【2020年 宝玉獣】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事

PV 4,736 いいね 15 コメント 0

【2020年 宝玉獣】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事

はじめに

『【宝玉獣】デッキを組んで遊んでみたい!』

『【宝玉獣】デッキと相性が良いカードが知りたい!』

この記事はそんな方へ向けて書かれたデッキテーマ解説記事です。

【宝玉獣】について知らない人でも、この記事を読めば【宝玉獣】デッキの回し方と相性が良いカードが分かる内容となっておりますので、ぜひ最後までお楽しみください!

目次

【宝玉獣】デッキの特徴

【宝玉獣】デッキは『モンスターゾーンで破壊されると魔法・罠ゾーンに置かれる』という一風変わった共通効果を持った【宝玉獣】モンスターと、7種類の【宝玉獣】を揃えることを条件に展開される【究極宝玉神】によって構成されたデッキテーマです。

【宝玉獣】デッキレシピ

『コピーしてデッキを作成する』をタップして『初手ドロー』を行えば、実際の【宝玉獣】デッキのイメージが掴めますので、ぜひお試しください

【宝玉獣】デッキのカード解説

この記事では【宝玉獣】デッキの全体像を分かりやすくするために、種類ごとにカードを紹介します。

この記事では【宝玉獣】デッキのカードを以下のように分類して解説していきます。

  • 【宝玉獣】モンスター
  • 【宝玉獣】サポートカード
  • 【究極宝玉神】関連カード

【宝玉獣】モンスターはこのデッキで主に活躍するモンスターたちで、『フィールドで破壊されると魔法・罠ゾーンに表側表示で置かれる』という性質を持ちます。

【宝玉獣】サポートカードは【宝玉獣】デッキにおけるサーチ、リクルート等のデッキの回転を支える効果と、バウンスなどで相手のプレイを妨害する効果を持ったカード達です。

【究極宝玉神】関連カードはこのデッキの切り札となる【究極宝玉神】モンスターと、そのサポートカードです。

【究極宝玉神】は高い攻撃力と強力なモンスター効果を持ちます。

【宝玉獣】モンスターについて

宝玉獣ほうぎょくじゅうサファイア・ペガサス》

【効果モンスター】
星4/風/獣族/攻1800/守1200
①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「宝玉獣」モンスター1体を選び、永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
②:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このデッキのキーカードとなる【宝玉獣】モンスター。

①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「宝玉獣」モンスター1体を選び、永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

フィールドに展開することで、デッキから任意の【宝玉獣】モンスターを魔法・罠ゾーンに置くことができます。

《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》の展開に必要な7種類の【宝玉獣】を揃えることもできますし、次に紹介する《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》をデッキから置くことで、リンク2やランク4エクシーズの展開へと繋げることが可能となります。

究極宝玉獣きゅうきょくほうぎょくじゅう レインボー・ドラゴン》

【効果モンスター】
星8/光/ドラゴン族/攻3000/守 0
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「宝玉獣」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。
③:永続魔法カード扱いのこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル4以下の「宝玉獣」モンスター1体を効果を無効にして特殊召喚し、デッキから「究極宝玉神」モンスター1体を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

3つの効果を持った【宝玉獣】モンスター。

①:「宝玉獣」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

非常に満たしやすい発動条件で手札から特殊召喚できます。

攻撃力も3000と高く、アタッカーとして優秀。

②:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

【宝玉獣】モンスターが持つ共通効果。

このカードの場合、そのまま③の効果の発動へと繋げることができます。

③:永続魔法カード扱いのこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル4以下の「宝玉獣」モンスター1体を効果を無効にして特殊召喚し、デッキから「究極宝玉神」モンスター1体を手札に加える。

デッキから【宝玉獣】を展開するだけでなく、切り札となる《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》のサーチも行います。

《宝玉獣 サファイア・ペガサス》の効果を使用すれば、1枚からレベル4モンスターを場に2体準備することができます。

  1. 《宝玉獣サファイア・ペガサス》を召喚し、デッキから《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》をフィールドに置く
  2. 《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》の③の効果を発動し、デッキからレベル4【宝玉獣】1体を特殊召喚し、《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》を手札に加える
  3. レベル4モンスター2体でランク4エクシーズモンスターを展開

《宝玉獣 サファイア・ペガサス》《宝玉獣 コバルト・イーグル》などの風属性2体であれば、風属性を素材に指定している《電光千鳥》のエクシーズ召喚も可能。

宝玉獣ほうぎょくじゅう ルビー・カーバンクル》

【効果モンスター】
星3/光/天使族/攻 300/守 300
①:このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分の魔法&罠ゾーンの「宝玉獣」モンスターカードを可能な限り特殊召喚する。
②:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

