【デュエマ 20周年】アルファディオスの回し方、相性のいいカードが分かるデッキ解説記事!【ロマネキャンセル】

PV 5,296 いいね 32 コメント 3

【デュエマ 20周年】アルファディオスの回し方、相性のいいカードが分かるデッキ解説記事!【ロマネキャンセル】

某月某日――

次回のデッキ解説記事なんですが、『超獣王来列伝』の発売に合わせて懐かしカード関連でどうでしょう?

前回のバロム然り、ばにらさんといえば懐かしカード担当みたいになってますからね~、やってみます!

《 聖霊王アルファディオス GS 》のデッキを作る。

このとき我々はまだ、その厳しさに気が付いていなかった――

これは、《聖霊王アルファディオス GS》を4ターンで着地させるデッキの構築に生命(土日)を懸けた、一人のライターのドラマである――

ばにら(スガワラ)

※今回は、構築の試行錯誤についてもちょこっと紹介してみます。

「筆者は諦めたみたいだけど、俺はこのタイプでデッキを組むぜ!」という実力派デッキビルダーの皆様、ぜひパーツを購入して挑んでみてください! 

もちろんデッキパーツまるごとの購入もOK!

カーナベルなら当日15時までの注文で即日発送しちゃいますよ!

目次

【アルファディオス】ってどんなデッキ?

まずはデッキの目標を再確認。

目指すのは、《 聖霊王アルファディオス GS 》を早期着地させるデッキだ。

【 進化クリーチャー 】
種族 エンジェル・コマンド / 文明 光 / パワー15500 / コスト10

G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
■進化:エンジェル・コマンド1体の上に置く。
■T・ブレイカー
■誰も、光以外のクリーチャーを召喚したり、光以外の呪文を唱えることはできない。

新能力である『G・ストライク』を除くスペックは、初代《聖霊王アルファディオス》と同様の「光以外の召喚と呪文詠唱を禁止」。

召喚や呪文を禁止=言い換えれば除去されにくい性質でもあるため、安全なアタッカーであるとも言える。

つまり、「《聖霊王アルファディオス GS》を出してフィニッシュ」がデッキのコンセプトだ。

弱点としては、既に出ているカードには干渉できないこと。

そのため、盤面を高速で展開する相手はあまり得意ではなく、特にGR召喚や零龍卍誕に追いつくのは難しい。

活躍させるフォーマットはオリジナルが理想だと言えるだろう。

それでは、さっそくデッキを組み立てていこう。

【アルファディオス】のデッキレシピ《固定枠》

クリーチャーのコストを踏み倒せるカードの多くは「進化ではない」の一言が記されており、《聖霊王アルファディオス GS》を踏み倒すことは難しい。

となれば、10マナを捻出することが何よりの課題だ。

また、進化元を除去されないよう、進化元を出してからすぐに進化できると理想といえる。

10マナを揃えつつ、進化クリーチャーを出せる手段……そんな都合の良いものが……

あったーーーー!!!!!

というわけで今回は、昔からのプレイヤーには懐かしい?《龍仙ロマネスク 》+《 母なる星域 》の、通称ロマネキャンセルコンボを使ってみることとした。

ざっくり言えば、

  • 《龍仙ロマネスク》を出して、4マナ加速
  • 増えたマナで《母なる星域》
  • 理論上11マナまでの進化クリーチャーが出せる
  • ついでに《ロマネスク》の自マナ破壊もキャンセルできる

……という、ちょっとしたコンボだ。この人いつも《 母なる星域 》使ってるよね

このコンボによって、最速4ターン目の《アルファディオス》降臨が可能となった!(詳しい動きは後述)

というわけで、あとは基本のマナ加速を追加して基本パーツはこんな感じとなった。

個別カード解説

《聖霊王アルファディオス GS》

【 進化クリーチャー 】
種族 エンジェル・コマンド / 文明 光 / パワー15500 / コスト10

■G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
■進化:エンジェル・コマンド1体の上に置く。
■T・ブレイカー
■誰も、光以外のクリーチャーを召喚したり、光以外の呪文を唱えることはできない。

