【2021年 イビルツイン デッキ 入門書】キスキル、リィラが織りなす華麗なるコンボデッキ!

PV 5,065 いいね 27 コメント 0

【2021年 イビルツイン デッキ 入門書】キスキル、リィラが織りなす華麗なるコンボデッキ!

はじめに

読者の皆さま、こんにちは。かもめ先生です。

カワイイ女の子テーマを使って戦いたい!!」「確実にアドバンテージを稼いでじっくり戦うデッキを使いたい!!

今回はそんな方に向けた、コントロール型のテーマデッキ【イビルツインの解説記事です。

この記事では、トリッキーな戦術を得意とする【イビルツイン】デッキの特徴や展開例、相性の良いカードについて解説していきます。

また、デッキを組みたくなった方はそのまま【イビルツイン】関連カードをまとめて購入して頂くこともできます!

この記事をお読みになって、「【イビルツイン】デッキって面白そうだな」とか「これなら試しに組んでみようかな」とお思いになられた方は是非とも一度、組んでみてくださいませ!

目次

【イビルツイン】デッキの特徴

【イビルツイン】は光属性の【キスキル】モンスター闇属性の【リィラ】モンスターを中心とした、リンク召喚を主体とするテーマです。

《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》の2体を起点として【キスキル】【リィラ】モンスターを特殊召喚し、連続リンク召喚を行って展開していきます。

リンクモンスターである《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》は、対となる【キスキル】【リィラ】モンスターが存在しない場合に相方となるモンスターを墓地から特殊召喚する効果を持っています。

また彼女ら自身も対となる【キスキル】【リィラ】が存在する場合に特殊召喚した際、カード1枚をドローしたりカード1枚を破壊したりする効果があるので、それらの効果を使ってアドバンテージを稼いでいきます。

【イビルツイン】は必要最小限のカードから展開できるテーマなので自由枠となる部分にさまざまなカードを採用することが可能です。

特に《精神操作》《大捕り物》《天龍雪獄》といったカードは、破壊耐性モンスターを苦手とする【イビルツイン】において除去と展開を兼ねるカードとして使うことができるので、非常に強力です。

《Evil★Twin リィラ》やこれらの汎用カードを使って相手の盤面を崩壊させ、《Evil★Twin キスキル》の効果を使って毎ターンドローを重ねながらリンクモンスターを展開し、じわじわとアドバンテージを稼いで相手を追い詰めながら勝利を目指していきましょう。

【イビルツイン】デッキレシピ

初手からの展開例

【使用カード】

  • 《Live☆Twin リィラ・トリート》
  • 《サイバネット・マイニング》
  • 《パラレルエクシード》
  • 《シークレット・パスフレーズ》
  • 《激流葬》

【結果】

  • 《Evil★Twin キスキル》
  • 《Evil★Twin リィラ》
  • 《I:Pマスカレーナ》
  • セットカードに《Evil★Twin イージーゲーム》
  • セットカードに《激流葬》
  • 墓地に《Live☆Twin リィラ・トリート》
  • +1ドロー
  1. 《Live☆Twin リィラ・トリート》をコストに手札から《サイバネット・マイニング》を発動し、デッキから《Live☆Twin キスキル》をサーチ
  2. 手札から《Live☆Twin キスキル》を召喚して効果を発動、デッキから《Live☆Twin リィラ》を特殊召喚
  3. 《Live☆Twin キスキル》と《Live☆Twin リィラ》を素材として、《Evil★Twin キスキル》をリンク召喚(右側のEXモンスターゾーン)
  4. 手札の《パラレルエクシード》の効果を発動、自身を手札から特殊召喚
  5. 《パラレルエクシード》の特殊召喚時の効果を発動、デッキから同名モンスター1体を特殊召喚
  6. 《パラレルエクシード》を素材として、《I:Pマスカレーナ》をリンク召喚
  7. 《Evil★Twin キスキル》の効果を発動し、墓地から《Live☆Twin リィラ》を特殊召喚
  8. 《Live☆Twin リィラ》と《Evil★Twin キスキル》を素材として、《Evil★Twin リィラ》をリンク召喚
  9. 《Evil★Twin リィラ》の効果を発動、墓地から《Evil★Twin キスキル》を特殊召喚(左側EXモンスターゾーンの下)
  10. 《Evil★Twin キスキル》の特殊召喚時の効果を発動、《Evil★Twin リィラ》が存在するので1ドロー
  11. 手札から《シークレット・パスフレーズ》を発動し、デッキから《Evil★Twin イージーゲーム》をサーチ
  12. 手札から《Evil★Twin イージーゲーム》をセット
  13. 手札から《激流葬》をセット

