未来へ繋ぐ5つの無限

未来へ繋ぐ5つの無限

デッキ概要

初めまして、ふるめたと申します。
今回はご縁がありこの企画に参加させていただける事となりました、どうぞよろしくお願いいたします。



《未来への思い》で特殊召喚したモンスターは効果が無効になるものの発動自体はできるという点に注目し、任意で無限ループを発生させ一撃必殺のコンボで逆転するデッキです。
 
 
その名の通り《未来への思い》へ全ての思いを託し、勝利という未来に突き進んでいきます。

目次

コンボの概要

墓地に《スチーム・シンクロン》等の相手ターンにシンクロ召喚できるモンスター[以後:A(アクセル)チューナー]を2体以上揃え、《未来への思い》でそれらを特殊召喚することで基本コンボが完成します。
 
 
これらのカードは同一チェーン上では1回しか効果を使用できませんが、1ターンに1度の使用制限はありませんので、S召喚できる状況であれば何回でも効果を発動できます。
※ただし、1ターンに1度という制約がある「竜星」モンスターは使用不可。
 
 
通常はそのままS召喚が成立しますが、《未来への思い》で効果が無効になっているため何も処理は行われずチェーンが発生したという事実だけが残ります。
 
 
この『無効になっていて何回でも効果が使用できる』『チェーンが発生する』という2点に注目しました。

《未来への思い》
【通常魔法】

自分の墓地のレベルが異なるモンスター3体を選択して発動できる。選択したモンスター3体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化される。その後、自分がエクシーズ召喚を行っていない場合、このターンのエンドフェイズ時に自分は4000ライフポイントを失う。また、このカードを発動するターン、自分はエクシーズ召喚以外の特殊召喚ができない。

出典:遊戯王OCG デュエルモンスターズ

《スチーム・シンクロン》
【 効果モンスター 】
星 3 / 水 / 機械族・チューナー/ ATK600 / DEF800

相手のメインフェイズ時、自分フィールド上のこのカードをシンクロ素材としてシンクロ召喚できる。

出典:遊戯王OCG デュエルモンスターズ

このギミックを利用し、無限破壊・無限ドロー・無限攻撃力・無限回復・無限ダメージ5つの無限コンボを可能としたのがこのデッキです。
 
 

そのどれもが一撃必殺の威力を有しており、最終的なコンボも1~2枚で成立するため非常に豪快で今までにないデュエルを楽しむことができます。

基本的な動き方

コンボには下準備が必要となり、基本は以下動きを行います。


  • 1:《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し、効果で《TGタンク・ラーヴァ》を特殊召喚。
     
  • 2: 相手ターンに《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で《 シューティング・ライザー・ドラゴン》をS召喚し、自身の効果でデッキから《スチーム・ シンクロン》を墓地へ送りレベルを4にする。
     
  • 3:《シューティング・ライザー・ドラゴン》《TGタンク・ラーヴァ》《TG ワンダー・マジシャン》をS召喚し 《TGタンク・ラーヴァ》 の効果で《TGトークン》を特殊召喚する。
     
  • 4: 《TG ワンダー・マジシャン》《TGトークン》《獣神ヴァルカン》をS召喚し、自身を対象にしてEXデッキに戻りつつEXゾーンを空ける。

この流れでAチューナーの《スチーム・シンクロン》《シューティング・ライザー・ドラゴン》 《TG ワンダー・マジシャン》 が墓地に3体揃い、《未来への思い》の発動条件と無限コンボに必要なパーツが全て揃います。
 
 
特に重要なのが《獣神ヴァルカン》をEXデッキに戻してレベル6をEXデッキに確保しつつEXゾーンを空けるという一連の流れです。※後ほど解説

ルールのスキマを穿つ【5つの無限コンボ】

《未来への思い》を発動して墓地に存在するAチューナーを2種類以上特殊召喚し、状況に合わせて以下の5つの無限コンボを実行します。
 
 
以下のような場を作れればコンボがほぼ成立します。

一見難しそうに見えますが、「バージェストマ」罠1枚以上と無限コンボ用のモンスターが墓地に存在すれば《未来への思い》と《リビングデッドの呼び声》の2枚だけでこの場が形成できます。
 
 

