【2021年 閃刀姫デッキ 入門書】閃刀術式、展開!一騎当千の技を見よ!

PV 196,997 いいね 252 コメント 4

【2021年 閃刀姫デッキ 入門書】閃刀術式、展開!一騎当千の技を見よ!

はじめに

読者の皆さま、こんにちは。かもめ先生です。

カッコいい女の子が活躍するテーマを組んでみたい!!」「見た目だけでなく、大会環境でも戦えるテーマを使いたい!

今回はそんな方に向けた、コントロール型のテーマ【閃刀姫】デッキの解説記事です。

この記事では、さまざまなリンクモンスターや魔法カードを使う【閃刀姫】デッキの特徴や展開例、相性の良いカードについて解説していきます。

目次

【閃刀姫】デッキレシピ

【】デッキレシピ一覧

        このデッキレシピで行える具体的な展開例はこちら ▼

        カーナベルなら当日15時までのご注文で【閃刀姫】のデッキパーツを即日発送させて頂きます!

        【閃刀姫】デッキに興味がある方はぜひご利用くださいませ

        【閃刀姫】デッキの特徴

        【閃刀姫】デッキは、《閃刀姫-レイ》から呼び出せる【閃刀姫】リンクモンスターと、《閃刀起動-エンゲージ》をはじめとする【閃刀】魔法カードを使って戦うテーマデッキです。

        【閃刀】魔法カードの多くは自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動することができるものとなっています。

        そのため、メインモンスターゾーンは常に開けつつ、サーチ効果を持った《閃刀姫-シズク》や直接攻撃ができる《閃刀姫-ハヤテ》といった【閃刀姫】リンクモンスターをEXモンスターゾーンに出し、じっくりとダメージとアドバンテージを稼ぎながら戦っていきます。

        また【閃刀】魔法カードにはモンスター除去や墓地除外、魔法・罠除去とさまざまな汎用的な効果を持ったものが存在しています。

        更に、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合にはさらに追加効果を得られるというものになっています。

        《閃刀起動-エンゲージ》

        【通常魔法 】

        ①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。
        デッキから「閃刀起動-エンゲージ」以外の「閃刀」カード1枚を手札に加える。
        その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、自分はデッキから1枚ドローできる。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        こうした【閃刀】魔法カードを状況にあわせて発動し、《閃刀機関-マルチロール》の効果で使いまわして更なるアドバンテージを稼ぎながら、相手の動きを詰めるように立ち回っていきましょう。

        【閃刀姫】カードの解説

        【閃刀姫】デッキはメインモンスターゾーンを使わず、EXモンスターゾーンにリンクモンスターを展開して、さまざまな【閃刀】魔法カードを用いて戦うテーマです。

        ここでは【閃刀姫】デッキで用いられる、さまざまなカードについて解説していきます。

        主な【閃刀姫】モンスター

        《閃刀姫-レイ》

        《閃刀姫-レイ》

        【 効果モンスター 】
        星 4 / 闇 / 戦士族 / 攻1500 / 守1500

        このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

        ①:このカードをリリースして発動できる。EXデッキから「閃刀姫」モンスター1体をEXモンスターゾーンに特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

        ②:このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドの表側表示の「閃刀姫」リンクモンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        【閃刀姫】デッキの核となる、【閃刀姫】リンクモンスターの素材に指定されるメインデッキの【閃刀姫】モンスター。

        自身をリリースすることで【閃刀姫】リンクモンスターを特殊召喚する効果を持っており、この効果はフリーチェーンで発動することが可能となっています。

        相手の除去カードに合わせて発動して回避したり、バトルフェイズで攻撃したあとに【閃刀姫】リンクモンスターに変換して追撃したりと、幅広い場面で活用することができます。

        ②:このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドの表側表示の「閃刀姫」リンクモンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

