【赤青バスター】回し方、対策方法が分かる解説記事!

PV 21,062 いいね 78

【赤青バスター】回し方、対策方法が分かる解説記事!

はじめに

《無双竜機ボルバルザーク》《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》《BAKUOOON・ミッツァイル》……デュエルマスターズには、それ1枚で歴史を作ってしまう劇的な切札が存在します。

今回紹介する【赤青バスター】の主役となる《蒼き団長ドギラゴン剣》もそんなデュエルマスターズを代表するカードの1枚です。

【赤青バスター】は、《蒼き団長ドギラゴン剣》の到達点と呼ぶにふさわしい、圧倒的な拡張性と攻撃力を持ったデッキです。

今回は長い歴史と高い実力を持つこのデッキについて詳しく解説していきます!!

目次

【赤青バスター】とは

【赤青バスター】は、《蒼き団長ドギラゴン剣》を主軸としたビートダウンデッキです。

最速3ターンで切札にアクセスできるスピード、《勝利のアパッチ・ウララー》による高い展開力、各種ドローカードによる継戦能力、安易なワンショットキルを咎められる防御能力と、非常にバランスの良いデッキです。

 切り札である《蒼き団長ドギラゴン剣》が制限カードになってしまったことは大きな向かい風ですが、代替カードとなる《龍の極限ドギラゴールデン》《シン・ガイギンガ》、山札からピンポイントでほしいカードを回収できる《水晶の記憶ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》とその効果を即座に使える《瞬閃と疾駆と双撃の決断》などに支えられ、いまだ強力なデッキの1つであるといえます。

攻撃的なデッキではあるものの【零龍ギャスカ】のように攻撃一辺倒という訳ではなく、様々な要素が入ったデッキなので、初心者、中級者の方のステップアップのためのデッキとしても非常におすすめです。

【赤青バスター】のサンプルデッキレシピ

【赤青バスター】デッキの回し方

①小型獣を展開!シールドにプレッシャーをかける!

熱湯グレンニャー

【 クリーチャー 】
【種族】 フレイム・モンスター / ブルー・モンスター
【文明】 水/火
【コスト】2
【パワー】1000

マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。

異端流しオニカマス

【 クリーチャー 】
【種族】 ムートピア
【文明】 水
【コスト】2
【パワー】2000

■相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
■相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを持ち主の手札に戻してもよい。 

基本的には最序盤からクリーチャーを展開していき、相手のシールドにプレッシャーをかけていきましょう。

《熱湯グレンニャー》は手札を減らさずに展開できるカードなので、まさに出し得といえるカードです。

言わずもがな、目当てのカードにアクセスできる確率も高まります。


このカードは終盤に引いても腐ることがなく、《蒼き団長ドギラゴン剣》のファイナル革命でも打点として出すことができる非常にありがたいカードです。

【赤青バスター】デッキの潤滑油といえるでしょう。


《異端流しオニカマス》は相手の踏み倒しを抑制する優秀なアタッカーです。

時代の主流がGRであることは確かですが、一般的な踏み倒しギミックも決して廃れたわけではありません。

バウンス効果が活かせる場面は確実にあります。

また、もう1つの能力である選ばれない効果も攻撃、特に詰めにおいて有効であり、現在使われているシールドトリガーでこのカードを咎められるものは少ないです。

(最大手の《スゴ腕プロジューサー》に阻まれるのは痛いですが)



どちらも優秀なカードですが、それぞれプレイしたい相手が異なるのでどちらも引いた場合は臨機応変に使い分けていきましょう。

基本的には手札が減らない《熱湯グレンニャー》を優先し、アタッカーを残したい場合、盤面の処理が得意な相手に対しては《異端流しオニカマス》をプレイしましょう。

場にクリーチャーがいると《龍装者バルチュリス》の踏み倒しを狙いやすくなるので、後の展開を考えても小型クリーチャーの展開は重要です。

②必要なパーツを集めよう!《水晶の記憶ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》&《瞬閃と疾駆と双撃の決断》

水晶の記憶ゼノシャーク/クリスタル・メモリー

【種族】 ムートピア
【文明】 水
【コスト】3
【パワー】1000

■スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい)

文明:水
コスト:4マナ

■S・トリガー
■自分の山札を見る。その中から1枚選び、手札に加える。その後、山札をシャッフルする。


瞬閃と疾駆と双撃の決断

【 呪文 】
【文明】 火
【コスト】3

■次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
→コスト3以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。
→このターン、自分のクリーチャー1体に「スピードアタッカー」を与える。
→自分のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーの最初の攻撃の終わりに、そのクリーチャーをアンタップする。

