エースは(ツイッターで)拾った。~ディープ・ダイバー編~

エースは(ツイッターで)拾った。~ディープ・ダイバー編~

──かつて遊★戯★王5D'sの主人公である不動遊星は言った。

どんなカードでも存在する以上、必要とされる力がある。」と──

しかし、現代遊戯王においてこの理論を信じているものはあまりにも少ない。膨大なカードプールと、高速で移り変わる環境がそれを許さないのだ。

ならば歴史に埋もれていくカードたちにもう希望は無いのか?

そんなことはない!そのために私は立ち上がった。この企画記事はツイッターで「やたら持ってる」「みんな持ってるけど使わない」「使い道が思い付かない」カードを募集し、それぞれがメインを張ったデッキを作成・紹介しようという企画である!(労力)

ゴボ・・・ガボゴボ・・・コポコポ・・・!!

効果モンスター
星3/水属性/水族/攻1000/守1100
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られたバトルフェイズ終了時、
デッキからモンスター1体を選んでデッキの一番上に置く。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

ゴボゴボ.。oO!!

目次

1.ディープ・ダイバーの長所

彼の最大の長所・・・それは、

なんでもサーチ

である。モンスターのサーチであれば一番広いと言える。

デッキトッブに置くというのが条件とかデメリットにあたる設定なのだろう。

しかしこれをメリットととるかデメリットととるかは自由だ。デッキトッブを参照するカードとのコンボを狙えるし、単純に使うとしても《ライオウ》に引っ掛からずにサーチができる、ともとれるのだ。

構築の好み次第だが低速のデッキであればかなり優秀なモンスターだろう。

ただやはりメインを任せるなら相性の良いカードを揃えてコンボの中心にしたい。

今回のデッキではこのモンスターをセットする事から始まる。そんな構築にしたいと思う。

2.デッキ紹介

というわけで今回の《ディープ・ダイバー》活用デッキは、

儀式ブラマジ?っぽい、いやでも《霧の王》あるし?ん?大丈夫か?えー・・・

魔法使いデッキ!

ということにしておこうね。

その見た目からか《ディープ・ダイバー》の圧が凄い。コレが水圧?

さてこのデッキ、相性の良いカードをブチ込んだだけのような様相もあるのでその辺りの解説から始めよう。

①相性の良いカード達

手札に加える」ではなく「デッキトッブに置く」。この微妙な違いによりかなりコンボに彩りが出てくる。特に分かりやすいのはドローした時に効果を発動するモンスターだろう。次にドローした時確実に効果を発動できる。これらのカードの相性は折り紙付きだろうか?(は?)

効果モンスター
星7/光属性/魔法使い族/攻2500/守2100
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードが闇属性モンスターと戦闘を行うダメージステップの間、
このカードの攻撃力は倍になる。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、
このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを次の自分ターンのスタンバイフェイズまで除外する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

占い魔ハードちゃんが真っ先に思い付く。ここら辺を使わない手は無いだろう。特に手札の関係で、先攻《ディープ・ダイバー》セットのみエンドになった場合、返しのターンで確実に動くことができるようになる。

このデッキも例にもれず、軽率に多用していこう。

それともうひとつ、汎用性の高いお洒落コンボがある。

効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2100/守1000
1ターンに1度、自分フィールド上のモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで1000ポイントアップする。
このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。
また、このカードが墓地に存在する限り1度だけ、自分のドローフェイズ時にカードをドローした時、
そのカードがモンスターだった場合、その1体をお互いに確認して自分フィールド上に特殊召喚できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《D-HEROダッシュガイ》が墓地にあれば大抵のモンスターを特殊召喚できるのである。

ぶっちゃけダッシュガイのこの効果って【D-HERO】で使うのかな。

ともあれこのコンボを有用に使えるなら、デッキに高レベルモンスターがいっぱいいても問題ない気がした。たぶん。

②そして試した

こわかったから。

思ったよりもドロー操作は楽しかったです。

《ディープ・ダイバー》を使いまわすことによりドローの安心感が増した。

あからさまな事故要因がいるのだが大丈夫でしたよ。

事故要因。事故保険として最大級心の闇やべーやつ《煌々たる逆転の女神》が三積みである。

これは紛れもなく悪ふざけであり私のデッキのいくつかはこんな感じに台無しにしてきた。

しかし、このデッキは耐えきったのだ。《ディープ・ダイバー》のドロー操作によって。更に手札を多用する儀式を軸としたことから効果の発動まで狙えた。こんなの最高じゃん!

その他のカードについては次の項目で、

③いろいろ

効果モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードを召喚する場合、生け贄1体
または生け贄なしで召喚する事ができる。
このカードの攻撃力は、生け贄召喚時に生け贄に捧げた
モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
いかなる場合による生け贄も行う事ができなくなる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

知らない人も多いかもしれない《霧の王》。【ジェネレイド】じゃないぞ!

アニメで活躍したときはそれはもうかっこよかったがこのデッキでは補助的な役割が大きい。一見儀式と相性が悪く見えるが実際悪い。さいやくだ。(なぜか変換できない)

だが、フィールド以外で儀式のリリースに使うか、こいつを一体バンッと立てとくかのすみ分けさえできれば気にならない。単体でも強いし。

それに《霧の王》、《占い魔女 スィーちゃん》、そして《ディープ・ダイバー》。この三体が《サルベージ》を共有しているのが大きい。手札コストや使いまわしが容易にできるのだ。

あとは儀式軸の【ブラック・マジシャン】だろう。そこらへんの動きは私より皆様のほうがよっぽど詳しいはず。

最後にエクストラデッキだが、かなり自由にエクシーズなりしてもらって構わない。私はビッグ・アイなんかを持っていないし本筋には関わらないので作っていないだけだ。

他のデッキでもそうだが、あまり自由枠は明記していない。そっちのほうが考えが凝り固まらなくていいんじゃないですかね・・・?

まぁ気にすることじゃないや。でしゃばった。

P.S.

以上のことを書いたが、本日(2019年10月7日)新カードの情報が出た。

《黒魔術の秘儀》

これはぜひ使ってほしい。楽しそう。

3.終わりに

今回紹介した《ディープ・ダイバー》活用デッキ【深海のマジシャン】

おススメ・・・?できるか・・・?面白いと思ったら使ってみてネ!

その人はデッキに眠るどんなカードも見つけ出す。深く、暗くとも。

──かつて遊☆戯☆王5D'sの主人公である不動遊星は言った。

どんなカードでも存在する以上、必要とされる力がある。」と──

それはカードたちを救う希望の言葉である。

関連記事

コメント

1 匿名

最悪は「さいやく」ではなく「さいあく」と打つと出ますよ。

2 やねろく真剣態

あ、あぁ……はい。ありがとう。

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

関連
記事