【格安デュエマ研究所】5000円で銀河転生サムライチェンジ!ギンガビクトリー

PV 13,520 いいね 21 -

【格安デュエマ研究所】5000円で銀河転生サムライチェンジ!ギンガビクトリー
このデッキはこんな人におすすめ!
●安くて楽しいデッキが欲しい!
●新旧主人公のクロスオーバーは熱い!
●子供の頃から、ヒーローに憧れてた!
●夢を形にするのが夢だった!
●ヒーローの出番です!

サムライ&革命チェンジ!!

『ビクトリーBEST』で突如としてフィーチャーされたサムライ種族。革命チェンジを組み込み、この夏に環境を席巻したことは記憶に新しい。

ガイギンガ!!

初代ダブルビクトリーとしてデビューしたドラグハート・クリーチャー。相方の《グレンモルト》ともども数多の派生カードと、それらを軸としたデッキを環境へと送り出してきた。

これらサムライ・革命チェンジ・ガイギンガに共通して言えることは、強さだけでなくカッコ良さを兼ね備えているということ!
手に取ってみたい、使ってみたいカッコ良さに満ちているカード群ではないだろうか。

そこで今回の格安デュエマ研究所は、サムライ・革命チェンジ・ガイギンガを一つに束ねた、ヒロイックでカッコ良いデッキを紹介!

デッキネームは、そう――

ギンガビクトリー!!

目次

格安デュエマ研究所とは?

『格安デュエマ研究所』は、デュエル・マスターズの安くて楽しいデッキが欲しい!という夢を叶えるために生まれ、戦う企画だ。

「格安」の定義として、「シングル価格の合計がクロニクルデッキの定価(=およそ5000円)以内」と設定している。セレクションデッキに合わせるのはちょっとキツいね……

※シングル価格は、執筆時点(2023/11/26)のカーナベル通販価格において最も安いバージョンの状態A(最高品)相当として計算

もちろん、すでに持っているカードや傷アリカードを使えば、もっと安く構築することが可能だ。

また、安いデッキは高額デッキの代用品や劣化版ではない。独自の強さや面白さ、そしてカッコ良さを持つデッキを研究・紹介していくぞ!

デッキのコンセプト~夢のヒーロー~

さて、序文でサムライや革命チェンジやガイギンガをカッコ良く使おう!みたいなことを述べたのだけれど、もちろん単なる劣化サムライを組むつもりはない。

そもそも従来の【赤白サムライ】、《 チャラ・ルピア ヴァルキリアス・武者・ムサシ「弐天」と繋いで革命チェンジで反撃を許さず詰める!という動きは強烈――な一方で、事故ったときが本当に悲惨なのだ。

こと、初手に《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ》《 時の法皇 ミラダンテⅫ 》《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ》なんてハーレムが形成されてたりすると最悪だ。人の手札でいちゃついてんじゃねえぞ。

それでなくても、チェンジ元が《ヴァルキリアス・武者・ムサシ「弐天」》1種類だけなのはちょっと不安定だな……という印象も感じていた。

そこで、

  • もう1種のアタッカーである《 ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」 》からも革命チェンジ可能
  • 除去耐性など、受け札ケアに役立つ能力を持っている

――という条件で、他の【サムライ】に合う革命チェンジを探していたところ、出会ったのだ。

《 シン・ガイギンガ 》に

革命チェンジで出てくる(≒真っ先にコイツがシールドを割る)ということは、「選ばれたら追加ターン」を活かしにくそうに見える。

けれど、再攻撃のギミックを組み合わせれば……?

おあつらえ向きに、《アニー・ルピア》ならばスピードアタッカーも付与してくれる。

こうなってくると、多色の要素を削って赤単に寄せ、別物として再構築ができそうだ――という流れで生まれたのが今回のデッキ。

勝舞の切り札がリメイクされた《武偉》と、勝太の切り札がリメイクされた《ガイギンガ》

新たにビクトリーレアになったカード《武偉》と、初代ダブルビクトリーレアだった《ガイギンガ》

2つの名カードがニュージェネレーション仕様になったということで、なんだか文脈も乗ったエモいデッキになりそうだぞ【ギンガビクトリー】!

デッキレシピ

というわけで完成したデッキがこちら!



ツインパクトの関係で、何やら無茶なタッチカラー(ウルトラタッチだ!)が存在するようなリストになってしまったけれど、実質赤単と思ってくれて良いだろう。

合計金額は4,995円(2023/11/26時点)。

実績のあるビクトリーレア《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》をフルに採用しながらも格安圏内に収めることができた。

足回りのパーツはアビス・レボリューション期のものも多いので、読者のみなさんも手持ちカードでやりくりして組んでみてほしい!

