【2020年 刃鬼】回し方、対策方法が分かる解説記事!

PV 23,371 いいね 73 コメント 6

【2020年 刃鬼】回し方、対策方法が分かる解説記事!

はじめに

「必勝」勝負ごとに臨むにあたって、こんなに頼もしい言葉はありません。

そんな縁起の良い言葉を名前に持つのは、デュエルマスターズにおいてただ一人。

《「必勝」の頂カイザー刃鬼》

エピソード3、DS期の環境を牽引したデュエマの歴史を語るうえで欠かせないカードの1枚です。

昨年のクロニクルデッキとしてフィーチャーされ、優秀なハンターが増えたことでデッキとして大きく強化されました。

今回はそんな【刃鬼】デッキについて詳しく解説していきます!

目次

【刃鬼】とは

【刃鬼】は、《獅子王の遺跡》などの強力ブーストカードを使って早期にマナをため、《必勝の頂カイザー刃鬼》を召喚。

高コストの強力なハンターを一気に踏み倒し、ワンショットを狙うデッキです。

大量のドラゴンハンターを踏み倒すのは非常に爽快感があり、多くのファンを持っています。

【ボルコン】などと同様環境の第一線を退いても愛される魅力的なデッキの1つです。

大型クリーチャーを大量に踏み倒すカードには《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》があり、【刃鬼】はその劣化だという方もいますが、クリーチャーである《必勝の頂カイザー刃鬼》は呪文である《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》よりも対策、無効化がされにくいので差別化はされています。

【刃鬼】で主に使用するカード効果・画像まとめ

獅子王の遺跡

【文明】 自然

【コスト】4

■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)

■自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

■マナ武装4:自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上あれば、自分の山札の上からさらに2枚をマナゾーンに置く。 

条件を満たすことで4マナ3ブーストとなるハイスペックカード。

3ブーストというジャンプアップは非常に大きく、このカードを使った次のターンには優秀なハンタークリーチャーの多くをプレイできるようになります。

ちなみに、単色カード1枚多色カード3枚の4マナの時にこのカードを使った場合、多色マナ武装が成立する確率は3分の2です。

メヂカラ・コバルトカイザー/アイドワイズシャッター

【種族】 ブルー・コマンド・ドラゴン / ハンター

【文明】 光/水

【パワー】7000

【コスト】7

■W・ブレイカー

■相手のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、相手のクリーチャーはすべて攻撃できない。

■相手が呪文を唱えた時、自分はカードを2枚引いてもよい。

【文明】光

【コスト】4マナ

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを2体まで選び、タップする。次の相手のターンのはじめに、それらはアンタップしない。

クリーチャー面と呪文面、どちらも優秀なツインパクトハンター。

クリーチャー側は攻撃的なデッキを押さえつけ、コントロールデッキに対しては優れたドローソースとなってくれます。

呪文面にはしっかりとシールドトリガーがついており、受け札として機能します。

呪文として使った後、《必勝の頂カイザー刃鬼》の効果で墓地からつってこれるのは非常にお得感を感じさせてくれます。

必勝の頂カイザー刃鬼

【種族】 レッド・コマンド・ドラゴン / ハンター / ゼニス

【文明】 ゼロ

【パワー】14000

【コスト】11

このクリーチャーを召喚してバトルゾーンに出した時、相手のシールドを数え、その回数相手とガチンコ・ジャッジする。その後、こうして自分がガチンコ・ジャッジに勝った数、ハンターを1体、自分の墓地、マナゾーン、または手札からバトルゾーンに出す。

T・ブレイカー

エターナルΩ

デッキのコンセプトカード。

登場と同時に大量のハンターを踏み倒し、一気にゲームを決めます。

呼び出すまでは難しいですが、召喚すればあなたに「必勝」をもたらしてくれます。

【刃鬼】デッキの回し方

1、マナをためよう!

