【デュエマ 2020年10月 殿堂 環境 予想】最強デッキランキング!【10/16更新】

PV 642,206 いいね 1260 コメント 11

【デュエマ 2020年10月 殿堂 環境 予想】最強デッキランキング!【10/16更新】

目次

最強デッキランキングとは

はじめに

この記事では、カーナベル所属のプロプレイヤーであるユーリが現環境で活躍するであろうデッキを考察し、解説・紹介していきます。

今週末の大会で勝ちたい人や環境デッキを組んでみたい人におすすめの記事です。

この記事を読んであなたも環境デッキの理解を深めましょう!

※環境の変遷に伴い随時更新されます

最強の定義

本記事では最強デッキを「デュエル・マスターズ競技環境での相対的な強さ」と定義します。

Tier1とは「環境内に不利なデッキが少ない、あるいは相性差を覆しやすいデッキであり、大会で持ち込みが一番多いと予想される対策必須のデッキ」です。

Tier2とは「Tier1やTier2のデッキにある程度勝てる見込みがあり、大会でも毎回一定数いると予想されるデッキ」です。

Tier3とは「弱点が多い、デッキパワーが低いなどの理由で使用者は少ないものの、特定のメタゲームでは活躍することができるデッキ」です。

Tier1

【ラッカドラグナー】Tier1

クロニクルデッキで登場したドラグナーデッキの中でも特に安定感が高いデッキ。

《龍覇ラブエース》や《爆龍覇ヒビキ》に装備した《爆熱剣バトライ刃》を《爆熱天守バトライ閣》《爆熱DXバトライ武神》へと龍解させることでゲームを決めるデッキです。

《爆熱DXバトライ武神》と革命チェンジでのループを使って《不敗のダイハード・リュウセイ》を山から出し、相手のシールドをすべて焼却して勝つことが理想です。

《爆熱DXバトライ武神》を用意できない場合でも、《爆龍覇リンクウッド》から《龍覇龍デッドマン=ザ=オリジン》への侵略など別の勝ち筋があるのも魅力です。

また、《龍覇龍デッドマン=ザ=オリジン》は《希望のジョー星》や《奇石ミクセル》等のメタカードが効きにくいため、対策が難しいデッキになっています。

しかし、キルターンが速く、《ZEROハンド》等のメタカードを持っている【青黒カリヤドネ】に対してのみ明確に不利なデッキです。


【ラッカドラグナー】に有利なデッキ

  • 【青黒カリヤドネ】
画像をタップして解説記事をチェック!

【デイガドラグナー】Tier1

ドラグナーデッキの中でも特に《爆熱剣バトライ刃》での捲りに特化させたデッキです。

《爆熱剣バトライ刃》を装備した《龍覇 グレンアイラ》や《爆龍覇ヒビキ》で大型ドラゴンを呼び出すことでゲームを決めます。

《ヘブンズ・フォース》と《イーヴィル・フォース》の2種類の踏み倒しが採用されており、引いた試合は早い展開でゲームを進めることができます。

特に《ヘブンズ・フォース》が絡んだ際の動きは最大値が高く、引いた試合は手札と《爆熱剣バトライ刃》の捲りによっては2ターンキルができる場合もあります。

また、《龍覇 グレンアイラ》や《爆龍覇ヒビキ》のアタック時に《勇者の1号ハムカツマン蒼》を革命チェンジさせれば安定して《ニコル・ボーラス》や《∞龍 ゲンムエンペラー》などの強力な多色ドラゴンを場に出すことが可能です。


近日公開です。お楽しみに

【デイガドラグナー】に有利なデッキ

  • 【ラッカドラグナー】
近日公開です。お楽しみに

【青黒カリヤドネ】Tier1

豊富な低コスト呪文で墓地を肥やしながらデッキを回し、《魔導管理室カリヤドネ》で《ブラッディ・クロス》をループさせることで相手をライブラリアウトさせるループデッキ。