低攻撃力ですが爆発力のある効果を持った【宝玉獣】モンスター。

①:このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分の魔法&罠ゾーンの「宝玉獣」モンスターカードを可能な限り特殊召喚する。

魔法・罠ゾーンの【宝玉獣】を全て特殊召喚できるため、攻撃力3000の《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》の展開や、特殊召喚成功時にデッキから【宝玉獣】を置ける《宝玉獣 サファイア・ペガサス》等、一気に強力な盤面を作り上げられます。

【宝玉獣】サポートカードについて

にじはし

【通常魔法】
①:デッキから「宝玉」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

デッキから【宝玉】魔法・罠を手札に加えることができるシンプルな効果を持ったカード。

状況に応じた【宝玉】魔法・罠カードを手札に加えられますし、このカードには発動回数制限が無いため、複数枚の《虹の架け橋》があってもそれら全てを発動可能。

必ず3枚採用したいサポートカードです。

宝玉ほうぎょくきずな

【通常魔法】
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「宝玉獣」モンスター1体を手札に加え、そのモンスターとカード名が異なる「宝玉獣」モンスター1体をデッキから選び、永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【宝玉】通常魔法カード。

①:デッキから「宝玉獣」モンスター1体を手札に加え、そのモンスターとカード名が異なる「宝玉獣」モンスター1体をデッキから選び、永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

このカード1枚の発動で、合計2枚の【宝玉獣】モンスターへとアクセス可能。

手札に加えるモンスターとしては、【宝玉獣】をフィールドに増やせる《宝玉獣 サファイア・ペガサス》を優先的にサーチしたいところ。

既に《宝玉獣 サファイアペガサス》がある場合、《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》をサーチして展開準備をしましょう。

フィールドに置く【宝玉獣】としては、デッキからの【宝玉獣】のリクルートが可能な《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》の優先度が高いです。

または【究極宝玉神】の展開に必要な7種類の【宝玉獣】を集めるため、まだフィールド・墓地に存在しない【宝玉獣】を置きましょう。

宝玉ほうぎょく守護者しゅごしゃ

【ペンデュラム・効果モンスター】
星4/炎/戦士族/攻1500/守1800
【Pスケール:青2/赤2】
①:このカードがPゾーンに存在する限り、1ターンに1度、自分フィールドの「究極宝玉神」モンスター及び「宝玉獣」カードは効果では破壊されない。
【モンスター効果】
①:自分の「宝玉獣」モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、自分の手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。
その戦闘を行う自分のモンスターは、攻撃力・守備力がダメージ計算時のみ元々の数値の倍になり、ダメージステップ終了時に破壊される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【宝玉獣】をサポートする効果を持ったペンデュラムモンスター。

【ペンデュラム効果】
①:このカードがPゾーンに存在する限り、1ターンに1度、自分フィールドの「究極宝玉神」モンスター及び「宝玉獣」カードは効果では破壊されない。

【究極宝玉神】/【宝玉獣】モンスターだけでなく魔法・罠ゾーンに置かれた【宝玉獣】カードも適用範囲。

《ブラック・ホール》のような1度に複数枚のカードを破壊する効果からも守ることができます。

【モンスター効果】
①:自分の「宝玉獣」モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、自分の手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。
その戦闘を行う自分のモンスターは、攻撃力・守備力がダメージ計算時のみ元々の数値の倍になり、ダメージステップ終了時に破壊される。

【宝玉獣】の攻撃力を一時的に2倍にできる効果。

《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》に対して発動すれば攻撃力6000となり、大抵のモンスターは戦闘破壊できるようになります。

効果を適用されたモンスターはダメージステップ終了時に破壊されますが、【宝玉獣】は破壊されても魔法・罠ゾーンに置かれることになります。

宝玉ほうぎょく集結しゅうけつ

【永続罠】
このカードの①②の効果は同一チェーン上では発動できない。
①:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「宝玉獣」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動できる。
デッキから「宝玉獣」モンスター1体を特殊召喚する。
②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、自分フィールドの「宝玉獣」カード1枚とフィールドのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
対象のカードを持ち主の手札に戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

2つの効果を持った【宝玉】永続罠カード。

①:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「宝玉獣」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動できる。
デッキから「宝玉獣」モンスター1体を特殊召喚する。

