【2021年 蟲惑魔デッキ 入門書】強固な耐性と罠で完封しよう!

PV 107,755 いいね 125 コメント 0

【2021年 蟲惑魔デッキ 入門書】強固な耐性と罠で完封しよう!

はじめに

こんにちは、はみるとんです!

今回は【蟲惑魔】についての解説記事となります!

可愛らしいイラストに反して狡猾な絡めて戦術で相手を翻弄していく、まさしく「罠デッキ」といった感じのデッキです!

【蟲惑魔】デッキはこんな人にオススメ!

こちらの【蟲惑魔】デッキは、【落とし穴】罠カードによる除去を中心としたロースピードなゲームメイクをしていくテーマとなっています。

【落とし穴】カードは発動条件やタイミングが定められているものが殆どなので、相手の動きのうちどの場所を止めるかの判断が非常に大きく影響します。

また、様々な種類の【落とし穴】カードを使い分ける事で、相手のデッキに応じて刺さりやすい物を確保しにいく事が出来ます。

これらの要素から、コントロール色の強い戦い方をしたい人にオススメのデッキといえます。

目次

【蟲惑魔】デッキの特徴

【蟲惑魔】は昆虫族・植物族モンスターから成るテーマで、「落とし穴」「ホール」と名のついたカードに関連する効果を持っています。

【落とし穴】カードの種類

①:相手が攻撃力1000以上のモンスターの召喚・反転召喚に成功した時、そのモンスター1体を対象として発動できる。
その攻撃力1000以上のモンスターを破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

基本的には元祖【落とし穴】カードである《落とし穴》になぞらえて、召喚・特殊召喚・反転召喚をした際に発動できるカードが多いです。

レベル5以上の効果モンスターが特殊召喚に成功した時に発動する事ができる。
そのレベル5以上の効果モンスターをゲームから除外する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

例えばこの《深黒の落とし穴》は「レベル5以上の効果モンスター」の特殊召喚成功時に「ゲームから除外する」という効果を持っています。

このように、「特定の条件のモンスター」が特殊召喚(召喚・反転召喚など含む場合もある)に成功した時に、「そのモンスターを〇〇する」という感じで、打てる対象の条件(攻撃力〇〇以上、××からの特殊召喚、など様々な条件を指定)が決まっている物が多いです。

①:手札・墓地のモンスターまたは除外されているモンスターの効果を相手が発動した時に発動できる。
その効果を無効にし、相手に2000ダメージを与える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

①:このターンに召喚・特殊召喚された相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃モンスターを破壊し、そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

また、《墓穴ホール》《串刺しの落とし穴》など、召喚時以外の条件で発動できる【落とし穴】カードも一部存在します。

これらの発動条件の異なるカードをバラして採用しておくことで、対応力が上がります。

【蟲惑魔】デッキレシピ

カーナベルなら当日15時までのご注文で【蟲惑魔】のデッキパーツを即日発送させて頂きます!

【蟲惑魔】デッキに興味がある方はぜひご利用くださいませ

展開例

【使用初手カード】

  • 《ランカの蟲惑魔》
  • 《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》
  • 罠カード

【結果】

  • 《クラリアの蟲惑魔》
  • 《フレシアの蟲惑魔》
  • 《カズーラの蟲惑魔》
  • 任意の【落とし穴】カード
  1. 《ランカの蟲惑魔》を召喚し、《ジーナの蟲惑魔》をサーチ
  2. 《ランカの蟲惑魔》1体で《セラの蟲惑魔》をリンク召喚
  3. 《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》を発動し、特殊召喚
  4. 《セラの蟲惑魔》の効果により、《カズーラの蟲惑魔》を特殊召喚
  5. 【落とし穴】カードをセットしてリリースし、《ジーナの蟲惑魔》を特殊召喚
  6. 《セラの蟲惑魔》の効果で好きな【落とし穴】【ホール】カードをセット
  7. 《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》と《ジーナの蟲惑魔》で《フレシアの蟲惑魔》をエクシーズ召喚
  8. 《セラの蟲惑魔》《カズーラの蟲惑魔》で《クラリアの蟲惑魔》をリンク召喚
  9. エンドフェイズに《クラリアの蟲惑魔》の効果で《カズーラの蟲惑魔》を守備表示で特殊召喚

