【デュエマ】ファンフェスティバルどうだった?イベントレポート!【ファンフェスティバル】

PV 3,905 いいね 4 -

【デュエマ】ファンフェスティバルどうだった?イベントレポート!【ファンフェスティバル】

皆さんこんにちは、ウィンターです。先日、兵庫にてデュエル・マスターズ ファンフェスティバルが開催されました!

CSやGPとは違い、デュエル・マスターズというコンテンツを純粋に楽しむためのイベントで大盛況となりました。

そんなファンフェスティバルですが、自分は参加者としてイベントを楽しんで参りましたので、そのレポートをさせていただきます。

次回のファンフェスティバルに参加する足掛かりとなればうれしく思います。

ファンフェスティバルとは?

今回はじめて開催される、ファンフェスティバル。具体的にはどんなことが行われているのでしょうか。

ファンフェスティバルではCSやGPとは異なり、フライト式イベントやデュエパーティーなどカジュアルなデュエマのイベントが多数開催されています。

フライト式イベント

いわゆるガンスリンガーといわれるイベントです。GPでも開催されることがありますが、アドバンス・オリジナルに加え殿堂ゼロのガンスリンガーも用意されています。

今日は殿堂カード使ってもいいんだな!

昔使っていたけど殿堂入りしてしまった・・・、そんなデッキを使うチャンスです!

直近公式のYoutubeでも殿堂ゼロ王決定戦もありましたし、この機に乗じて殿堂ゼロを始めてみてもいいかもしれません。

オリジナル

一番盛り上がりを見せているブースでした。

直近制定されたフォーマットではありますが、長蛇の列になっておりました。対戦相手がいなくてゲームが始まらない、ということがまずないでしょう。

どんなデッキが多いかというと、環境で見るような一線級デッキからカジュアルなデッキまで幅広くいました。

皆さん対戦前に非常にコミュニケーションをとっており、お相手に合わせてデッキを変えているようでした。

自分もトップメタのデッキと遊ぶ用のデッキを用意していましたが、出番は半々といったところです。

久々の出番で張り切ったエムラクールさん

普段CSで使えないような遊び重視のデッキでも楽しめる雰囲気でした。

《めっちゃ!デンヂャラスG3/ケッシング・ゼロ》に特化したデッキの人や、《邪王来混沌三眼鬼》愛にあふれる人など面白い方にも出会えました。次は自分もはっちゃけたデッキをたくさん用意します。

ちなみに今回使っていたはっちゃけデッキはゲイルエムラクールの新作です。


《ボント・ブラントボ》をあえて採用せず、手札の枚数を増やしやすい構築にしています。

1マナクリーチャーをたくさん集めて一気に《天風のゲイル・ヴェスパー》のコンボを決めましょう。動かし方は以前の記事にまとまっていますので、そちらもよろしくお願いします。

アドバンス

オリジナルほどではないですが、それなりに列が出来ていたのがアドバンスです。こちらは環境で見るようなデッキよりは外部ゾーンへの依存度が高いデッキを多く見かけました。

こいつに封じられていたデッキって多いんだなぁ・・・

モルトNEXTのような王道のデッキもあれば、GRデッキへの依存度が高いオーラデッキなど幅広いデッキが活躍していました。自分も普段のCSだと使えないデッキを持ち込み対戦してみました。


《未来王龍 モモキングJO》に《次元のイモータル・ブレード》を装備させると、攻撃時に 《未来王龍 モモキングJO》 の上に乗せるクリーチャーを回収できるようになります。つまり《禁断のモモキングダム》と組み合わせると、無限攻撃が成立します。

《未来王龍 モモキングJO》で攻撃→墓地から 《禁断のモモキングダム》 を回収→ 《未来王龍 モモキングJO》 の効果で 《禁断のモモキングダム》 を乗せる→攻撃の終わりにシンカパワーで 《禁断のモモキングダム》 を墓地に送ってアンタップ→ 《未来王龍 モモキングJO》で攻撃→ ・・・と繰り返すことが出来ます。

動き出すと面白いデッキなのですが、《とこしえの超人》が非常に重いデッキです。そのため普段のCSでは使えなかったのですが、いい機会でしたので使ってみました。

お相手はバイクデッキかな?