小型クリーチャーでの攻撃だけでは、相手を倒し切るのに時間がかかりすぎてしまいます。

素早く切札にアクセスして、一気に相手のシールドを割り切ってしまいましょう。

とはいえ殿堂入りしたカードを毎回自力で引く!というのはあまり賢い選択とは言えません。

そこで重要になるのがサーチカードである《水晶の記憶ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》です。

攻撃しながら(《龍装者バルチュリス》のカウントを満たしながら)好きなカードを回収できる、このデッキのためにあるかのような1枚です。

《熱湯グレンニャー》が潤滑油ならば、《水晶の記憶ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》はデッキのメインエンジン……コンピューター付きブルドーザーと言えるでしょう。

そしてそのメインエンジンの力を最大限活用できるようにするのが《瞬閃と疾駆と双撃の決断》です。

2ターン目にクリーチャーを出せている場合は、3ターン目に踏み倒しとスピードアタッカー付与を選択することで足りないパーツを探しながら《蒼き団長ドギラゴン剣》展開を狙うことができます。

しかしこの場合は《龍装者バルチュリス》《蒼き団長ドギラゴン剣》および踏み倒す多色クリーチャーのうち2枚を手札に揃えておく必要があるので、やや難易度が高いともいえます。

2種類以上パーツが足りていないという場合、3ターン目は《水晶の記憶ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》を展開するだけにとどめ、4ターン目に《瞬閃と疾駆と双撃の決断》で2回攻撃を付与しましょう。

3ターン目に攻撃させてもトータルで回収できる枚数は変わらないのですが、相手クリーチャーによる殴り返しを防いだり、《フェアリー・ライフ》などのリソース拡充系シールドトリガーがゲームに与える影響を小さくしてくれます。

《龍装者バルチュリス》が手札に無い場合は、1度目の攻撃でそれを手札に持ってくるようにしましょう。

2回目の攻撃で回収しても、宣言タイミングに間に合わず使うことができません。

③切札発進!我らが団長、ドギラゴン剣!!

蒼き団長ドギラゴン剣

【 クリーチャー 】
【種族】 メガ・コマンド・ドラゴン  / 革命軍 / ハムカツ団
【文明】 火/自然
【コスト】8
【パワー】13000

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■革命チェンジ―火または自然のコスト5以上のドラゴン
■自分の多色クリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
■T・ブレイカー
■ファイナル革命ーこのクリーチャーが「革命チェンジ」によってバトルゾーンに出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、コストが合計6以下になるよう、進化ではない多色クリーチャーを自分のマナゾーンまたは手札から選び、バトルゾーンに出す。 

下準備が済んだら、いよいよ切り札のお出ましです。

《龍装チュリス》からシンプルに入れ替わるもよし、《龍装者バルチュリス》から華麗に革命チェンジするもよしです。

相手の受け札を強烈に制限する相棒《音精ラフルル》が温泉行きになってしまいましたが、入れ替わる形でもう1人の相棒が戻ってきました。

そう、《蒼き団長ドギラゴン剣》と組んで大量の打点を築いてきた特攻隊長《勝利のアパッチ・ウララー》です。

勝利のアパッチ・ウララー

【 クリーチャー 】
【種族】 メルト・ウォリアー / ダークロード / ハンター
【文明】 闇/火
【コスト】6
【パワー】3000

マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーが破壊された時、相手の手札を見ないで1枚選び、相手はそれを見せる。そのカードと同じ文明を持つ、コスト8以下のハンター・サイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(ゲーム開始時、サイキック・クリーチャーは山札には含めず、自身の超次元ゾーンに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、そこに戻す)

 いつの時代も殿堂入りは《蒼き団長ドギラゴン剣》に痛手を負わせてきたかのような印象を受けますが、今回ばかりは違います。

運営の優しさに感謝しながら、大量打点を形成しましょう。

またこの際、《龍装者バルチュリス》を用いるパターンであれば《単騎連射マグナム》《奇天烈シャッフ》などを立てながら相手のトリガーをケアできる場合もあります。

(《水晶の記憶ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》に2回攻撃を付与しながら《単騎連射マグナム》を踏み倒すなど)