この展開により、相手ターンに【落とし穴】カードを発動しつつ《カズーラの蟲惑魔》によって《アトラの蟲惑魔》を出したり《ティオの蟲惑魔》をサーチしたりして展開ができる上に、《クラリアの蟲惑魔》の効果によって発動した「落とし穴」カードを再セットできます。

また、《フレシアの蟲惑魔》によって【蟲惑魔】モンスターは戦闘・効果では破壊されず対象にならないという最強の耐性を得る事が出来ます。

【蟲惑魔】デッキの3つの魅力

1.最低限用意できる妨害の多さ

デッキパーツの多くを占めているのが【落とし穴】系のカードなのがこのデッキの特徴ですが、これらのカードは展開に関係なく、引いたらその分だけ妨害として使う事が出来ます。

また、《トリオンの蟲惑魔》によって【落とし穴】カードを持ってきてそのまま伏せたり、《ランカの蟲惑魔》によって《ジーナの蟲惑魔》を持ってきて罠を墓地に送りランク4を組むなど、「このカードを引けばそのまま妨害が増える」というようなカードが多く存在しており、「妨害0のままターンを回してしまう」という恐れが殆ど無いのがこのデッキの特徴です。

【 効果モンスター 】
星 4 / 地 / 昆虫族 / 攻1600 / 守1200

このカードは「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードの効果を受けない。
このカードが召喚に成功した時、 デッキから「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カード1枚を手札に加える事ができる。
また、このカードが特殊召喚に成功した時、
相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 効果モンスター 】
星 4 / 地 / 昆虫族 / 攻1500 / 守1300

①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「蟲惑魔」モンスター1体を手札に加える。
②:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。
③:1ターンに1度、自分フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのセットされたカードを持ち主の手札に戻す。
その後、自分の手札から魔法・罠カード1枚をセットできる。この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 効果モンスター 】
星 4 / 地 / 植物族 / 攻1400 / 守1400

このカード名の①③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:自分フィールドにセットされた罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。③:自分の魔法&罠ゾーンにカードが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを自分フィールドにセットする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

2.強固な盤面

レベル4モンスター×2
①:X素材を持ったこのカードは罠カードの効果を受けない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、「フレシアの蟲惑魔」以外の自分フィールドの「蟲惑魔」モンスターは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
③:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、発動条件を満たしている「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。
この効果は、その罠カード発動時の効果と同じになる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《フレシアの蟲惑魔》の②の効果のおかげで、場の【蟲惑魔】モンスターたちは戦闘・効果破壊耐性を持ち、対象に取られないという非常に強固な耐性を得る事が出来ます。

これらをくぐりぬけて突破する方法は《天霆號アーゼウス》などの破壊以外の全体除去などかなり限られてくるため、そういった展開の終着点のみに絞って【落とし穴】カードを当てる事で、必要最小限の妨害でこちらの場を維持していく事が出来ます。

また、《フレシアの蟲惑魔》をはじめとしたエクストラデッキから出てくる【蟲惑魔】モンスターは「罠カードの効果を受けない」という効果を持っているので、罠系のデッキに対して非常に強く出る事が出来ます。

3.継続的な後続確保能力

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。
②:自分が「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カードを発動した場合に発動できる。
デッキから「カズーラの蟲惑魔」以外の「蟲惑魔」モンスター1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の「蟲惑魔」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
②:このカードが特殊召喚に成功した時、自分の墓地の「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
セットしたカードは次の自分ターンのエンドフェイズに除外される。
③:このカードは「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《カズーラの蟲惑魔》《セラの蟲惑魔》の効果によって、《ティオの蟲惑魔》を手札に持っておくことで、盤面ががら空きになってしまっても《フレシアの蟲惑魔》《セラの蟲惑魔》などから展開していく事が出来ます。

