【2020年 墓地退化】回し方、対策方法が分かる解説記事!

PV 12,678 いいね 30 コメント 0

【2020年 墓地退化】回し方、対策方法が分かる解説記事!

はじめに

デュエルマスターズを象徴するギミック『進化』

基本的には、それほど強くはない(能力を使い終わるなどして役割を終えた)クリーチャーをもとに強力なクリーチャーを呼び出すギミックです。

しかしそこには、逆の戦術が存在します。

強力なクリーチャーを元に手軽な進化クリーチャーを展開、その後カードを対象とする能力によって進化クリーチャーの上の部分だけを剥がし、破格のコストで進化元にしたクリーチャーを場に残す。

俗にいう『退化』です。

見かけ上は退化なれど、その実態はまさしく突然変異

他には類を見ない【墓地退化】デッキについて詳しく解説していきます!

目次

【墓地退化】とは

【墓地退化】は、《死神術師デスマーチ》などの墓地進化持ちクリーチャーを《奈落の葬儀人デス・シュテロン》《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》等大型クリーチャーを進化元にして展開、その後進化クリーチャーの1番上のカードである《死神術師デスマーチ》《鬼面妖蟲ワームゴワルスキー》をカード指定バウンスカード《龍脈術落城の計》によって剥がし、進化元となっていた大型クリーチャーを早期に展開するコンボデッキです。

メインの踏み倒し先である《奈落の葬儀人デス・シュテロン》は互いにハンドキープを許さず、他のコンボデッキなどに有効に働きます。

また、ターン終了時全ハンデスは攻撃する際にも役に立ち、疑似的なシールド焼却を行うことができます。

しびれを切らした相手と殴り合いになっても、強力なシールドトリガーが安易な突破を許しません。

安価で組みやすいうえにプレイングもそれほど難しくはなく、初心者の方にもおすすめのデッキタイプです。

【墓地退化】のサンプルデッキレシピ

【墓地退化】で主に使用するカード効果・画像まとめ

死神術師デスマーチ

【種族】 デスパペット

【文明】 闇

【パワー】1000

【コスト】1

ブロッカー

墓地進化-闇のクリーチャーを1体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。

このクリーチャーがバトルする時、そのバトルの終わりまで、バトルしている相手クリーチャーのパワーは-4000される。

龍脈術落城の計

【文明】 水

【コスト】3

■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)

■バトルゾーンにあるコスト6以下のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。

このデッキのコンセプトとなるコンボ。

強力な闇クリーチャーをもとに《死神術師デスマーチ》を展開し、それを《龍脈術落城の計》ではがし、4ターン目に大型クリーチャーを場に残します。

ゲーム終盤、《死神術師デスマーチ》はスピードアタッカーとしても活躍し、《龍脈術落城の計》は《卍新世壊卍》や《Dの博才サイバーダイスベガス》などを除けるために使用するケースもあります。

奈落の葬儀人デス・シュテロン

【種族】 デーモン・コマンド

【文明】 闇

【パワー】13000

【コスト】9

■各ターンの終わりに、プレイヤーは手札をすべて捨てる。

■T・ブレイカ―

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、クリーチャーをすべて破壊する。

繰り返し行われる《奈落の葬儀人デス・シュテロン》の全ハンデスへの対応は非常に難しく、デッキトップから引いたカードで何とかするしかありません。

ターン終了時に手札が失われるため、比較的安全にシールドブレイクを行えます。

場を離れるとバトルゾーンを全滅させる能力は自分に不利益をもたらすこともあるのでよくよく注意しましょう。

ただ、この能力のおかげで相手に一方的に有利な状況というのも作られづらくもあります。

世紀末ヘヴィ・デス・メタル

【種族】 クリエイター / ハンター

【文明】 闇/火

【パワー】39000

【コスト】13

マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、召喚せずに出していれば、自分の山札に加えてシャッフルする。

スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)

破壊力抜群のフィニッシャー。

単純極まるアタッカーで、それ以上でもそれ以下でもありません。

3ターン目に《死神術師デスマーチ》を出していた場合は、《龍脈術落城の計》で剥がした《死神術師デスマーチ》を再びアタッカーとして展開することで4ターンフィニッシュが可能となります。

【墓地退化】デッキの回し方

1、切札を墓地に送り込め!!