【1】 ∞破壊  :ライトニングパニッシャー

《ライトニングパニッシャー》
【 効果モンスター 】
星 7 / 闇 / 雷族 / ATK2600 / DEF1600

チェーンが3つ以上積まれた場合に発動する。相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動している場合、この効果は発動できない。

出典:遊戯王OCG デュエルモンスターズ

《ライトニングパニッシャー》による無限破壊コンボです。
相手ターンに効果が無効になったAチューナーを使ってチェーンを3つ組み《ライトニングパニッシャー》の効果を発動します。
《ライトニングパニッシャー》の効果に対しAチューナーは再度効果を使用できるので、更にチェーンを3つ組むことができます。

これで半永久的に《ライトニングパニッシャー》の効果が発動しますので、相手のフィールドのカードが無くなるまで無限に破壊し尽くすことができます。
 
 
うまく決まれば、相手は場にカードを一枚も出せなくなります。
 
 

【2】 ∞ドロー :地母神アイリス

《地母神アイリス》
【 効果モンスター 】
星 6 / 光 / 天使族 / ATK2400 / DEF1200

チェーンが3つ積まれた場合、自分のデッキからカードを1枚ドローする。同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動されている場合、この効果は発動できない。

出典:遊戯王OCG デュエルモンスターズ

上記の流れを《地母神アイリス》に変えたコンボです。
一度決まればデッキのカードを好きなだけドローでき、更に相手のターンは手札調整が発生しないため20枚以上の手札で自分のターンを迎えることも可能という超アドバンテージコンボです。

Aチューナーは任意効果なので、自分の好きなタイミングでループを止めることが出来、このコンボでデッキが無くなって敗北する事はありません。
 
 
大量にドローした後は《トラゴエディア》《天穹覇龍ドラゴアセンション》での1万越え攻撃力や、《パージェストマ・オパビニア》をX召喚して手札にある大量のパージェストマ罠カードを叩き込んで場を制圧します。

このコンボは2枚目の《未来への思い》をほぼ確実にドロ―できるので、盤面を即立て直して別の無限コンボへシフトする事も可能です。
 
 

【3】 ∞攻撃力 :獣人アレス

《獣人アレス》
【 効果モンスター 】
星 3 / 地 / 獣戦士族 / ATK500 / DEF500

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、チェーンが発生する度にこのカードの攻撃力は500ポイントアップする。

出典:遊戯王OCG デュエルモンスターズ

チェーンが組まれるたびに攻撃力が上昇する《獣人アレス》のコンボです。
攻撃力が上昇したタイミングで相手がスペルスピード2以上のカードを使用しなければクイックエフェクトの使用権はこちらに移るので、好きなだけAチューナーの効果を使用し続けることができます。
 
 
これを繰り返すことで神をも超える億単位の攻撃力を得ることができます。
 
 

【4】 ∞回復  :レッド・リゾネーター

《レッド・リゾネーター》
【 効果モンスター 】
星 2 / 炎 / 悪魔族・チューナー / ATK600 / DEF200

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。②:このカードが特殊召喚に成功した時、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。

出典:遊戯王OCG デュエルモンスターズ

【3】のコンボ後に《レッド・リゾネーター》を特殊召喚して《獣人アレス》を対象に攻撃力分のHPを回復するコンボです。
  
これが決まれば億単位のLPによってダメージで敗北することはまず無くなり、相手のデッキが自分より少なければその時点で勝利がほぼ確定します。 
 
2枚目以降の《未来への思い》のコストも全く気にならないので、途中でパーツが揃えば別の無限コンボを打つことも可能です。
 
 

【5】 ∞ダメージ:真紅目の鋼黒竜

《真紅眼の鋼炎竜》
【 効果モンスター 】
ランク 7 / 闇 / ドラゴン族 / エクシーズ / ATK2800 / DEF2400

レベル7モンスター×2
①:X素材を持ったこのカードは効果では破壊されない。②:X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動する度に相手に500ダメージを与える。③:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分の墓地の「レッドアイズ」通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCG デュエルモンスターズ

《 未来への思い》 で特殊召喚した《ジェルエンデュオ》を《強制転移》で相手に渡し《真紅眼の鋼炎竜》をX召喚する変則コンボです。
 
 
《 ジェルエンデュオ》はコントローラーがダメージを受けると誘発効果が発動し破壊されますが、《 未来への思い》で無効になるため破壊されません。
 
 
しかし効果自体は発動するため《真紅眼の鋼炎竜》 の効果で500ダメージが与えられます。
更にこの効果ダメージで再び 《 ジェルエンデュオ》 が発動し、その効果に対し 《真紅眼の鋼炎竜》 の効果が再発動…といった形で相手のLPが尽きるまでダメージを与え続けます
 
