【2020年 DD(ディーディー)】デッキの回し方、対策方法が分かる解説記事

PV 23,357 いいね 164 コメント 0

【2020年 DD(ディーディー)】デッキの回し方、対策方法が分かる解説記事

はじめに

『【DD】デッキを組んで遊んでみたい!』

『【DD】デッキをもっと強化したい!』

この記事はそんな方へ向けて書かれたデッキテーマ解説記事です。

【DD】デッキは多彩な召喚方法が楽しみたい方や、赤馬零児のキャラデッキを作りたい人にぴったりなデッキテーマです!

【DD】について知らない人でも、この記事を読めば【DD】デッキの回し方と楽しさ、そして対策方法まで分かる内容となっておりますので、ぜひ最後までお楽しみください。

目次

【DD】デッキの特徴

【DD】デッキはおもに【DD】モンスターと【契約書】カードで構成されています。

【DDD】カードは【DD】カードに属しています。

融合、シンクロ、エクシーズ、ペンデュラム、リンク召喚をしながら連鎖的に展開していくのが特徴のデッキテーマです。

【DD】デッキレシピ

『コピーしてデッキを作成する』をタップして『初手ドロー』を行えば、実際の【DD】デッキのイメージが掴めますので、ぜひお試しください

【DD】デッキ採用カード解説

【DD】モンスターについて解説

契約書をサーチ!《DD魔導賢者ケプラー》

DD魔導賢者ケプラー

【 ペンデュラムモンスター 】
星 1 / 闇 / 悪魔族 / 攻0 / 守0

【Pスケール:青10/赤10】
①:自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
②:自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードのPスケールを2つ下げる(最小1まで)。
その後、このカードのPスケール以上のレベルを持つ、
「DD」モンスター以外の自分フィールドのモンスターを全て破壊する。
【モンスター効果】
「DD魔導賢者ケプラー」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外の自分フィールドの「DD」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
●デッキから「契約書」カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【モンスター効果について】

召喚・特殊召喚に成功した場合デッキから契約書カードをサーチすることができます。

《地獄門の契約書》をサーチすることで、さらにDDモンスターをサーチすることが可能です。

また、《魔神王の契約書》をサーチすることで、手札、フィールド、墓地のDDモンスターを素材に融合召喚をすることができます。

場のDDカードを手札に戻す効果はあまり使いませんが、サーチしたい契約書がない場合はPゾーンのカードをバウンスすることで手札を増やすことができます。

【スケールとP効果について】

スケールがDDモンスターのなかで最大の10。

レベル8の 《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》《DD魔導賢者トーマス》をペンデュラム召喚したい場合に使用します。

レベル1なので《ワン・フォー・ワン》でデッキから特殊召喚が可能。

また《DD魔導賢者ケプラー》1枚から《DDD双暁王カリ・ユガ》をエクシーズ召喚することができます。

  1. 《DD魔導賢者ケプラー》を通常召喚し、《地獄門の契約書》をサーチ
  2. 《地獄門の契約書》の効果で《DDラミア》をサーチ
  3. 《地獄門の契約書》を墓地に送り、《DDラミア》を特殊召喚
  4. 《DD魔導賢者ケプラー》《DDラミア》《DDD深淵王ビルガメス》をリンク召喚
  5. 《DDD深淵王ビルガメス》 の効果で《DDオルトロス》《DD魔導賢者トーマス》をセッティング
  6. 《DD魔導賢者トーマス》 のP効果で《DD魔導賢者ケプラー》を回収
  7. 《DDオルトロス》のP効果で《DD魔導賢者トーマス》《DDD深淵王ビルガメス》 を破壊
  8. 《DD魔導賢者ケプラー》 をスケールにセッティング
  9. 《DD魔導賢者トーマス》 をP召喚
  10. 《DD魔導賢者トーマス》 の効果で《DD魔導賢者ケプラー》 を破壊し、デッキから 《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》を特殊召喚
  11. 《DD魔導賢者トーマス》《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》《DDD双暁王カリ・ユガ》をエクシーズ召喚

手札融合!《DDスワラルスライム》

DDスワラル・スライム

【 効果モンスター 】
星 2 / 闇 / 悪魔族 / 攻200 / 守200

DDスワラル・スライム」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、自分メインフェイズに発動できる。
「DDD」融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から「DD」モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【DD】の展開の中核となるカード。

手札の《DDスワラル・スライム》とDDモンスターを墓地に送ることでDDD融合モンスターを融合召喚することができます。

《DDD烈火王テムジン》と非常に相性が良く、《DDスワラル・スライム》とDDモンスター2体から、そのDDモンスター2体と《DDD烈火王テムジン》を並べることができます。

この動きから展開を発展させていくのが【DD】の基本になります。

【例】《DDスワラル・スライム》《DDラミア》《DDネクロ・スライム》

  1. 《DDスワラル・スライム》の効果で手札の《DDスワラル・スライム》《DDネクロ・スライム》を素材に《DDD烈火王テムジン》を融合召喚
  2. 墓地の《DDスワラル・スライム》の効果で自身を除外し、手札の《DDラミア》を特殊召喚
  3. 《DDD烈火王テムジン》 の効果で墓地の《DDネクロ・スライム》を特殊召喚

