【DM歴代名作デッキ】Vol.101~黒単ギャロウィン(rev限)~【週刊:神結コラム】

PV 8,966 いいね 22 -

【DM歴代名作デッキ】Vol.101~黒単ギャロウィン(rev限)~【週刊:神結コラム】

 こんにちは、神結です。

 デュエプレの新弾がリリースされました。バイク、サソリス、NEXT、黒単といった群雄割拠の様相を呈していますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。AD、カチュアで上げといてよかったな本当に。

 さて、新弾がリリースされたとあればやはりこのシリーズでしょう。

 実は結構前に「Rev限の《超復讐 ギャロウィン》を使ったデッキを紹介して欲しい」というリクエストをいただいていたのですが、折角なのでということでこのタイミングで書かせていただきました。

 特に《超復讐 ギャロウィン》はなんかジャマー団の女の子が書かれたsec版が登場しているため、使いたいという方も多いことでしょう。

 というわけで「歴代名作デッキ紹介」と題しまして、過去の名デッキの振り返りをしていくこの企画。

 今回は【黒単ギャロウィン】(rev限)です。

 

目次

本日の名作デッキ紹介

宿敵バイクを討ち滅ぼせ「黒単ギャロウィン」

 本日紹介するデッキはrev限定戦で活躍した【黒単ギャロウィン】になります。

 このデッキは、秋以降の革命限定環境に於ける"最強"として君臨。各地権利戦や、《禁断 ~封印されしX~》登場以前のエリア代表戦で大活躍を見せました。

 リストはこんな感じ。


 デッキの軸となっているのは、《超復讐 ギャロウィン》です。

【 進化クリーチャー 】
種族 デーモン・コマンド / 侵略者 / 文明 闇 / パワー8000 / コスト6

■進化―自分の闇のクリーチャー1体の上に置く。■侵略―闇のコマンド■W・ブレイカー■このクリーチャーまたは自分の他のクリーチャーが破壊された時、このクリーチャーがタップしていたら、相手のクリーチャーを1体破壊し、《超復讐 ギャロウィン》以外の闇のクリーチャー1体を自分の墓地から手札に戻す。

 登場は革命編第2弾の「時よ止まれミラダンテ!!」。パックの名前になっている《時の革命 ミラダンテ》の他、《メガ・マグマ・ドラゴン》《超獣軍隊 ベアフガン》《閃光の守護者ホーリー》などと同期になります。

カイジ謎ポーズbotみたいだと僕の中で話題に

 このデッキは《超復讐 ギャロウィン》の耐久力を生かした除去+ハンデスコントロールというのがコンセプトでしょう。

 ある程度楯からの逆転を意識しつつ、ハンデスをしながら相手のリソースを削り、そしてあとは《超復讐 ギャロウィン》を寝かせて維持しつつ、破壊と墓地回収を繰り返して戦う、といった感じですね。

 ……と、書いても少しわかりにくいと思いますので、今回は各カードに少し焦点を当てていきましょうか。

 もっとも 《一撃奪取 ブラッドレイン》《解体人形ジェニー》《暗黒鎧 ヴェイダー》《復讐 ブラックサイコ》はいいでしょう。

 【黒単ヘルボロフ】でもお馴染みの初動、ハンデス、リソース札になっています。序盤は、これらでゲームを作り、ハンデスでテンポを取って盤面を固めていきます。

 なお、デュエプレから来た人だと「なんか初動少なくない?」と感じる方もいらっしゃるでしょうが、私も私でいまリストを見返して驚いているところではあります。

 まぁrev限という閉じた環境であり、相手も相手で一撃奪取の引き合いに参加せねばならず、そういう話であれば結局五分五分ではあるので、この時はそんなに気にならなかった記憶がありますね……。楯受けもあるし。

 ただ序盤を補強するべく、《暗黒鎧 ヘルミッション》等を抜いて《西部人形ザビ・バレル》を採用したリストもあり、こちらはエリア東北で優勝を飾っています。

 《暗黒鎧 ヘルミッション》自体は蓋として機能したり、楯を守ることが出来たりと悪くはないのですが、《轟く侵略 レッドゾーン》の単騎突撃とかには無力なんですよね。

 ただこのデッキの防御ギミックと言えば、やはり《黒神龍オドル・ニードル》は外せないでしょう。

【 クリーチャー 】
種族 ドラゴン・ゾンビ / 文明 闇 / パワー5000 / コスト6

S・トリガー

バトルゾーンに出す時、このクリーチャーはタップして置く。

相手の攻撃クリーチャーは、可能であればこのクリーチャーを攻撃する。

このクリーチャーがバトルする時、バトルの後、このクリーチャーと相手のクリーチャーを破壊する。

 デュエプレでもよくわからない謎のラップをキメているカードで、人によっては印象も薄いかもしれません。ドラゴン・ゾンビ、それなりに縁を作ろうとしないと触らないだろうし……。

 しかしこのデッキには於いては、単なるトリガー以上の役割を持っており、大活躍を見せてくれます。

 というのもこのカード、とにかく《超復讐 ギャロウィン》と相性が良すぎるんですよね。

 タップされている《黒神龍オドル・ニードル》に攻撃誘導があり、そしてバトル後に破壊されるということは……、つまり相手が殴るだけで《超復讐 ギャロウィン》の効果を誘発させられる訳です。