 

プレイングのコツ

このように非常に豪快な動きが可能ですが、実は様々な制約や条件があります。

S召喚可能なレベルがEXデッキに存在すること

Aチューナーが効果を発動するにはS召喚可能なレベルのモンスターがEXデッキに存在する必要があるため、あらゆる組み合わせを想定しレベル12までまんべんなく採用しています。
EXデッキは15枚のためレベル毎に大抵1枚が限界なので《獣神ヴァルカン》をEXデッキに戻していたのはこのレベル6再利用のためでした。
 
 

S召喚可能であること

EXゾーンが埋まっているとAチューナーは効果の発動自体ができません
《獣神ヴァルカン》をEXデッキに戻したもう1つの理由がEXゾーンを空けるためでした。

《未来への思い》はX召喚に成功しなければ4000のライフを失うという強烈なデメリットがあり、基本的に2回目以降の《未来への思い》はリスク回避のX召喚が必要です。
 
 
XモンスターはEXゾーンから自力で離れられるものが望ましく《クロノダイバー・リダン》はEXゾーンを離れるだけでなく次のターンに戻って誘発即時効果を1回使用できる状態になるので、コンボが不完全でも大いに貢献できます。
 
 
《聖光の宣告者》は効果で墓地の《ライトニングパニッシャー》や《地母神アイリス》を回収し、自身をリリースしてこれらをアドバンス召喚すればEXゾーンを空けられます。
 
 
《バージェストマ・アノマロカリス》は相手ターンに効果で自分自身を破壊しEXゾーンをどけましょう。


すべてのカードはどのような状況になっても、この5つの無限コンボの布石になるよう厳選しています。
 
 

相手のメインフェイズの【優先権】に注意

【1】~【3】の無限コンボは相手ターンのメインフェイズで行います。
各フェイズで最初に召喚やセット等の行動及び効果を発動する権利はターンプレイヤーにあるため相手が必ず先に行動ができます。
 
 
要するに相手が召喚・反転召喚・特殊召喚・セット・表示形式の変更・効果の発動のどれかを行った場合、もう一度相手がこれらを行うにはお互いクイックエフェクトを使用しない(できない)ことが条件になります。
 
 
このあたりの優先権のルールは非常に複雑ですが、それ故にこのコンボを警戒できない人が非常に多く、このルールがあるからこそ無限コンボが成立しています。
 
 
隠し玉として採用している《エクスチェンジ》は、この時相手の手札を見て最も危険なカードを奪う役割もあります。

最後に

Vol.1から遊戯王OCGに触れ続け、かれこれ20年が経ちました。
その中で何百というデッキを作ってきた中で、このデッキは自分の理想がすべて詰まっています。
 
 

●一撃必殺のコンボが5つも入っておりかつ40枚で行えること。
●このデッキでしかできないコンボであること。
●全てのコンボが《未来への思い》を目指し《未来への思い》で完成すること。
 
 

-戦った人の記憶に残るデッキを作りたい

その一心でひたすら研究し続けたデッキでした。
 
 
最後まで拝読頂き本当にありがとうございました。
現役を去って久しい私ですが、これからの世代の方に少しでも有益な情報を提供できれば幸いです。


こういった記事に需要がありましたら、また書きたいなと思います。
それでは、またどこかで。

関連記事

コメント

1

これは凄いものを見れた…..心から尊敬できる。

2 匿名

すごい

3 名無し

この記事だけに3票入れたい

4 匿名

本当に凄い…自分もやってみたいと思う反面、ふるめたさんが人生をかけて生み出した魂のデッキを果たして他人が使ってもよいものか、という思いもあります。

5 ふるめた

コメントありがとうございます!

>1
そういって頂けるだけでうれしいです!

>2
こういった使い方もできるという事を知って頂ければありがたいです!

>3
恐縮です…!!

>4
デッキに関しては、興味がありましたら是非お使いいただければ幸いです!
このカードを何故入れているのかといった詳細は書ききれなかったので、少しでも色んな発見から、気づきや経験を得ていただければ作成者冥利に尽きます!

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

関連
記事