【はみるとんのデッキビルドTips】第2回 種族の強みを活かそう!

PV 14,940 いいね 34 コメント 10

【はみるとんのデッキビルドTips】第2回 種族の強みを活かそう!

目次

はじめに

こんにちは、カーナベル専属プロプレイヤーのはみるとんです。

さて、はみるとんのデッキビルドTips、第1回から非常に多くの反響をいただき有難い限りです。

このシリーズは最終的に「デッキを組む時に必要になる知識や考え方の殆どがデッキビルドTipsのどこかの回に必ずある」という様な物にしていきたいと思っていますので、汎用的な内容からコアな内容まで順を追って踏み込んでいこうと思っています。

というわけで、第2回は「種族」について触れていきたいと思います。
今回は「カード単体の活かし方」から「デッキ構築」という部分に少し踏み込みます。

「種族」というステータスがなぜ大事か

前回、「レベル」「属性」「攻撃力」など様々なステータスの持つ意味を解説しましたが、「種族」というステータスは他のステータスに比べて大きな意味を持っています。

1.種族間の格差が大きい

種族の違いは、属性やレベルなどに比べ受けられるサポートの質や量のバラつきがかなり大きく、優遇された種族と不遇な種族がハッキリと分かれています。

サポート枚数の違いをテキストに記されている枚数で比較してみましょう。

属性で言うと、「地属性」とテキストに記されたカードは約100枚なのに対し、「闇属性」と記されたカードは約240枚。約2.4倍の差となっています。

種族で言うと、「炎族」とテキストに記されたカードは23枚なのに対し、「ドラゴン族」とテキストに記されたカードは 約240枚。実に10倍程の差があるのです。

また、多くの種族には「その種族のモンスターをデッキからサーチ、リクルートする」というサポートカードが存在するのですが、そういったカードが一切存在しない種族もあります。

このように、モンスターのポテンシャルの引き出しやすさはどの種族に属しているかによって大きく左右されるのです。

2.種族ごとの特色が強い

多くの種族において、「この種族はこういう戦い方をする」というテーマがある程度決まっています。

例えばドラゴン族には上級の大型モンスターを展開する事に特化したサポートカードが多く存在します。

アンデット族には墓地肥やしと蘇生を軸にした展開カードが多く存在します。

あらかじめこういった特色がある事で、「この種族である事を活かすならこういうデッキ構築・戦い方になる」という方向性がある程度きまってくるのです。

前回お話した内容は「相性の良いカードを見つける」「そのカードの可能性を探る」といった、カード同士の繋がりの話が主でしたが、種族について考える上では「どういったデッキ構築になるのか」という点がおのずと決まってきます。

3.統一するメリットが大きい

特定のモンスターを対象にしたりコストにした場合に、「そのモンスターと同じ種族のモンスター」を指定するカードはかなりの数存在します。

また、エクシーズ召喚やリンク召喚において、「〇〇族モンスター×2」というような、同じ種族で出せる素材指定のモンスターには強力な物が多い傾向にあります。

「この種族はサポートには恵まれていないが、強いモンスターが存在するので、そのモンスターと同じ種族である事に意味がある」というような物も「種族の強み」として考える事が出来ます。

このように、種族について理解する事は「モンスターの強みを考える」ところから「デッキとしての全体像を考える」ところにシフトする上で非常に重要な要素となります。

そういった視点で、「この種族の強みはどういう所にあるのか」なども含め、各種族について解説していきたいと思います。

戦士族

昔から多くのサポートカードを有する恵まれた種族でしたが、イゾルデの登場で種族としての強みが劇的に増しました。

戦士族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果も発動できない。
②:デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

出典:遊戯王公式サイト

戦士族を2体並べさえすれば、あらゆる戦士族をサーチする事が出来、さらに装備魔法を指定の枚数入れる事によって直接場に出す事も可能となります。

また、「聖剣」シリーズなどの優秀な装備魔法やバーバリアンハウリングなど、場に出した戦士族をサポートするカードも豊富に存在します。

「HERO」や「剛鬼」などの強力なテーマが存在するのも利点として大きく、種族統一デッキを組む際にこれらのテーマをそのまま取り入れる事が出来ます。

  • イゾルデでサーチ出来る
  • イゾルデでレベル分の装備魔法を落とす事でリクルート出来る
  • 戦士の生還で墓地から回収出来る
  • アサルトアーマーで2回攻撃を付与出来る
  • 聖剣アロンダイトを装備し、魔法罠を除去出来る
  • 天地開闢でデッキから墓地へ送れる
  • バーバリアンハウリングで攻撃・モンスター効果から守れる
  • ギガンテックファイター/バスターでデッキから墓地へ送れる
  • ギガンテックファイターで蘇生出来る
  • 鉄の騎士でサーチ出来る
  • 剛炎の騎士で強化・蘇生出来る
  • 真紅眼融合で真紅眼の黒刃竜の素材としてデッキから墓地へ送れる
  • 真紅眼の黒刃竜の効果で装備・蘇生出来る
  • (攻撃力1500以下)朱雀の召喚士でリクルート出来る
  • (攻撃力2000以下)ドラゴノックスで墓地からセット出来る
  • (攻撃力2000以下)ドラゴディウスでサーチ出来る
  • (レベル2以下)トゥルースリインフォースでリクルート出来る
  • (レベル2以下)ロードウォリアーでリクルート出来る
  • (レベル2以下)リトルトルーパーでデッキからセット出来る
  • (レベル4以下)増援でサーチ出来る
  • (レベル4以下)戦士ラーズでデッキトップに置ける
  • (レベル4以下)無敗将軍フリードでサーチ出来る
  • (レベル4以下)Xセイバーウェインで手札から特殊召喚出来る
  • (レベル5)蛮族の狂宴LV5で蘇生出来る
  • (レベル5以上)バルキリーナイトで蘇生出来る
  • (レベル5以上)覇勝星イダテンでサーチ出来る
  • (炎属性)イグナイトモンスターでサーチ出来る
  • (炎属性)蒼炎の戦士で蘇生出来る
  • (光・闇属性)混沌の種で除外ゾーンから拾える
  • (光・闇属性)明と宵の逆転でサーチ出来る
  • (光属性・レベル4)極夜の騎士ガイアでサーチ出来る
  • (闇属性・レベル4)白夜の騎士ガイアでサーチ出来る
  • (光属性・レベル5)地翔星ハヤテで手札から特殊召喚出来る
  • (地属性・レベル5)天翔星テンマで手札から特殊召喚出来る
  • (地属性・攻撃力1500以下)荒野の女戦士でリクルート出来る
  • (通常モンスター)青竜の召喚士でサーチ出来る
  • (通常モンスター)魔装戦士ヴァンドラで墓地から拾える