《 I:Pマスカレーナ 》が場に存在するので《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》を素材として墓地へ送りながら、カード1枚を対象に取ってデッキバウンスする《 トロイメア・ユニコーン 》やリンク状態でない特殊召喚されたモンスターの効果を無効化する《 トロイメア・グリフォン 》を相手ターン中にリンク召喚しながら、【トロイメア】モンスターの効果を適用してさらに1ドローも行えます。

《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》の両方が場に存在するので、《 I:Pマスカレーナ 》などを使ってどちらか一方を墓地へ送っておけば、それをフリーチェーンで蘇生した上で1ドローカード1枚破壊の効果を発動できます。

また墓地に《Live☆Twin リィラ・トリート》が存在するので、【イビルツイン】モンスターが戦闘破壊されたとしても受けたダメージ分だけ相手モンスターの攻撃力を下げることができます。

《Evil★Twin イージーゲーム》をセットしているので、《 I:Pマスカレーナ 》や魔法・罠カードを破壊しようとするカードの効果を《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》のどちらかをリリースしながら無効化することができます。

【イビルツイン】デッキの3つの魅力

1.安定した展開ギミックから、確実にアドバンゲージを稼げる!

【イビルツイン】は《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》のいずれか1枚から【イビルツイン】展開の核となる《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》の両方を展開していくことができます。

この1枚展開を可能とするこれらのモンスターに変換できるカードは、《Live☆Twin エントランス》とそれをサーチできる《シークレット・パスフレーズ》、《サイバネット・マイニング》などが存在します。

サンプルデッキではこれらの採用枚数が合計で14枚となっており、初手5枚に1枚以上引き込む確率がおよそ90%となるため、非常に高い安定性を持っています。

展開の核となる《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》は、自分・相手メインフェイズに墓地から相方を特殊召喚できる効果と、対となる【キスキル】【リィラ】モンスターが存在する場合に特殊召喚に成功すると1ドロー/1枚破壊の効果を持っています。

墓地から特殊召喚する効果を毎ターン発動することでボード・アドバンテージを得ながら、追加効果の1ドロー/1枚破壊を発動することでさらに相手とのマージン(アドバンテージ差)を稼いでいくことができます。

こうした非常に高い初動の安定性と、アドバンテージを稼ぐギミックが、【イビルツイン】の大きな魅力の1つと言えるでしょう。

2.さまざまな強力な大型リンクモンスターを展開できる!

前述したように【イビルツイン】は《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》による蘇生効果の存在から、フィールドにリンクモンスターを維持しやすい特徴を持っています。

この2体はリンク2のリンクモンスターなのでリンク3以上のリンク召喚を行うための素材としても非常に優秀となっており、《 アクセスコード・トーカー 》や《 トロイメア・グリフォン 》といった大型リンクモンスターが出しやすくなっています。

特に《 アクセスコード・トーカー 》は【イビルツイン】における非常に強力なフィニッシャーで、《 スプラッシュ・メイジ 》や《 トランスコード・トーカー 》を使うことで簡単に出すことができます。

また《アップデートジャマー》を素材としてリンク召喚を行うことで《 アクセスコード・トーカー 》に2回攻撃が付与できます。

そのため、状況によっては相手ライフを8000以上のダメージで一気に削りきることが可能です。

3.デッキ内に自由枠が多く、さまざまなカードを採用できる!