墓地融合!《DDネクロ・スライム》

DDネクロ・スライム

【 効果モンスター 】
星 1 / 闇 / 悪魔族 / 攻300 / 守300

「DDネクロ・スライム」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合に発動できる。「DDD」融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分の墓地から除外し、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

墓地の《DDネクロ・スライム》とDDモンスター除外することでDDD融合モンスターを融合召喚することができます。

手札を使わずに融合召喚できる点が優秀で、展開の過程で墓地にたまったDDモンスターを使って《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》などのDDD融合モンスターを出すことができます。

その際に、すでに場に《DDD疾風王アレクサンダー》がいれば墓地のDDモンスターを計2体特殊召喚することが可能です。

  1. 《DDネクロ・スライム》《DDD烈火王テムジン》《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》を融合召喚
  2. 《DDD疾風王アレクサンダー》の効果で墓地の《DDラミア》を特殊召喚
  3. 《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》 の効果で墓地の《DDスワラル・スライム》を特殊召喚

《DDゴースト》と相性が良く、《DDネクロ・スライム》と共に除外することで除外されているDDモンスターを墓地に戻すことができます。

レベル1なので《ワン・フォー・ワン》でデッキから特殊召喚が可能。

手札墓地から出てくるレベル1チューナー!《DDラミア》

DDラミア

【 チューナーモンスター 】
星 1 / 闇 / 悪魔族 / 攻100 / 守1900

「DDラミア」の効果は1ターンに1度しか発動できない。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から「DDラミア」以外の「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚されたこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札及びフィールドのDDカードまたは契約書カードを1枚墓地に送り、手札・墓地から特殊召喚することができるレベル1チューナー。

レベル6の《DDD烈火王テムジン》とシンクロして《DDD疾風王アレクサンダー》を出したり、レベル7の《DDD疾風王アレクサンダー》《DDD極智王カオス・アポカリプス》とシンクロして《DDD呪血王サイフリート》を出すのが主な仕事です。

《DDD烈火王テムジン》《DDD疾風王アレクサンダー》《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》の蘇生効果を起動させるカードとしても優秀。

レベル1なので《ワン・フォー・ワン》でデッキから特殊召喚が可能。

墓地肥やし&墓地戻し《DDゴースト》

DDゴースト

【 チューナーモンスター 】
星 2 / 闇 / 悪魔族 / 攻600 / 守300

①:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の、「DDゴースト」以外の「DD」モンスター1体または「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
その同名カード1枚をデッキから墓地へ送る。
②:このカードが除外された場合、除外されている自分のカードの中から、「DDゴースト」以外の「DD」モンスター1体または「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地に戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

墓地へ送られた場合、墓地のDDモンスター対象に、同名モンスターを墓地に送ることができます。ターン1制限がついていないので、場と墓地を往復しながら墓地を肥やすことができます。

《DDラミア》を素材に出した《水晶機巧-ハリファイバー》の効果でデッキから特殊召喚し、展開の過程で《DDネクロ・スライム》《DDラミア》を墓地に送るのが主な仕事です。

《DDゴースト》を素材に《水晶機巧-ハリファイバー》を出した場合、チェーン1で《水晶機巧-ハリファイバー》チェーン2で 《DDゴースト》の効果を発動することで、《水晶機巧-ハリファイバー》 の効果に対し《灰流うらら》をうたれなくさせることができます。

モンスターを除外する効果を持つ、《DDD極智王カオス・アポカリプス》《DDネクロ・スライム》《魔神王の契約書》と相性が良いです。

DDカードを墓地に送る!《DD魔導賢者コペルニクス》

DD魔導賢者コペルニクス

【 ペンデュラムモンスター 】
星 4 / 闇 / 悪魔族 / 攻0 / 守0

【Pスケール:青1/赤1】
①:自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
②:このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、自分にダメージを与える魔法カードの効果が発動した場合、その効果を無効にできる。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
「DD魔導賢者コペルニクス」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「DD魔導賢者コペルニクス」以外の「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【モンスター効果について】

召喚・特殊召喚に成功した場合、デッキからDDカードまたは契約書カードを墓地に送ることができます。

墓地効果を持つ《DDネクロ・スライム》《DDスワラル・スライム》《DDラミア》《DDゴースト》を墓地に送るのが主な仕事です。

《地獄門の契約書》から《DD魔導賢者コペルニクス》をサーチし、《DDラミア》を墓地に送って《地獄門の契約書》をコストに特殊召喚することで、 《水晶機巧-ハリファイバー》 もしくは《DDD深淵王ビルガメス》をリンク召喚することが可能。

