ドロマーロージアの構築論

ドロマーロージアの構築論

目次

あいさつ

どうも。第2回トレカライターコロシアムにて「お気に入りのカードを主役に!」という記事を書きGRロージアを作らせてもらったタイヤキです。今回は第2弾ということで僕の一番大好きなデッキであるドロマーロージア(青黒白のカラーリングのデッキ)を紹介させていただこうと思います。今回も自分なりに頑張って書いたので最後まで読んでくださるととても嬉しいです。それでは本題に、、、

1、まずはどんなデッキなのか?

まず、ドロマーロージアとは、なんのことや?と言われるかたがいらっしゃるかもしれないので簡単に説明させてもらいます。ドロマーロージアとは、3t目に打つ《コアクアンのおつかい》によって手札を増やし、4t目に《デモンズ・ライト》で手札を増やす&除去をしつつ、5t目に《ドラゴンズ・サイン》から《真・龍覇 ヘブンズロージア》や《煌龍 サッヴァーク》などの光のドラゴンを出して盤面を固めつつ、締めは《ミラクルストップ》で、呪文を止める+《時の法王 ミラダンテxii》でクリーチャの召喚も止めるというロックを決めて安定したフィニッシュを迎えることができるというデッキです。

2、今の環境にあわせてカードを入れていく。

もし、大会に出るとなれば勿論環境デッキと当たることは避けては通れない道です。なので、今回はその環境の中からトップであるアナカラーデッドダムド、赤白サンマックス、青魔道具に注目してデッキを作成することとします。まずは、アナカラーデッドダムド。1回この記事を書く前に戦ってみたのですが、戦ってみた感想が(絶対に勝てない)でした。

そのときに使ったリストがこちら

とりあえず、《青守銀 シルト/解体事変》の呪文側で相手の動きを鈍らせてそのうちにロックを決めようとしてましたが相手が《天災 デドダム》などのブーストカードを引いたり《レアリティ・レジスタンス》でマナに置いてあったベリーレア、スーパーレアのカードを戻されたりしてこちらの動きを妨害しつつ、最後には《禁断機関 vv-8》でエクストラターンを得られ負けてしまいました。この他にも《無修羅デジルムカデ》によって、一部のブロッカーが機能しなくなったりとまじで辛かったです。されなかったのですが《超奇天烈ギャブル》で《ミラクルストップ》を打たれたりなんかしたらたまったものじゃありません笑。ドロマーロージアというデッキはどうしても呪文が多くなってしまうので《超奇天烈ギャブル》はほんとにきついです。

次に赤白サンマックス。この対面は《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》や《音奏プーンギ》を出されるとかなりきついですがトリガーを踏めば何とかなることが多いのでまぁ盾を信じましょう笑。ですが一応、相手の猛攻を封じるという意味で《無修羅デジルムカデ》の採用はありなのかなとは思います。あとは《無双の縛り 達閃/パシフィック・スパーク》の採用もありだと思います。例えば、《BAKUOOON・ミッツァイル》を出されても《無双の縛り 達閃/パシフィック・スパーク》がいることによって《BAKUOOON・ミッツァイル》だけしか場に出ないという最強カードです。

次に青魔道具対面。この対面のキーカードは《煌龍サッヴァーク》このカードの効果によって相手の場にある《卍 新世壊 卍》を除去することができるのです。なので、この時点で《煌龍サッヴァーク》は3枚欲しいところ。《卍 新世壊 卍》さえ壊してしまえば相手はフィニッシュ方法がないのでほぼ勝ちといいでしょう。ただし気を付けないといけないのが《堕呪 ウキドゥ》によるLO(ライブラリアウト)。山を減らしすぎるとLOさせて来る可能性があるので気を付けましょう。

まぁ、こんな感じで上記の3対面にあたった場合はさっき書いたことに気を付けながら戦いましょう。

3、ある程度、対面に刺さるカードが決まったらデッキを作っていく。

先程《無双の縛り 達閃/パシフィック・スパーク》、《無修羅デジルムカデ》などを採用してもいいかなと書いていたので今回はその2枚を採用しようと思います。基盤は先程貼ったリストにして組んでいきます。