キルターン数を変えずにケアできるのであればぜひすべきですが、1ターン溜めてまでやるべきかというとまた話が変わってきます。

現在の状況を見て、次のターンに相手がフィニッシュを決めてくる可能性、こちらに致命的な妨害を行う可能性を考慮して行動を決めましょう。

時にはリスクを承知で攻め込むことも重要です。

【赤青バスター】と相性の良いカード

メタとGRを薙ぎ払え!《ゼンメツー・スクラッパー》

ゼンメツー・スクラッパー

【 呪文 】
【文明】 火
【コスト】3

■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■相手のパワー2000以下のクリーチャーをすべて破壊する。

【赤青バスター】にとって死活問題となりうるのが、《異端流しオニカマス》《奇石ミクセル》などの踏み倒しメタカードの存在です。

特に《異端流しオニカマス》に関しては、現在のレシピだとどうやっても処理することができません。

(最近の動向から、採用しているデッキは少ないと判断しました)

もしこういったカードの採用が増えてくるなどの場合には、《ゼンメツー・スクラッパー》がおすすめです。

コストが3と軽く、マナの伸びないこのデッキでも十分手撃ちすることができます。

また、パワーラインの低い各種GRクリーチャーを一掃できるのも魅力的です。

コストと釣り合わない強力な効果を持つことGRクリーチャーですが、コントロール系統のデッキに採用されるGRクリーチャーのパワーラインは総じて低いです。

このカードでそれらをGRゾーンに戻すことができれば、特定のカードが何度も使われるといった状況に陥るのを遅らせることができます。

1ドローはやっぱり偉大!《タイム1ドレミ》

タイム1ドレミ

【 クリーチャー 】
【種族】 革命軍 / ドレミ団
【文明】 光/水
【コスト】2
【パワー】1500

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。

《熱湯グレンニャー》が強力ならば、それと同じ効果、コストを持ちながらパワーがそれよりも高いこのカードが弱いはずはありません。

やはり手札を減らさず展開できるというのは明確に強く、2ターン目にその動きを取れる確率が倍近くまで上がるというのは非常に大きいです。

また、デッキが抱える《蒼き団長ドギラゴン剣》で踏み倒す多色クリーチャーがやや不足しがちという問題点を解消することができます。

カード単体で見ると極めて強力ですが、光文明を追加することのメリット、デメリットを環境を読みながら判断する必要があります。

【赤青バスター】デッキの対策カード

ピンポイントでカードを落とせ!《解罪ジェ霊ニー》

解罪ジェ霊ニー

【 オレガ・オーラ 】
【種族】 マフィ・ギャング / デリートロン
【文明】 闇
【コスト】5
【パワー】+2000

■無月の大罪1(このオーラを使うコストを1少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりに、自分のクリーチャーを1体破壊する)
■これをクリーチャーに付けた時、相手の手札を見て1枚選び、捨てさせる。

【赤青バスター】デッキは、完全に《蒼き団長ドギラゴン剣》頼りという訳ではありませんが、やはりそれをメインウェポンとしてデッキが構成されています。

それをピンポイントで墓地に落とすことができれば、戦力は大幅にダウンします。

《蒼き団長ドギラゴン剣》が手札になかったとしても、次に重要になりそうなカードを抜けばやはり動きは弱まります。(これはどのデッキ相手にも当てはまりますが)

《クリスマⅢ》《サザン・エー》など、4マナ時点で強力な効果を発揮するGRクリーチャーが増え、追加効果を狙いやすくなったのも嬉しいところです。

革命チェンジは全否定!《異端流しオニカマス》

【 クリーチャー 】
【種族】 ムートピア
【文明】 水
【コスト】2
【パワー】2000

■相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
■相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを持ち主の手札に戻してもよい。 

再三このカードを登場させてしまい申し訳ありませんが、やはり革命チェンジというギミックに対するメタカードといえばこれです。

前述のハンデスでは《蒼き団長ドギラゴン剣》以外の《シン・ガイギンガ》《龍の極限ドギラゴールデン》等から攻められる可能性がありますが、こちらはそれら含めてすべてをシャットアウトすることができます。

他にも《瞬閃と疾駆と双撃の決断》《龍装者バルチュリス》なども咎めることができ、【赤青バスター】をデッキ単位で対策できるカードといえます。

まとめ

デッキとしてのバランスが良く、プレイに幅のある【赤青バスター】は、まさにデュエマの王道と呼ぶにふさわしいデッキです。

数々の規制を受けてなおその力は侮れないものであり、さらなる活躍を虎視眈々と狙っています。

一世を風靡した【赤青バスター】に、さらなる花を咲かせるのはあなたです!

圧倒的拡張性を持つこのデッキを、ぜひ使ってみてくださいね!!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

78