前述したように【イビルツイン】は安定した展開能力を持つと同時に、メインデッキに必要とするカードが非常にコンパクトにまとまっています

そのためメインデッキのおよそ半分以上が自由枠となっており、プレイヤーの好みや考え方に合わせてさまざまなカードを採用することが可能です。

サンプルデッキではさまざまな汎用魔法・罠カードを中心に採用していますが、もちろん《灰流うらら》《増殖するG》といった手札誘発カード、《墓穴の指名者》《抹殺の指名者》といったそれらのメタカードも採用できるので、対戦する環境に応じて採用するかどうか検討しましょう。

【イビルツイン】デッキの回し方〜概要〜

デッキの回し方①:【キスキル】【リィラ】モンスターからの展開

【イビルツイン】は1枚初動となる《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》から展開していきます。

《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》は召喚・特殊召喚時に自分フィールドに他のモンスターが存在しない場合、手札・デッキから対となる【キスキル】【リィラ】モンスターを特殊召喚する効果を持っています。

これらの2体から《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》をリンク召喚し、それらの効果で墓地の【キスキル】【リィラ】モンスターを特殊召喚することで、さらなる展開へとつなげていくことができます。

《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》1枚からの展開ルート

例:《Live☆Twin キスキル》1枚からの展開

  1. 手札から《Live☆Twin キスキル》を召喚して効果を発動、デッキから《Live☆Twin リィラ》を特殊召喚
  2. 《Live☆Twin キスキル》と《Live☆Twin リィラ》を素材として、《Evil★Twin キスキル》をリンク召喚
  3. 《Evil★Twin キスキル》の効果を発動し、墓地から《Live☆Twin リィラ》を特殊召喚
  4. 《Live☆Twin リィラ》と《Evil★Twin キスキル》を素材として、《Evil★Twin リィラ》をリンク召喚
  5. 《Evil★Twin リィラ》の効果を発動、墓地から《Evil★Twin キスキル》を特殊召喚
  6. 《Evil★Twin キスキル》の特殊召喚時の効果を発動、《Evil★Twin リィラ》が存在するので1ドロー

このように《Live☆Twin キスキル》または《Live☆Twin リィラ》1枚から、《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》の2体を並べながら、さらに1ドローまで付いてきます。

この後は《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》の2体を素材として2体目の《Evil★Twin キスキル》をリンク召喚して相手ターンを渡したり、ほかの展開カードと組み合わせて悪魔族リンクモンスターを展開したりしていきます。

この【イビルツイン】の基本展開を行う場合、悪魔族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できないという制約が付いてしまうので、《 I:Pマスカレーナ 》などの悪魔族でないモンスターを展開したい場合は、《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》の効果を使う前に展開しておくようにしておきましょう。

デッキの回し方②:さまざまな魔法・罠カードを使って盤面を作っていく

【イビルツイン】の展開が整ったら、豊富な魔法・罠カードを使ってさらに有利な状況を作り上げていきましょう。

《シークレット・パスフレーズ》からサーチ可能な《Evil★Twin イージーゲーム》や《Evil★Twin プレゼント》は、相手の除去カードから守ったり強力な相手モンスターのコントロール奪取をしたりしながら、《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》を自分フィールドから存在させなくすることができます。

《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》は相方が自分フィールドに存在しない場合に効果を発動できるので、これらの【イビルツイン】罠カードはその発動条件を満たしながら相手の展開を妨害することができます。

またサンプルデッキでは《精神操作》《大捕り物》《天龍雪獄》といったさまざまな罠カードを採用しています。

《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》は【キスキル】【リィラ】モンスターを含む2体を素材としてリンク召喚が可能なので、これらのカードで奪った相手モンスターを無駄なくリンク素材として使うことができます。

特に《 天龍雪獄 》は、相手の蘇生効果に対して発動することで展開の妨害としたり、対象にとらない除外という強力な除去カードとして使ったりできるので、状況に応じて使い分けていきましょう。

デッキの回し方③:大型モンスターで一気に制圧

ここまでの【イビルツイン】展開で状況が有利となってきたなら、《ファイアウォール・ドラゴン》《トロイメア・グリフォン》《破械雙王神ライゴウ》などの大型リンクモンスターを使ってさらに盤面を制圧していきましょう。

特に2020年1月に帰ってきた《 ファイアウォール・ドラゴン 》は、左右と下方向にリンクマーカーを持っている《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》とかなり相性がよく、①のフィールド・墓地のカードをバウンスする効果や②の手札からサイバース族モンスターを特殊召喚する効果も活用できます。

また一度【イビルツイン】展開をしたあとのターンなら、《サイバース・ガジェット》《夢幻崩界イヴリース》といったサイバース族の汎用モンスターを使うことで、制約に縛らずに連続リンク召喚を行うことができます。

《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》やこれらのサイバース族モンスターは、【サイバース族】として使われる《スプラッシュ・メイジ》《トランスコード・トーカー》の展開に使えるほか、《アップデートジャマー》からの《アクセスコード・トーカー》という非常に強力なワンショットギミックとして活用することができます。