魔法使い族

遊戯さんのお気に入り種族という事もあってとてもサポートが豊富です。

特に「魔導」シリーズは魔法使い族全般を強化出来るテーマなので、魔法使いを主体にする場合は採用して良いでしょう。

クロウリーの登場で、魔法使いを並べるだけで魔導にアクセスできるようになったのも大きいです。

また、闇属性を主体とする場合、ブラックマジシャン関連のサポートを受ける事が出来ます。

  • ウィッチクラフトマスターヴェールで打点を強化出来る
  • ウィッチクラフトエーデルで蘇生出来る
  • マジカルコンダクターで蘇生出来る
  • レモンマジシャンガールでサーチ出来る
  • キウイマジシャンガールで耐性を与えることが出来る
  • 魔法族の聖域の条件を満たせる
  • 魔法族の里の条件を満たせる
  • 紫毒の魔術師で攻撃力を補強しつつ除去が出来る
  • ディメンション・マジックで手札から特殊召喚出来る
  • ネクロの魔導書で蘇生出来る
  • ルドラの魔導書でドローに変換出来る
  • ワンダー・ワンドでドローに変換できる
  • 虹彩の魔術師で与えるダメージを2倍に出来る
  • 魔術師の右手の条件を満たせる
  • 魔術師の左手の条件を満たせる
  • 魔導原典クロウリーの素材になれる
  • クインテット・マジシャンの素材になれる
  • 救魔の標で墓地から回収出来る
  • マジシャンズ・プロテクションで蘇生出来る
  • (攻撃力1500以下)魔装戦士アルニスでリクルート出来る
  • (攻撃力2000以下)魔装戦士ドラゴディウスでサーチ出来る
  • (攻撃力2000以下)魔装戦士ドラゴノックスで墓地からセット出来る
  • (攻撃力2000以下)マジシャンズ・サークルでリクルート出来る
  • (守備力1500)憑依装着ライナでサーチ出来る
  • (守備力1500)憑依解放でリクルート出来る
  • (レベル1)マジカルアブダクターでサーチ出来る
  • (レベル2以下)見習い魔術師でデッキからセット出来る
  • (レベル3以下)魔術師の再演で蘇生出来る
  • (レベル4以下)マジカルアンダーテイカーで蘇生出来る
  • (レベル6)風紀宮司ノリトの素材になれる
  • (レベル7以上)拡散する波動で全体攻撃を付与出来る
  • (レベル7以上)魔法都市の実験施設でリクルート出来る
  • (レベル8以上)滅びの呪文-デス・アルテマの条件を満たせる
  • (闇属性)黒牙の魔術師で蘇生出来る
  • (闇属性)黒魔族復活の棺でリクルート出来る
  • (闇属性)虚空の黒魔導師でリクルート出来る
  • (闇属性)黒魔術のヴェールで蘇生出来る
  • (闇属性)ダークホライズンでリクルート出来る
  • (闇属性)幻想の見習い魔導師で打点を強化できる
  • (闇属性・レベル5以上)魔導化士マットでリクルート出来る
  • (闇・光属性レベル5以上)魔導召喚士テンペルサーチ出来る
  • (闇・光属性レベル5以上)魔導教士システィでリクルート出来る
  • (闇属性レベル7以下)マジシャンズ・ナビゲートでリクルート出来る
  • (光属性・レベル3・4)憑依装着ダルクでサーチ出来る
  • (風属性)マジェスペクターカードのコストになれる
  • (融合)墓守の霊術師で融合召喚出来る
  • (融合)円融魔術で融合召喚出来る
  • (通常モンスター)魔道化リジョンでサーチ出来る
  • (通常モンスター)青竜の召喚士でサーチ出来る

天使族

この種族の強みは何といってもクリスティアでしょう。

墓地のモンスターを回収しながら制圧能力を持った高打点を出せるというだけでも他の種族にない強みです。

自分の墓地に存在する天使族モンスターが4体のみの場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。この効果で特殊召喚に成功した時、自分の墓地に存在する天使族モンスター1体を手札に加える。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚する事はできない。
このカードがフィールド上から墓地へ送られる場合、墓地へは行かず持ち主のデッキの一番上に戻る。

出典:遊戯王公式サイト

特にレベル4は失楽の魔女で禁じられた聖杯などを構えながら呼ぶことが出来るため、 安定して主軸に据えることが出来ます。

パーミッション系のカードが多いのも特徴なので、総じて先攻で強いデッキといえます。

  • ロードパーシアスでサーチ出来る
  • アテナで蘇生出来る
  • スペルビアで蘇生出来る
  • クリテスティアで墓地から拾える
  • テテュスで見せる事で追加ドロー出来る
  • 光神化で手札から特殊召喚出来る
  • ヴァルハラで手札から特殊召喚出来る
  • 奇跡の光臨で除外ゾーンから特殊召喚出来る
  • (レベル4)失楽の魔女でリクルート出来る
  • (レベル8以上)セフィロンで効果を無効にして蘇生出来る
  • (光属性)プロディジーモーツァルトで手札から特殊召喚出来る
  • (光属性)ローリイットフランソワで墓地から拾える
  • (光属性)力天使ヴァルキリアでリクルート出来る
  • (光属性)弁天でサーチ出来る
  • (光属性)天空の宝札でドローに変換出来る
  • (光属性)リチューアルチャーチで蘇生出来る
  • (光属性・レベル2以下)イーバでサーチ出来る

悪魔族

この種族は主に墓地利用に特化したカードの多いテーマです。

魔サイの戦士、悪魔の嘆き、魔神童などのゆるい条件でデッキから落とせるカードが多い上、魔サイの戦士はケルビーニで落とす事が出来るので、比較的楽にアクセスする事が出来ます。