このデッキの主役にして、本記事の製作で頭を抱えることになった元凶だ。

本人のスペックについては冒頭でも解説した通り。

光以外を禁止する強力なロック力はやはり強烈で、コロコロ風に言えば「究極のワガママ王だァ!!」といったところ。ごめん言いたかっただけ。

また、《ボルシャック・ドギラゴン》の『革命0トリガー』など一部能力は防げないものの、サイズゆえに強制バトルで負ける危険も少ない。

さらに新能力である『G・ストライク』は、「カードを使う」わけではないので非常にケアしづらい受け能力だ。これまでとは一味違ったデュエマをもたらしてくれるはずだぞ。

【 進化クリーチャー 】
種族 エンジェル・コマンド / 文明 光 / パワー15500 / コスト10

G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
■進化:エンジェル・コマンド1体の上に置く。
■T・ブレイカー
■誰も、光以外のクリーチャーを召喚したり、光以外の呪文を唱えることはできない。

(筆者個人としては、踏んでも盤面そのものは変えない受け札だからこそ、ケアにこだわりすぎず積極的にシールドを攻め合うゲームに期待しているぞ)


《龍仙ロマネスク》

【 クリーチャー 】
種族 アポロニア・ドラゴン / アーマード・ドラゴン / アース・ドラゴン / 文明 光/火/自然 / パワー5000 / コスト6

マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から4枚を、マナゾーンに置いてもよい。
自分のターンの終わりに、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く。

驚異の4マナ加速ドラゴン。

殿堂解除されたとはいえ、コンビ殿堂という制度すら生み出したそのカードパワーは色褪せてはいない(多色カードだけに)。

6マナでコイツを出した場合、マナが1つ壊れても残りは9マナ。《母なる星域》が無くても、次のターン《アルファディオス》召喚まで届くのは覚えておこう。

今回は不採用としているけれども、登場時から長い年月を経て《ドラゴンズ・サイン》《チャラ・ルピア》《赤薔薇の精霊龍 ジェネラローズ》など、相性の良いカードは増えている。要注目だ。


《幻緑の双月/母なる星域》

【 ツインパクトカード 】
種族 ビーストフォーク / 文明 自然 / パワー1000 / コスト2

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚、マナゾーンに置いてもよい。

【呪文】
カード名:母なる星域
文明:自然
コスト:3マナ

■自分の進化ではないクリーチャーを1体、マナゾーンに置く。そうしたら、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ進化クリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。

ばにらさん担当記事の常連だ。実績のあるカード同士のツインパクトであり、かつ進化クリーチャーを出せる貴重な呪文ということで、やはりお世話になることは多い。

《シビレアシダケ》系統の宿命として、手札消費が激しい。さらにこのデッキでは、《母なる星域》が命綱となる場面が多いので、安易にクリーチャー面で出さないよう注意しよう。


《フェアリー・ライフ》

【 呪文 】
文明 自然 / パワー- / コスト2

S(シールド)・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加えるとき、コストを支払わずにすぐ唱えてよい)
自分の山札の上から1枚目を、自分のマナゾーンに置く。

やはりというか、安定の初動カード。単色カードであり、不要な際に気兼ねなくマナチャージできるのも嬉しい。

序盤~中盤のマナチャージがカツカツになりやすいデッキなので、アンタップでマナに置ける有難味が染みることは多いぞ。

あとまぁ、絵違いがめちゃくちゃ多いカードなので、せっかくなのでこだわりの1枚を使いたいところ。


《太陽の精霊龍 ルルフェンズ》

【 クリーチャー 】
種族 エンジェル・コマンド・ドラゴン / 革命軍 / 文明 光 / パワー5500 / コスト5

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、光のコスト6以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

要するに《龍仙ロマネスク》を1ターン早く出せるカード……なのだけれど、ポイントは自身がエンジェル・コマンド・ドラゴンであること。

そう!コイツで《龍仙ロマネスク》を出せば、「進化元と《母なる星域》のタネ(《ロマネスク》)と《星域》を唱えるためのマナ」が一度に揃って《聖霊王アルファディオス GS》を出せちゃうんだ!