【スケールとP効果について】

スケールは下スケールとして扱いやすい1。

P効果は自分にダメージを与える魔法カードの発動を無効にする効果。契約書魔法カードのダメージを無効にすることができます。

レベル4チューナーである《DDオルトロス》とシンクロすることで《DDD呪血王サイフリート》を出すことが可能。

会長!DD蘇生とモンスター除外《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》

DDD壊薙王アビス・ラグナロク

【 ペンデュラムモンスター 】
星 8 / 闇 / 悪魔族 / 攻2200 / 守3000

【P効果 青5/赤5】
「DDD壊薙王アビス・ラグナロク」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分が「DD」モンスターを特殊召喚した場合、自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、自分は1000ダメージを受ける。このターン、相手が受ける戦闘ダメージは半分になる。
【モンスター効果】
「DDD壊薙王アビス・ラグナロク」の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「DDD」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの「DD」モンスター1体をリリースし、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【モンスター効果について】

召喚・特殊召喚に成功した場合、墓地のDDDモンスターを特殊召喚できます。DDモンスターは特殊召喚できないので注意。

②の効果は自身以外のDDモンスター1体をリリースすることで相手モンスターを除外する効果。

DDでは数少ない除去効果を持つモンスターです。

名称指定がついていないターン1効果なので、《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》で相手モンスターを除外し、自身を素材に《DDD深淵王ビルガメス》をリンク召喚。《DD魔導賢者ケプラー》《DDオルトロス》をPゾーンに置き、《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》をP召喚することでもう一度除外効果を使うことができます。

【スケールとP効果について】

スケールは下スケールもしくは上スケールとしても使える5。

P効果はDDモンスターが特殊召喚された場合、墓地のDDモンスターを特殊召喚する効果。《DDD深淵王ビルガメス》の効果でPゾーンに置き、さらなる展開に貢献します。

この効果を使うと相手への戦闘ダメージが半分になってしまうので、モンスターを増やして攻撃する場合と、使わずに攻撃する場合のどちらがダメージが大きいかを見極める必要があります。

Pゾーンから出てくるレベル7!《DDD極智王カオス・アポカリプス》

DDD極智王カオス・アポカリプス

【 ペンデュラムモンスター 】
星 7 / 闇 / 悪魔族 / 攻2700 / 守2000

【Pスケール:青4/赤4】
①:自分の墓地の「DD」モンスター2体を除外して発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
【モンスター効果】
「DDD極智王カオス・アポカリプス」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンにのみ発動できる。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、このカードを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【モンスター効果について】

墓地に送られることがあまりないのでモンスター効果を使う機会は少ないですが、相手ターン中に契約書やPゾーンのカードを破壊して墓地から特殊召喚できます。

【スケールとP効果について】

墓地のDDモンスター2体を除外してPゾーンから特殊召喚できます。

《DDD深淵王ビルガメス》と相性が良く、《DDD深淵王ビルガメス》の効果で《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》《DDD極智王カオス・アポカリプス》をセッティングし、《DDD極智王カオス・アポカリプス》をPゾーンから特殊召喚、さらに 《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》の効果で墓地のDDモンスターを特殊召喚できます。

同じくPゾーンから特殊召喚できるモンスターに《DDD死謳王バイス・レクイエム》がいますが、契約書がなくても特殊召喚でき、《DDゴースト》との相性が良い点から今回は《DDD極智王カオス・アポカリプス》を採用しています。

《DDD死謳王バイス・レクイエム》

  • 《DDD深淵王ビルガメス》《DDD双暁王カリ・ユガ》に除去効果を付与できる
  • 《地獄門の契約書》1枚から2800打点をたてられる
  • レベルを上下に変動できる

などの独自の強みを持っています。

DDD死謳王バイス・レクイエム

【 ペンデュラムモンスター 】
星 8 / 闇 / 悪魔族 / 攻2800 / 守2000

このカード名の②のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は「DDD」モンスターしか特殊召喚できない。
②:フィールドのこのカードを素材として融合・S・X・リンク召喚した「DDD」モンスターは以下の効果を得る。●1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。自分のフィールド・墓地から「契約書」カード1枚を選んで持ち主のデッキに戻し、対象のカードを破壊する。その後、自分は1000LP回復する。

【P効果 青4/赤4】

このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドの「契約書」カードを任意の数だけ対象として発動できる。そのカードを破壊し、Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。その後、このカードのレベルを、破壊した数だけ上げる、または下げる事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

EXデッキから回収!《DD魔導賢者トーマス》

DD魔導賢者トーマス

【 ペンデュラムモンスター 】
星 8 / 闇 / 悪魔族 / 攻1800 / 守2600

「DD魔導賢者トーマス」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のPゾーンの「DD」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、デッキからレベル8の「DDD」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
このターン、この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、相手が受ける戦闘ダメージは半分になる。
【P効果 青6/赤6】
「DD魔導賢者トーマス」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
自分のエクストラデッキから表側表示の「DD」Pモンスター1体を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【モンスター効果について】

PゾーンのDDカードを破壊してデッキからレベル8DDDモンスターを特殊召喚できます。

特殊召喚したレベル8DDDとエクシーズ召喚することで《DDD双暁王カリ・ユガ》を出すことが可能です。

【スケールとP効果について】

P効果でエクストラデッキのDDペンデュラムモンスターを回収することができます。使い終わった《DD魔導賢者ケプラー》を回収してリソースを回復することが可能。

相手の魔法罠破壊!《DDオルトロス》

DDオルトロス

【 ペンデュラム・チューナー 】
星 4 / 闇 / 悪魔族 / 攻600 / 守1800

【Pスケール:青3/赤3】
①:1ターンに1度、フィールドの魔法・罠カード1枚とこのカード以外の自分フィールドの「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
【モンスター効果】
①:自分が戦闘・効果でダメージを受けた時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが特殊召喚に成功したターン、自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【モンスター効果について】