《アップデートジャマー》はレベル2以上のサイバース族モンスターを素材としてリンク召喚可能なリンクモンスターで、《Live☆Twin キスキル》や《Live☆Twin リィラ》、《サイバース・ガジェット》《ガジェット・トークン》《夢幻崩界イヴリース》などを用いることができます。

このカードはリンク素材として墓地に送られた場合に素材としたリンクモンスターに2回攻撃を付与する効果を持っているので、《 アクセスコード・トーカー 》のリンク素材として使うことでその攻撃力4300としながら2回攻撃可能にできるため、そのままライフポイントを8000以上削りきることが可能となります。

【イビルツイン】デッキと相性が良いカード

《Evil★Twins キスキル・リィラ》

Evil★Twins キスキル・リィラ

【 効果モンスター 】
星 8 / 闇 / 悪魔族 / 攻2200 / 守2200

このカードは通常召喚できない。自分フィールドのリンクモンスター2体をリリースした場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。相手は自身のフィールドのカードが3枚以上の場合には2枚になるように墓地へ送らなければならない。
②:自分の墓地に「キスキル」モンスター及び「リィラ」モンスターが存在する限り、このカードの攻撃力・守備力は2200アップする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

全体的に打点の低いモンスターが占める【イビルツイン】における、唯一の高打点アタッカーです。

展開の都合上、このデッキでは墓地に【キスキル】【リィラ】モンスターが揃いやすいため、②の効果によって自身の攻撃力を4400にまで上昇させることができます。

①の効果は対象に取らない墓地送りという非常に強力な除去効果なのですが、墓地に送るカードは相手が選ぶという処理になっているので、本当に除去したいカードには触りにくいという欠点があります。

このカードを特殊召喚する際は、《天龍雪獄》や後述する《ゼロ・デイ・ブラスター》などといった別の除去手段を用意しておくと、確実に勝負を決めやすくなるでしょう。

《激流葬》

激流葬

【 通常罠 】

モンスターが召喚(または反転召喚か特殊召喚)された時に発動してもよい。フィールド上のモンスターを全て破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《激流葬》はさまざまな場所で活用できる汎用罠カードの1つですが、この【イビルツイン】では特に相性の良い全体除去カードとして使うことができます。

《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》は自分フィールドに相方が存在しない場合に【キスキル】【リィラ】モンスターを墓地から特殊召喚する効果を持っていますが、この効果がフリーチェーンで発動できることを利用した《 激流葬 》とのコンボが存在するのです。

例:自分の場に《Evil★Twin リィラ》とセットカード《激流葬》がある場合に、相手がモンスターを召喚した場合

  1. 相手がモンスターを召喚
  2. 召喚に対して《Evil★Twin リィラ》の効果を発動(チェーン1)
  3. その効果にチェーンして《激流葬》を発動(チェーン2)

このように発動すれば効果解決時に逆順処理が行われるため、

  1. チェーン2で発動した《激流葬》の効果解決で、フィールド上のモンスターをすべて破壊
  2. チェーン1で発動した《Evil★Twin リィラ》の効果解決で、墓地から《Evil★Twin キスキル》を特殊召喚

これによってフィールド上のモンスターをすべて破壊した上で《Evil★Twin キスキル》を場に残しながら、《Evil★Twin リィラ》をいつでも蘇生して追加の1枚破壊効果も使えるという状況を作ることができます。

このコンボは《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》でも同様に使う(こちらは自身の召喚・特殊召喚時に)ことができるので、状況に応じてうまく使い分けるようにしましょう。

《ゼロ・デイ・ブラスター》

ゼロ・デイ・ブラスター

【 通常罠 】

①:自分フィールドの闇属性リンクモンスター1体をリリースし、そのリンクマーカーの数だけフィールドのカードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《 ゼロ・デイ・ブラスター 》は、自分フィールドの闇属性リンクモンスターをリリースすることで、そのモンスターのリンクマーカーの数までカードを対象にとって破壊することができる通常罠カードです。

【イビルツイン】では闇属性の《Evil★Twin リィラ》や《トロイメア・ユニコーン》をコストとして発動できます。

特に《Evil★Twin リィラ》をリリースしてカード2枚を破壊しながら、《Evil★Twin キスキル》の【リィラ】モンスター蘇生効果の条件を満たすという動きが非常に強力です。

