【2022年9月OCG環境】流行りの最強デッキランキング【Tierランキング】

PV 5,218 いいね 519 -

【2022年9月OCG環境】流行りの最強デッキランキング【Tierランキング】

はじめに

遊戯王OCG環境では、9月もカードプールが更新され、環境はさらなる進化を遂げています。

カードプール以外にも、新たなデッキが開発され環境への変化が生まれています。

8月からどのような変化があったか、今はどのようになっているのか、早速見ていきましょう!

目次

「最強」の定義

 本記事では最強デッキを「遊戯王環境での相対的な強さ」と定義します。

 Tier1とは「環境内に不利なデッキが少ない、あるいは相性差を覆しやすいデッキであり、大会で持ち込みが一番多いと予想される対策必須のデッキ」です。

 Tier2とは「Tier1やTier2のデッキにある程度勝てる見込みがあり、大会でも毎回一定数いると予想されるデッキ」です。

 Tier3とは「弱点が多い、デッキパワーが低いなどの理由で使用者は少ないものの、特定のメタゲームでは活躍することができるデッキ」です。

先月からのカードプールの変化

先月からのカードプールの変化として、9月10日に『WORLD PREMIERE PACK 2022』の発売がありました。

『WORLD PREMIERE PACK 2022』による環境への変化はほぼなく、依然【ティアラメンツ】が環境トップとして居座っています。

先月からのカードプールの変化ではないのですが、様々なテーマを混合させたデッキ枚数60枚のグッドスタッフデッキが入賞し始めています。(本記事ではデッキ名を【60グッドスタッフ】とさせていただきます)

現在のOCG環境は分布をみると【ティアラメンツ】が環境トップ、次いで【スプライト】の2強環境となっています。


Tier1

【ティアラメンツ】Tier1


ここでは【ティアラメンツ】の中でも分布数・入賞数の多い、【ティアラメンツ】に《現世と冥界の逆転》をサポートするカード群のギミックを混ぜた【イシズティアラメンツ】を紹介します。

【ティアラメンツ】は、墓地肥やしを行い墓地に送られた場合の効果を活用する融合召喚テーマです。

メインデッキに入る闇属性の「ティアラメンツ」モンスターは共通して、効果で墓地に送られた場合に、墓地の自身を含む手札・フィールド・墓地のモンスターをデッキボトムに戻して融合召喚を行える効果を持っています。

この効果によって《捕食植物ドラゴスタペリア》や《ティアラメンツ・カレイドハート》《ティアラメンツ・ルルカロス》などの妨害持ち大型融合モンスターを展開し、盤面を制圧していきます。

また「ティアラメンツ」モンスターのほとんどはデッキからカードを墓地に送る効果も備えており、融合召喚する効果を起動しやすくなっています。

相性のいいカードとして、《現世と冥界の逆転》をサポートするカード群が挙げられます。

《古尖兵ケルベク》《古衛兵アギド》などの効果で墓地肥やしを行い、「ティアラメンツ」モンスターの墓地に送られた場合の効果で融合召喚を狙える点で相性が良いです。

  


Tier2

【スプライト】Tier2


【スプライト】はレベル2モンスターを多用するテーマと相性が良いので様々な構築がありますが、ここでは現在の分布・入賞数の多い「ガエル」と「素早い」ギミック採用の構築を紹介します。

【スプライト】は、レベル2・ランク2・リンク2モンスターを活用して戦うデッキです。

メインデッキの「スプライト」モンスターは、レベル2かランク2モンスターが自分フィールドに存在していると手札から特殊召喚できる効果を持っています。

《スプライト・ブルー》と《スプライト・ジェット》はサーチ効果、《スプライト・レッド》と《スプライト・キャロット》は妨害効果を持っています。

このレベル2「スプライト」モンスターを使い、ランク2モンスターである《ギガンティック・スプライト》をエクシーズ召喚します。

《ギガンティック・スプライト》の効果でデッキからあらゆるレベル2モンスターをリクルートできるので、「スプライト」モンスターや、混合させたテーマのギミックであるカード、紹介している構築では《鬼ガエル》などを特殊召喚することができます。

テーマ内のリンク2モンスターである《スプライト・エルフ》の効果も強力で、墓地のレベル2モンスターを蘇生することができます。

《スプライト・エルフ》の効果は相手メインフェイズにも発動でき、相手モンスターが存在する場合ランク2・リンク2モンスターを蘇生することもできるので、「スプライト」モンスターなどを相手ターンに蘇生することで効果を再び使用することもできます。

【スプライト】は先攻展開するにあたって、手札から特殊召喚して展開するので《灰流うらら》《エフェクト・ヴェーラー》《無限泡影》などの手札誘発を持っていても1枚だけでは展開が止まりにくいです。

また場合によっては《スプライト・レッド》《スプライト・キャロット》の効果で相手の手札誘発をケアしながら動くことも可能であり、この2体も相手ターンに妨害となるため、展開を許すと強力な盤面を形成されがちです。