相手モンスターによる戦闘ダメージや、契約書によるダメージに反応して手札から特殊召喚できます。その際に、DDDモンスターの蘇生効果を起動させてモンスターを並べることが可能。

自身の効果以外で特殊召喚しても悪魔族モンスターしか特殊召喚できなくなってしまうので注意が必要です。

【スケールとP効果について】

《DDオルトロス》のスケールは3。

スケール5の《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》といっしょに セッティングして《DD魔導賢者コペルニクス 》をP召喚できるスケール3以下は比較的優秀です。

P効果はフィールドの魔法罠と、《DDオルトロス》以外の自分フィールドのDDまたは契約書カードを破壊する効果。

《DDD深淵王ビルガメス》の効果でセッティングし、《DDオルトロス》の効果で、もう片方のPゾーンのカードと相手フィールドの魔法罠を破壊することができます。《DDD深淵王ビルガメス》で間接的に相手の魔法罠を破壊することができるようになるので、ピン刺しすると対応力が上がります。

また、《地獄門の契約書》でサーチしセッティングすることで疑似的に《サイクロン》のような使い方も可能です。

《DDオルトロス》とPゾーンのカードを破壊することでPゾーンを空けたり、ライフがギリギリの場合は契約書を破壊するといった使い方も可能。

代表取締役社長! 《GO-DDD神零王ゼロゴッド・レイジ

GO-DDD神零王ゼロゴッド・レイジ

【 ペンデュラムモンスター 】
星 10 / 闇 / 悪魔族 / 攻0 / 守0

①:このカード以外の自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
以下の効果から1つを選び、ターン終了時まで適用する。
●このカードは直接攻撃できる。
●相手は魔法&罠ゾーンのカードの効果を発動できない。
●相手は手札・墓地のカードの効果を発動できない。
②:相手のLPが4000以下の場合、このカードの攻撃宣言時に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、相手のLPの数値分アップする。
③:このカードは戦闘では破壊されず、このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
【P効果 青0/赤0】
このカード名の①②のP効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがPゾーンに存在し、自分が効果ダメージを受ける場合、そのダメージは0になる。
②:このカードがPゾーンに存在する限り、自分はレベル5以上の「DD」モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【モンスター効果について】

自身以外のモンスターをリリースしその数だけ以下の効果を適用できます。

  • 直接攻撃
  • 魔法罠ゾーン封じ
  • 手札・墓地封じ

直接攻撃できるようにする効果は②の効果と相性が良く、相手が《神の宣告》《ヒーローアライブ》を使ってライフが4000になっている場合は、相手のモンスターを無視して一撃でライフを削りきることができます。

魔法罠または手札墓地のカードの効果の発動を封じることで安全に相手のライフを削りに行くことができます。

手札誘発のケアとして使えないこともないですが、リリースを必要とするので結果的に展開力が落ちてしまうのが難点。

②の効果は戦闘で破壊されず戦闘ダメージが0になる効果。相手の攻撃を耐える壁にもなります。

【スケールとP効果について】

特筆すべきはスケールが0という点。

《地獄門の契約書》をサーチできる《DD魔導賢者ケプラー》をP召喚できるようになるので、盤面を崩されても立て直しやすくなります。

①のP効果は効果ダメージを0にする効果。

効果ダメージをうける際に必ず適用する効果なので、《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》のP効果で1000ダメージをうける際に、適用を見送るということはできません。

なお、《DDD深淵王ビルガメス》の効果でPゾーンに置き、その後 《DDD深淵王ビルガメス》の効果による 1000ダメージを0にすることはできません。

②のP効果はDDモンスターをリリースなしで召喚できるようにする効果。

《DD魔導賢者ケプラー》のDDカードをバウンスする効果と相性が良く、例えばPゾーンに 《GO-DDD神零王ゼロゴッド・レイジ》 と《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》 が存在している場合、

  1. 《DD魔導賢者ケプラー》 をP召喚
  2. 《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》のP効果で墓地のDDモンスターを特殊召喚
  3. 《DD魔導賢者ケプラー》 の効果でPゾーンの《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》をバウンス
  4. 《GO-DDD神零王ゼロゴッド・レイジ》 のP効果を適用して《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》をリリースなしで召喚
  5. 《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》 の効果で墓地のDDDモンスターを特殊召喚

上記の手順で展開することが可能です。

墓地に《DDスワラル・スライム》がある場合は《GO-DDD神零王ゼロゴッド・レイジ》をバウンスし、手札から特殊召喚することで《GO-DDD神零王ゼロゴッド・レイジ》とリリース要因を並べることができます。