デッキの多くが低コストかつ手札を入れ替えるカードで構成されているため事故が少なく、安定して4~5ターン以内にループに入れるのが特徴です。

一見メタカードが刺さるように見えますが墓地メタに関しては《知識と流転と時空の決断》での《ソゲキ丙-一式》や《カット丙-二式》でリソースゲームに持ち込むことで対応できるため見た目に反して弱点が薄いデッキとなっています。

しかし、デッキのほぼすべての動きを呪文に頼っているため、呪文を封殺するカードをプレイされてしまうとなすすべがなくなってしまいます。

そのため、【赤白レッドゾーン】の《ジャミングチャフ》や【デイガドラグナー】の《光神龍スペル・デル・フィン》にはなすすべがありません。

また、5コスト以下の呪文を縛る《∞龍 ゲンムエンペラー》にも対抗策ができないデッキでしたが、《ZEROハンド》が採用されるようになり、【デイガドラグナー】から踏み倒される《∞龍 ゲンムエンペラー》に対して多少あらがうことが出来るようになりました。


画像をタップして解説記事をチェック!

青黒カリヤドネ】に有利なデッキ

  • 【デイガドラグナー】
  • 【赤白レッドゾーン】
近日公開です。お楽しみに
画像をタップして解説記事をチェック!

Tier2

【青白ギャラクシールド】Tier2

《凄惨なる牙パラノーマル》のシールドに置かれた際の強力な効果を活かすために、表向きのシールドを作れる《策略のエメラル》や《「絶対の盾騎士」》などを採用しているかなり守りに特化したコントロールデッキです。

《凄惨なる牙パラノーマル》の効果は小型のクリーチャーで戦うデッキには滅法強く、場合によってはそれだけでゲームを決めてしまうことも。

また、ドラリンパックで登場した《希望のジョー星》と《DG-パルテノン〜龍の創り出される地〜》を採用することによって、幅広いデッキに対して対応することができるようになっており、従来の型に比べてローグ耐性が大きく上がりました。

しかし、Tier1の【ラッカドラグナー】に対しては《希望のジョー星》と《DG-パルテノン〜龍の創り出される地〜》が刺さり辛いため若干不利となっており、この位置となっています。


画像をタップして解説記事をチェック!

青白ギャラクシールド】に有利なデッキ

  • 【ラッカドラグナー】
近日公開です。お楽しみに

Tier3

【マーシャルループ】Tier3

《海底鬼面城》などでコンボパーツを集め、《マーシャル・クイーン》からループコンボを決めるループデッキです。

《超次元ジェイシーエイ・ホール》の登場により、手札が揃わずループができない場合にも《勝利のリュウセイカイザー》などで時間を稼いだり、ビートプランに切り替えることができるようになったのでデッキとしての安定感が大幅に上がりました。

ループデッキでありながらマナコストを支払って呪文を唱えることがないため、《音奏プーンギ》などのコストを上げる系統のメタカードが効かないのが特徴です。

とはいえ、ループデッキであるので《DG-パルテノン〜龍の創り出される地〜》などのメタカードがキツイため、この位置となっています。

画像をタップして解説記事をチェック!

マーシャルループ】に有利なデッキ

  • 【デイガドラグナー】
  • 【青白ギャラクシールド】
近日公開です。お楽しみに
画像をタップして解説記事をチェック!

【赤白レッドゾーン】Tier3

豊富なメタクリーチャーで相手の動きを制限しながら、高打点の侵略クリーチャーを絡めてビートダウンするデッキ。

7月の殿堂施行により《熱き侵略レッドゾーンZ》が殿堂入りし、攻める際のパワーが落ちてしまいました。

しかし、デッキの本筋であるメタクリーチャー+高打点は健在です。

特に《GOOOSOKU・ザボンバ》はメタクリーチャーの展開と侵略というこのデッキの重要な要素を1枚で達成することができるため、非常に強力な1枚となっています。

また、新しく登場した《魔軸の鎖 カメカメン》によって呪文がさらに使いやすくなり、呪文を絡めてのビートダウンがしやすくなりました。

特にアタック時に唱えられる《MANGANO-CASTLE!》は非常に強力で、侵略クリーチャーが引けなくともゲームを決めることができるようになりました。

しかし、メタカード満載とはいえ、最近では【ラッカドラグナー】などのメタカードが刺さりにくいデッキが増えているため、この位置となりました。


画像をタップして解説記事をチェック!