そして【スプライト】デッキ自体には自由枠が多いため、手札誘発を大量投入しやすいのもデッキの強さに拍車をかけています。

Tier3

今期は【ティアラメンツ】【スプライト】の分布が圧倒的で、Tier3に該当するデッキは分布数が少なくほとんど差異がないです。

しかしTier3に該当するデッキは数多く存在し、ここでは全てを紹介しきれないので、現在話題となっているデッキを中心にピックアップして紹介します。

【竜剣士】Tier3


【竜剣士】は、ペンデュラムテーマという特徴を活かした展開に長けているデッキです。

《竜剣士マジェスティP》《竜剣士ダイナマイトP》《竜剣士イグニスP》などの「竜剣士」モンスターを活用し展開を伸ばします。

《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》がスケール効果で墓地の《爆竜剣士イグニスターP》などを蘇生できる、サーチ効果も初動として使えるため「オッドアイズ」ギミックが採用されています。

そして《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》をサーチできる《EMドクロバット・ジョーカー》、それに関連して「魔術師」モンスターも採用されています。

これらのカードで展開し、《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》《召命の神弓-アポロウーサ》などの大型モンスターで盤面を制圧します。

【エクソシスター】Tier3


【エクソシスター】は、メインデッキの「エクソシスター」モンスターが相手の墓地のカードが墓地から離れることをトリガーに、強力な「エクソシスター」Xモンスターに変身して戦うデッキです。

メインデッキに入る「エクソシスター」モンスターの共通効果として、

『自分・相手の墓地のカードが相手によって墓地から離れた場合に発動できる。「エクソシスター」Xモンスター1体を、自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。』

といったテキストがあります。

この効果によって「エクソシスター」Xモンスターを展開し、相手の墓地に関する効果を中心とした妨害をしながら戦う、といった特徴があります。

「エクソシスター」魔法・罠には強力なカードが多く、サーチや妨害、展開などをこなすカードがあり、元々のステータスが貧弱な「エクソシスター」モンスターをサポートしてくれます。

  


【深淵の獣】Tier3


【深淵の獣】は、墓地の光・闇属性モンスターを除外して展開を行うデッキです。

レベル6の「深淵の獣」モンスターの共通効果として、

『自分または相手の墓地の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、このカードを手札から特殊召喚する。
相手フィールドにモンスターが存在する場合、この効果は相手ターンでも発動できる。』

といったものがあります。

これによって「深淵の獣」モンスターをフィールドに並べていきます。

この効果は相手フィールドにモンスターが存在する場合に相手ターンでも発動できるようになるため、相手の動きに合わせて墓地の相手モンスターを除外することで妨害にすることもできます。

そして《深淵の獣ルベリオン》は「深淵の獣」モンスターをサーチする効果と、「烙印」永続魔法・永続罠を表側表示で置く効果を持っています。

これによって《復烙印》《烙印の獣》を置くことでリソース確保や妨害になります。

「烙印」カードが入る、闇属性のモンスターを採用するという点から《烙印融合》周りのカードとも相性が良いです。

  


【60グッドスタッフ】Tier3


【60グッドスタッフ】は、様々なテーマを混合させたことによる展開の豊富さを活かしたデッキです。

「ティアラメンツ」「深淵の獣」「P.U.N.K.」「サンダー・ドラゴン」「素早い」「ネメシス」など様々なテーマを混合し、それぞれの相性の良さを活かし展開を行っていきます。

展開例として、《No-P.U.N.K.セアミン》から《No-P.U.N.K.フォクシー・チューン》をサーチし《No-P.U.N.K.ディアノート》を特殊召喚。

《混沌魔龍 カオス・ルーラー》のシンクロ召喚に繋いで墓地を肥やし、さらに《真血公ヴァンパイア》での墓地肥やしと、どんどん墓地リソースを増やしていき様々な展開パターンへと繋げます。

最終盤面には《ティアラメンツ・ルルカロス》《超雷龍−サンダー・ドラゴン》《フルール・ド・バロネス》《アークネメシス・プロートス》などが並ぶ強固な布陣が形成されます。

《隣の芝刈り》などでも墓地を一気に肥やすこともでき、複数テーマの混合によって手数が豊富なデッキでもあります。

  


環境のまとめと今後の展望

9月環境の遊戯王OCGも【ティアラメンツ】【スプライト】の2強状態が続いています。

しかし、【60グッドスタッフ】や先月の日本選手権で活躍した【竜剣士】などの新たなデッキが開拓されていて、環境にも少しずつ変化が巻き起こっています。

また、10月1日から施行されるリミットレギュレーションの発表がありました。

この改訂により、【イシズティアラメンツ】と【スプライト】は大きな打撃を受けました。

【スプライト】は《ユニオン・キャリアー》《スプライト・ジェット》《スプライト・スターター》《鬼ガエル》などの主要パーツが規制され、今まで通りの構築は完全に不可能となり、新制限の環境からは消えつつあります。

一方【イシズティアラメンツ】に関しては、こちらも《古衛兵アギド》《宿神像ケルドウ》《朱光の宣告者》《壱世壊=ペルレイノ》《ティアラメンツ・ハゥフニス》の5枚が大幅な規制を受けました。

しかし、10月からのリミットレギュレーションを施行した大会では【イシズティアラメンツ】がまだまだ活躍を見せるどころか、環境トップに未だ居座る状態となっています。

10月15日にはレギュラーパック『PHOTON HYPERNOVA』が発売されるので、これによって環境への変化があるのか注目です!

おわりに

遊戯王OCGの9月の環境について解説いたしました。

この記事が皆さんのデッキ構築・環境への理解の手助けとなっていれば幸いです。

それでは10月の環境解説記事でまたお会いしましょう!

マスターデュエル環境はこちら!


カテゴリ:

タグ:, ,


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

519

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な22,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

関連記事