DDの革命児!《DDD深淵王ビルガメス》

DDD深淵王ビルガメス

【 リンクモンスター 】
星 2 / 闇 / 悪魔族 / 攻1800 /

「DD」モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキからカード名が異なる「DD」Pモンスター2体を選んで自分のPゾーンに置き、自分は1000ダメージを受ける。この効果を発動したターン、自分は「DD」モンスターしか特殊召喚できない。②:リンク召喚したこのカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合に発動できる。自分のEXデッキ・墓地から「DD」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
【LINK-2:左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

LINK VRAINS PACK 2で登場したDDのリンクモンスター。

特殊召喚に成功した場合デッキからDDモンスターを2枚スケールに置くことができます。

このカード1枚で

  • あらゆるレベルのDDモンスターをP召喚
  • DDを特殊召喚した場合、墓地のDDを特殊召喚
  • 相手の魔法罠破壊
  • エクストラデッキからDDモンスター回収
  • Pゾーンから《DDD極智王カオス・アポカリプス》 を特殊召喚
  • 効果ダメージ無効

などの効果を使い分けることができ、非常に器用な効果と言えます。

DDモンスターしか特殊召喚できなくなる制約はこの効果の発動後に適用されるため、発動前であれば 《水晶機巧-ハリファイバー》 などのDD以外のモンスターを出すことができます。

②の効果は、相手によって破壊されるとエクストラデッキまたは墓地からDDモンスターを守備表示で特殊召喚する効果。エクストラデッキに表側で存在するPモンスターも出せます。

展開の要!《DDD烈火王テムジン》

DDD烈火王テムジン

【 融合モンスター 】
星 6 / 炎 / 悪魔族 / 攻2000 / 守1500

「DD」モンスター×2
「DDD烈火王テムジン」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在し、
自分フィールドにこのカード以外の「DD」モンスターが特殊召喚された場合、
自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
自分の墓地の「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

DDモンスターが特殊召喚されたら墓地のDDモンスターを特殊召喚できます。召喚には対応していないので注意。

《DDスワラル・スライム》などで融合召喚し、自身を素材に《DDD疾風王アレクサンダー》《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》を出すことでさらなる展開につなげます。

  • 《DDD烈火王テムジン》《DDラミア》《DDD疾風王アレクサンダー》
  • 《DDD烈火王テムジン》《DDゴースト》《DDD呪血王サイフリート》
  • 《DDD烈火王テムジン》《DDネクロ・スライム》《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》
  • 《DDD烈火王テムジン》《DDD烈火王テムジン》《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》

②の効果は相手によって破壊されると墓地の契約書を回収する効果。自爆特攻して墓地の契約書を回収することもできます。

自分ターンに魔罠無効! 《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン

DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン

【 融合モンスター 】
星 8 / 炎 / 悪魔族 / 攻2800 / 守2400

レベル5以上の「DD」モンスター+「DD」モンスター
「DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在し、自分フィールドにこのカード以外の「DD」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:1ターンに1度、自分ターンに魔法・罠カードの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

レベル5以上のDDモンスター+DDモンスターで融合召喚。

自分のターン中に発動した魔法罠カードの発動を無効にできます。

《DDスワラル・スライム》《魔神王の契約書》で最初にこのカードを出すことで、魔法罠をケアしながら展開することが可能です。

展開の中継ぎ!《DDD疾風王アレクサンダー》

DDD疾風王アレクサンダー

【 シンクロモンスター 】
星 7 / 風 / 悪魔族 / 攻2500 / 守2000

「DD」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「DDD疾風王アレクサンダー」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在し、
自分フィールドにこのカード以外の「DD」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、
自分の墓地のレベル4以下の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

DDモンスターが召喚・特殊召喚されたら墓地のレベル4以下のDDモンスターを特殊召喚できます。

《DDD烈火王テムジン》《DDラミア》でシンクロ召喚し、《水晶機巧-ハリファイバー》《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》の融合召喚などで効果を起動させ、墓地の《DDラミア》などのレベル4以下のDDモンスターを特殊召喚するのが主な仕事です。

《DDラミア》とシンクロすることで《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を出すことができます。

攻撃力6000!《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》

DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー

【 シンクロモンスター 】
星 10 / 風 / 悪魔族 / 攻3000 / 守2500

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドに「DDD」モンスターが3体以上存在する場合、このカードの攻撃力は3000アップする。
②:このカードがモンスターゾーンに存在し、自分フィールドにこのカード以外の「DD」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

フィールドに自身を含めてDDDモンスターが3体以上存在する場合、攻撃力が3000アップします。

このカードを出す過程で墓地にDDDモンスターがたまっていることが多いので、自身の蘇生効果を使えば割と簡単に攻撃力を6000にすることができます。

《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》を採用すると、相手ターンにDDモンスターを展開することができます。

【条件】フィールドに 《水晶機巧-ハリファイバー》《DDD呪血王サイフリート》、Pゾーンに 《DDD壊薙王アビス・ラグナロク 》 墓地に《DDD烈火王テムジン》が存在