個別カード解説

それでは、ここからは個別のカードの解説だ。毎度のことなんだけど、所長はカード語り大好きおじさんなのでこのパートを楽しんでいただけると有り難いぞ。

個別カード解説【メインギミック】

メインギミックとなる、革命チェンジによる猛攻を任せる面々から解説。

《シン・ガイギンガ》4枚

【 クリーチャー 】
種族 ガイアール・コマンド・ドラゴン / ハムカツ団 / 文明 火 / パワー9000 / コスト7

■革命チェンジ:火のドラゴン(自分の火のドラゴンが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
■バトル中、このクリーチャーのパワーを+4000する。
■相手がこのクリーチャーを選んだ時、このターンの後に自分のターンを追加する。

50円

今回の主役、革命チェンジで飛び出す疑似的な除去耐性持ちアタッカー。

メインデッキに入る《ガイギンガ》派生カードの中でも、抜きん出た性能のカードとなっている。他が微妙とか言わない。

「選ばれたら追加ターン」能力を、再攻撃で活かしたいのは前述のとおり。もちろん、連続攻撃ができずとも死にづらいアタッカーとして運用できるはずだ。

超天篇ごろに、この《 シン・ガイギンガ 》型の革命チェンジデッキがCSで入賞して話題になったのだけれど、当時との違いがG・ストライクの登場

「選ばれたら追加ターン」という能力ゆえ、G・ストライクが実質効かない。この点はドレミ団の面々に無いメリットと言えるぞ。


《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》4枚

【 クリーチャー 】
種族 アーマード・ドラゴン / アーマード・サムライ / 文明 火 / パワー6000 / コスト4

■侍流ジェネレート(このクリーチャーが出た時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)
■W・ブレイカー
■このクリーチャーが出た時または攻撃する時、自分のシールドを1つブレイクしてもよい。そうしたら、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体選び、破壊する。

480円

起点を兼ねるアタッカー。《シン・ガイギンガ》に連なる伝説の刃だ。

このデッキでは、【赤白サムライ】でお馴染みの《竜牙 リュウジン・ドスファング》を踏み倒したり踏み倒されたり、というアクションは行わない。

けれど、侍流ジェネレートを抜きにしても手札補充と火力、ときどきS・トリガー暴発が狙える軽量ドラゴンという時点でとんでもなくハイスペックだ。◆ドラ焼きさんも発売前にそうおっしゃっていた

特にS・トリガーを暴発できるのは重要で、このデッキだと《ボルシャック・テイル・ドラゴン》らS・トリガー持ちドラゴンを踏み倒すことでシビルカウントを達成するケースも。

もちろん、革命チェンジ先である《 シン・ガイギンガ 》や、追撃担当の《 竜装者 バルチュリス 》をシールドから引き当てる可能性だってある。

あと、所長は「革命チェンジするとクロスギアは外れる」というルールを完全に忘れていた。引き継げたらなあ!


《頂上印鑑 パラキン8th/「魔物が居るな……」》4枚

【 ツインパクトカード 】
種族 ジュラシック・コマンド・ドラゴン / アーマードン / 文明 光/火/自然 / パワー5000 / コスト5

■このクリーチャーの召喚コストを1少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりに、このクリーチャーを破壊する。
■スピードアタッカー
■このクリーチャーが攻撃する時、自分の手札が1枚以下なら、このクリーチャーをアンタップし、カードを2枚引く。

────────────呪文────────────
カード名:「魔物が居るな……」 
文明:光/自然
コスト:4マナ

■S・トリガー
■相手は、自身のアンタップしているクリーチャーを2体選んでタップする。
■カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚、マナゾーンに置く。

250円

GP8thの覇を競った2デッキが組み合わされた、頂点を越えた存在・最上よりも高いディスペクター。

4マナ、あるいは軽減を絡めて3マナで登場して革命チェンジ元になってくれる。

「手札が1枚以下」という条件があるものの、ドロー&アンタップが超便利!一度目の攻撃で《 シン・ガイギンガ 》を引きつつ、再攻撃で革命チェンジできちゃうぞ。

呪文面はウルトラタッチなので、手打ちは考慮していない。ただ、《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》から暴発できることは覚えておこう。