実際の対戦ではしっかりコンボを決めることに成功したのですが、《禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX》の封印により無限攻撃止められてしまいました。《終断χ ベガスランチャー》のニンジャ・ストライクを完全に忘れていました・・・。

忘れたころにくらって負ける

こちらの対戦相手の方にお話を聞いたところ、小学生の頃の切り札がリメイクされたので、ファンフェスティバルに合わせてデュエル・マスターズを再開したそうです。こういった方の復帰機会になることもファンフェスティバルの利点ですね!ちなみに小学生の頃の切り札って・・・

《轟く侵略 レッドゾーン》です!

《轟く侵略 レッドゾーン》が小学生の頃の切り札!?おじいちゃんは時の流れを感じて心に傷を負いました・・・。

殿堂ゼロ

オリジナル・アドバンスほどの行列は出来ておりませんでしたが、直近殿堂ゼロ王があったこともあり対戦相手に困ることはありませんでした。

デッキについては野生のゼロマスターを見つけられたので、自然単ジャックオービーメーカーを借りて遊んできました。デッキを貸してくれたブライトンさん、ありがとうございます!

対戦相手のデッキは火単轟轟轟や火光速攻のような高速デッキやダーツデリートやオービーメーカーのようなトップメタ、動画でも活躍していたJO退化など様々なデッキが活躍していました。

ちなみにゼロマスターからお借りした自然単ジャックオービーメーカーは流石のメタ読み構築だったのでほぼ負けませんでした。まさかダーツデリートまで対策していたとは・・・、やはり、あの男・・・。

殿堂ゼロの対戦の中で印象に残ったのは、ドラグナーを持ち込んできていた方でした。《ラッキー・ダーツ》でめくるよりもこっちの方が気持ちがいい!とのことです。

久しぶりだなぁ、この「圧」

ちなみに実際の対戦については《とこしえの超人》と《ベイB セガーレ》が刺さって勝つことが出来ました。殿堂ゼロでもやりたいことをやらせないことがデュエル・マスターズ。

タイムスリップカオスシールド

GPではおなじみとなった「タイムスリップ」シリーズ。

今回はなんとタイムスリップシールドとなっています!普段のドラフトと違い、懐かしのカードをより多く見ることが出来ます。

デュエル・マスターズの歴史にふれつつゲームを楽しむことが出来ます。

なお、このシールド戦は通常の構築ルールを無視したデッキ構築が可能です。殿堂レギュレーションで使えない強力な呪文やクリーチャーを使うチャンスです!席について早速対戦準備に入ります。

配布されたのは新DM1~3弾です。

今回はそこまで古いパックは配布されていなかったようですが、これはこれで楽しめそうな気がします。プールを確認していくと・・・?

アイラちゃんじゃないか!

なんと《古代楽園モアイランド》が2枚!これは嬉しい!こういったカードをパックから直接出すことが出来るかもしれないというのも醍醐味ですね。それではデッキを組みましょう。

《古代楽園モアイランド》なんてなかった!

新DMは単色が押し出されていたので、シールド戦も色を絞ったほうがまとまりがよくなります。都合よく速攻を組みやすそうなプールだったので、きれいな火光デッキにまとめました。《古代楽園モアイランド》にはベンチを温めてもらうことにしました。

実際の対戦はこんな感じです、新DM期で見かけたようなクリーチャー達が活躍しています。自分の戦績は速攻で押し切り2-0出来ました。困ったらゴリ押し。

デュエパーティー

直近のGPでも用意されていたデュエパーティーのイベントが今回も開催されます。

GPと併設した開催ではなく、単体イベントとして用意されています。朝から晩までデュエパ漬けも可能です!

