。

  1. 相手エンドフェイズに《ヴォルカニック・エミッション》を発動し、デッキから《ヴォルカニック・トルーパー》を特殊召喚
  2. 《ヴォルカニック・トルーパー》の効果を発動、デッキから《ヴォルカニック・リムファイア》を手札に加える
  3. ターン終了時の処理で、《ヴォルカニック・トルーパー》が手札に戻る

相手ターンを挟む必要こそありますが、このように展開することで《ヴォルカニック・トルーパー》《ヴォルカニック・リムファイア》の両方を1度に揃えることができます。

《ブレイズ・キャノン・マガジン》《ヴォルカニック・バックショット》などで相手ターンを凌ぐことができれば、上記の展開例を使って《ヴォルカニック・エンペラー》を立てながら、相手のライフを一気に削っていきましょう。

【ヴォルカニック】デッキをカスタムするおすすめカード

【イシズティアラメンツ】関連カード

《ティアラメンツ・クシャトリラ》

《ティアラメンツ・クシャトリラ》

【 効果モンスター 】
星 7 / 水 / サイキック族 / 攻2300 / 守1200

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分の手札・墓地から「クシャトリラ」カードまたは「ティアラメンツ」カード1枚を選んで除外する。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分または相手のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
③:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《古衛兵アギド》

《古衛兵アギド》

(制限カード) 【 効果モンスター 】
星 4 / 地 / 天使族 / 攻1500 / 守1300

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札・デッキからカードが相手の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分の墓地から「古衛兵アギド」以外の天使族・地属性・レベル4モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
②:このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
お互いのデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。
その後、自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する場合、自分または相手のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

墓地肥やしを得意とする現代版【ライトロード】とも名高い、【イシズティアラメンツ】のギミックです。

【ヴォルカニック】デッキの強力な武器である《ブレイズ・キャノン・マガジン》を墓地へ送りやすくなるだけでなく、炎族モンスターを肥やしながら《ヴォルカニック・エンペラー》を墓地に送るという役割も持たせることができます。

また【イシズ】系統モンスターの効果で墓地に送られた《ヴォルカニック・バックショット》などをデッキに戻すギミックもあるので、非常に相性が良いと言えるでしょう。

《同胞の絆》

《同胞の絆》

【 通常魔法 】

このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
①:2000LPを払い、自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと同じ種族・属性・レベルでカード名が異なるモンスター2体をデッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《同胞の絆》は、コントロールやパーミッション系のデッキで採用されることが多い、汎用の展開魔法カードです。

レベル4・炎属性・炎族モンスターである《ヴォルカニック・ロケット》を対象にすれば、強力なメタ効果を持った《業火の結界像》をリクルートすることができます。

よりコントロール色を強くしたい場合は、《ヴォルカニック・ロケット》とこのカードをフル投入してみるのも良いかもしれません。

《The blazing MARS》

《The blazing MARS》

【 効果モンスター 】
星 8 / 炎 / 炎族 / 攻2600 / 守2200

「The blazing MARS」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、このカード以外の自分の墓地のモンスター3体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。
②:自分メインフェイズ1に、このカード以外の自分フィールドのモンスターを全て墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったモンスターの数×500ダメージを相手に与える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

炎族の最上級モンスターであり、《ヴォルカニック・エジェクション》でデッキから墓地へ送ることができる炎族モンスターとしても採用することができます。

墓地のモンスター3体を除外することで自己再生を行うことができ、うまく扱えば《ヴォルカニック・エンペラー》のバーン効果の底上げをしつつ打点を用意することができます。

また自身もバーン効果を持っているため、少しロマン寄りにはなってしまいますが、カジュアルデッキやファンデッキでは良い味を出してくれるカードとして期待させてくれることでしょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。

【ヴォルカニック】デッキはアニメに登場しているテーマであることもあってファンが多く、新規カードも加わって非常にプレイしがいのあるデッキに仕上がっております!

コントロールやバーンといったカードゲームの中でもクセの強い尖ったテーマでもありますが、それがまた面白いところでもありますので皆さんにもぜひ一度触れて欲しいテーマです!

興味を持っていただけたなら是非とも実際にカードを手に取ってプレイしてみていただければ幸いです。

ここまでのご精読、ありがとうございました!


カテゴリ:

タグ:


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

5

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な22,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

関連記事