        《閃刀姫-レイ》の②の効果

        またこのカードが墓地に存在すれば、【閃刀姫】リンクモンスターが除去されてしまったとしても、②の効果で自身を墓地から特殊召喚することができます。

        ②の蘇生効果と①の変換効果を併せることで、相手の攻撃や除去をしのぎながら、【閃刀姫】モンスターを盤面に維持していくことが可能となっています。

        《閃刀姫-カガリ》

        【リンクモンスター】
        星 1 / 炎 / 機械族 / 攻1500 /

        炎属性以外の「閃刀姫」モンスター1体

        自分は「閃刀姫-カガリ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

        ①:このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「閃刀」魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える

        ②:このカードの攻撃力は自分の墓地の魔法カードの数×100アップする。

        【LINK-1:左上】

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        炎属性の【閃刀姫】モンスター。

        特殊召喚成功時に墓地の【閃刀】魔法カードを手札に加える効果と、自分の墓地の魔法カードの数だけ自身の攻撃力を強化する効果を持っています。

        【閃刀】魔法カードのほとんどは1ターン中に1度の制約を持たないので、《閃刀姫-カガリ》で回収することで何度も使いまわすことが可能です。

        《閃刀姫-カガリ》自体が制限カードに指定されているので1枚しか使えませんが、《貪欲な壺》などでEXデッキに戻して再びリンク召喚したり、《死者蘇生》などで墓地から特殊召喚したりすることで、回収効果を使いまわすことができます。

        《閃刀姫-シズク》

        《閃刀姫-シズク》

        【 リンクモンスター 】
        星 1 / 水 / 機械族 / 攻1500 /

        水属性以外の「閃刀姫」モンスター1体

        自分は「閃刀姫-シズク」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

        ①:相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分の墓地の魔法カードの数×100ダウンする。

        ②:このカードを特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから、同名カードが自分の墓地に存在しない「閃刀」魔法カード1枚を手札に加える

        【LINK-1:右上】

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        水属性の【閃刀姫】モンスター。

        自分の墓地の魔法カードの数だけ相手モンスターの攻撃力・守備力を下げる効果を持っています。

        ②:このカードを特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから、同名カードが自分の墓地に存在しない「閃刀」魔法カード1枚を手札に加える。

        《閃刀姫-シズク》の②の効果

        最も重要となるのはこの②の効果で、自身が特殊召喚されたターンのエンドフェイズに墓地に存在しない【閃刀】魔法カードをサーチする効果となっています。

        この効果は《閃刀姫-レイ》の①の変換効果によって特殊召喚された場合でも発動できるので、相手ターン中に特殊召喚してエンドフェイズにサーチ効果を発動する、といった動きも可能です。

        《閃刀姫-ハヤテ》

        《閃刀姫-ハヤテ》

        【 リンクモンスター 】
        星 1 / 風 / 機械族 / 攻1500 /

        風属性以外の「閃刀姫」モンスター1体

        自分は「閃刀姫-ハヤテ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

        ①:このカードは直接攻撃できる

        ②:このカードが戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。デッキから「閃刀」カード1枚を墓地へ送る

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        風属性の【閃刀姫】モンスター。

        直接攻撃ができる効果を持っており、さらにこのカードが戦闘したダメージ計算後にデッキから【閃刀】カードを墓地へ送る効果も持っています。

        ②の効果でデッキから《閃刀姫-レイ》を墓地へ送っておけばこのカードの戦闘破壊が確定している場合でも、ダメージステップ終了時に《閃刀姫-レイ》の②の蘇生効果を使うことができます。

        また《閃刀姫-ハヤテ》の②の墓地送り効果と《閃刀姫-カガリ》の①の回収効果を併せることで、疑似的なサーチ効果として活用することができます。

        この2枚の動きは、【閃刀姫】デッキで最も重要となる《閃刀起動-エンゲージ》をサーチする手段として使う場面も多いです。

        主な【閃刀】魔法カード

        《閃刀起動-エンゲージ》

        《閃刀起動-エンゲージ》

        【通常魔法 】

        ①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。
        デッキから「閃刀起動-エンゲージ」以外の「閃刀」カード1枚を手札に加える
        その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、自分はデッキから1枚ドローできる