【宝玉獣】モンスターの破壊をトリガーにデッキから任意の【宝玉獣】モンスターを特殊召喚できる効果。

《宝玉の守護者》のモンスター効果で攻撃力を強化した際のデメリットの破壊効果を使用し、能動的に効果の発動条件を満たすことも可能。

また、デッキから特殊召喚するモンスターとしては攻撃力が3000の《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》か、特殊召喚成功時にデッキから【宝玉獣】をフィールドに置ける《宝玉獣 サファイア・ペガサス》が有力。

②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、自分フィールドの「宝玉獣」カード1枚とフィールドのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
対象のカードを持ち主の手札に戻す。

自分の【宝玉獣】カードとフィールドのカード1枚をバウンスできる効果。

フリーチェーンで発動できるため、妨害手段として優秀。

宝玉ほうぎょく契約けいやく

【通常魔法】
自分の魔法&罠カードゾーンの「宝玉獣」と名のついたカード1枚を選択して特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

魔法・罠ゾーンの【宝玉獣】モンスターを特殊召喚できる効果を持った通常魔法。

《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》を特殊召喚すれば、魔法・罠ゾーンに置かれていた【宝玉獣】を一気にフィールドに移すこともできます。

【究極宝玉神】関連カードについて

究極宝玉神きゅうきょくほうぎょくしん レインボー・ドラゴン》

【特殊召喚・効果モンスター】
星10/光/ドラゴン族/攻4000/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分のフィールド・墓地に「宝玉獣」カードが7種類存在する場合のみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚したターン、このカードの①②の効果は発動できない。
①:自分フィールドの表側表示の「宝玉獣」モンスターを全て墓地へ送って発動できる。
このカードの攻撃力は墓地へ送ったカードの数×1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:自分の墓地から「宝玉獣」モンスターを全て除外して発動できる。
フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このデッキの切り札となる【究極宝玉神】モンスター。

【召喚条件】
このカードは通常召喚できない。
自分のフィールド・墓地に「宝玉獣」カードが7種類存在する場合のみ特殊召喚できる。

7種類の【宝玉獣】カードをフィールド・墓地に揃えることで手札から特殊召喚できます。

【宝玉獣】モンスターは8種類存在しますが、フィールド・墓地に【宝玉獣】カードが8種類存在する場合には特殊召喚できない点には注意が必要。

【モンスター効果】
①:自分フィールドの表側表示の「宝玉獣」モンスターを全て墓地へ送って発動できる。
このカードの攻撃力は墓地へ送ったカードの数×1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

元々の攻撃力が4000あるので十分強力ですが、この効果で更に強化することができます。

攻撃力の上昇は永続なので、フィールドに維持すればどんどん攻撃力を強化することも可能。

【モンスター効果】
②:自分の墓地から「宝玉獣」モンスターを全て除外して発動できる。
フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。

フィールドを完全にリセットしてしまう効果。

強力ではありますが、この《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》自身もデッキバウンスされてしまう点には注意が必要。

究極宝玉陣きゅうきょくほうぎょくじん

【通常罠】
①:自分の「宝玉獣」モンスターが戦闘で破壊された時に、手札・デッキ及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「宝玉獣」カード7種類を1枚ずつ墓地へ送って発動できる。
「究極宝玉神」融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
②:表側表示の「究極宝玉神」モンスターが相手の効果で自分フィールドから離れた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地の「宝玉獣」モンスターを任意の数だけ選び、永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【究極宝玉神】融合モンスターを展開するために必要な【宝玉】罠カード。

①:自分の「宝玉獣」モンスターが戦闘で破壊された時に、手札・デッキ及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「宝玉獣」カード7種類を1枚ずつ墓地へ送って発動できる。
「究極宝玉神」融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

【宝玉獣】の戦闘破壊をトリガーに7種類の【宝玉獣】カードを墓地へ送り、《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》を融合召喚扱いで特殊召喚できます。

究極宝玉神きゅうきょくほうぎょくしん レインボー・オーバー・ドラゴン》

【融合・効果モンスター】
星12/光/ドラゴン族/攻4000/守 0
「宝玉獣」モンスター×7
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドのレベル10の「究極宝玉神」モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:1ターンに1度、自分の墓地から「宝玉獣」モンスター1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの攻撃力分アップする。
②:融合召喚したこのカードをリリースして発動できる。
フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

2体目の切り札となる【究極宝玉神】モンスター。

【展開条件】
●自分フィールドのレベル10の「究極宝玉神」モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。