【蟲惑魔】デッキの回し方〜概要〜

序盤:落とし穴を構える

《トリオンの蟲惑魔》《セラの蟲惑魔》、《リセの蟲惑魔》などを駆使して、とにかく【落とし穴】系のカードをたくさん用意できるような場を作っていきます。

これによって相手の展開をつぶしていき、ゲームスピードが遅くなるようにしていきます。

中盤:リソースを増やしてアドバンテージ確保

《セラの蟲惑魔》《カズーラの蟲惑魔》、《クラリアの蟲惑魔》の効果などを使って、【落とし穴】カードの再利用やセット、【蟲惑魔】モンスターのサーチなどを行っていき、次ターン以降の動きのためのリソースを確保していきます。

この段階までくると相手のデッキや戦術方針がだいぶ絞れているハズなので、適切な刺さりやすい【落とし穴】カードにアクセスしておきます。

終盤:確保したリソースで再び展開

《セラの蟲惑魔》で相手ターン中にセットした罠や、《ジーナの蟲惑魔》の墓地効果、《カズーラの蟲惑魔》によってサーチしたモンスターなど、相手を妨害する過程で増やした手札を利用して再び展開していきます。

この段階になると《フレシアの蟲惑魔》も特定のカードに依存せず出しやすいため、余った【蟲惑魔】モンスターを使って展開していきます。

これを繰り返し、相手の攻め手がなくなるまで妨害を当て、相手の場が空いたらダメージを与える、という流れを繰り返してゲームエンドまで持ち込みます。

【蟲惑魔】デッキと相性が良いカード

《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
自分の墓地に罠カードが存在しない場合、このカードはセットしたターンでも発動できる。
①:このカードは発動後、通常モンスター(戦士族・闇・星4・攻0/守300)となり、モンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

先攻で打つ事の出来る通常罠であるため、《セラの蟲惑魔》の条件を簡単に満たす事が出来る上、このカード自身もレベル4モンスターとして《フレシアの蟲惑魔》の素材になる事が出来ます。

【蟲惑魔】モンスターとこのカードを同時に引いているだけで、《セラの蟲惑魔》によって《トリオンの蟲惑魔》を場に出して効果を発動し、《セラの蟲惑魔》によって【落とし穴】カードをセット、そのまま《トリオンの蟲惑魔》《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》《フレシアの蟲惑魔》をエクシーズ召喚、といった感じで展開する事が出来、非常にお手軽に展開を伸ばしてくれます。

デッキをカスタムするおすすめカード

《フォーマッド・スキッパー》

【 効果モンスター 】
星 1 / 光 / サイバース族 / 攻0 / 守0

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。EXデッキのリンクモンスター1体を相手に見せる。このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える。
②:このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《セラの蟲惑魔》を見せる事で1枚で《セラの蟲惑魔》をリンク召喚する事が出来るうえ、レベル5以上のサイバース族モンスターをサーチする事ができるため、《パラレルエクシード》に繋げる事が出来ます。

【 効果モンスター 】
星 8 / 風 / サイバース族 / 攻2000 / 守2000

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが手札に存在し、自分がリンク召喚に成功した場合に発動できる。このカードをそのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「パラレルエクシード」1体を特殊召喚する。③:「パラレルエクシード」の効果で特殊召喚したこのカードのレベルは4になり、元々の攻撃力・守備力は半分になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《パラレルエクシード》はリンクモンスターの展開に合わせてレベル4を2体並べることが出来るので、そのまま《フレシアの蟲惑魔》に繋がる優秀なカードです。蟲惑魔デッキは《セラの蟲惑魔》を出す事で簡単にリンクモンスターを用意出来るので、この点でも噛み合っています。

【蟲惑魔】デッキのオススメの対戦動画

おわりに

というわけで、今回は【蟲惑魔】デッキの紹介でした!

相手に応じて様々な【落とし穴】カードを使い分ける事で、様々な環境で戦える器用なデッキです。

今回紹介したギミック以外にも、植物族や昆虫族関連のカードも組み込む事ができ、非常に工夫のし甲斐のあるデッキなので、是非相性の良いカードを探してみてください!

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

カテゴリ:

タグ:,

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

125