タップインが厄介なので4枚積みは控えることも考えたのだけれど、便利さに負けて4投。道中で引き当ててマナ置きが狂うと辛いので、気になるようなら減量もアリだ。


個別カード解説【その他ドラゴン】

続いては、メインアタッカーに含めなかったドラゴン達を紹介。3種ともコスト0で出すチャンスを持つ、優れたサブアタッカーだ。

《ボルシャック・テイル・ドラゴン》4枚

【 クリーチャー 】
種族 アーマード・ドラゴン / 文明 火 / パワー5000+ / コスト4

■S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
■このクリーチャーが出た時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
■シビルカウント3:自分の火のクリーチャーまたは火のタマシードが合計3つ以上あれば、このクリーチャーのパワーを+2000し、「W・ブレイカー」を与える。(「W・ブレイカー」を持つクリーチャーはシールドを2つブレイクする)

50円

良スペックなのだけれど、イマイチ合うデッキに恵まれない印象のオキノドク・ドラゴン。なまじRだからCUCで輝く未来も閉ざされてるんだよなあ……

このデッキでは、《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》から飛び出すとラッキー!

《武偉》がいるので、あと1体味方がいればシビルカウント達成。高コスパのサブアタッカーとして運用できるぞ。


《ボルシャック・コーヤ・ドラゴン》3枚

【 クリーチャー 】
種族 アーマード・ドラゴン / 文明 火 / パワー4000 / コスト4

■S・トリガー・プラス(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい。それが相手のターンで、そのターン中に自分のシールドが2つ以上ブレイクされていれば、このクリーチャーにP能力を与える)
P−このクリーチャーが出た時、相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。
■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

50円

ボルシャック・テイル・ドラゴン》と同様、《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》からトリガーする枠。

こちらは《武偉》でトリガーしても出たとき効果が使えない。一方でスピードアタッカー持ちなのが頼もしく、革命チェンジのタネや追加の打点になり得る。

もちろん受け札として相手の小型を薙ぎ払うことも。


《龍装者 バルチュリス》3枚

【 クリーチャー 】
種族 ドラゴンギルド / ビートジョッキー / 文明 火 / パワー4000 / コスト5

■自分のクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーが自分の手札にあり、その攻撃がこのターン2度目のクリーチャーによる攻撃で、このターン自分の《龍装者 バルチュリス》をバトルゾーンに出していなければ、攻撃の後、このクリーチャーをバトルゾーンに出してもよい。 ■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

55円

2回攻撃するデッキなら当然入るよなァ!?枠。

火のドラゴンであるため、《 シン・ガイギンガ 》にチェンジすることで二打点を叩き出すことも。

《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》《頂上印鑑 パラキン8th》《パロッタ・夜・ミエッピ》で手札に加わることもそこそこあるので、投げるチャンスは豊富だ。


個別カード解説【ファイアー・バード他、サポート要員】

残りはサポート要員。

軽減を務める初動の他、いわゆるシステムクリーチャーがやや多めになっている。

《アニー・ルピア》4枚

【 クリーチャー 】
種族 ファイアー・バード / 文明 火 / パワー2000+ / コスト2

■各ターン、はじめて自分のドラゴンが攻撃する時、アンタップする。
■自分のドラゴンがあれば、このクリーチャーのパワーを+3000する。
■シビルカウント3:自分の火のクリーチャーまたは火のタマシードが合計3つ以上あれば、自分の他のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない)

50円

革命チェンジに革命を起こす衝撃のファイアー・バード。

「初攻撃でアンタップ+スピードアタッカー」を付与することで、《 シン・ガイギンガ 》をアンタップ状態で革命チェンジさせ、すぐ再攻撃に向かわせられる。

難点はアーマード・ファイアー・バードではないこと。アーマードサポートを受けられるならば、デッキ全体の安定感をもう少し高められたのだけれど……。

ちなみにアーマードではないメリット(?)は、名前がシンプルな点。ライターに優しいぞ。どうでもいいね。


《Re:奪取 トップギア》4枚

【 クリーチャー 】
種族 アウトレイジ / レクスターズ / 文明 火 / パワー1000 / コスト2

■G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
■各ターン、自分の火のクリーチャー1体目の召喚コストを1少なくしてもよい。ただし、コスト0以下にはならない。

120円

コスト軽減を担当する、メインの初動カード。

上記《 アニー・ルピア 》の項でもちょこっと述べたように、このデッキではアーマードをはじめとする種族サポートを活かしづらい。

というわけで、種族を選ばず使える《 Re:奪取 トップギア 》を優先して採用。

もちろん、G・ストライクでちょっとだけ防御力を底上げしてくれるのも嬉しいポイントだ。

格安やってると《Re:奪取》サイクルめちゃくちゃ使うので、そろそろ再録してほしいな……。


《チック・医・スルッチ》3枚

【 クリーチャー 】
種族 アーマード・ファイアー・バード / 文明 火 / パワー2000 / コスト2

■自分のドラゴンを召喚するコストを1少なくする。 ただし、コストは0以下にはならない。
■セイバー:ドラゴン (自分のドラゴンが破壊される時、このクリーチャーをかわりに破壊してもよい)