獅子王の遺跡

【文明】 自然

【コスト】4

■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)

■自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

■マナ武装4:自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上あれば、自分の山札の上からさらに2枚をマナゾーンに置く。 

《必勝の頂カイザー刃鬼》のコストは11と非常に重いです。

マナブーストカードを使って、効率よくマナ加速をしなければなりません。

その際にキーになるのが一度に3枚ものマナを増やす《獅子王の遺跡》です。

とても重要なカードですが、どんな時にも迷わず使うべきかは考える余地があります。

《獅子王の遺跡》発動時点で多色カードがマナに3枚、単色カードが1枚の場合、多色カードがマナゾーンに落ちて追加で2マナブーストできる確率が3分の2です。

基本的には使ってよいのですが、手札にこのカード以外には重量系カードしかない場合には次のターンまで使うのを待つというのも選択肢の1つです。

仮にブーストに失敗した場合、次のターンにとれるまともなアクションがなく、マナもたいして伸ばせないという最悪の状況に陥ってしまいます。

これを防ぐために《獅子王の遺跡》発動を1ターン我慢するというのも理屈の通った行動になり得ます。

状況やリスクをどうとらえるか次第とはなりますが、選択肢として持っておいて損はありません。

6マナ以下で使いたいカードがあれば、先ほどの状況でも《獅子王の遺跡》をプレイしてしまって問題ありません。

2、相手を牽制せよ!!

メヂカラ・コバルトカイザー/アイドワイズシャッター

【種族】 ブルー・コマンド・ドラゴン / ハンター

【文明】 光/水

【パワー】7000

【コスト】7

■W・ブレイカー

■相手のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、相手のクリーチャーはすべて攻撃できない。

■相手が呪文を唱えた時、自分はカードを2枚引いてもよい。

【文明】光

【コスト】4マナ

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを2体まで選び、タップする。次の相手のターンのはじめに、それらはアンタップしない。

リュウセイ・天下五剣カイザー

【種族】 レッド・コマンド・ドラゴン / ハンター

【文明】 火/自然

【パワー】14000

【コスト】8

■スピードアタッカー

■マッハファイター

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルに勝った時、次の自分のターンのはじめまで、自分はゲームに負けず、相手は勝てない。

ブーストに成功しマナが7、8までたまったら強力なドラゴンカードで相手を牽制しましょう。

どのようなデッキにも強力なにらみを利かせられる《メヂカラ・コバルトカイザー/アイドワイズ・シャッター》

ゲームに負けない無敵時間を発生させる、攻撃的なデッキにめっぽう強い《リュウセイ・天下五剣カイザー》

激しい殴り合いとなりそうな次環境では、《メテオライト・リュウセイ》から《百族の長プチョヘンザ》への革命チェンジも輝けそうです。

他にも《ドンドン水撒くナウ》《スゴ腕プロジューサー/リンゴ娘は3人っ娘》など脇を固めるカードが多く採用されています。

スゴ腕プロジューサー/リンゴ娘は3人っ娘

【種族】 ジョーカーズ / ワンダフォース

【文明】 水/自然

【パワー】3000

【コスト】5

■ブロッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時またはバトルゾーンを離れた時、GR召喚する。

【文明】自然

【コスト】6マナ

■S・トリガー

■このカードをバトルゾーンに出す。

■このターンの終わりに、このカードをバトルゾーンから自分のマナゾーンに置く。

【刃鬼】デッキにはあまり採用されていない(そもそもGRがほとんど採用されていない)《スゴ腕プロジューサー/リンゴ娘は3人っ娘》ですが、言わずと知れた色基盤としての強さ、《獅子王の遺跡》の邪魔にならない多色カード、優秀な受け札であることから採用を決定しました。

GRクリーチャーの内訳はリソース拡充と防御系カードのみであり、【シータバーンメア】【ドッカンデイヤーループ】のようにド派手な動きはしませんが、堅実にデッキの動きを支えてくれます。

3、必勝!刃鬼降臨!!