エマージェンシー・タイフーン

【文明】 水

【コスト】2

S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)カードを2枚まで引く。その後、自分の手札を1枚捨てる。

【墓地退化】はその名の通り、墓地を利用するデッキです。

キーパーツを墓地に送ることは欠かせません。

《エマージェンシー・タイフーン》《サイバー・チューン》《ブラッディ・タイフーン》など採用枚数は極めて多く、墓地肥やしのカードが引けていないということはまずないと思うので、《奈落の葬儀人デス・シュテロン》《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》のうち使いたいほう、あるいは両方を捨てましょう。

守りの薄いデッキ相手であれば《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》で強襲も良いですが、基本的には《奈落の葬儀人デス・シュテロン》でいったん相手の戦力を奪って攻めだすケースがより強力な場合が多いです。

伊達人形ナスロスチャ

【種族】デスパペット

【文明】闇

【パワー】4000

【コスト】3

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見て、その中からカードを1枚自分の墓地に置く。その後、自分の山札をシャッフルする。

《伊達人形ナスロスチャ》を使った際にはシールドの内容を把握してそれ以降のプレイに活かしましょう。

クリーチャーとして場に残ってくれるので、《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》の強硬プランが通りやすくなるのも嬉しい点です。

《奈落の葬儀人デス・シュテロン》と組み合わせても、ちびちび攻めてターン終了時に叩き落すというプレイができるので、小回りが利きバリューの高い1枚になっています。

2、龍脈術爆誕の計!切り札を呼び出せ!!

死神術師デスマーチ

【種族】 デスパペット

【文明】 闇

【パワー】1000

【コスト】1

ブロッカー

墓地進化-闇のクリーチャーを1体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。

このクリーチャーがバトルする時、そのバトルの終わりまで、バトルしている相手クリーチャーのパワーは-4000される。

龍脈術落城の計

【文明】 水

【コスト】3

■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)

■バトルゾーンにあるコスト6以下のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。

墓地にカードを用意したら、《死神術師デスマーチ》(あるいは《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》)をプレイし、《龍脈術落城の計》で上のカードを剥がして

強力な進化元カードを場に残しましょう。

世紀末ヘヴィ・デス・メタル

【種族】 クリエイター / ハンター

【文明】 闇/火

【パワー】39000

【コスト】13

マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、召喚せずに出していれば、自分の山札に加えてシャッフルする。

スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)

《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》には正規の手順で召喚しなければ場を離れる効果がありますが、退化によって現れるクリーチャーは元からバトルゾーンにあるカードなのでその判定が行われず、踏み倒し禁止の制約を受けることはありません。

同様に《洗脳センノー》《奇石ミクセル》《異端流しオニカマス》などいかなる踏み倒しメタカードの影響を受けることもありません。

一度パーツを揃えてしまえばこのデッキのコンボを妨げることはまず不可能といってよいでしょう。

デッキの動きとしては2、3ターン目に墓地肥やしを行い4ターン目に《龍脈術落城の計》を使うという流れになりますが、《死神術師デスマーチ》を呼び出すタイミングを3ターン目にするか4ターン目にするかという問題が発生します。

このデッキは【墓地ソース】や【カリヤドネ】デッキとは違って大量のカードを墓地に用意しなければいけないということは無く、進化元にしたい1枚さえ墓地に送ってしまえばそれで事足ります。