 相手のクリーチャーを相討ちしながら、自身はギャロウィン効果で手札に返ってくるというコンボで耐久が可能となっています。

 特に、赤侵略(バイク)との対決の場面ではこのカードは必須です。


 禁断前夜のRev限バイクはだいたいこんな感じ(個人によってはターボが減ってたりとか色々差異はありました)。

 で、この時のバイク側の受け札と言えば《閃光の守護者ホーリー》《DNA・スパーク》という二種のスパークだったのですけど、ここでダンチガイなのが《黒神龍オドル・ニードル》

 《超復讐 ギャロウィン》《黒神龍オドル・ニードル》を用意しておけば、スパークを踏んだときに「ギャロウィンとオドル・ニードルがタップされている」というココロオドル盤面が自動的に用意されるため、ヤバスギル状況にはならなかったんですよね。

 またもう1つ受けの話をすると、《暗黒鎧 キラード・アイ》《死神術士デスマーチ》というパッケージも強力でした。

【 クリーチャー 】
種族 ダーク・ナイトメア / 革命軍 / 文明 闇 / パワー4000 / コスト5

■このクリーチャーがバトルゾーン出た時、自分の山札の上から4枚を墓地に置いてもよい。
■闇の進化クリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。

【 進化クリーチャー(墓地進化) 】
種族 デスパペット / 文明 闇 / パワー1000 / コスト1

ブロッカー
墓地進化-闇のクリーチャーを1体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
このクリーチャーがバトルする時、そのバトルの終わりまで、バトルしている相手クリーチャーのパワーは-4000される。

 これはどういうことかと言えば、《死神術士デスマーチ》をチャンプブロック要員として運用し、それを《暗黒鎧 キラード・アイ》でゾンビ化するというものでした。

 要するに、毎日がデスマーチです。

 で、何が黒単をここまでさせるのかという話でいうと、ひとえに《超轟速 マッハ55》というヤバい奴がいるからです。

 黒単にとってこのカードは天敵。だって、どうやっても退かないんだもん。

 こうなるとどうするかと言えば、とにかくチャンプブロックで止めるか《黒神龍オドル・ニードル》で攻撃誘導していくしかないんですよね。

 ですのでこうした受けパッケージを用意されているわけです。

 まぁバイク側も《 メガ・マグマ・ドラゴン 》でゴリ押し突破を図ったり、或いは《 轟速 S 》を採用すると、「クリーチャーを攻撃できない」というデメリット効果のお陰で《 黒神龍オドル・ニードル 》を無視してダイレクトアタックを決められる、という奥の手がありました。

【 クリーチャー 】
種族 ソニック・コマンド / 侵略者 / 文明 火 / パワー5000 / コスト3

■このクリーチャーは、可能なら毎ターン攻撃する。
■このクリーチャーは、クリーチャーを攻撃できない。 

 この挙動、バグっぽくて好きだし、そうでなくとも「メタが回りまくった先の環境」っぽくてなんかいいんだよな。

 で、黒単側も《革命の裁門》で受けて……なんていうことになるんですけどね。

【 呪文 】
文明 闇 / コスト4

■革命0トリガー―クリーチャーが自分を攻撃する時、自分のシールドが1枚もなければ、この呪文をコストを支払わずに唱えてもよい。
■自分の山札の上から1枚目を見せる。
それが闇のクリーチャーなら、相手のクリーチャーを1体破壊する。
■この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに山札に加えてシャッフルする。

こちらはデュエプレのイベントで配布された《秘密結社holox》なんですが、ルビ的には「かくめいのさいもん」らしいです。(引用元:デュエプレ公式サイト)

 そして赤侵略も、最終的には《超音速 ターボ3》を全抜きして《超轟速 マッハ55》に大きく寄せた構築になっていた、はず……。

 というように、この黒単ギャロウィンというデッキは赤侵略との戦いを抜きにして語ることは出来ません。

 この時期のRev限は、黒単と赤侵略とデイガカラーの天門を軸に環境が回っていたんですが、「黒vs赤」と言っても良かったと思います。

 デイガの天門はそれはそれで面白い構築ではあるので、また今度触れようと思います。

 ちなみに《禁断 ~封印されしX~》リリース後は「禁断解放」とかいうギミックが道中の何もかもを否定してゲームを終わらせるようになってしまったため、なんかこう、うん。

 

おわりに

 「DM歴代名作デッキ」、第101回は【黒単ギャロウィン】でした。

 限定構築戦って自分が思い付いた謎のギミックやシナジーをデッキに盛り込めて面白いんですよね。

 このリストをそのままデュエプレに持ち込んでどうなるかというとやや厳しい戦いが待っていそうですが、あっちはあっちですんごいネロとかいるし、また色々組み合わせて戦うのも楽しいかと思います。

やはりルカ様しか勝たん。(引用元:デュエプレ公式サイト)

 

 というわけで、今回はここまで。

 「このデッキを紹介して欲しい」といったリクエストも受け付けておりますので、#DM歴代名作デッキでご感想をお待ちしております。

 それではまた来週会いましょう。

 

バックナンバーはこちら!

デュエマの歴史を学びたい方はこちら!


カテゴリ:

タグ:,


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

22

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な15,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

関連記事