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        【閃刀姫】デッキで最も重要となる通常魔法。

        デッキから【閃刀】カードを手札に加える効果を持っており、さらに自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在すれば追加でデッキから1ドローすることができます。

        このカードは1ターンに1度の制約を持っていないので、《閃刀姫-カガリ》で回収したり《閃刀機関-マルチロール》で墓地からセットしたりすることで、1ターン中に複数回使用することも可能です。

        《閃刀機関-マルチロール》

        《閃刀機関-マルチロール》

        【 永続魔法 】

        ①:1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。このターン、自分の魔法カードの発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。さらに、対象のカードは墓地へ送られる。

        ②:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。このターン、このカードが表側表示で存在する間に自分が発動した「閃刀」魔法カードの数まで自分の墓地の「閃刀」魔法カードを選び、自分フィールドにセットする(同名カードは1枚まで)。この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に除外される。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        【閃刀姫】デッキにおいて非常に強力なアドバンテージ源となる永続魔法。

        ①:1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。このターン、自分の魔法カードの発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。さらに、対象のカードは墓地へ送られる。

        《閃刀機関-マルチロール》の①の効果

        ①の効果は自分フィールドのカード1枚を墓地へ送ることで、このターン中に自分が発動する魔法カードに対して相手がカードを発動できなくするというもの。

        《閃刀起動-エンゲージ》に対する《灰流うらら》や、《閃刀機-シャークキャノン》に対する《屋敷わらし》の発動をあらかじめ封じることが可能となります。

        ②:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。このターン、このカードが表側表示で存在する間に自分が発動した「閃刀」魔法カードの数まで自分の墓地の「閃刀」魔法カードを選び、自分フィールドにセットする(同名カードは1枚まで)。この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に除外される

        《閃刀機関-マルチロール》の②の効果

        この②によって、《閃刀機関-マルチロール》をフィールドに維持するだけで毎ターン爆発的なアドバンテージを稼ぎ続けることができます。

        自分エンドフェイズには相手ターンに使いたい《閃刀機-ウィドウアンカー》《閃刀機-シャークキャノン》を、相手エンドフェイズでは自分ターンに使いたい《閃刀起動-エンゲージ》などを墓地からセットして、さらなる展開へとつなげていきましょう。

        《閃刀機-ウィドウアンカー》

        《閃刀機-ウィドウアンカー》

        【速攻魔法 】

        ①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
        そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする
        その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る事ができる

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        フィールドのモンスター1体の効果を無効化する効果をもった速攻魔法。

        自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在すれば、さらにそのコントロールを得ることが可能となります。

        相手の展開に必要となるモンスター効果を無効化したり、厄介な妨害効果を持った大型モンスターの効果を無効化したり、といった使い方が基本です。

        デュエル序盤では妨害カードの1つとして、優先的に手札に持っておきたいカードとなります。

        《閃刀機-シャークキャノン》

        《閃刀機-シャークキャノン》

        【 速攻魔法 】

        ①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、除外せずにそのモンスターを自分フィールドに特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できない。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        相手の墓地のモンスターを除外する効果を持った速攻魔法。

        自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在すれば、除外する代わりに自分フィールドに特殊召喚することが可能となります。

        相手の蘇生効果や回収効果にチェーンして発動したり、相手のデッキの重要なカードをあらかじめ墓地から除外しておいたり、といった使い方が基本となります。

        デュエルの中盤以降では、相手が使用したチューナモンスターの手札誘発(《灰流うらら》など)を自分フィールドに特殊召喚して、《水晶機巧-ハリファイバー》の展開につなげるといった使い方もすることができます。

        《閃刀姫-ロゼ》《閃刀姫-ジーク》の使い方

        《閃刀姫-ロゼ》

        《閃刀姫-ロゼ》

        【 効果モンスター 】
        星 4 / 光 / 戦士族 / 攻1500 / 守1500

        このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

        ①:フィールドに「閃刀姫-ロゼ」以外の「閃刀姫」モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

        ②:このカードが墓地に存在する状態で、EXモンスターゾーンの相手モンスターが、戦闘で破壊された場合、または自分のカードの効果でフィールドから離れた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。その後、相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、ターン終了時までその効果を無効にできる。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        メインデッキに採用できる、2体目の【閃刀姫】モンスター。