特にレベル3とレベル8に集中してサポートが多いので、レベルを統一する場合このどちらかにするのが良いでしょう。

  • デストーイマイスターでリクルート出来る
  • 魔サイの戦士でデッキから落とせる
  • 冥界の魔王ハデスの効果を適用出来る
  • 魔族召喚士で蘇生出来る
  • 暗黒界の鬼神ケルトでリクルート出来る
  • 死霊操りしパペットマスターで蘇生出来る
  • ヘルゲイナーで2回攻撃を付与出来る
  • 魔神童でデッキから落とせる
  • 悪魔の嘆きでデッキから落とせる
  • 死の宣告で墓地から拾える
  • パーペチュアルキングデーモンでデッキから落とせる
  • ダークガイアの素材に出来る
  • (攻撃力2000以下)手札から特殊召喚出来る
  • (レベル1)ヘルセキュリティでリクルート出来る
  • (レベル2)マリスボラススプーンで蘇生出来る
  • (レベル3)デスガイドでリクルート出来る
  • (レベル4以下)アンブラルゴーストで手札から特殊召喚出来る
  • (レベル5以上)悪魔の憑代でリリースをなくせる
  • (レベル5以上)デーモンの呼び声で蘇生出来る
  • (レベル8)抹殺の邪悪霊で蘇生出来る
  • (レベル8)怨念の邪悪霊で蘇生出来る
  • (レベル8)オクトロスでサーチ出来る
  • (レベル8)ダークオカルティズムでサーチ出来る
  • (光・闇以外の属性)魔開発冥界行きバスでサーチ出来る
  • (闇属性・レベル3)リビオッコで手札から特殊召喚出来る
  • (闇属性・レベル3)スカラマリオンでサーチ出来る
  • (炎属性)レッドノヴァでリクルート出来る
  • (炎属性)レッドミラーで墓地から拾える
  • (チューナー・攻撃力1500以下)ワイルドワインドでサーチ出来る
  • (チューナー・レベル3以下)レッドスプリンターで手札・墓地から特殊召喚出来る
  • (融合)ダークフュージョンで融合召喚出来る

アンデット族

種族デッキとしての完成度の高さではかなり上位に入る種族です。

ユニゾンビ、牛頭鬼などデッキから墓地に送る手段に富んでいる上、馬頭鬼やゾンビマスターで墓地からの蘇生も充実しているので、アクセスがかなり容易にできます。

「このターン、アンデット族以外特殊召喚出来ない」という縛りのつくカードが多いので、種族統一するメリットが大きいのも特徴です。

  • デスカイザードラゴン/バスターで蘇生出来る
  • ドーハスーラの効果発動トリガーになれる
  • イルブラッドで蘇生出来る
  • ヴァンパイアフロイラインで強化出来る
  • ゾンビマスターで蘇生出来る
  • 牛頭鬼でデッキから墓地へ送れる
  • 堕ち武者でデッキから墓地へ送れる
  • ユニゾンビでデッキから墓地へ送れる
  • 氷の魔妖ー雪娘でデッキから墓地へ送れる
  • アドヴェンデットセイヴァーでデッキから墓地へ送れる
  • 逢魔ノ妖刀-不知火で除外ゾーンから特殊召喚出来る
  • 牛頭鬼で手札から特殊召喚出来る
  • 馬頭鬼で蘇生出来る
  • 冥界の麗人イゾルデでレベルを5~8に出来る
  • 生者の書で蘇生出来る
  • アンデットストラグルで強化出来る
  • 不知火流才華の陣で手札から特殊召喚出来る
  • 不知火流才華の陣でカード効果耐性を与える
  • 不知火流燕の太刀のコストに出来る
  • もののけの巣くう祠で蘇生出来る
  • 真紅眼の不屍竜で蘇生出来る
  • アンデットスカルデーモンで耐性を与えられる
  • リターンオブアンデットで蘇生出来る
  • (守備力1200以下)ゴブリンゾンビでサーチ出来る
  • (守備力2000以下)ピラミッドタートルでリクルート出来る
  • (守備力0)冥界騎士トリスタンで墓地から拾える
  • (守備力0)不知火流転生の陣で蘇生出来る
  • (レベル3以下)ワイト夫人で耐性を与えられる
  • (レベル4以下)ファラオの化身で蘇生出来る
  • (レベル4)蒼血鬼で蘇生出来る
  • (レベル5以上)グローアップブルームでサーチ・リクルート出来る
  • (レベル7以上)閻魔の裁きでリクルート出来る
  • (チューナー・守備力0)不知火の隠者でリクルート出来る
  • (シンクロ)妖刀不知火でエクストラから特殊召喚出来る
  • (シンクロ)タツネクロを素材に出来る
  • (シンクロ)麗神不知火で除外ゾーンから特殊召喚出来る

機械族

機械族といえば何といっても「リミッター解除」

全体の攻撃力を2倍というド派手な強化によって容易にワンキルが出来ます。

自分の全ての表側表示機械族モンスターの攻撃力を倍にする。ターン終了時この効果を受けたモンスターカードを破壊する。

出典:遊戯王公式サイト

特に地属性と光属性にサポートが集中しており、地属性は古代の機械、ギアギア、列車関連のサポートが概ね受けられます。

光属性はサイバードラゴン関連のサポートによりサーチが可能な上、超時空戦闘機関連のサポートによって打点補強や回収が可能です。属性を寄せる場合、このどちらかを中心に寄せるのが良いでしょう。

  • マシンナーズフォートレスのコストに出来る
  • スクラップ・リサイクラーでデッキから落とせる
  • アイアンドローの発動条件を満たせる
  • リミッター解除で強化出来る
  • 機甲部隊の最前線でリクルート出来る
  • マグネットフォースでモンスター効果耐性を与えられる
  • パルスボムの発動条件を満たせる
  • カラクリシンクロモンスターの素材になれる
  • キメラテックフォートレスドラゴンの素材になれる
  • (攻撃力500以下)機械複製術でリクルート出来る
  • (攻撃力1000以下)バイオファルコンでサーチ出来る
  • (攻撃力1500以下)ユーフォロイドでリクルート出来る
  • (攻撃力3000以上)臨時ダイヤで蘇生出来る
  • (レベル4以下)ギアギガントXでサーチ出来る
  • (レベル4以下)プラチナガジェットで手札から特殊召喚出来る
  • (レベル4)アイアンヴォルフでサーチ出来る
  • (レベル4)ゴールド、シルバーガジェットで手札から特殊召喚出来る
  • (レベル4)ギアギアーノで蘇生出来る
  • (レベル5以下)ダークフラットトップで蘇生出来る
  • (レベル5)サイバードラゴンノヴァの素材になれる
  • (レベル5以上)マーシャリングフィールドで5~9までのレベルに出来る
  • (レベル5以上)クリフォートゲニウスでサーチ出来る
  • (レベル10)アンガーナックルで蘇生出来る
  • (光属性)ビッグバイパーT301で強化できる
  • (光属性)サイバーリペアプラントでサーチ出来る
  • (光属性)除外ゾーンから特殊召喚出来る
  • (光属性・レベル6以上)手札から召喚条件を無視して特殊召喚出来る
  • (光属性・攻撃力1200以下)ファルシオンβでデッキから落とせる
  • (光属性・攻撃力1200以下)ファルシオンβで蘇生出来る
  • (光属性・レベル4)ジェイドナイトでサーチ出来る
  • (地属性)リヴァーストームでサーチ出来る
  • (地属性・攻撃力500)古代の機械箱でサーチ出来る
  • (地属性・レベル4)ギアギアングラーでサーチ出来る
  • (地属性・レベル10)転回操車でサーチ出来る
  • (地属性・レベル4・攻撃力1800以上)転回操車でリクルート出来る
  • (地属性・エクシーズ)超信地旋回の対象に出来る
  • (闇属性)ボムスパイダーの条件を満たせる
  • (闇属性)鋼鉄の襲撃者で手札から特殊召喚出来る
  • (闇属性)オルフェゴールクリマクスでサーチ出来る
  • (闇属性)トロイメアオルフェゴールでデッキから墓地へ送れる
  • (闇属性・レベル4)ブラックボンバーで蘇生出来る
  • (闇属性・レベル6)サイコショックウェーブ
  • (地属性・レベル10)バトレインでサーチ出来る
  • (地属性)フライングペガサスで蘇生出来る
  • (地属性)緊急ダイヤでリクルート出来る
  • (チューナー)ジェネクスニュートロンでサーチ出来る
  • (融合)パワーボンドで融合召喚出来る
  • (融合・闇属性)オーバーロードフュージョンで融合召喚出来る
  • (ユニオン・光属性)ユニオン格納庫でサーチ出来る
  • (ユニオン・光属性)スクランブルユニオンで除外ゾーンから特殊召喚出来
  • (通常・光属性)スクランブルユニオンで除外ゾーンから特殊召喚出来る
  • (通常召喚出来ない)マグネットリバースで墓地・除外ゾーンから特殊召喚出来る

