【DBC】色々な召喚方法を試そう

PV 2,291 いいね 13 コメント 1

【DBC】色々な召喚方法を試そう

目次

1.はじめに

どうもルーシーです。

前回の反響はとても嬉しい限りです。

今回もこの『第一回デッキビルダーコンテスト』に参加していこうと思います。

今回は前回と違いコンボデッキではないデッキ紹介をしていきます。

さすがに毎回コンボを考えれるほどの頭脳はないので(笑)

ですが(自分は)とても楽しいデッキだと思います。

それではどうぞ。

2.デッキレシピ

モンスター:32枚

  • 《アークネメシス・エスカトス》1枚
  • 《ネメシス・フラッグ》3枚
  • 《ネメシス・コリドー》2枚
  • 《ネメシス・アンブレラ》2枚
  • 《音響戦士マイクス》2枚
  • 《音響戦士サイザス》3枚
  • 《音響戦士ギータス》3枚
  • 《音響戦士ピアーノ》2枚
  • 《音響戦士ベーシス》1枚
  • 《E・HERO エアーマン》1枚
  • 《D-HERO ディアボリックガイ》3枚
  • 《V・HERO ヴァイオン》3枚
  • 《E・HERO シャドー・ミスト》2枚
  • 《焔聖騎士-リナルド》1枚
  • 《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》1枚
  • 《幻獣機オライオン》1枚
  • 《嵐征竜-テンペスト》1枚

魔法:8枚

  • 《死者蘇生》1枚
  • 《おろかな埋葬》1枚
  • 《増援》1枚
  • 《融合》1枚
  • 《ヒーローアライブ》2枚
  • 《D・D・R》1枚
  • 《リビング・フォッシル》1枚

エクストラ:15枚

  • 《D-HERO デッドリーガイ》1枚
  • 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》1枚
  • 《超雷龍-サンダー・ドラゴン》1枚
  • 《超重剣聖ムサ-C》1枚
  • 《ドロドロゴン》1枚
  • 《サイバース・クアンタム・ドラゴン》1枚
  • 《ヴァレルロード・S・ドラゴン》1枚
  • 《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》1枚
  • 《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》1枚
  • 《永遠の淑女 ベアトリーチェ》1枚
  • 《ユニオン・キャリアー》1枚
  • 《水晶機巧-ハリファイバー》1枚
  • 《聖騎士の追想 イゾルデ》1枚
  • 《トロイメア・ユニコーン》1枚
  • 《ヴァレルソード・ドラゴン》1枚

3.デッキ紹介

①デッキコンセプト

※前回言い忘れてましたが、この表は私が考えたファンデッキの区分です。

今回は②のデッキです。

【ネメシス】【音響戦士】を組み合わせたデッキです。

コンセプトはタイトルにあるように『色々な召喚方法を試す』です!

そもそもの始まりは【ネメシス】のデッキ作りたいなぁ→相性の良い《D-HERO ディアボリックガイ》は必要として他のテーマを混ぜたいな→融合やエクシーズは【ネメシス】だと厳しいからシンクロか…→相性の良い【音響戦士】でいいか→《音響戦士ピアーノ》で種族も変更できるから色々できそう

こんな感じで決ました(笑)

なので、エクストラデッキは融合、シンクロ、エクシーズ、リンクと全部上乗せデッキとなっております。

今回は色んな召喚方法を楽しみたい人向けのデッキです。

そんな人いるのか?

②デッキの動き

今回の初動は主に《D-HERO ディアボリックガイ》と《V・HERO ヴァイオン》のコンビと【音響戦士】たち、そしてそのサポートに【ネメシス】が入っております。

《D-HERO ディアボリックガイ》と《V・HERO ヴァイオン》のコンビは今更説明するまでもなく有名だと思うので深く説明はしませんが、《焔聖騎士-リナルド》や《聖騎士の追想 イゾルデ》を使って高リンクモンスターを特殊召喚したり《永遠の淑女 ベアトリーチェ》のエクシーズ召喚をして下準備もできます。

【音響戦士】は主にシンクロ召喚をサポートをし、【ネメシス】はシンクロ素材やモンスターカードを再利用するためとして優秀です。

今回はデッキの動きではなく、主に出せる制圧系モンスターのルートを書いております。

まず注目したいのが最近巷で流行りの《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》ですね。

このカードは《音響戦士ピアーノ》と《ドロドロゴン》で出します。

《ドロドロゴン》は《音響戦士ギータス》のペンデュラム効果でもモンスター効果でも簡単に出すことができますし、《音響戦士ピアーノ》でドラゴン族に変更すればそれだけで召喚条件が整います。