        【閃刀姫】モンスターの召喚・特殊召喚に反応して手札から自身を特殊召喚する効果と、EXモンスターゾーンの相手モンスターを除去した場合に墓地から自身を特殊召喚する効果を持っています。

        【閃刀姫】では数少ない展開に利用できるカードとなっていて、《閃刀姫-ジーク》などのリンク2以上のモンスターを出したいときに使うこととなります。

        ②:このカードが墓地に存在する状態で、EXモンスターゾーンの相手モンスターが、戦闘で破壊された場合、または自分のカードの効果でフィールドから離れた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。その後、相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、ターン終了時までその効果を無効にできる。

        《閃刀姫-ロゼ》の②の効果

        ②の効果による特殊召喚では、その後の付随効果として相手モンスター1体を対象に取らずに効果を無効化するものとなっています。

        リンクモンスターを主体とするデッキ相手であれば、必然的に効果発動の機会も多くなるので、《閃刀姫-ハヤテ》の効果で墓地へ送りたいカードの1つとしての選択肢に入ってきます。

        特に【閃刀姫】デッキ相手(ミラー)であれば、自分ターン中に相手の【閃刀姫】リンクモンスターを除去した場合、チェーン1で自分《閃刀姫-ロゼ》の②の効果発動、チェーン2で相手《閃刀姫-レイ》の②の効果発動という形になります。

        この際、逆順処理で先に相手の《閃刀姫-レイ》が特殊召喚されるので、そのあとに特殊召喚される《閃刀姫-ロゼ》でそのまま無効化することで、相手の《閃刀姫-レイ》を無力化しながら展開することができます。

        《閃刀姫-ジーク》

        《閃刀姫-ジーク》

        【 リンクモンスター 】
        星 2 / 闇 / 機械族 / 攻1500 /

        「閃刀姫」モンスターを含むモンスター2体
        このカードはリンク召喚でしか特殊召喚できず、自分は「閃刀姫-ジーク」を1ターンに1度しか特殊召喚できない

        ①:このカードがリンク召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを次の相手エンドフェイズまで除外する。

        ②:1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。このカードの攻撃力は1000アップする。さらに、対象のカードは墓地へ送られる。

        【LINK-2:上/下】

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        リンク召喚によってのみ特殊召喚できるリンク2の【閃刀姫】リンクモンスター。

        《閃刀機-ウィドウアンカー》《閃刀機-シャークキャノン》で奪った相手モンスターをリンク素材に使いながら、さらにこのカードの①の効果で相手モンスターを一時的に除去して、より有利な状況を作りやすくしてくれます。

        また②の墓地送り効果も《閃刀空域-エリアゼロ》を対象に発動すれば、攻撃力を強化しながら、《閃刀空域-エリアゼロ》でさらに【閃刀姫】モンスターを展開するといった使い方も可能となっています

        ①:このカードがリンク召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを次の相手エンドフェイズまで除外する。

        《閃刀姫-ジーク》の①の効果

        このカードを使う際は、この①の効果をどれだけ活用できるかが重要となります。

        相手モンスターを一時的に除去して攻撃や展開を通しやすくするのだけでなく、自分モンスターを一時的に除外することで弱体化をリセットしたり、【閃刀姫】カードの発動条件を満たしたりと、さまざまな使い方が存在します。

        特に【シャドール】デッキ相手であればリンク召喚したこのカードを相手エンドフェイズまで除外しておくことで、《影依融合》のデッキ融合条件をかわしながら次の自分ターンの展開へとつなげることができます。