基本的に通常の融合召喚ではなくこの効果で《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》をリリースするか、《究極宝玉陣》の効果によって特殊召喚されます。

【モンスター効果】

①:1ターンに1度、自分の墓地から「宝玉獣」モンスター1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの攻撃力分アップする。

1ターン限定で自身の攻撃力を強化できる効果。

墓地の《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》を除外すれば攻撃力を3000ポイントを強化し、攻撃力は7000となります。

【モンスター効果】
②:融合召喚したこのカードをリリースして発動できる。
フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》と似たフィールドのリセット効果。

こちらは墓地の【宝玉獣】を除外する必要がなく、更にフリーチェーンで発動することができます。

強力な効果ですが融合召喚した自身をリリースしなければ発動できないため、《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》をリリースして特殊召喚した場合には発動できない点には注意が必要。

【宝玉獣】デッキの回し方〜概要〜

デッキの回し方①:究極宝玉獣のビートダウンでライフを削ろう!

このデッキは【宝玉獣】モンスター及び《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》によるビートダウンがシンプルに強力。

《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》は【宝玉獣】が戦闘を行うだけで手札から特殊召喚できる攻撃力3000のアタッカーです。

《宝玉の守護者》の効果で攻撃力を2倍にして6000にすれば一気にライフを削り切れるポテンシャルを持ちます。

また、【宝玉獣】モンスターなので《宝玉の絆》によるサーチもできます。

デッキの回し方②:《宝玉の集結》で戦線を維持しよう!

フィールドの【宝玉獣】が破壊されても《宝玉の集結》があれば後続の【宝玉獣】をデッキから展開できます。

《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》を特殊召喚すれば魔法・罠ゾーンに置かれた【宝玉獣】を可能な限り特殊召喚できるので、フィールドで破壊されてしまった《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》も再びフィールドへ展開できます。

デッキの回し方③:【究極宝玉神】をフィールドへ呼び出そう!

このデッキの切り札である【究極宝玉神】を展開しましょう。

まずは【宝玉獣】モンスターの戦闘破壊をトリガーに《究極宝玉陣》を発動し、合計7種類の【宝玉獣】カードを墓地へ送り、《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》を融合召喚します。

この段階で墓地に7種類の【宝玉獣】カードが存在するため、手札に《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》が存在すればそのまま特殊召喚することができます。

攻撃力4000による攻撃でライフを一気に削りきりましょう。

【宝玉獣】デッキと相性が良いカード

カスタム案:【宝玉獣】デッキと相性が良いカード

《レインボーネオス》

【 融合モンスター 】
星 10 / 光 / 戦士族 / 攻4500 / 守3000

「E・HERO ネオス」+「究極宝玉神」と名のついたモンスター1体
このモンスターの融合召喚は、上記のカードでしか行えず、融合召喚でしか特殊召喚できない。1ターンに1度だけ以下の効果から1つを発動できる。
●自分フィールド上のモンスター1体を墓地に送る事で、相手フィールド上モンスターを全てデッキに戻す。
●自分フィールド上の魔法または罠カード1枚を墓地に送る事で、相手フィールド上の魔法・罠カードを全てデッキに戻す。
●自分のデッキの一番上のカード1枚を墓地に送る事で、相手の墓地のカードを全てデッキに戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《E・HERO ネオス》+【究極宝玉神】モンスターで融合召喚可能なモンスター。

攻撃力4500でアタッカーとしての性能も高く、更には相手のモンスター、魔法・罠、墓地のカードをデッキバウンスできる非常に強力なモンスター効果を持ちます。

《ネオス・フュージョン》を使用すればデッキの《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》《E・HERO ネオス》を墓地へ送りながら《レインボーネオス》の融合召喚が可能。

【 通常魔法 】

①:自分の手札・デッキ・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、「E・HERO ネオス」を含むモンスター2体のみを素材とするその融合モンスター1体を召喚条件を無視してEXデッキから特殊召喚する。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。
②:「E・HERO ネオス」を融合素材とする自分フィールドの融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、または自身の効果でEXデッキに戻る場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

おわりに

カーナベルではこの記事の中で紹介した【宝玉獣】カードや相性の良いカードを豊富に準備しております。

記事を読んで【宝玉獣】デッキが組みたくなった方はぜひカーナベルでカードを手に入れて実際の【宝玉獣】デッキで遊んでみてください!

当日15時までのご注文で即日発送、15以降なら翌日発送で【宝玉獣】のデッキパーツをお届けします!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

15