110円

軽減担当その2。

こちらはターン内の回数制限がないことと、セイバーによる弾除けが可能な点がポイント。前にデュべり部でも紹介したね。

特に、5マナある際に「コイツ+任意のドラゴン」と動ける点は《Re:奪取 トップギア》にない強みだ。

一方でドラゴン以外は軽減できないため、とりあえず《トップギア》優先で立ち回ることも多い。そんな事情を踏まえ3枚採用に留めた。

たまーに発生するのが、《頂上印鑑 パラキン8th》とのシナジー。

《チック・医・スルッチ》の軽減と《パラキン8th》の自己軽減を合わせると3マナで召喚可能な上、セイバーで自壊を肩代わりできる

《パラキン8th》が概ね革命チェンジしてしまうので、使う場面は限られるものの、覚えておきたいテクニックだ。

どうでもいいけど「ちっく・い・するっち」で変換していると、時折《チック・・スルッチ》という謎のクリーチャーを生み出してしまう。


《パロッタ・夜・ミエッピ》3枚

【 クリーチャー 】
種族 アーマード・ファイアー・バード / 文明 火 / パワー4000 / コスト3

■自分のドラゴンが出た時、カードを1枚引く。
■自分のタップしているドラゴン・クリーチャーがあれば、自分のファイアー・バードは攻撃されない。

50円

隙間を埋める置きドロー。《 リップ・ウォッピー 》が泣いている。

革命チェンジを引く補助は欲しいけれど、シビルカウント達成のためにクリーチャーは置きたい……ということで選出してみた。どうせ3マナ域には余裕あったしね。

殴られなくなるテキストが地味に優秀で、マッハファイター避けはもちろん、ファイアー・バードを攻撃に参加させやすくなる。

というのも、このデッキの場合ファイアー・バードも一斉攻撃に加わることが多い。

この道中で受け札を踏んでターンを返してしまった時に、全滅するリスクが減らせるのは大きいぞ。

ちなみに《チック・医・スルッチ》ともども、『忍邪乱武』出身のカード。『超刺激パック』をメインで剥いていると、レアやアンコモンが意外と4枚揃っていなかったりする。

足りないカードの購入は、ぜひカーナベルで!(ダイマ)


《トット・ピピッチ》

【 クリーチャー 】
種族 ファイアー・バード / 文明 火 / パワー1000 / コスト3

このクリーチャーがバトルゾーンにある間、バトルゾーンにあるドラゴンはすべて「スピードアタッカー」を得る。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない)

50円

何だか突然レトロなカードが出現した。どんくらいレトロって、ジョー編はおろか勝太編ですら再録されていない

ただ、

  • 先置きできて
  • 革命チェンジで出てきた《 シン・ガイギンガ 》にスピードアタッカーを付与できる
  • 火単色
  • クリーチャー

……という条件で探すと、《 アニー・ルピア 》に次いで軽いのはコイツだったのだ。

※《 モモダチ キャンベロ 》はちょっと考えたけど、マナも手札も要求がタイトすぎて断念

古のカードあるあるとして、相手ドラゴンにもスピードアタッカーを与えてしまうという致命的な弱点がある。

スピードアタッカーを得たからといって不用意に殴ってくるとは思わないけれど、周囲で使われるデッキやクリーチャーには注意しておきたい。


デッキの回し方

このデッキは、【ギンガビクトリー】と名付けたように《 ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」 》ら優秀なドラゴンを《 シン・ガイギンガ 》に革命チェンジさせて攻め込むのが主戦略だ。

アニー・ルピア》によるスピードアタッカーと再攻撃の付与で、《 シン・ガイギンガ 》による追撃を狙うぞ。

そのあたりのポイントをもう少し見ていこう。

①軽減にこだわるな!?