2ターン目に目当てのカードを落とすことができたのなら3ターン目に《死神術師デスマーチ》を出すこともできるのです。

あるいは3ターン目に2コストのカードを使ったうえで残ったマナで《死神術師デスマーチ》を呼び出してもよいでしょう。

3ターン目に呼び出す利点としては、相手のランダム手札破壊に対して強く出れることがまず挙げられます。

手札5枚、《死神術師デスマーチ》《龍脈術落城の計》を1枚ずつ持っている状態でランダム手札破壊を受け、コンボに支障が出る確率が40%

一方、《死神術師デスマーチ》を出しておけば手札4枚、落とされると支障の出るカードが《龍脈術落城の計》のみとなるので手札破壊が致命傷となる確率が25%に低下します。

ランダム手札破壊を行ってきそうな相手に対しては《死神術師デスマーチ》を先に出してしまったほうが良いと言えるでしょう。


ただし、手札破壊を対策するために《死神術師デスマーチ》を出さないほうが良い場合もあります。

それは、《死神術師デスマーチ》2枚を手札に持っている場合です。

2枚あるのであれば1枚は落とされても問題ないので、コンボに影響を与えるのは5枚の手札から《龍脈術落城の計》を抜いた場合のみとなり、20%までリスクが減ります。

この場合は《死神術師デスマーチ》を使うことでリスクが25%に上昇するのでプレイを控えたほうがよいでしょう。

他に分かりやすい利点としては、単純に4ターン目に1マナあまり、《死神術師デスマーチ》を再展開できるというものが挙げられます。

《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》プランであればリーサルを狙えますし、《奈落の葬儀人デス・シュテロン》プランでも捨てられるはずだった手札1枚を有効利用することができます。

この判断はプレイヤー次第にはなりますが、《死神術師デスマーチ》で1点ブレイクしてそれをそのままターン終了時に落とすことも可能です。

もちろん、シールドトリガーを踏むというリスクはあります。

また、《奈落の葬儀人デス・シュテロン》を進化元とした場合ですが、3ターン目に《死神術師デスマーチ》を出していた場合には4ターン目に《奈落の葬儀人デス・シュテロン》が攻撃可能となります。

1ターン前から場にいる扱いになるので、召喚酔いしないのです。これも非常に大きな利点といえます。


一方でデメリットも確かに存在し、場に残っている《死神術師デスマーチ》を除去されてしまうというリスクが発生します。

1マナ節約するためにコンボが不成立となってしまっては笑えない事態になってしまうので、相手デッキに除去札がありそうな場合には手札に抱え、次のターンに確実にコンボを決めるようにしましょう。

3、ロックカードは必要なし!豪快に楯を割り切ろう!

奈落の葬儀人デス・シュテロン

【種族】 デーモン・コマンド

【文明】 闇

【パワー】13000

【コスト】9

■各ターンの終わりに、プレイヤーは手札をすべて捨てる。

■T・ブレイカ―

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、クリーチャーをすべて破壊する。

このデッキには相手の行動を縛るためのロックカードは採用されていません。

フィニッシャーを用意したら、あとは思いきり相手のシールドを叩き割りましょう。

《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》であれば攻撃一択ですが、《奈落の葬儀人デス・シュテロン》の場合には少し立ち止まって考える必要があります。

ブレイクしたトリガーで《奈落の葬儀人デス・シュテロン》が除去されてしまった場合、《奈落の葬儀人デス・シュテロン》着地時点で相手が抱えていた手札を捨てさせることができません。

この手札を落とせるかどうかは勝負の分水嶺となりうるものなので、《龍脈術落城の計》を使ったターンは攻撃しないのもありでしょう。

ただ、トリプルブレイクが通ったうえで場に残った場合にはあまりにも大きなリターンを得ることができるので、このあたりは各プレイヤーのリスクリターンの考え方次第です。

私見を述べるならば、相手の手札が1枚以下なら《奈落の葬儀人デス・シュテロン》突撃、2枚なら《死神術師デスマーチ》のみで攻撃、3枚以上ならそのターンは攻撃しないという判断をします。

もちろんこれは相手のデッキタイプやその時の戦況によって変化するのであくまでも一つの指標にすぎません。

「いつかは攻め込まなければならない、でもそれは今じゃない」

その時その時で自分の納得のいくプレイを選択しましょう!