水族

あまりサポートカードの数は多くないですが、この種族の強みはなんといってもレベル2のモンスターが超強力な制圧モンスター「餅カエル」の素材となれるところです。

水族レベル2モンスター×2
①:自分・相手のスタンバイフェイズにこのカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「ガエル」モンスター1体を特殊召喚する。
②:1ターンに1度、相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時、自分の手札・フィールドの水族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。その後、破壊したカードを自分フィールドにセットできる。
③:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

出典:遊戯王公式サイト


また、別のレベルのモンスターもブリリアントフュージョンで墓地へ送り、アクアリウムカードによって蘇生したり、水属性の豊富な蘇生カードで絡めたりしてアクセスすることが出来ます。

  • 飛鯉でリクルート出来る
  • グレイドルスライムJrで手札から特殊召喚出来る
  • フィッシュアンドバックスで除外ゾーンから回収出来る
  • 忘却の海底神殿で除外出来る
  • アクアリウムカードで蘇生出来る
  • ブリリアントフュージョンでアメジスの素材としてデッキから落とせる
  • サラキアビスの素材になれる
  • (レベル2)餅カエルの素材になれる
  • (レベル3以下)浮上で蘇生出来る
  • (レベル4以下)魔製産卵床でサーチ出来る
  • (水属性・レベル2以下)鬼ガエルでデッキから落とせる

炎族

とにかく専用サポートの少ない不遇な種族ですが、所属しているヴォルカニックが非常に強力なテーマなので、うまく絡めて運用していく必要があります。

また、ジェムナイトが素材に指定している種族の1つなので、アドバンテージを取りやすい炎族は融合に使っていくと相性が良いでしょう。

  • ボムフェネクスの素材に出来る
  • ヴァルカノンの素材に出来るファイヤーソウルでデッキから除外出来る
  • 火口に潜む者で手札から特殊召喚出来る
  • ブレイズキャノントライデントのコストに出来る
  • ファイヤーウォールのコストに出来る
  • ブリリアントフュージョンでマディラの素材としてデッキから落とせる
  • (攻撃力500以下)ブレイズキャノンのコストに出来る

岩石族

元々あまりアクセス手段に恵まれた種族ではなかったのですが、ブロックドラゴンの登場で容易にサーチが出来るようになりました。

また、無効効果を持った強力なコアキメイルモンスターが所属している種族なので、メタビート寄りの戦い方が行いやすいといえます。

  • ブロックドラゴンでサーチ出来る
  • トラミッドハンターで追加召喚出来る
  • 岩石の番兵の蘇生条件を満たせる
  • ゴルゴニックケルベロスでレベルを3に出来る
  • 怒気土器でリクルート出来る
  • ムーンスクレイパーの条件を満たせる
  • 岩投げエリアでデッキから墓地へ送れる
  • マグネットフォースで耐性を付与できる
  • 岩投げアタックでデッキから墓地へ送れる
  • 化石岩の解放で除外ゾーンから特殊召喚出来る
  • ブリリアントフュージョンでジルコニアの素材としてデッキから墓地へ送れる
  • ダークガイアの素材になれる
  • (レベル3)ゴルゴニックガーディアンの素材に出来る
  • (レベル4以下)ブロックゴーレムで蘇生出来る
  • (地属性)マグネットフィールドで除去が出来る
  • (地属性・レベル4)ゴゴゴゴライアスで墓地から拾える
  • (通常召喚できない)マグネットリバースで墓地・除外ゾーンから特殊召喚出来る

鳥獣族

レベル1はリリカルルスキニア関連のサポート、レベル4はRR関連のサポート、レベル8はネフティス関連のサポートをそれぞれ受ける事が出来、種族全般のサポートは少ないものの特定のレベル帯は非常に恵まれています。

ゴッドバードアタックは非常に強力な除去となるため、展開力に長けている鳥獣族デッキであれば採用して良いでしょう。

  • 犬タウルスでデッキから落とせる
  • ダイヤウルフの対象に出来る
  • スワローズネストでリクルート出来る
  • ゴッドバードアタックのコストに出来る
  • 忍法変化の術でリクルート出来る
  • ドラグニティナイトロムルスで手札から特殊召喚出来る
  • (レベル1)リサイトスターリングでサーチ出来る
  • (レベル1)サファイアスワローで手札から特殊召喚出来る
  • (レベル1)コバルトスパローでサーチ出来る
  • (レベル3以下)エレファンで除外ゾーンから回収出来る
  • (レベル4以下)旋風のボルテクスでリクルート出来る
  • (レベル4以下)ドラグニティブラックスピアで蘇生出来る
  • (レベル4以下)ドラグニティナイトガジャルグでサーチ出来る
  • (レベル4)アーセナルファルコンでリクルート出来る
  • (レベル4・攻撃力1500以下)ハーピィハーピストでサーチ出来る
  • (レベル5以下)ユニコーンの導きで除外ゾーンから特殊召喚出来る
  • (レベル5以上)ホークジョーで蘇生出来る
  • (レベル8)守護神ネフティスでサーチ出来る
  • (炎属性)炎王獣ガネーシャで蘇生出来る
  • (炎属性)炎王の急襲でリクルート出来る
  • (炎属性)炎王の孤島で手札から特殊召喚出来る
  • (水属性)ブリザードサンダーバードで手札・墓地から特殊召喚出来る
  • (風属性)ハーピィの羽根吹雪の条件を満たせる
  • (闇属性・レベル4)フォースストリクスでサーチ出来る
  • (闇属性・レベル4)ワイズストリクスでリクルート出来る