【種族】 レッド・コマンド・ドラゴン / ハンター / ゼニス

【文明】 ゼロ

【パワー】14000

【コスト】11

このクリーチャーを召喚してバトルゾーンに出した時、相手のシールドを数え、その回数相手とガチンコ・ジャッジする。その後、こうして自分がガチンコ・ジャッジに勝った数、ハンターを1体、自分の墓地、マナゾーン、または手札からバトルゾーンに出す。

T・ブレイカー

エターナルΩ

11マナたまったら、切札《必勝の頂カイザー刃鬼》の出番です。

ここまでにこちらから攻撃を仕掛けていることは無いはずなので、ほとんどの場合5回のガチンコジャッジを行います。

【刃鬼】デッキのマナコストは重めなので、高確率で3勝以上できるでしょう。

呼び出したいカードの筆頭格は殿堂カードでありエクストラターンを獲得できる《勝利宣言鬼丸「覇」》ですが、《メテオライト・リュウセイ》と《不敗のダイハード・リュウセイ》のコンボもそれに負けず劣らず強力です。

【種族】 レッド・コマンド・ドラゴン / ハンター

【文明】 光/火

【パワー】9500

【コスト】8

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーをすべてタップする。

■バトルゾーンにある自分のクリーチャーは、すべて「スピードアタッカー」を得る。(「スピードアタッカー」を得たクリーチャーは召喚酔いをしない) ■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)

不敗のダイハードリュウセイ

【種族】 レッド・コマンド・ドラゴン / ハンター

【文明】 火

【パワー】8000

【コスト】8

■自分のドラゴンが攻撃する時、相手のシールドを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

■W・ブレイカー

■自分がゲームに負ける時、または相手が勝つ時、かわりにこのクリーチャーを破壊する。

■このクリーチャーが破壊された時、そのターン、自分はゲームに負けず、相手は勝てない。

《メテオライト・リュウセイ》がタップさせた相手クリーチャーを攻撃する際に《不敗のダイハードリュウセイ》がシールドを溶かす。

非常に安全な攻め方です。

このとき《トップ・オブ・ロマネスク》のようなパワーの低いドラゴンを自爆攻撃させることで、的となる相手のクリーチャーを減らさずにシールドを焼却できます。

シールド焼却ができずとも、《リュウセイ・天下五剣カイザー》の負けない効果を発動させたり、《メヂカラ・コバルトカイザー》を立てておけばかなり安全な状態で攻撃を仕掛けることができます。

試合を長引かせると相手に反撃・逆転のチャンスを与えることになるので、基本的に《必勝の頂カイザー刃鬼》を出したターン中に(《勝利宣言鬼丸「覇」》の追加ターンは除く)勝負を決めてしまうようにしましょう。

【刃鬼】デッキの対策方法

【刃鬼】に有利なデッキタイプ

速度で差を見せつけろ!【ドッカンデイヤー】

環境でも活躍中の【ドッカンデイヤーループ】は、【刃鬼】に対して強く出られるデッキです。

その優位性をもたらしているのは、キルターンの違いです。

【刃鬼】がゲームを終わらせるために必要なマナは11。

一方【ドッカンデイヤーループ】は7マナあれば即死ループに入ることができます。

4マナの差は非常に大きく、【刃鬼】デッキがその真価を発揮する前にループで倒されてしまうことがほとんどです。

また、【刃鬼】側が先行しても、ループ前にクリーチャーを大量に並べるようなデッキではないので《不敗のダイハードリュウセイ》《メテオライト・リュウセイ》のコンボが成立しづらく、ブレイクしたシールドからループに入られる恐れがあるという点も無視できません。

攻撃を仕掛けてくるわけでもないのでトリガー能力も無駄になってしまう、天敵と呼んでも過言ではない相手です。

まとめ

長きにわたってプレイヤーたちから愛され続けてきた【刃鬼】

現実問題「必勝」と呼べるだけの勝率をたたき出すことは難しいものの、デッキが魅力的であるという点には疑いがありません。

あなたもぜひ【刃鬼】デッキを使って、勝利の頂を目指してみてください!!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (6)

匿名

遂に書いてくれたか
獅子王型で蒼龍まで入れてトリガー厚くしてるのか

3
イメンの沼にハマった男

この記事はふざけなしだから刃鬼の伝家の宝刀であるザオヴァナインカイザーは入ってないんだなぁ

5
匿名

何気にクロニクルのパーツ強い。お清め強い。ザオヴァナインとか(笑)。

4
匿名

ザオヴァナインはねww

3
噂のクソガキ

ザオヴァナインは…
俺達の心に生き続けるから……

1
匿名

ドラリンの追加で改造されるかな?

1

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

73