        【閃刀姫】デッキと相性が良いカード

        《アクセスコード・トーカー》

        《アクセスコード・トーカー》

        【 リンクモンスター 】
        星 4 / 闇 / サイバース族 / 攻2300

        効果モンスター2体以上

        このカードの効果の発動に対して相手は効果を発動できない。

        ①:このカードがリンク召喚に成功した場合、そのリンク素材としたリンクモンスター1体を対象として発動できる。このカードの攻撃力は、そのモンスターのリンクマーカーの数×1000アップする

        ②:自分のフィールド・墓地からリンクモンスター1体を除外して発動できる。相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。このターン、自分の「アクセスコード・トーカー」の効果を発動するために同じ属性のモンスターを除外する事はできない。

        【LINK-4:上/左/右/下】

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        全体的に打点が低い【閃刀姫】デッキにおいて、フィニッシャーとなるリンクモンスター。

        フィールド・墓地のリンクモンスターを除外してフィールドのカードを除去する効果を持っており、さまざまな属性のリンクモンスターを擁する【閃刀姫】とは非常に相性が良いです。

        《水晶機巧-ハリファイバー》から《エフェクト・ヴェーラー》をリクルートし、それらで《神聖魔皇后セレーネ》をリンク召喚することで、このカードへとつなげることができます。

        《神聖魔皇后セレーネ》の効果を発動するには墓地に魔法カードが必要ですが、魔法カード主体の【閃刀姫】デッキでは、問題なく活用することができます。

        リンク3の《神聖魔皇后セレーネ》を素材とすることで、《アクセスコード・トーカー》の攻撃力を5300にまで引き上げることができます。

        直接攻撃ができる《閃刀姫-ハヤテ》と併せると、直接攻撃を2回分(1500×2)と、このカードの攻撃5300で、ライフ8000を削りきることができる計算となります。

        序盤の展開のなかで《閃刀姫-ハヤテ》の直接攻撃を1、2回ほど与えておけばこのカードで一気に勝ち切ることができるので、そうしたことも含めて立ち回るように心がけましょう。

        《おろかな副葬》

        《おろかな副葬》

        【 通常魔法 】

        「おろかな副葬」は1ターンに1枚しか発動できない。

        ①:デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送ることができる通常魔法。

        【閃刀】魔法カードの追加効果の条件を満たすために、墓地の魔法カードを増やすことを目的に採用しています。

        また《閃刀姫-カガリ》の①の回収効果と併用すれば、疑似的な【閃刀】魔法カードのサーチとしても活用することができます。

        その他の手札誘発

        《灰流うらら》

        【 チューナーモンスター 】
        星 3 / 炎 / アンデット族 / 攻0 / 守1800

        このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

        ①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。
        その効果を無効にする。

        ●デッキからカードを手札に加える効果
        ●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
        ●デッキからカードを墓地へ送る効果

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        《屋敷わらし》

        【 チューナーモンスター 】
        星 3 / 地 / アンデット族 / 攻0 / 守1800

        このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

        ①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その発動を無効にする。

        ●墓地からカードを手札・デッキ・EXデッキに加える効果
        ●墓地からモンスターを特殊召喚する効果
        ●墓地からカードを除外する効果

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        【閃刀姫】デッキはテーマ内のモンスターが少ない都合上、メインデッキにかなりの自由枠ができます。

        メインモンスターゾーンを空ける必要があることから、【閃刀】カード以外のものを採用するのであれば、フィールドに出すことが少ない手札誘発や、汎用性の高い魔法カードを優先することになるでしょう。

        また手札誘発の中にはチューナーモンスターもあるので、先述した《水晶機巧-ハリファイバー》から《アクセスコード・トーカー》の展開にも活用できることから、採用する優先度も高くなってくるかと思います。

        【閃刀姫】デッキの魅力

        対応力が非常に高く、プレイング上達につながる!!