【 赤白レッドゾーン】に有利なデッキ

  • 【ラッカドラグナー】
  • 【青白ギャラクシールド】
近日公開です。お楽しみに
画像をタップして解説記事をチェック!

【青魔導具】Tier3

《卍新世壊卍》の効果で《月下卍壊ガ・リュミーズ卍》を唱え、《凶鬼卍号メラヴォルガル》等のドルスザクを出して押し切るコンボデッキです。

《卍新世壊卍》の後に魔導具呪文を4回唱える必要があるため、いかに早いターンに《卍新世壊卍》をプレイできるかが勝敗に大きく関与する、《卍新世壊卍》に依存気味のデッキです。

しかし、その分《卍新世壊卍》を引いた際のパワーは非常に高く、Tier1のデッキにも引けを取りません。

また、《ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ》で《月下卍壊ガ・リュミーズ卍》を捨てることによる全体除去や、《MEGATOON・ドッカンデイヤー》によるワンショットのギミックを搭載しており、《卍新世壊卍》が序盤に引けないからと言って全く戦えないわけではありません。

しかし、現環境では速度が間に合わない対面の多さや、カード除去への弱さ、《希望のジョー星》や《∞龍 ゲンムエンペラー》等のメタカードが出てきたことからこの位置になっています。


【青魔道具】に有利なデッキ

  • 【デイガドラグナー】
  • 【青黒カリヤドネ】
  • 【赤白レッドゾーン】
近日公開です。お楽しみに
画像をタップして解説記事をチェック!
画像をタップして解説記事をチェック!

まとめ

現環境について

【ラッカドラグナー】、【デイガドラグナー】、【青黒カリヤドネ】のデッキパワーが高い3つのデッキが上位にきており、その下に各種メタデッキが連なっている形です。

この3つのデッキはそれぞれデッキタイプが大幅に違い、メタカードもそれぞれ異なるため、全てのデッキを対策するのが困難になっています。

が、この3つのデッキを上手くメタることが出来るデッキや、さらにデッキパワーが高いデッキが現れれば環境が大きく変わるかもしれません。

【ドラグナー】や【青黒カリヤドネ】を妨害出来るメタカードに注目ですね!

おわりに

使ってみたいデッキは決まりましたか?

カーナベルでは環境デッキを組みたい人に向けて、デッキパーツを豊富にそろえています。今週末の大会で使いたい"あの"カードも当日15時までの注文で即日発送しています!

欲しいカードがすぐ手に入るカーナベルでデッキパーツを集め、週末の大会を駆け抜けましょう!!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (11)

匿名

前回煽られた後拗ねてこれ書いたと思うとなんか草
やっぱこの2種類のドラグナーが強いんやなって

5
匿名

懲りてなくて草
もう方針変える気ないみたいだけど、タイトル詐欺だけはやめてくれ

5
なるせゆうじ@本厚木

最近3人でデュエマしてるからとても参考になる

0
匿名

正直しない方が良い。

7
匿名

今のデュエマ環境をさらっと知るにはちょうどいい記事

0
匿名

でたらめだけどなww

7
匿名

なに根拠にしてんの?ドラグナー対面で結構な勝率叩き出してて入賞数もあるヴァイカーが居らんって何?

6
匿名

カード売りたいのは分かるけど結果出してないマーシャルループ環境入りって嘘つくのはやめてくれ。これでもし買う人がいたらどうするんだ?シータバーンメア結果出してるのに入って無いのなんで?

5
ローマ

あのーもう少し丁寧にやってくれませんか?無理に出さなくてもいいのでもう少しCS入賞数等の明確な情報ソースを参考にして欲しいです。

4
まってーのじっしー

どのデッキが安定しますか?

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

1260