【ギラサキ】「覚醒ジョギラゴン vs. 零龍卍誕」新弾カードレビュー【サンプルレシピ付き】

PV 8,512 いいね 25 9

【ギラサキ】「覚醒ジョギラゴン vs. 零龍卍誕」新弾カードレビュー【サンプルレシピ付き】

前回の記事⇒【ギラサキ】一強環境とどう向き合うか

目次

はじめに

カーナベル所属プロのギラサキです。

今回は新パック「覚醒ジョギラゴン vs. 零龍卍誕」のレビュー記事となります。

毎年クリスマスシーズンのパックは強力なカード目白押しとなっています!

今年のパックも正直、"ヤバい" です。

前半に、注目カードの紹介を行い、後半では幾つかのサンプルレシピを掲載という流れとなっています。

注目カード紹介

《零龍》

今回の目玉カードです。詳しい効果などはこちら

《禁断 〜封印されしX〜》や《終焉の禁断 ドルマゲドンX》等と同様にゲーム開始時から場に出して使うカードとなっています。

相手に手札を1枚余分に与える(ゲーム開始時に6枚)というデメリット付きですが、そのデメリットが気にならないレベルに強力な効果をもっています。

中でもGR召喚ができる手札の儀や、墓地からカードを回収する破壊の儀は特に強力ですね。

最後のリンクを残しておいて、相手のターン中に零龍を降臨させて受けとして使う事もできるので、見た目以上に柔軟な使い方ができる良いカードだと思います。

一番条件が厳しい、破壊の儀ですが相手の場にクリーチャーがいない場合も考えると自分のクリーチャーを破壊するギミックと相性が良いと考えられます。

《ステニャンコ》《卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍》、「無月の大罪」などがオススメです!

《天命龍装 ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー》

【クリーチャー】 
【文明】 光
【種族】ドラゴンギルド/メタリカ
【コスト】7
【パワー】9500

■ブロッカー ■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーをすべてタップする。その後カードを1枚引く。

【呪文】
【文明】水
【コスト】5

■S・トリガー
■コスト7以下の進化ではないクリーチャーを1体手札からバトルゾーンに出してもよい。その後、そのクリーチャーを手札に戻す。

クリーチャー面も強力ですが、やはり呪文面に注目してしまいますね。

これからコスト7以下のクリーチャーが出る度に強くなると考えれば将来性がかなりあります。

既に《龍素記号Sr スペルサイクリカ》《サイバー・I・チョイス》などを使ったループが生み出されているみたいですね…!

呪文面でもう1枚の《天命龍装 ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー 》を出せば受けとしても使えるというデザインは凄く好みです。

【ロージアダンテ】のようなデッキタイプが復活してほしいなと、個人的には期待している1枚になります!

《堕悪の覇王 シャークウガ/闇の魔改造》

【クリーチャー】 

【文明】 水
【種族】ムートピア/サイバー・コマンド
【コスト】7
【パワー】6000

■ブロッカー ■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある他のカードを2枚まで選び、持ち主の手札に戻す。

【呪文】

【文明】闇
【コスト】4

■S・トリガー
■このターン、相手のクリーチャーすべてのパワーを-2000する。

引き続きツインパクトカードの紹介になります。

クリーチャー面は、自分にも使えるカード除去なので、相手のオーラやフィールドを除去できるだけでなく、自分の使いまわしたいクリーチャー等を回収できるのは熱いです。次世代の《アクア・スナイパー》ですね。

呪文面は、小型GRクリーチャーを除去する受けにもなりますし、コスト4なので手札から普通に発動も可能です。

呪文で発動した後に《零王の円卓》で蘇生する動きは綺麗だと思い、そのギミックを利用したデッキを考えたりもしています。

出せる範囲は広いけど、
中々上手く使えない…

出典:デュエルマスターズ

《“極限駆雷”ブランド》

【 クリーチャー 】 
【文明】火
【コスト】3
【種族】ビートジョッキー/ワンダフォース
【パワー】3000

■ このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。
■自分のGRクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このターン、次に使う自分の火のカードのコストを1少なくする。ただし、0以下にはならない。
■ バトルゾーンに自分のGRクリーチャーが3体以上あれば、このクリーチャーの攻撃先は変更できない。