        【閃刀姫】デッキは各種【閃刀】カードにアクセスできるギミックの安定性の高さや、幅広い範囲に対応できる選択肢の多さなど、他のデッキにはない強さを持ったデッキです。

        とくに【閃刀】魔法カードにはモンスターへの耐性付与やモンスター除去、セットカード除去といったようにさまざまなものが存在しています。

        この状況でサーチすべき【閃刀】カードは何か」「あのモンスターに対してはどのように立ち回ればよいか」といったことを常に意識しながら、丁寧にアドバンテージを確実に稼いでじわじわと相手を詰めていきます。

        少しのミスが大きなロスに繋がりやすいデッキですが、言い換えればプレイングさえ伴えばほとんどのデッキに勝つことができるデッキでもあります。

        デッキ構築の幅も広く、さまざまな環境に適応できる!!

        【閃刀姫】デッキはテーマの動きに必須となるカードが少なく、メインデッキの半分(およそ20枚)以上の部分を周りの環境に合わせてさまざまなカードを採用することができます。

        展開系のテーマデッキが流行することを読んで手札誘発を多めに採用したり、出張性能の高い他のテーマと混ぜてより攻撃的な構築をしてみたりと、幅広いデッキ構築が可能となっています。

        またサンプルデッキでは先攻を取ることを想定した構築にしていますが、【閃刀姫】は後攻型の構築にも変化させることができます。

        《ダイナレスラー・パンクラトプス》や《獣王アルファ》といった後攻で強く使える大型モンスターを出したり、《精神操作》で相手モンスターを除去しながらリンク召喚の素材としたりと、先攻型とはまた違った強みや戦い方を活かすことが可能です。

        イラストだけでなく、戦い方もカッコいいテーマ!!

        【閃刀姫】といえば、やはりカッコいい系の戦う女子《閃刀姫-レイ》の存在でしょう。

        【閃刀】カードの多くはこの《閃刀姫-レイ》が戦うための武装・戦術を表したものとなっていて、ほとんどのカードイラストで彼女が戦う姿を見ることができます。

        「一騎当千」という言葉がモチーフになっている(逆から読むと、閃刀姫-の韻となる)ことからも分かるように、このデッキはEXモンスターゾーンの【閃刀姫】モンスター1体のみを駆使して戦っていきます。

        たった一機のエースを駆使して強大な相手に立ち向かう、孤高に戦うその様は非常にカッコいいものとなっていて、他のテーマにはない魅力の一つと言えるでしょう。

        【閃刀姫】デッキの回し方〜概要〜

        デッキの回し方①:《閃刀姫-レイ》《閃刀起動-エンゲージ》にアクセスする

        まずはやはり《閃刀姫-レイ》《閃刀起動-エンゲージ》に、可能な限り最速でアクセスしましょう。

        《閃刀姫-レイ》は、《閃刀起動-エンゲージ》《閃刀空域-エリアゼロ》《増援》からサーチ・リクルートすることができます。

        《閃刀起動-エンゲージ》は、《閃刀姫-シズク》のエンドフェイズ発動のサーチ、《閃刀姫-ハヤテ》《閃刀姫-カガリ》を用いた墓地送りからの回収で手札に加えることができます。

        デッキの回し方②:《閃刀機関-マルチロール》を使ってアドバンテージを稼ぐ

        《閃刀姫-レイ》《閃刀起動-エンゲージ》が用意できたら、次に【閃刀姫】の重要なアドバンテージ源である《閃刀機関-マルチロール》を使いましょう。

        《閃刀機関-マルチロール》が表側表示で存在する間に発動した魔法カードの数まで、エンドフェイズに墓地から【閃刀】魔法カードをセットできるので、この効果を使って相手とのアドバンテージを広げて有利にゲームを進めていきます。

        基本的に、自分のエンドフェイズでは相手ターンに使いたい《閃刀機-ウィドウアンカー》《閃刀機-シャークキャノン》をセットし、相手のエンドフェイズであれば自分ターンに使いたい《閃刀起動-エンゲージ》《閃刀術式-アフターバーナー》をセットしましょう。

        デッキの回し方③:《アクセスコード・トーカー》まで展開して一気に相手のライフを削りきる

        各種【閃刀】カードや《閃刀機関-マルチロール》で相手をじっくりと追い詰めながら、相手の妨害が薄くなる隙を伺って戦いましょう。

        先述したように《アクセスコード・トーカー》を出す場合には、リンク3《神聖魔皇后セレーネ》を経由することになるので、5300打点のフィニッシャーとして運用することになります。