そのあと《Evil★Twin キスキル》の効果で《Evil★Twin リィラ》を特殊召喚して破壊効果を使えば、合計で3枚ものカードを破壊できるため、一気にゲームを有利に進めることができます。

【イビルツイン】デッキをカスタムするおすすめカード

《神騎セイントレア》

神騎セイントレア

【 エクシーズモンスター 】
星 2 / 光 / 獣戦士族 / 攻2000 / 守0

レベル2モンスター×2
①:X素材を持っているこのカードは戦闘では破壊されない。
②:このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時にこのカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《天霆號アーゼウス》

天霆號アーゼウス

【 エクシーズモンスター 】
星 12 / 光 / 機械族 / 攻3000 / 守3000

レベル12モンスター×2
「天霆號アーゼウス」は、Xモンスターが戦闘を行ったターンに1度、自分フィールドのXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。このカード以外のフィールドのカードを全て墓地へ送る。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。手札・デッキ・EXデッキからカード1枚を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【イビルツイン】は、初動となる《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》がともにレベル2モンスターであることから、ランク2のエクシーズモンスターも出しやすいテーマです。

特に《 神騎セイントレア 》は【イビルツイン】にはない対象に取らないバウンスという除去効果を持っているほか、最強エクシーズモンスターと名高い《天霆號アーゼウス》の召喚条件を満たすことが容易なエクシーズモンスターです。

《 天霆號アーゼウス 》は比較的容易な召喚条件でありながら、自身以外のフィールドのカードすべてを墓地に送るという強力な効果を、フリーチェーンで発動できるという大型エクシーズモンスターです。

【イビルツイン】は一度盤面を返されると、かなり苦しい展開を強いられることになるので、《神騎セイントレア》《天霆號アーゼウス》のようなリセットカードも採用しておくと、さらに対応力が高めることが可能となります。

【破械】カード

雙極の破械神

【 効果モンスター 】
星 8 / 闇 / 悪魔族 / 攻3000 / 守1500

自分は「雙極の破械神」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
③:フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

破械神ラギア

【 リンクモンスター 】
星 2 / 闇 / 悪魔族 / 攻1800 /

「破械神」モンスターを含むモンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:相手メインフェイズに、相手フィールドの特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として「破械神ラギア」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、「破械神ラギア」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

【LINK-2:上/下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

破械神アルバ

【 リンクモンスター 】
星 3 / 闇 / 悪魔族 / 攻2400 /

「破械神」モンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として「破械神アルバ」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、「破械神アルバ」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

【LINK-3:上/左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【破械】は悪魔族・闇属性モンスターのみで構成されたリンクテーマです。

【破械】リンクモンスターは【イビルツイン】展開のあとの悪魔族しかEXデッキから出せなくなる制約にひっからずに展開できるため、これも非常に相性が良いリンクモンスター群です。

《 破械神ラギア 》や《 破械神アルバ 》は相手モンスターをリンク素材としてリンク召喚する効果を持っているので、【イビルツイン】にはない破壊以外の除去が可能なリンクモンスターとして使うことができます。

リンク素材に用いる【破械神】モンスターとしては《 雙極の破械神 》が【イビルツイン】の苦手とする高打点モンスターの対策として使いやすく、また自身も特殊召喚時にカード1枚を破壊する効果を持っているので、召喚が容易な高打点モンスターとして採用すると良いでしょう。

【イビルツイン】デッキのオススメの対戦動画

おわりに

いかがだったでしょうか。

チャーミングな見た目の可愛さだけでなく、戦略性の高いゲームメインキング能力を持ったイビルツインの強さが、読者の皆さまに伝わったのなら幸いです。

この【イビルツイン】は使っていて楽しいだけでなく、細かなテクニックが要求されることから使用者のプレイングも確実に上達するテーマですので、興味を持っていただけたなら是非とも実際にカードを手に取って、プレイしてみていただければと思います。

ぜひともこの機会にカーナベルでカードを手に入れて、実際に【イビルツイン】デッキで遊んでみてください!

当日15時までのご注文で即日発送、15以降なら翌日発送で【イビルツイン】のデッキパーツをお届けします!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

カテゴリ:

タグ:

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

27