自分は直近ガチまとめでも記事にしたデュエパーティーのデッキを改造して持ってきました。

追加で自然単のデッキも用意しています。《チアスカーレット アカネ》をパートナーにしたジャイアントデッキです。機会があればこちらも紹介しましょう。

ファ---------!!!

デュエパーティーのブースについては席がすべて埋まってしまい待機列が出来るほどの大盛況!自分も何回か参加しましたが、並んでからゲーム出来るまでにやや時間がかかり盛況度合いが伺えました。

デュエパーティーブースの様子

まずは自分もアビスデッキで参加してみます。

お互いにコミュニケーションをとって、いいゲームになるようにデッキレベルとプレイレベルを調整しての対戦をしています。

やっぱりデュエパーティーでも水闇自然は強い!このゲームは《偽槍縫合 ヴィルジャベリン》パートナーの方が勝利されました。

最終的に毎ターン墓地から《終末の時計 ザ・クロック》が出てきてこちらのターンが来ませんでした。

今度はデッキを変えて再挑戦!対戦相手の方がたくさんいるので、何度も遊べるのは魅力的です。

次に使ったのは《炎渦双奏 タイダル&バーン》です。記事で公開したものと比べると、自分なりのアレンジも加えた最新バージョンを持ってきました。

コチラのゲームは非常にコミュニケーションが重要なゲームとなったのが印象的ですね。

自分の前にターンを行っていた《クイーン・オブ・ネイチャー》パートナーの方が、パートナーを出して走り出すか迷っていたので、背中を押してあげたら大暴れされてしまいました。最終的に《古代楽園モアイランド》が自分の前に立ちふさがります。

よう、さっき(カオスシールド)ぶりだなぁ・・・?

カオスシールドで使わなかったバチがあたったかなぁ、と内心考えながら自分がターンを受け取ります。

幸いなことに手札には秘策のカードがあったので、残りの二人の方にスピードアタッカーが用意できるか確認します。シールドは残り3枚、これならいける!

3-3=?

《炎渦双奏 タイダル&バーン》を出した後、手札から唱えるのは《ウルザの激怒》!呪文を唱えられない効果を無視するこのカードなら、《古代楽園モアイランド》 がいても関係なく効果を起動できます!効果で1枚ブレイクした後、残った2枚のシールドをブレイクすると・・・。

やあ!

シールドから出てきたのは《タマタンゴ・パンツァー》

一緒に《龍装者 ジスタジオ》も並んでいたせいで、この 《タマタンゴ・パンツァー》 に対処する方法がありません。

残りの二人も盤面に対応が出来ず、そのまま 《クイーン・オブ・ネイチャー》パートナーの方がゲームに勝利しました。惜しかったなぁ・・・。

GPが開催されるたび、デュエパーティーのイベントブースの盛り上がりも大きくなっています。ファンフェスティバルをきっかけにデュエパーティーを始めるいい機会です。是非ともブースで遊びましょう!

おわりに

今回のファンフェスティバルは大盛況での終了となったと思います。参加された方からも、また参加してみたい・地元のファンイベントでも遊んでみたい、といったような声を聞くことができました。

こういったイベントを通してデュエル・マスターズの裾野が広がっていくことは非常によろこばしいことです。

直近はCSやGP、全国大会といった競技的なイベントが強く打ち出されていましたが、勝つことが全てではないデュエル・マスターズという存在も知らせることが出来たと思います。

次回もファンフェスティバルが開催されるのであれば、ぜひ参加したいと考えています。また、このレポートを通してファンフェスティバルに興味を持ってくれた皆様、ぜひイベントに参加してデュエル・マスターズを盛り上げていきましょう!

最後に、カーナベルでは今回の記事で登場したデッキやデュエパーティーのデッキを組みたい方に向けて、記事内で紹介した関連カードや相性の良いカードを豊富に準備しております!

15時までの注文で即日発送のカーナベルでぜひカードを揃えて 【ファンイベント】 を楽しんでください!


カテゴリ:

タグ:


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

4

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な15,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

関連記事