        【閃刀姫】デッキは、《閃刀姫-ハヤテ》による直接攻撃からの墓地送り効果を活用するため、自然と1500単位で相手のライフを削っていくこととなります。

        《閃刀姫-ハヤテ》の直接攻撃を2回通せば、残ライフ5000となり《アクセスコード・トーカー》のキル圏内に入ります。

        あとは相手の妨害を一つ一つ丁寧に抑えていって、しっかりと相手を積ませるように立ち回っていきましょう。

        【閃刀姫】デッキの回し方〜展開例〜

        《閃刀起動-エンゲージ》1枚からの展開

        【使用カード】

        • 《閃刀起動-エンゲージ》

        【結果】

        • 《閃刀姫-シズク》
        • 《閃刀機関-マルチロール》
        • 《閃刀機-ウィドウアンカー》(セット状態)
        • 墓地に《閃刀姫-レイ》
        • 墓地に《閃刀起動-エンゲージ》

        【手順】

        1. 手札から《閃刀起動-エンゲージ》を発動し、デッキから《閃刀姫-レイ》を手札に加える
        2. 手札から《閃刀姫-レイ》を召喚
        3. 《閃刀姫-レイ》を素材として《閃刀姫-カガリ》をリンク召喚
        4. 《閃刀姫-カガリ》の効果を発動し、墓地の《閃刀起動-エンゲージ》を手札に加える
        5. 手札の《閃刀起動-エンゲージ》を再び発動、デッキから《閃刀機関-マルチロール》を手札に加える
        6. 《閃刀姫-カガリ》を素材として《閃刀姫-シズク》をリンク召喚
        7. 手札から《閃刀機関-マルチロール》を発動
        8. エンドフェイズに《閃刀姫-シズク》の効果を発動し、デッキから《閃刀機-ウィドウアンカー》を手札に加える
        9. 手札から《閃刀機-ウィドウアンカー》を発動し、《閃刀姫-シズク》を無効にする(このエンドフェイズまで)
        10. 《閃刀機関-マルチロール》の効果を発動し、墓地の《閃刀機-ウィドウアンカー》をフィールドにセット

        【盤面の説明】

        このように展開することで、フィールドに《閃刀姫-シズク》を出しながら、モンスター効果を無効にする《閃刀機-ウィドウアンカー》と、毎ターン墓地からセットできる《閃刀機関-マルチロール》を用意することができます。

        また墓地に《閃刀姫-レイ》もあるので、《閃刀姫-シズク》が除去されてしまっても墓地から自身を特殊召喚して、盤面を維持することが可能です。

        墓地に《閃刀起動-エンゲージ》があるので、相手ターン中に《閃刀機-ウィドウアンカー》を発動したうえで《閃刀機関-マルチロール》をフィールドに残すことができれば、エンドフェイズにセットして次のターンに再び使用可能となります。

        【閃刀姫】デッキをカスタムするおすすめカード

        《サイクロン》

        《サイクロン》

        【 速攻魔法 】

        全フィールド上の魔法・罠カード1枚を破壊する。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        遊戯王でも長く使い続けられている、魔法・罠カードを除去する速攻魔法。

        魔法・罠カードの除去であれば《コズミック・サイクロン》《ツインツイスター》なども挙げられますが、【閃刀姫】デッキであれば《サイクロン》の方が優先して採用することも少なくありません。

        発動コストを必要とせず、フリーチェーンで発動できる速攻魔法であり、さらに《閃刀空域-エリアゼロ》のリクルート効果のトリガーとしても使うことができます。

        自分バトルフェイズ中に《サイクロン》《閃刀空域-エリアゼロ》を破壊して《閃刀姫-レイ》をリクルートすれば、そのまま《閃刀姫-レイ》の追撃と変換したリンクモンスターの追撃でライフを一気に削るといった芸当も可能です。