  1. 《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で自身を除外し、《フォーミュラ・シンクロン》を特殊召喚
  2. 《フォーミュラ・シンクロン》 の効果で1枚ドロー
  3. 《フォーミュラ・シンクロン》の効果で自身と《DDD呪血王サイフリート》《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》 をシンクロ召喚
  4. 《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》 のP効果で墓地の《DDD烈火王テムジン》を特殊召喚
  5. 《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》 の効果で墓地の 《DDD呪血王サイフリート》を特殊召喚
  6. 《DDD烈火王テムジン》の効果で墓地のDDモンスターを特殊召喚

フリチェ魔法罠無効!《 DDD呪血王サイフリート 》

DDD呪血王サイフリート

【 シンクロモンスター 】
星 8 / 闇 / 悪魔族 / 攻2800 / 守2200

チューナー+チューナー以外の「DD」モンスター1体以上
「DDD呪血王サイフリート」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果は次のスタンバイフェイズまで無効化される。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
自分は自分フィールドの「契約書」カードの数×1000LP回復する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

フィールドの魔法罠カードを次のスタンバイフェイズまで無効にするという汎用性の高い妨害効果を持っています。

『発動を無効』ではなく『効果を無効』なので、対象となる魔法罠カードが場に存在する限りあらゆるタイミングで発動することができます。例えば、モンスター効果をチェーンできない《冥王結界波》なども、魔法罠のチェーンを間に挟むことで《DDD呪血王サイフリート 》で無効にすることが可能です。

自分フィールドのカードも無効にできるため、《DD魔導賢者ケプラー》のP効果や契約書カードのダメージ効果や《虚無空間》《王宮の勅命》などの永続罠の効果を無効にするといった使い方もできます。

②の効果は戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、自分フィールドの契約書カード×1000ポイント回復する強制効果。

自分のカードで破壊しても発動するので、《DDオルトロス》《戦乙女の契約書》で能動的に破壊しても回復することも可能です。

すべて無効&フリチェ大嵐!《DDD双暁王カリ・ユガ》

DDD双暁王カリ・ユガ

【 エクシーズモンスター 】
星 8 / 闇 / 悪魔族 / 攻3500 / 守3000

レベル8「DD」モンスター×2
①:このカードがX召喚に成功したターン、このカード以外のフィールドのカードの効果は発動できず、無効化される。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。
③:このカードのX素材を1つ取り除き、自分の墓地の「契約書」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを自分フィールドにセットする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

エクシーズ召喚に成功したターン、フィールドのカードの効果を無効にし、相手プレイヤーに『カードの効果を発動できない』という制約を課します。この効果を適用した後に新しく場に出たカードも無効化されます。

この効果はチェーンブロックを作らない効果なので、《魔鍾洞》《No.41 泥睡魔獣バグースカ》の影響をうけることなく無効化が可能。

攻撃力がアップした《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》も攻撃力が元に戻るため突破できます。

②の効果はフリーチェーンでフィールドの魔法罠カードをすべて破壊する効果。破壊された契約書カードも③の効果で回収することができます。

特殊召喚する効果を2回無効!《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》

DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー

【 エクシーズモンスター 】
星 6 / 水 / 悪魔族 / 攻2800 / 守1800

悪魔族レベル6モンスター×2
①:モンスターを特殊召喚する効果を含む、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にし破壊する。その後、このカード以外の自分フィールドの「DD」モンスター1体を選び、そのモンスターとこのカードの攻撃力をターン終了時まで1800アップできる。②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「契約書」カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

モンスターを特殊召喚する効果を含むカードの発動を無効にして破壊します。さらに、自身とDDモンスターの攻撃力を1800もアップさせることができます。ダメージステップでも発動可能。 ターン1制限がついていません。

素材指定はレベル6悪魔2体。

《DDスワラル・スライム》《DDネクロ・スライム》の2枚から《DDD烈火王テムジン》を2体融合召喚することでエクシーズ召喚できます。《DDスワラル・スライム》《DDネクロ・スライム》 にアクセスできる手札であれば意外と容易に出すことが可能。

《DDD深淵王ビルガメス》の効果でエクストラデッキから特殊召喚し、次のターンに能動的に墓地に送ることで契約書をサーチすることができます。

【契約書】カードについて

DDモンスターをサーチ!《地獄門の契約書》

地獄門の契約書

【 永続魔法 】

「地獄門の契約書」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「DD」モンスター1体を手札に加える。
②:自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は1000ダメージを受ける。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

カードの発動をしてから①の効果をあらためて発動し、デッキからDDモンスターをサーチします。DDDモンスターもDDモンスターに属しているのでサーチ可能です。

永続魔法なので毎ターンサーチできるのがこのカードの強いところ。安易に《DDラミア》のコストにしてしまうと次のターンにリソースを確保できなくなってしまうので注意が必要です。

DDは比較的短期決戦なデッキテーマなので、契約書のダメージが積もり積もって負けるということは少ないですが、状況によっては《DDD呪血王サイフリート》《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》の効果でダメージ効果を無効にするプレイングが求められます。

例えば、相手エンドフェイズに《DDD呪血王サイフリート》 の効果で《地獄門の契約書》を無効にすると、次の自分のターンのスタンバイフェイズまで無効化されているので1000ダメージを回避することが可能です。またそのターンのメインフェイズに①の効果でDDモンスターをサーチすることができます。