植物族

ローンファイアブロッサム、メリアスの木霊、アロマセラフィジャスミン、超栄養太陽などデッキからのアクセスに長けた種族で、トークンなどで頭数を並べる事も得意とするため、シンクロやリンクなどで展開する戦い方が主となります。

  • ローンファイアブロッサムでリクルート出来る
  • チルビメでリクルート出来る
  • ギガプラントで蘇生出来る
  • ブルーローズドラゴンで蘇生出来る
  • 薔薇の聖騎士でリクルート出来る
  • ロードポイズンで蘇生出来る
  • アロマージジャスミンで追加召喚出来る
  • 薔薇恋人で手札から特殊召喚出来る
  • 世界樹で蘇生出来る
  • 超栄養太陽でリクルート出来る
  • 増草剤で手札・墓地から特殊召喚出来る
  • メリアスの木霊でデッキから落とせる
  • メリアスの木霊で蘇生出来る
  • ポリノシスのコストに出来る
  • アロマセラフィジャスミンでリクルート出来る
  • アロマセラフィジャスミンでサーチ出来る
  • (攻撃力2400以上)天啓の薔薇の鐘でサーチ、手札から特殊召喚出来る
  • (守備力1000以下)ボタニティガールでサーチ出来る
  • (守備力1500以下)バイオレットウィッチでサーチ出来る
  • (レベル2以下)偽りの種で手札から特殊召喚出来る
  • (レベル4以下)夜薔薇の騎士で手札から特殊召喚出来る
  • (レベル4以下)冷薔薇の抱香でサーチ出来る
  • (レベル4以上)ホワイトローズドラゴンでデッキから落とせる
  • (レベル7以上)薔薇の聖騎士でサーチ出来る
  • (地属性・レベル4以下)ナチュルの神星樹でリクルート出来る
  • (チューナー)ローズバードでリクルート出来る

昆虫族

サーチやリクルートに長けたテーマで、アドバンテージを失わずに盤面を維持する事に長けています。

Gボールパークの登場によって通常モンスターに寄せた構築が可能になりました。

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:ダメージ計算時に発動できる。その戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージを0にし、自分のデッキからレベル4以下の昆虫族モンスター1体を墓地へ送る。この効果で通常モンスターが墓地へ送られた場合、さらにその同名モンスターを自分の手札・デッキ・墓地から任意の数だけ選んで特殊召喚できる。
②:自分フィールドのモンスターが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。自分の墓地から昆虫族の通常モンスター1体を選んで特殊召喚する。

出典:遊戯王公式サイト

また、電子光虫の登場によって、レベル3に関するサポートが数多く作られたので、エクシーズを中心に戦っていく事も出来ます。

地属性を中心に構築する場合は応戦するGや共振虫などの墓地へ送られた場合にアドバンテージを稼げるカードを絡め、リンク等で展開していくのも良いでしょう。

  • 孵化でリクルート出来る
  • 超進化の繭で召喚条件を無視してリクルート出来る
  • 大樹海でサーチ出来る
  • 究極変異態インセクト女王で耐性を与えられる
  • ギガプラントで蘇生出来る
  • プリミティブバタフライでレベルを上げられる
  • 代打バッターで手札から特殊召喚出来る
  • 共振虫でデッキから落とせる
  • 忍法変化の術でリクルート出来る
  • ピコファレーナでデッキから装備出来る
  • (攻撃力1500以下)共鳴虫でリクルート出来る
  • (攻撃力1500以下)ゴキポンでサーチ出来る
  • (守備力1000以下)ダニポンでサーチ出来る
  • (レベル2以下)星遺物に差す影で手札から特殊召喚・セット出来る
  • (レベル3以下)アルバレストで蘇生出来る
  • (レベル3)センチビットでリクルート出来る
  • (レベル3)ウェブソルダーで手札から特殊召喚出来る
  • (レベル3)LEDバグでサーチ出来る
  • (レベル3)コクーンデンサで蘇生出来る
  • (レベル3)光虫異変で蘇生出来る
  • (レベル4以下)ハガクレミノで手札・墓地から特殊召喚出来る
  • (レベル4以下)Gボールパークでデッキから落とせる
  • (レベル4以下)スパイダースパイダ-で蘇生出来る
  • (レベル4以下)カブトロンで蘇生出来る
  • (レベル4)ゴキポールでサーチできる
  • (レベル5以上)共振虫でサーチ出来る
  • (レベル7以上)パラノイドで手札から特殊召喚出来る
  • (レベル11以下)ビッグバリスタで蘇生出来る
  • (地属性・レベル4以下)ナチュルの神星樹でリクルート出来る
  • (地属性・攻撃力1500以下)応戦するGでサーチ出来る
  • (通常モンスター・レベル4以下)Gボールパークで蘇生・リクルート出来る

雷族

サンダードラゴンのテーマ化に伴って、多くの強力な種族サポートが追加されました。

対応している範囲はあまり広くはないですが、サンダーシーホースが非常に強力なサーチカードなので、レベル4に統一する場合は「サンダー」を中心にエクシーズに特化したり、同胞の絆でライオウをリクルートして盤面を固めたりすることが出来ます。

  • 雷劫龍サンダードラゴンでサーチ出来る
  • 封狼雷坊で蘇生出来る
  • 太陽電池メンでデッキから落とせる
  • 雷龍融合でサーチ出来る
  • 百雷のサンダードラゴンで蘇生出来る
  • 雷神龍サンダードラゴンのトリガーになれる
  • 超雷龍サンダードラゴンの素材になれる
  • ブリリアントフュージョンでプリズムオーラの素材としてデッキから落とせる
  • 常夏のカミナリサマーで蘇生出来る
  • (攻撃力1500以下)バッテリーリサイクルで墓地から拾える
  • (光属性・レベル4)OToサンダー、Okaサンダーで追加召喚出来る
  • (光属性・レベル4)ONiサンダーでサーチ出来る
  • (光属性・レベル4)スピリット変換装置で墓地から拾える
  • (光属性・レベル4・攻撃力1600以下)サンダーシーホースでサーチ出来る