《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》の欠点があるとすれば次のリミットレギュレーションで規制されそうなことですかね。

次に《超雷龍-サンダー・ドラゴン》ですが、こちらは皆さんご存じ《ネメシス・コリドー》が効果を発動するだけで召喚することができます。

もちろん《音響戦士ピアーノ》の効果を使えば《ネメシス・コリドー》が場にいなくても【音響戦士】全般が《超雷龍-サンダー・ドラゴン》になれます。

最後に《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》です。

こちらは一番簡単で《音響戦士ギータス》で《音響戦士マイクス》を特殊召喚すれば通常召喚権が増えますのでそこからさらに《超重剣聖ムサ-C》をシンクロ召喚して《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》→《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》へと進化ができます。

4.各カード紹介

【 ペンデュラムモンスター 】
星 3 / 風 / 機械族 / 攻1500 / 守100

ペンデュラム効果
「音響戦士ギータス」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「音響戦士ギータス」以外の「音響戦士」モンスター1体を特殊召喚する。

①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

今回の主軸カード。

ネメシスをシンクロしたりリンク召喚するために必要なカード。

またペンデュラム効果だけでなく、モンスター効果も非常に使えるので強いですね。

その場に応じた動きをしましょう。

【 チューナーモンスター 】
星 3 / 風 / 機械族 / 攻900 / 守1300

種族を1つ宣言し、フィールド上に表側表示で存在する「音響戦士」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターは宣言した種族になる。この効果は1ターンに1度しか使用できない。また、種族を1つ宣言し、自分の墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、自分フィールド上に表側表示で存在する「音響戦士」と名のついたモンスター1体は宣言した種族になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このデッキ最強カード。

ある時は《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》に、ある時は《ドロドロゴン》に、ある時に《ユニオン・キャリアー》になります。

何かしようとしたら何でもできてしまった究極のカード。

展開力のある【音響戦士】ならではですね。

【 リンクモンスター 】
リンク2 / 光 / 機械族 / 攻1000 /

種族または属性が同じモンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。元々の種族または元々の属性が対象のモンスターと同じモンスター1体を手札・デッキから選び、攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。この効果でデッキから装備した場合、ターン終了時まで自分はその装備したモンスターカード及びその同名モンスターを特殊召喚できない。

【LINK-2:右/下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【チューナーモンスター】

星1 / 闇 / ドラゴン族 / 攻400 / 守300

「破壊剣-ドラゴンバスターブレード」の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分メインフェイズに自分フィールドの「バスター・ブレイダー」1体を対象として発動できる。自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。②:このカードが装備されている場合、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。③:このカードが装備されている場合に発動できる。装備されているこのカードを特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

お馴染み封殺カードセット。

こちらはエクストラを大量に使うのに相手は使わせないスタイル。

エクストラは闇属性orドラゴン族を多めにして発動機会を多くしております。

《ユニオン・キャリアー》は《音響戦士ピアーノ》でどんなカードでもなることができます。

《ユニオン・キャリアー》は《サイバース・クアンタム・ドラゴン》とも相性が良いですね。

その他の主なカード。

  • 【ネメシス】…シンクロ、リンク、再利用なんでもござれなカード群。《アークネメシス・エスカトス》も封殺カードですね。
  • 【HERO】系…主に《D-HERO ディアボリックガイ》と《永遠の淑女 ベアトリーチェ》を採用するために。基本的になんでもできる。
  • エクストラのカード…主に封殺カードを多く採用。普段はこういうカード採用は少ないのですがせっかくの機会なので(笑)汎用に限らず種族に難のあるカードも出しやすいのでそこらへんと入れ替えるのも面白いと思います。

5.おわりに

ここまでお読み頂きありがとうございました!

今回は色んな召喚方法が楽しめる楽しいデッキをコンセプトに作ってみました。

やることは封殺なんですがね。

【音響戦士】と【ネメシス】によって本当にさまざまなモンスターが出せるので楽しみがアップしております。

今回はエクストラを作りましたが皆さんがアレンジしてもいいと思います。

では機会があればお次の記事でお会いしましょう!

それでは最後までお読み頂きありがとうございました!

※最後に私の新作動画を置ておきます。
よろしければどうぞ。

関連記事

コメント (1)

ルーシー

筆者のルーシーです
タイトル変更忘れてました
ただしくは『色々な召喚方法を試そう』です
申し訳ございません

2

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

13