《地獄門の契約書》の②の効果にチェーンして《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》の効果を発動することで1000ダメージを回避することが可能。そのターンのメインフェイズに①の効果でDDモンスターをサーチすることができます。

手札フィールド墓地を使って融合!《魔神王の契約書》

魔神王の契約書

【 永続魔法 】

「魔神王の契約書」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、
悪魔族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
「DD」融合モンスターを融合召喚する場合、
自分の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。
②:自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は1000ダメージを受ける。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札、フィールドのモンスターを墓地へ送って、もしくは墓地のDDモンスターを除外してDDD融合モンスターを融合召喚することができます。

《地獄門の契約書》《DD魔導賢者ケプラー》が手札にかぶった場合のサーチ候補になります。

《魔神王の契約書》を採用すると、《ワン・フォー・ワン》を含む3枚から3妨害をたてるルートが増えるという利点があります。詳しくはDDD研究所をご覧ください。

手札切ってカード破壊&1000アップ《戦乙女の契約書》

戦乙女の契約書

【 永続罠 】

「戦乙女の契約書」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から「DD」カードまたは「契約書」カードを1枚墓地へ送り、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分フィールドの悪魔族モンスターの攻撃力は、
相手ターンの間1000アップする。
③:自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は1000ダメージを受ける。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札のDDカードもくしは契約書カードを墓地に送ることでフィールドのカード1枚を破壊できます。《増殖するG》をうたれた場合、《DD魔導賢者ケプラー》からのサーチ候補になります。

②の効果は相手ターン中に悪魔族モンスターの攻撃力を1000アップさせる効果。ダメージステップに発動することで返り討ちにすることもできます。

その他相性の良いカード

《水晶機巧-ハリファイバー》

水晶機巧-ハリファイバー

【 リンクモンスター 】
星 2 / 水 / 機械族 / 攻1500 /

チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
②:相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。
【LINK-2:左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

墓地効果を持つ《DDラミア》《DDゴースト》にアクセスでき、同時に《DDD烈火王テムジン》などの蘇生効果を起動させることもできるので非常に相性が良いカードです。

相手ターンに《フォーミュラ・シンクロン》《シューティング・ライザー・ドラゴン》を出して、《ヴァレルロード・S・ドラゴン》などをシンクロ召喚します。

《クロシープ》

クロシープ

【 リンクモンスター 】
星 2 / 地 / 獣族 / 攻700 /

カード名が異なるモンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。このカードのリンク先のモンスターの種類によって以下の効果を適用する。
●儀式:自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を2枚選んで捨てる。
●融合:自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選んで特殊召喚する。
●S:自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700アップする。
●X:相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700ダウンする。

【LINK-2:左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

リンク先に《DDD烈火王テムジン》を出すことで、墓地のレベル4以下のDDモンスターを特殊召喚し、さらに《DDD烈火王テムジン 》の効果でさらにDDモンスターを特殊召喚することができます。融合モンスターが比較的出しやすいDDと相性の良いカードです。

効果処理時にリンク先に融合モンスターとシンクロモンスターがいた場合、蘇生効果と攻撃力を上げる効果をどちらも使うことができます。

【DD】デッキの回し方〜概要〜

【DD】デッキの回し方①:DDDを連鎖的に特殊召喚しよう!

《DDD烈火王テムジン》《DDD疾風王アレクサンダー》などのDDDモンスターは、DDモンスターが召喚または特殊召喚された場合に墓地からDDモンスターを特殊召喚する効果を持っています。この効果を連鎖的に使用することで展開していきます。

例えば、《DDD烈火王テムジン》《水晶機巧-ハリファイバー》《DDD疾風王アレクサンダー》《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》

のように数珠繋ぎにモンスターを並べていきます。

【DD】デッキの回し方②:《DDD深淵王ビルガメス》をリンク召喚しよう!

《DDD深淵王ビルガメス》をリンク召喚し、PゾーンにDDモンスターを置きましょう。

《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》《DDD極智王カオス・アポカリプス》《DDオルトロス》《DD魔導賢者トーマス》等を状況に応じてセッティングしアドバンテージを稼ぎます。

【DD】デッキの回し方〜具体例〜

【DD】は《DDスワラル・スライム》もしくはそれをサーチできる 《DD魔導賢者ケプラー》または《地獄門の契約書》と、DDモンスター2体の計3枚が展開の基本になります。

このDDモンスター2体の種類によって展開パターンが無数に分岐します。

チューナーの《DDラミア》《DDゴースト》、もしくはそれらを墓地に送ることができる《DD魔導賢者コペルニクス》があると《水晶機巧-ハリファイバー》 を使った展開が可能になるので強力な盤面をつくることが可能です。

今回は比較的シンプルな展開ルートをご紹介します。《DD魔導賢者ケプラー》《DD魔導賢者コペルニクス》 を使った場合より複雑になります。

【使用カード】《DDスワラル・スライム》《DDネクロ・スライム》《DDラミア》

【結果】《DDD呪血王サイフリート》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》《ヴァレルロード・S・ドラゴン》が並びます。