ドラゴン族

竜の渓谷、竜の霊廟によってデッキから墓地に送る方法に長けています。

元々上級を展開する動きに特化した種族だった上、ストラクチャーデッキR巨神竜復活でレベル7・8を指定したカードが数多く登場したので、それらを活かし高打点の上級を展開していくのが良いでしょう。

また、守護竜リンクモンスターによってデッキからアクセスしていく事が出来るので、 下級を展開していく戦い方も出来るようになりました。

終着点としては天球の聖刻印のバウンス効果が手軽に用意できて強力です。

  • 天球の聖刻印でリクルート出来る
  • 忍法超変化の術でリクルート出来る
  • 終焉龍カオスエンペラーで除外ゾーンから回収出来る
  • レヴァテインで装備できる
  • ダークフレアドラゴンでデッキから落とせる
  • 輝光竜セイファートでサーチ出来る
  • コドモドラゴンで手札から特殊召喚出来る
  • 竜の交感でサーチ出来る
  • 竜の闘志で複数回攻撃出来る
  • 竜の渓谷でデッキから落とせる
  • タイラントウィングで2回攻撃できる
  • バーストブレスのコストになれる
  • 竜の霊廟でデッキから落とせる
  • ピスティで蘇生出来る
  • エルピィでリクルート出来る
  • (攻撃力1500以下)仮面竜でリクルート出来る
  • (攻撃力・守備力2500以下)竜の束縛の対象に出来る
  • (攻撃力3000以上守備力2500以下)目覚めの旋律でサーチ出来る
  • (レベル1)真紅眼の幼竜でサーチ出来る
  • (レベル2以下)兵隊竜でリクルート出来る
  • (レベル3以下)ドレッドドラゴンでリクルート出来る
  • (レベル3以下)ラヴァドラゴンで手札・墓地から特殊召喚出来る
  • (レベル4以下)バックグランドドラゴンで手札から特殊召喚出来る
  • (レベル4以下)星遺物の守護竜で墓地から回収・蘇生出来る
  • (レベル6)真紅眼融合で流星竜メテオブラックドラゴンの素材としてデッキから落とせる
  • (レベル7以上)デコイドラゴンで蘇生出来る
  • (レベル7・8)復活の福音で蘇生出来る
  • (レベル7・8)巨神竜フェルグラントで蘇生出来る
  • (レベル7・8)アークブレイブドラゴンで蘇生出来る
  • (レベル7・8)創世の竜騎士でデッキから落とせる・蘇生出来る
  • (レベル7・8)巨竜の聖騎士でデッキから装備、蘇生出来る
  • (レベル8)クリスタルドラゴンでサーチ出来る
  • (レベル8)ドラゴニックタクティクスでリクルート出来る
  • (風属性)テンペストでサーチ出来る
  • (光属性)ライトロードメイデンミネルバでサーチ出来る
  • (闇属性)ライトパルサードラゴンで蘇生出来る
  • (闇属性・レベル4以下)ゲートウェイドラゴンで手札から特殊召喚出来る
  • (闇属性・レベル5以上)ヴァレット・シンクロンで蘇生出来る
  • (光・闇属性・レベル7以上)エクリプスワイバーンで除外・回収できる
  • (EXのモンスター)アガーペインで特殊召喚出来る
  • (エクシーズ・ペンデュラム)覇王門無限の効果で特殊召喚出来る
  • (融合・シンクロ)覇王門零の効果で特殊召喚出来る
  • (融合)龍の鏡で融合召喚出来る
  • (シンクロ・レベル7・8)ツィオルキンで特殊召喚出来る
  • (シンクロ・光属性)青眼の精霊龍で特殊召喚出来る
  • (通常モンスター)聖刻モンスターの効果でリクルート出来る
  • (通常モンスター)ネオガイザーグライダーで蘇生出来る
  • (通常モンスター)青竜の召喚士でリクルート出来る
  • (通常モンスター)銀龍の轟咆で蘇生出来る
  • (通常モンスター・レベル4以下)守護竜の核醒でリクルート出来る
  • (通常モンスター・レベル7以下)カーボネドンでリクルート出来る
  • (ペンデュラム)オッドアイズレボリューションでサーチ出来る

獣族

レベル2以下、レベル3以下などローレベルを対象範囲とするサポートカードが多く存在します。

また、ライコウをはじめとした強力なリバースモンスターが多く存在するほか、子狸ぽんぽこや素早いビッグハムスターなど獣族をセットするサポートが多いので、リバースを主体として戦う事も出来ます。

リクルーターなどの墓地発動の効果が多く、グリーンバブーンの存在もありスキルドレインを絡めたデッキ構築をするのも面白いでしょう。

  • 犬タウルスでデッキから落とせる
  • ヒダルマーで墓地から拾える
  • チェーンドッグの条件を満たせる
  • ダイヤウルフの対象に出来る
  • 森の聖獣ユニフォリアで蘇生出来る
  • エアーズロックサンライズで蘇生出来る
  • 幻獣の角を装備できる
  • キャトルミューティレーションで手札から特殊召喚出来る
  • (攻撃力300・守備力100)緊急救急救命レスキューでサーチ出来る
  • (レベル1)ロックキャットで蘇生出来る
  • (レベル2)子狸ぽんぽこでデッキからセット出来る
  • (レベル2)子狸たんたんでリクルート出来る
  • (レベル2以下)魔獣の懐柔でリクルート出来る
  • (レベル2以下)ヴァレリフォーンで蘇生出来る
  • (レベル3以下)キーマウスでサーチ出来る
  • (レベル3以下)素早いビッグハムスターでデッキからセット出来る
  • (レベル3以下)エレファンで除外ゾーンから回収出来る
  • (レベル3以下)レスキューキャットでリクルート出来る
  • (レベル4以下)ダーク砂バクで蘇生出来る
  • (レベル4以下)デスマニアデビルでサーチ出来る
  • (レベル4)モジャで墓地から拾える
  • (レベル5以下)ユニコーンの導きで除外ゾーンから特殊召喚出来る
  • (炎属性)ガネーシャで蘇生出来る
  • (炎属性)炎王の急襲でリクルート出来る

獣戦士族

獣戦士といえば炎舞天キ。レベル4以下なら何でもサーチ出来るというゆるい縛りに加えて、打点強化までついています。

このカードの発動時に、デッキからレベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札に加える事ができる。また、このカードがフィールド上に存在する限り、自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は100ポイントアップする。「炎舞-「天璣」」は1ターンに1枚しか発動できない。