というわけで、このデッキで最重要となる2マナ域は《アニー・ルピア》。

コイツ無しだと打点が不足する場面は多々あるので、最優先で立てておきたい。

もちろん除去を警戒して後から立てるケースはあるけれど、「軽減クリーチャーを出すために《アニー・ルピア》を埋める」といったアクションは避けたいところだ。

序盤といえば、タップインする《頂上印鑑 パラキン8th/「魔物が居るな……」》をマナに埋めるタイミングはほぼ1ターン目しかない。

迂闊に手札に温存していたら2枚目3枚目を引いてしまい事故ることもあるので、初手に見えたら埋めてしまって良いだろう。

それでも事故ったら「魔物が居るな……」とぼやいておこう。

②拍手の嵐、真打登場

軽減を挟まずとも、4ターン目にはドラゴンが登場!

自己軽減できる《頂上印鑑 パラキン8th》も含めると、4マナで出せるドラゴンはデッキ内に4種類採用されている。多いな。

けれど、最優先は《ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」》

もちろんスピードアタッカーを付与できているのがベストだけれど、そうでない場合も除去&手札補充で確実にアドバンテージを獲得しておきたい。

例外として、「残り手札が《 シン・ガイギンガ 》のみ」という状況を作れているならば《頂上印鑑 パラキン8th》を優先しよう。

③唸れギンガの光!ヒーローの出番です!

攻撃したら革命チェンジ、《 シン・ガイギンガ 》登場!

繰り返し述べているように、《アニー・ルピア》が横にいればアンタップ&スピードアタッカーで再攻撃が可能。

アンタップは《頂上印鑑 パラキン8th》からのチェンジ、スピードアタッカーは《 トット・ピピッチ 》でも与えることが可能。《アニー・ルピア》不在時はコイツらの力を借りよう。

注意したいのが殴る順番。

「選ばれたら追加ターン」能力を持つ《 シン・ガイギンガ 》はなるべく後から殴りたいので、

  1. 革命チェンジ《 シン・ガイギンガ 》2ブレイク
  2. 横のシステムクリーチャーで1ブレイク
  3. シン・ガイギンガ 》で再攻撃、2ブレイク

……みたいな手順で殴っておけるとベター。

ダイレクトアタックはシステムクリーチャーに任せても良いし、《龍装者 バルチュリス》も頼れるぞ。

改造するなら

さて今回のデッキ、発端は「【サムライ】の革命チェンジ先を色事故のないやつにしたい」という思い付きだった。

紹介したリストは巡り巡って赤単になったものの、改めてサムライ型に寄せ直すのもアリだろう。

また、アンタップする軽量ドラゴンとして《大爆龍 ダイナボルト》の採用も考えられる。

実際こいつ、ダイナミックで大好きなのだけれど、再攻撃もスピードアタッカーも《アニー・ルピア》で付与するしな~ってことで抜けちゃったのよね……。

天下御免の

サムライ型に寄せ直すという点で、言及しておかなくてはならないカードが《 モノノフ・ルピア 》

《モノノフ・ルピア》

【 クリーチャー 】
種族 ファイアー・バード / サムライ / 文明 火 / パワー2000 / コスト4

■このクリーチャーが出た時、自分の山札を見る。その中から、名前に《ボルメテウス》とあるクリーチャーを1体相手に見せ、手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。 ■自分の《ボルメテウス・武者・ドラゴン》が攻撃する時、相手のシールドを1つ選び、持ち主の墓地に置く。

740円

実はこのデッキ、当初は《 モノノフ・ルピア 》採用型サムライとして研究を進めていたものだった。

モノノフ・ルピア 》によるシールド焼却や《 竜牙 リュウジン・ドスファング 》のサムライメクレイドを再利用する手段として《 アニー・ルピア 》を採用していたのだ。

(サムライメクレイドによってシビルカウントの達成が容易かつ、メクレイドで登場したクリーチャーにもスピードアタッカーを付与できる好相性)

ただまぁ、《 モノノフ・ルピア 》はしばらく格安圏内に来てくれなさそう……ということで、今回はこんな形となった。

モノノフ・ルピア 》4枚持ってるよ!という人は、ぜひサムライ型の構築にも挑んでみてほしい!割とやれそうな手応えはあるんだよね……。


さいごに

格安デュエマ研究所、今回は新旧ヒーローの並び立つ【ギンガビクトリー】をお送りしたぞ。最後まで読んでくれてありがとう。

「組んでみたよ!」「これ入れてみたら?」「見せてやるぜ、俺たちの絆!」などなど、コメントがあればぜひ#格安デュエマ研究所で寄せてほしい。

格安デュエマ研究所は今後も毎週更新予定!来週もお楽しみに!

【格安デュエマ研究所】研究成果一覧

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1125_格安研究所扉絵-1200x630-1-1200x630-1-1200x630.jpg です

カテゴリ:

タグ:,


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

21

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な15,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

関連記事