1.《DDスワラル・スライム》の効果で手札の《DDスワラル・スライム》《DDネクロ・スライム》を素材に《DDD烈火王テムジン》を融合召喚

2.《DDスワラル・スライム》の効果で自身を除外し、手札の《DDラミア》を特殊召喚

3.《DDD烈火王テムジン》 の効果で墓地に《DDネクロ・スライム》を特殊召喚

4.《DDD烈火王テムジン》《DDラミア》《DDD疾風王アレクサンダー》をシンクロ召喚

5.《DDD疾風王アレクサンダー》《DDネクロ・スライム》《クロシープ》をリンク召喚

6.《DDネクロ・スライム》の効果で墓地の《DDネクロ・スライム》《DDD烈火王テムジン》を素材に《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》《クロシープ》のリンク先に融合召喚

7.《クロシープ》の効果で墓地の《DDラミア》を特殊召喚

8.《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》の効果で墓地の《DDD疾風王アレクサンダー》を特殊召喚

9.《DDラミア》《クロシープ》《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚

10.《水晶機巧-ハリファイバー》 の効果でデッキから《DDゴースト》を特殊召喚

11.《DDD疾風王アレクサンダー》 の効果で墓地の《DDラミア》を特殊召喚

12.《DDD疾風王アレクサンダー》《DDラミア》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》をシンクロ召喚

13.《 DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》と《DDゴースト》《DDD深淵王ビルガメス》をリンク召喚

14.《DDD深淵王ビルガメス》の効果でデッキから《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》《DDD極智王カオス・アポカリプス》をPゾーンに置く

15.墓地に送られた《DDゴースト》の効果で《DDラミア》をデッキから墓地に送る

16.《DDD極智王カオス・アポカリプス》のP効果で《DDゴースト》《DDD疾風王アレクサンダー》を除外し、Pゾーンから特殊召喚

17.除外された《DDゴースト》の効果で除外されている《DDスワラル・スライム》を墓地に戻す

18.《DDラミア》の効果で《DDD深淵王ビルガメス》を墓地に送り特殊召喚

19.《DDラミア》《DDD極智王カオス・アポカリプス》《DDD呪血王サイフリート》をシンクロ召喚

20.《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》のP効果で墓地の《DDスワラル・スライム》を特殊召喚

21.相手ターンに《水晶機巧-ハリファイバー》 の効果で自身を除外し《シューティング・ライザー・ドラゴン》を特殊召喚

22.《シューティング・ライザー・ドラゴン》の効果でデッキから《DDネクロ・スライム》を墓地に送り、レベルを6に変更

23.《シューティング・ライザー・ドラゴン》の効果により、自身と《DDスワラル・スライム》《ヴァレルロード・S・ドラゴン》をシンクロ召喚

24. 《ヴァレルロード・S・ドラゴン》の効果で墓地の《DDD深淵王ビルガメス》を装備

このように初動3枚からシンクロモンスターを3体並べるルートは30種類近く存在しています。

詳しくはブログDDD研究所をご覧ください。

【DD】の回し方〜気をつけるポイント〜

【DD】の展開の根幹は、『DDを蘇生させる効果を持つモンスター』と『その効果を起動させるための特殊召喚』で構成されています。

この 『DDを蘇生させる効果を持つモンスター 』を出したら、次にどのモンスターを特殊召喚するか、をイメージしながらプレイするのがポイントになります。

【DD】デッキ対策カード

特殊召喚するたびにドロー!《増殖するG》

【 効果モンスター 】
星 2 / 地 / 昆虫族 / 攻500 / 守200

このカードを手札から墓地へ送って発動する事ができる。このターン、相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキからカードを1枚ドローする。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。「増殖するG」は1ターンに1度しか発動できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

特殊召喚を多用する【DD】の展開を抑制することができます。

妨害効果を持つモンスターを出そうとすると大量のドローを許してしまうので、《DDD深淵王ビルガメス》を出してターンエンドが定石。

5体出したら全リリース《 原始生命態ニビル

【 効果モンスター 】
星 11 / 光 / 岩石族 / 攻3000 / 守600

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに発動できる。自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

相手が5体以上モンスターを召喚・特殊召喚したターンにフィールドの表側モンスターをすべてリリースすることができます。

DDを蘇生させる効果を持つ《DDD烈火王テムジン》などを出し尽くしたタイミングで使われてしまうと、そのターンは何もできずに終わってしまいます。

おわりに

【DD】は展開ルートが膨大に存在しているので、そのルートを使いこなせるプレイヤースキルが要求されます。そのため使用難易度は高めですが、使えば使うほど強くなる。そんなテーマだと思います。個人的に一人回しの楽しさはトップクラス!

【DD】の関連カードは現在62種類も存在しており、今回紹介したDD以外にも強力な効果を持ったカードが多数存在しています。そのためデッキのカスタマイズ性が高くデッキ構築に個性が出るのも【DD】の良いところですね。

対人戦をする機会が減ってしまった方も多いと思います。そんななかでも腕を磨くことができて、デッキ構築の幅も広い【DD】を組んでみてはいかがでしょうか。

欲しいカードがまとめてすぐ手に入る!
トレカ通販サイト「カーナベル 」って?


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

164