出典:遊戯王公式サイト


他の炎舞カードも獣戦士全般を指定しているので、展開補助から打点強化まで幅広くサポートが存在します。

また、獣戦士族縛りのエクストラのモンスターにはソウコやカグツチなど強力な物が多いのも特徴です。

炎王や炎星がいるので、炎属性に寄せると採用出来るサポートカードが増えます。

  • 天キでサーチ出来る
  • 犬タウルスでデッキから落とせる
  • ヒダルマーで墓地から拾える
  • ダイヤウルフの対象に出来る
  • 幻獣の角を装備できる
  • 天枢で追加召喚出来る
  • (レベル3以下)エレファンで除外ゾーンから回収出来る
  • (レベル3)スピアホイールでレベルを変更できる
  • (レベル5以下)ユニコーンの導きで除外ゾーンから特殊召喚出来る
  • (炎属性)ガネーシャで蘇生出来る
  • (炎属性)炎王の急襲でリクルート出来る
  • (炎属性・レベル4)ウルフバークで蘇生出来る
  • (炎属性・レベル3・守備力200以下)チョウテンで蘇生出来る
  • (光属性)ビビット騎士で除外できる
  • (通常モンスター・レベル4)ミノケンサテュロスでリクルート出来る

恐竜族

化石調査やオヴィラプター、ミセラサウルスなど、デッキからのアクセス手段に長け、究極伝導恐獣やラギア、ドルカなどの強力なエクシーズモンスターが終着点として用意されているので、とてもバランスの良い種族です。

ベビケラサウルスとプチラノドンを使い分ける事で様々な恐竜モンスターにアクセス出来るので、破壊に関連する動きと相性が良いです。

通常モンスターに関連したカードも複数存在するので、そちらからアプローチするのも面白いでしょう。

  • オヴィラプターでサーチ・蘇生出来る
  • 幻創のミセラサウルスでリクルート出来る
  • オーバーテクスゴアトルスで手札・場から破壊出来る
  • ロストワールドでデッキから破壊出来る
  • 忍法超変化の術でリクルート出来る
  • (攻撃力2500以上)ジュラックインパクトの条件を満たせる
  • (レベル4以下)生存境界でリクルート出来る
  • (レベル4以下)ベビケラサウルスでリクルート出来る
  • (レベル4)ラギア、ドルカの素材に出来る
  • (レベル4以上)プチラノドンでリクルート出来る
  • (レベル5以上)テールスイングの対象に出来る
  • (レベル6)ソルデの素材になれる
  • (レベル6以下)化石調査でサーチ出来る
  • (レベル7以上)究極進化薬で召喚条件を無視してリクルート出来る
  • (炎属性・レベル6以下)カシネリアでリクルート出来る
  • (炎属性・レベル6)エリアスで手札から特殊召喚出来る

魚族

魚族といえば超古深海王シーラカンス!一昔前はこのカードから展開する「魚シンクロ」というデッキタイプがあったほど、魚族を代表する強力なカードです。

手札を1枚捨てる。1ターンに1度だけ、デッキからレベル4以下の魚族モンスターを可能な限り自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。このカードの効果で特殊召喚されたモンスターは攻撃宣言をする事ができず、効果は無効化される。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが魔法・罠・効果モンスターの効果の対象になった場合、自分フィールド上の魚族モンスター1体を生け贄に捧げる事でその効果を無効にし破壊する。

出典:遊戯王公式サイト

ZEXALでシャークさんが使っていた事から、ランク3、ランク4エクシーズに長けたモンスターが多く存在する種族でもあります。

魚族自体のサポートはそこまで多くはないのですが、殆どが水属性に属している事で属性サポートに恵まれています。

  • 素早いマンボウでデッキから落とせる
  • 飛鯉でリクルート出来る
  • フィッシュアンドバックスで除外ゾーンから回収出来る
  • 忘却の海底神殿で除外出来る
  • サラキアビスの素材になれる
  • 白の救済で墓地から拾える
  • 白闘気一角で蘇生出来る
  • (レベル3以下)浮上で蘇生出来る
  • (レベル3~5)マーメイドシャークでサーチ出来る
  • (レベル4以下)鰤っ子姫でリクルート出来る
  • (レベル4以下)シーラカンスでリクルート出来る
  • (レベル4以下)魔製産卵床でサーチ出来る
  • (レベル4)エクシーズリモーラで蘇生出来る
  • (水属性・レベル3・4)ダブルフィンシャークで蘇生出来る

海竜族

サポートの総数はあまり多くないのですが、海皇の竜騎隊をはじめとした海皇関連のカードが非常に強力です。

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上のレベル3以下の海竜族モンスターは相手プレイヤーに直接攻撃できる。また、このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時、デッキから「海皇の竜騎隊」以外の海竜族モンスター1体を手札に加える。

出典:遊戯王公式サイト

ネプトアビスやジェネクスウンディーネが実質サーチャーとして機能し、アクセスが容易となっています。

魚族同様、この種族も殆どが水属性に属しているので、その強みを活かしていきましょう。

  • 海皇の竜騎隊でサーチ出来る
  • 飛鯉でリクルート出来る
  • フィッシュアンドバックスで除外ゾーンから回収出来る
  • 忘却の海底神殿で除外出来る
  • サラキアビスの素材になれる
  • 忍法超変化の術でリクルート出来る
  • ギョッ!のコストになれる
  • (レベル3以下)深海のディーヴァでリクルート出来る
  • (レベル3以下)浮上で蘇生出来る
  • (レベル3以下)海皇の咆哮で蘇生出来る
  • (レベル4以下)海皇の重装兵で追加召喚出来る
  • (レベル5以上)フラッピィで蘇生出来る
  • (レベル8)カイザーシースネークで蘇生出来る

爬虫類族

キングレムリンによりサーチの容易さが特徴です。

この手のサーチャーにしては珍しくレベル指定などの一切の条件なくサーチする事が出来、キングレムリン自体の素材縛りが無いので、別の種族でレベル4を展開するギミックから爬虫類を絡めた動きに派生する事が出来ます。

レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから爬虫類族モンスター1体を手札に加える。

出典:遊戯王公式サイト

  • キングレムリンでサーチ出来る
  • レプティレスヒュドラの条件を満たせる
  • エーリアンソルジャーM/フレームで蘇生出来る
  • スネークレインでデッキから落とせる
  • ヴァイパーリボーンで蘇生出来る
  • ダメージ=レプトルでリクルート出来る
  • 毒蛇の供物の対象に出来る
  • (攻撃力500以下)オシャレオンでサーチ出来る
  • (レベル3以下)強制退化で手札・墓地から特殊召喚出来る
  • (レベル4以下)スネークレインでリクルート出来る
  • (光属性)W星雲隕石で裏側守備表示にし、ドロー出来る
  • (光属性・レベル7以上)W星雲隕石でリクルート出来る