【墓地退化】の対策方法

退化の対価は呪文メタ!?《音奏プーンギ》&《奇天烈シャッフ》

音奏プーンギ

【種族】 メタリカ / ワンダフォース

【文明】 光

【パワー】2500

【コスト】2

■相手の呪文を唱えるコストは1多くなる。

■自分のターン中、相手が呪文を唱えた時、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)

奇天烈シャッフ

【種族】 マジック・コマンド / グレートメカオー / 侵略者

【文明】 水

【パワー】4000

【コスト】4

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、数字をひとつ言う。

次の自分のターンのはじめまで、相手はその数字と同じコストを持つ呪文を唱えられず、同じコストを持つ相手のクリーチャーは攻撃もブロックも出来ない。

『墓地を利用するデッキには墓地リセットカードが有効』

これは決して間違いではありませんが、あらゆる墓地利用デッキに通用する金科玉条というわけではありません。

というのも、先述の通りこのデッキは大量に墓地を肥やしていく類のものではないので墓地をリセットされてもいくらでも立て直しが効くのです。

(これが10枚規模で墓地を増やす【墓地ソース】【カリヤドネ】となると話は違います)

たとえ墓地を0にしても、2マナの墓地肥やし呪文からヒョイと《死神術師デスマーチ》を乗せればわずか3マナでコンボの準備ができ、この後はいくら墓地をいじられても痛くもかゆくもありません。

【墓地退化】の妨害をしたいのであればむしろ呪文メタカードの方が有効に働きます。

《音奏プーンギ》で呪文コストを上げられると最軽量墓地肥やし呪文が3コストになり、この状態ではコンボを成立させられるのが5ターン目まで遅れこみます。

{4ターン目《龍脈術落城の計》は使用可能だが《死神術師デスマーチ》を用意できていないため)

この間に攻め込まれると、かなりの苦戦を強いられるでしょう。

また、《奇天烈シャッフ》もひとたびプレイされるとかなり苦労させられます。

《龍脈術落城の計》のコストである3を止められると、このデッキにできることは何もなくなってしまうのです。

《死神術師デスマーチ》で倒すことは可能ですが、登場時と攻撃時の少なくとも2ターンを稼がれるのはかなりの痛手です。

【墓地退化】に有利なデッキタイプ

【墓地退化】に有利なデッキタイプとしては【シータバーンメア】が挙げられます。

先ほど紹介した《奇天烈シャッフ》を無理なくまとまった枚数搭載でき、マナ加速カードも豊富なので《奇天烈シャッフ》を引かれていた場合ほぼ確実に3ターン目にプレイされ、こちらのコンボ成立を阻害されます。

《死神術師デスマーチ》で《奇天烈シャッフ》を倒したとしてもその《死神術師デスマーチ》が的となり、《グレープ・ダール》からの展開を許してしまいます。

相手の妨害を退けてフィニッシャーを展開した後も、受け札が豊富であるために《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》で仕留めること能わず、《奈落の葬儀人デス・シュテロン》で叩き落とす前にシールドトリガーから展開されてしまいます。

序盤中盤終盤とリードされる展開が続くでしょう。

まとめ

手軽な手段で巨大クリーチャーを用意できる【墓地退化】

闇の大型クリーチャーが増えるたびにその可能性を広げるデッキタイプであり、次弾の《大樹王ギガンティダノス》にも期待大です。

《FORBIDDEN~禁断の星~》によって好きなクリーチャーを踏み倒すタイプなどバリエーションも豊富で、長く楽しめるデッキの1つだといえるでしょう。

あなたもぜひこのデッキを使って、退化ギミックを味わってみてくださいね!!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

30