ただし、《星域》がないときにコイツから《ロマネスク》を出すと、増えたマナをただ割るだけになってしまうことに注意しよう。

また、踏み倒し以外の能力を持たないため、上記のベストムーブ以外では使いづらい場面も多い。4枚採用はちょっと控えたいところだ。


《光輪の精霊ピカリエ》

【 クリーチャー 】
種族 エンジェル・コマンド / 文明 光 / パワー4000 / コスト4

■ブロッカー
■このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。

『デュエプレ』で活躍しまくった印象の方が強いかもしれない、ドロー付きブロッカーだ。

流石にちょっと物足りないスペックではあるものの、《龍仙ロマネスク》より前に出せて、手札を切らさない進化元ということで採用になった。

好みと環境によって、同じく手札を切らさない4マナエンジェル・コマンドである《革命の精霊龍 ローズダカーポ》《宝珠の精霊龍 ロゼッタ》あたりと差し替えてみても良いだろう。


【アルファディオス】のデッキレシピ《完成版》

固定パーツは決まったものの、まだ足りない点は多い。

  • 《ロマネスク》のための、火のマナ源
  • パーツを引くためのドローソース
  • マナに落ちたパーツを拾うカード
  • 《アルファディオス》の追加の進化元
  • 光デッキ相手など、《アルファディオス》で戦えない場合のサブプラン

そんな都合いいカードが……

あったーーーー!!!!!(二度目)

というわけで、諸々のパーツで脇を固めて完成したデッキがこちら!

個別カード解説

《聖霊龍騎サンブレード・NEX》

【 クリーチャー 】
種族 アーマード・ドラゴン / エンジェル・コマンド / 文明 光/火 / パワー6000 / コスト6

■このクリーチャーを召喚する時、コストを2少なくしてもよい。そうしたら、相手は自身の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置いてもよい。
■スピードアタッカー
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、カードを2枚引く。

というわけで、このデッキのマスターピースとも言えるカードだ。

4マナで出して手札を回転させる、エンジェル・コマンドとして進化元になる、打点として数えられる、火のマナとして使える……あらゆる要素がデッキに噛み合ってくれた優良カードだ。

相手シールドを増やすデメリットも、《聖霊王アルファディオス GS》でロックすることを考えれば痛くない。

本当に何から何までデッキに合致している……

ちなみに『蒼龍革命』限定カードだが、執筆時点でのシングル価格は手頃だ。

当日15時までの注文で即日発送のカーナベルで、他のパーツとまとめて買っちゃうとオトクだぞ。

《U・S・A・NNYAA》

【 クリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / チームボンバー / 文明 光/火 / パワー500 / コスト2

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、カードを2枚引く。

自分のことを《熱湯グレンニャー》だと思い込んでいる《聖霊龍騎サンブレード・NEX》だと思い込んでいるウサギだ。

回りくどいことを言ったけれど、役割は手札の回転。《サンブレード》よりも軽いので、余ったマナで手札交換を行えるのが強みだぞ。

なお、光マナ源であり《母なる星域》のタネにもなるこちらを優先したけれど、単色カードとしてマナチャージできてS・トリガーでもある《勇愛の天秤》も採用候補だ。


《ハロウィンズ・カーニバル》

【 呪文 】
文明 自然 / コスト4

■自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。その後、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻す。