        《魔鍾洞》

        《魔鍾洞》

        【 フィールド魔法 】

        ①:相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、相手はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない

        ②:自分フィールドのモンスターの数が相手フィールドのモンスターより多い場合、自分はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。

        ③:自分・相手のエンドフェイズに、お互いのフィールドのモンスターの数が同じ場合に発動する。このカードを破壊する。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        言わずと知れた、凶悪な制約効果を持ったフィールド魔法。

        罠を多く採用したメタビートで採用されることが多いカードではありますが、実は【閃刀姫】デッキとも相性が良いカードとなっています。

        【閃刀姫】デッキは魔法カードの制約もあることから、EXモンスターゾーンに出した【閃刀姫】リンクモンスター1体で戦うことがほとんどです。

        そのため多くの場合、相手モンスターの方が多いという状況になりやすく、このカードだけで相手のモンスターをほとんど封殺してしまうことが可能です。

        また直接攻撃可能な《閃刀姫-ハヤテ》の存在も大きく、《魔鍾洞》がある状態で毎ターン1500ずつ削って勝ち切ることもあります。

        《王宮の鉄壁》

        《王宮の鉄壁》

        【 永続罠 】

        このカードがフィールド上に存在する限り、カードをゲームから除外する事はできない。

        出典:遊戯王OCGカードデータベース

        お互いにカードを除外できなくする効果を持った永続罠。

        除外をコストにサーチや展開を行うデッキや、手札誘発メタである《墓穴の指名者》などに対して発動することで、機能停止させることができます。

        また《閃刀機関-マルチロール》でセットした【閃刀】魔法カードも本来であれば使用したあとは除外されてしまいますが、《王宮の鉄壁》が存在する状態であれば墓地へ送られてしまうので、再びセットすることが可能となります。

        環境によっては非常に強力なメタカードとして機能するので、周りのデッキの使用状況に応じて採用を検討しましょう。

        【閃刀姫】デッキのカーナベルおすすめ対戦動画

        おわりに

        いかがだったでしょうか。

        さまざまな【閃刀姫】モンスターと【閃刀】魔法カードを使いテクニカルに戦う【閃刀姫】デッキの強さが、読者の皆さまに伝わったのなら幸いです。

        非常に高い対応力デッキ構築の自由度の高さを併せ持ち、使えば使うほど面白さが理解できてプレイングも上達するという素晴らしいデッキになっています。

        興味を持っていただけたなら是非とも実際にカードを手に取ってプレイしてみていただければと思います。

        ここまでのご精読、ありがとうございました!

        あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
        遊戯王通販サイト「カーナベル」


        〜3つの特徴〜

        1. 毎日最大12%ポイント還元
        2. 当日15時までの注文で即日発送
        3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

        ガチャを回して大量ポイントGET!!
        ▼毎日ガチャ開催中▼


        徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
        デッキパーツをお得にGET!!

        ガチまとめからのお知らせ

        カテゴリ:

        タグ:,

        関連記事

        コメント (4)

        匿名

        具体性のある用法が書かれて助かるー

        2
        匿名

        マルチロールの除外効果わすれてない?最初にウィドウをマルチロールでセットしてるから除外されるはずでは?

        0
        ガチまとめ遊戯王担当

        匿名様
        コメント頂きましてありがとうございます。
        具体的な展開例の箇所についてでしょうか。

        上記の展開の場合、最初の《閃刀機-ウィドウアンカー》は《閃刀姫-シズク》の効果によってサーチし、速攻魔法であるためそのまま発動したカードであるため、最初の発動では除外されません。

        エンドフェイズ、《閃刀機関-マルチロール》によって再セットされた《閃刀機-ウィドウアンカー》は、次の相手ターン
        以降に発動した場合、除外されることになります。

        もし該当箇所でなかった場合、再度コメント頂けますと幸いですm(_ _)m

        1
        匿名

        7. 手札から《閃刀機関-マルチロール》を発動

        の時点で自分のカードを選択して破壊する、は処理しなくていいのでしょうか?

        また

        0

        ※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

        252