サイキック族

シンクロ期に登場した種族で、最初から種族単位でデッキを組むことを想定されたような強いシナジーのあるカードが多いのが特徴です。

緊急テレポートをはじめとした使いやすい展開カードが多く、シンクロやリンクなどで展開していくのが得意です。

風属性に寄せる場合、ガスタのサポートを受ける事も出来ます。

  • 脳開発研究所で追加召喚出来る
  • パストイメージの発動条件を満たせる
  • サイコフィールゾーンで除外ゾーンからシンクロ素材に出来る
  • サイコウィールドで2回攻撃を付与できる
  • アポートで手札から特殊召喚出来る
  • (攻撃力1500以下)テレポンDDでデッキから除外し、特殊召喚出来る
  • (攻撃力2000以下)静寂のサイコウィッチで除外し、特殊召喚出来る
  • (レベル2以下)念動収集機で蘇生出来る
  • (レベル3以下)緊急テレポートでリクルート出来る
  • (レベル3)マックステレポーターでリクルート出来る
  • (レベル4)パンダボーグでリクルート出来る
  • (風属性・守備力1500以下)ガスタサンボルトでリクルート出来る
  • (風属性・守備力1500以下)ガスタコドルでリクルート出来る

幻竜族

9期で追加された種族で、初期は殆ど竜星モンスターしか存在していませんでしたが、メタファイズ、真竜、天威と追加されるうちに多くのサポートが登場しました。

竜星と天威がそれぞれ「幻竜族」を強くサポートしているため、テーマ外の幻竜族のデッキを組む場合でも取り入れやすいです。

  • チョウホウでリクルート出来る
  • ガイザーでリクルート出来る
  • ボウテンコウでデッキから落とせる
  • 天威の龍仙女で蘇生出来る
  • 幽麗なる幻滝でサーチ出来る
  • 幻界突破でリクルート出来る
  • 虚ろなる龍輪でデッキから落とせる
  • (レベル4以下)竜宮のツガイでリクルート出来る
  • (守備力1500以下)破面竜でリクルート出来る
  • (炎属性以外)アグニマズドVで墓地から拾える
  • (風属性以外)マリアムネでサーチ出来る
  • (地属性以外)リトスアジムDで蘇生出来る
  • (水属性以外)バハルストスFでリクルート出来る

サイバース族

10期で新登場した新しい種族で、主にリンク召喚に特化したテーマとなっています。

サーチもリクルートも容易で、展開が容易な下級が多いので、エクストラを活かした戦い方を主体としています。

シンクロ、エクシーズ、儀式など様々な召喚方法を絡められるので、使いたいカードが素材として最も活きる展開方法を絡めると良いでしょう。

  • RAMクラウダーで蘇生出来る
  • バランサーロードで追加召喚出来る
  • ガベージコレクターでリクルート出来る
  • サイバネットバックドアでサーチ出来る
  • サイバネットオプティマイズでサーチ出来る
  • (攻撃力1500以下)リビルディアで蘇生出来る
  • (レベル3以下)レディデバッカーでサーチ出来る
  • (レベル4以下)スタックリバイバーで蘇生出来る
  • (レベル4)SIMMタブラスで蘇生出来る
  • (レベル4以下)ROMクラウディアでリクルート出来る
  • (レベル4以下)サイバネットマイニングでサーチ出来る
  • (レベル5以上)フォーマッドスキッパーでサーチ出来る
  • (レベル5以上)嵐竜の聖騎士でリクルート出来る
  • (通常モンスター)プロンプトホーンでリクルート出来る

まとめ

このように、種族によって多種多様のサポートカードが存在しています。
こうしてまとめてみると、戦い方の方向性の特色もかなり色濃く反映されている事が分かりました。

特定のモンスターを使ったデッキを作りたいと思った際は、まずはその種族がどんな戦い方をする種族なのか、どのサポートを受けられるのかをこのページを参考にして考えてみてください。

次回はもう少し踏み込んだ内容に触れていきます!お楽しみに!


欲しいカードがすぐ手に入る!
トレカ通販サイト「カーナベル 」って?


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


毎日値下げカード一覧を更新中!!

ガチまとめからのお知らせ

カテゴリ:

タグ:

関連記事

コメント (10)

ガガガP

種族ごとの大まかな個性が書いてあってわかりやすいです。
読むだけで爆アドですわこれ。

ところで些細なことですが、機械族の項目の『トロイメアオルフェゴール』は、文脈と効果からして多分『オルフェゴール・トロイメア』のことですよね?(←ギミパペオルフェでよく使うマン)

0
コングレムリン

タメになる記事ありがとうございます!
爬虫類族のところで1点だけ!
「(レベル4以下)スネークレインでリクルート出来る」
の「スネークレイン」は「スネーク・ホイッスル」のことでしょうか?

0
スキムパンフレット

こういう特色を洗い出す記事ワクワクしてすこ🤗

0
GO-DDD神零王ゼロゴッドレイジ

天使族の力天使ヴァルキリアがリクルートになってます!
力天使ヴァルキリアはリクルートではなくサーチですね。
あと、天使族は朱光の宣告者等の汎用手札誘発のコストになれるのも利点だと思います。
デッキ作りの上で種族サポートは毎回探すのが大変なので、とても参考になります!

0
toroi

種族サポートはテーマデッキを組んだ時に空き枠を埋めるだけでなく、強化に繋げられるのがよくわかりますね(*^^*)丁寧な解説ありがとうございます(_ _)

0
シロタ

種族毎のシナジーが分かりやすいですね!
天使族について補足を幾つか。
天使族なら堕天使アスモディウスでデッキから墓地に送れます。
ヴァルハラよりは条件が厳しめですが、継続して手札から出せるコートオブジャスティスというサポートもあります

0
キルラ

神…(´・ω・`)

0
salfare

今ちょうどBFデッキを組み直してて、ストリクス兄弟を組み込めるっていうのが意外と盲点だったので参考になりました!
これからも楽しみにしています!
爆アドォ!

0
匿名

結構な情報量ですが読んでて楽しいです!一つだけ、幻竜族の強みでタツノオトシオヤの存在もデカイと思います!

0
匿名

細かいところですみません
戦士族の項目の覇勝星イダテンのサーチはレベル5以上じゃなくてレベル5戦士だけです

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

34