マナ加速とパーツ補充を同時に行えるカードだ。

4コストのマナ加速カードの中でも、序盤にマナチャージしたカードが拾えるのがメリット。

また、複数マナをチャージする呪文としては珍しく、「タップして置く」指定が無い。加速したマナで追加アクションが取りやすいぞ。


《爆砕面 ジョニーウォーカー》

【 クリーチャー 】
種族 ヒューマノイド爆 / 文明 火/自然 / パワー2000 / コスト2

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、このクリーチャーを破壊してもよい。そうした場合、次のうちいずれかひとつを選ぶ。
・自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
・相手のパワー2000以下のクリーチャーを1体破壊する。

色マナ調整と初動を兼ねたカードだ。

《 龍仙ロマネスク 》の色マナ確保が仕事……なのだけれど、光+自然の似たクリーチャーがいればそちらに差し替えたいところだ。

《悪魔妖精ベラドンナ》《電脳鎧冑アナリス》そしてこの《ジョニーウォーカー》と来て、光+自然だけいないんだよね、このサイクル……

お前…バトルに勝ったときなんて言うなよ…

《黙示賢者ソルハバキ》

【 クリーチャー 】
種族 ライトブリンガー / グラディエーター / オリジン / 文明 光 / パワー1000 / コスト2

このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。
そうした場合、自分の手札を1枚、自分のマナゾーンに置く。

《龍仙ロマネスク》ら、序盤はマナに置きがちな必要パーツを回収するために採用。

その《ロマネスク》の4マナ加速能力で落ちてしまった《母なる星域》を拾うのも重要な役割だ。

コイツで《星域》を拾って、そのまま唱えるパターンも可能だぞ。

マナ回収としては他に《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》が候補になる。

今回は小回りを重視して《ソルハバキ》を選んだが、序盤のマナ加速としてもサブアタッカーとしても運用できるこちらもアリだ。

【アルファディオス】の回し方

ここまでの解説で大雑把に紹介してきたけれど、改めて回し方をまとめておこう。

①マナ加速と手札交換!

もちろん序盤はマナ加速だ。

基本的には手札交換よりもマナ加速を優先しよう。

2→4の動きで、《ハロウィンズ・カーニバル》を唱えられるのが理想だ。

マナゾーンの6枚から好きなカードを選べる。便利。

2マナ加速→《ハロウィンズ・カーニバル》→《ルルフェンズ》+《ロマネスク》のパターンが組めれば、4ターン目に《アルファディオス》降臨だ!

細かいポイントとして、《U・S・A・NNYAA》《サンブレード》で手札を切るときは、だぶつきがちな多色カードを優先して捨てるといいぞ。

②ロマネキャンセル!

《母なる星域》が手札にあるなら、《龍仙ロマネスク》を出そう!マナゾーンに《アルファディオス》が無い場合でも、《ロマネスク》の4ブーストで落ちる可能性はある。

めくれた4枚で戦況が変わることは多い

《母なる星域》を引けていない場合は、《ロマネスク》+マナ回収で探しに行くのもアリだぞ。

《母なる星域》もマナ回収手段もない場合は、《ロマネスク》以外のカードを優先してプレイしていこう。

③アルファディオスで制圧せよ!

無事に《アルファディオス》が着地すれば、もう何も怖くない!召喚も呪文も封じた状態で、悠々と勝利を目指そう!

究極のワガママ王だァ!!(二度目)

なお、《アルファディオス》下では自分の光以外のカードも使えないが、このデッキで影響を受けるのは下準備のためのカードたち。気にせず戦えるはずだ。

改造とその他のプラン

個別カード解説でも述べたように、このデッキは差し替え候補がそこそこ多い。

また、リメイク元の《聖霊王アルファディオス》《母なる星域》を、5枚目の同カードとして採用も可能だ。

「より確実に《アルファディオス》に辿り着きたい!」という場合には、一考の余地があるだろう。

本当は《龍仙ロマネスク》の5枚目も使えるとベストながら……《トップ・オブ・ロマネスク》はマナがタップインなのが手痛いところ。

その他《セブンス・タワー》《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》あたりも考えたけど嘘くさい