3コストのクリーチャーで出た時にGR召喚をするのは今まで《ウォッシャ幾三》《オケ狭間 寛兵衛》《音奏 アサラト》のような相手プレイヤーを攻撃できないものばかりでした。

攻撃できなくても強いですけどね…

出典:デュエルマスターズ

しかし、《“極限駆雷”ブランド》は相手プレイヤーを攻撃できます。

更には、火のカードのコスト軽減というおまけ付き。呪文等も軽減できるのは何かと便利そうですよね。

火文明が採用されているビートダウンなら何に入れても強いんじゃないかっていうレベルです。

今まで「ブランド」という名前の付くカードはどれも強力でしたが、決して名前負けしていないスペックです。

サンプルレシピ

新弾のカードは発売後、手に取ってから触る事が多いので、新カードをメインにしたデッキは中々考えられていない現状です…(2019/12/20執筆時点)

なので、既存のデッキに新弾のカードを添えた強力なレシピを2つ掲載しています。

【ドラガンザーク】


まずば【ドラガンザーク】です。

新弾のカードは《零星セブホール》と《骸魔宮 ドクロガリヤ》を採用しています。

まずは《零星セブホール》。強い《堕魔 ヴォガイガ》です。

今までの【ドラガンザーク】に採用されていた《堕魔 ヴォガイガ》がオーラになったと考えれば強いのは当然ですよね。

更にオレガオーラなので、GRクリーチャーを出せる事も《堕魔 ヴォガイガ》よりも優れています。

墓地を利用するデッキタイプに対しては《ポクタマたま》が強力です。

オーラの性質上、特定のGRクリーチャーをゲーム内でプレイできる確率は高く、そういった意味でも【ドラガンザーク】というデッキは強力です。

GRクリーチャーの種類が増えれば増えるほど強化されていくデッキタイプですので、触っておいて損はしません!

【シータジョラゴン】


もう1つは【シータジョラゴン】です。

新弾のカードは《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》、《The ジョギラゴン・アバレガン》、《キング・ジャックポットン》を採用しています。

まずは《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》。

このカードが一番輝くのは《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》の呪文面で場に出した時ですね。クリーチャーを3体展開できます。

後は、《せんすいカンちゃん》との相性も抜群です。《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》で《せんすいカンちゃん》がGR召喚されれば、《せんすいカンちゃん》のJトルネードを使う事で、合計4体のスピードアタッカーを召喚する事ができます。

ビート対面に対しての殴り返しとしても強く、《MANGANO-CASTLE!》と違ってターン終了時に破壊されないのも大きいです。

次は《The ジョギラゴン・アバレガン》です。

自分のシールドをブレイクする効果は一見デメリットに見えますが、《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》や《スゴ腕プロジューサー/りんご娘はさんにんっ娘》をブレイクすると強いという可能性があります。

超天フィーバーは達成しやすい割にTブレイカー付与と非常に強力です。超超超天フィーバーは基本達成できないと思います(笑)

元々のパワーが高いので《ガチャダマン》のマッハファイター付与を活かせるのも良い点です。

最後は《キング・ジャックポットン》

まずパワーが4000なのが《ガチャダマン》と相性が良いです。

マナドライブについては、ジョーカーズでは貴重な相手の手札を減らせるカード。《ソーナンデス》などで盤面を制圧していくプランの時に使えると、より勝利が確実なものに繋がると思います。

さいごに

ここまて読んでいただきありがとうございました。

「覚醒ジョギラゴン vs. 零龍卍誕」は本当に強力なカードが多いので、どれをピックアップするか、かなり悩みました。

1月1日から新殿堂が施行され、新たな環境の幕開けです。

全国各地のプレイヤーがどのようなカードに着目し、どのようなデッキを使ってくるのか今からワクワクしています。

それでは!

感想質問などは、コメントして頂ければ時間がある時に簡潔に返信させていただきたいと思います。
※記事に直接関係のない質問やデッキ診断等は基本的にはお答えできません。申し訳ありません。

前回の記事⇒【ギラサキ】一強環境とどう向き合うか


カテゴリ:

タグ:, ,


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

25

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な15,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事