ボツになったアイディア

さて、元々の《聖霊王アルファディオス》は人気カードであり、昔からさまざまな方法で使おうとされてきた。

だが、意外なことにサポートカードはあまり多くない。構築中、デュエプレ版《聖騎士ヴォイジャー》が欲しくなったのはナイショだ。

引用元:DUEL MASTERS PLAY'S公式

というわけで、そんなサポートに乏しい《アルファディオス》を出すための案として、候補にあがったものをいくつか紹介しよう。

まずは数少ない専用サポートとして、《神聖の精霊アルカ・キッド》

【 クリーチャー 】
種族 エンジェル・コマンド / 文明 光 / パワー5000 / コスト5

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。 ■自分が《ホーリー・スパーク》を唱えた時、名前に《聖霊王》とある進化クリーチャーを1体、コストを支払わずに自分の手札から召喚してもよい。

《ホーリー・スパーク》のツインパクト化によって強化されており、実は本記事もこちらを軸にデッキを紹介できればと考えていた。

隙を抑えつつ《アルカ・キッド》を出すのが困難なことから(《生命と大地と轟破の決断》が4枚あれば……)、今回は《アルカ・キッド》タイプでの構築は見送った。

とはいえ、せっかくの専用サポート。腕に覚えのあるビルダーは、ぜひ挑んでみてほしい。

また、S・トリガーを付与して《音感の精霊龍 エメラルーダ》から踏み倒すパターンも想定していた。

【 クリーチャー 】
種族 エンジェル・コマンド・ドラゴン / 文明 光 / パワー5500 / コスト5

■ブロッカー(相手クリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーをタップして、その攻撃を阻止してもよい。その後、その相手クリーチャーとバトルする)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドをひとつ、手札に加えてもよい。その後、自分の手札を1枚裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加えてもよい。(こうして手札に加えたシールドの「S・トリガー」を使ってもよい) 

必要なパーツが多く、またS・トリガー付与ならば《アルファディオス》である必然性が薄いため、こちらも採用は見送っている。

興味がある人は研究してみてほしい。

そのほか、《ヘブンズ・ゲート》や『九極』、『ファイブスター』など、エンジェル・コマンドを用いた戦略の隠し玉として使う道も考えられそうだ。

独自の【アルファディオス】が組めたら、コメントで教えてもらえれば幸いだ。

さいごに

ここまで読んでくれてありがとう。《ルルフェンズ》を除けば双極篇以降のカードだけで組めたデッキなので、ぜひ読者の皆さんも試してみてほしい。

そして何より、王来篇のテーマは「進化」。

今回は《聖霊王アルファディオス GS》を使ってみたけど、《龍仙ロマネスク》《母なる星域》のロマネキャンセルコンボは他の進化クリーチャーにも活用できるはず!

カーナベルなら当日15時までの注文で即日発送

新シリーズのデュエマに期待を込めて、ロマネキャンセルセットをはじめとする注目のパーツをゲットしてみてはいかがだろう?

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (3)

名も無きドルバロム使い

デュエプレでシクが当たりました
白のカードほぼ使わないと思って
全部分解した直後でした

1
ばにら(スガワラ)

コメントありがとうございます!
使わないシクが当たった時、本当に困っちゃいますよね…笑

スーパーデッキをゲットして、それを雛形にアルファディオスデッキを作ってしまうとか…?
呪文と大型クリーチャーが多いデッキなので、デイリーミッション消化用に持っておけば役立つかもしれませんよ!

0
ヤノ

希望のジョー星を合わせるとアルファディオスのロック性能をカチ上げながら、侵略や革命チェンジのビートへの対策にもなるんですよね~。
ジョー星とメガイノポンドソードを付けた御嶺とグレイトフルライフを並べて
ドルバロムでお互いの場とマナを吹き飛ばして、グレイトフルライフで全部マナに戻して出来たマナでドルバロムをアルファディオスにする。とか考えたんですが、中々枠が厳しくて…

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

32