そしてできたリストがこちら

とりあえずこんな感じにまとまりました。まずはメインデッキから、、、

先程言ったカードに加えて《猟奇と耽美の人形劇》を採用してみました。《ゴスロリ・ジェニー》のことです。なぜ今回このカードを採用したかと言うと《青守銀シルト/解体事変》のみのピーピングハンデスでは足りないと思ったことと、この《猟奇と耽美の人形劇》の効果は相手の手札を1枚表向きで相手のシールドに置けるつまり、《煌龍サッヴァーク》の除去耐性が増える?みたいな感じです。(これは、とある方に言われて気づきましたw)あと盾に送るので墓地に送るよりは相手に利用されにくいと思ったのもあります。さらにこのカード、トリガーついてるんですよねwwこれがほんとに強い!理由としては赤単ブランド対面で相手のクリーチャーが攻撃してきてトリガーでこれを踏んだら《龍装者バルチュリス》を盾送りにできますし、相手のプランを壊すことができるので良きです!別に1体目の攻撃でなくても2体目の攻撃でも《龍装者バルチュリス》を送ることはできるのでご安心くださいw

この構築ちょっと盾が薄いところもあるので《青守銀シルト/解体事変》のクリーチャー面で早期に手札からトリガーを埋めれるとかなり強いかと思われます!

とにかく耐えて耐えて反撃できるときに一気に反撃していきましょう!ロックさえ決めてしまえば怖いものなんてありませーん!ww(ただしコスト8以上のクリーチャーは除く)

超次元に関してはとくに言うことはないですが、《勝利のプリンプリン》をその場しのぎとして入れたかったり、《超次元ガロウズ・ホール》から出て来てドローソースとなる《アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉》を入れたりしてみても良かったかなとは思いますね。

最後にGRは、もし《無修羅デジルムカデ》が墓地に行ってしまった時のために《オーマ 丙ー二式》を採用しています。あとはなるべく破壊されないように、パワーを高くしていたり、相手のクリーチャーがタップして出てくるのでそこに向けて攻撃するときにドローできる《ホッテ・ホッタ》を採用しています。

それに加えて《C.A.P.カイト》もほんとにいい仕事をしてくれます。単純に1体止めることができるので普通に強いですね!

まぁだいたい構築に関してはこんな感じです。

4、メイン構築をいじるなら、

次はもしメイン構築をいじるならどんなカードがあるか、もしそのカードを入れるとしたら抜く枠はどこか?を紹介していきたいと思います。

まずは1枚目、《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》です。これを採用するなら《超次元リバイブ・ホール》を抜くことになります。まずこの2枚の似てるようで似てないところを説明していきたいと思います。《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》の場合受け札としても、採用できる。一方、《超次元リバイブ・ホール》の場合にはその場にあった超次元クリーチャーを出すことができるといった感じでしょうか。

続いて2枚目。《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》です。青白の型のロージアダンテだとよく見かけますがなぜドロマー型に?と思われている方もいるかと思います。理由は《無修羅デジルムカデ》でタップインで出てきたクリーチャーをもし除去できないときにそのままタップさせ続けることができるからです。しかもドラゴンが入っているので《時の法王 ミラダンテxii》、《時の秘術師 ミラクルスター》に革命チェンジすることができます。あとブロッカーがついてるので《真・龍覇 ヘブンズロージア》から出すことのできるドラグハート・フォートレスの《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》から出てくるのも強い点です。呪文側はトリガーがついているので採用するだけ受け札が増えるのもまた魅力ですね!

さぁ、3枚目。《オリオティス・ジャッジ》です。最近流行っている赤単速攻にぶっ刺さる1枚。他にも青魔道具対面にもトリガーとして踏めば《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》から出てくる《凶鬼卍号 メラヴォルガル》や《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》などを除去することができるのでかなりいいと思います。入れるとしたら2~3枚ですかね。

4枚目。《天革の騎皇士 ミラクルスター》です。これを入れるなら完全に攻撃型みたいな形になってしまうのですが、、、、、 採用理由としては《超奇天烈ギャブル》が強いんならこれも強いよ、というかなり雑な感じですが実際使ってみるとほんとに強いです。青魔道具は呪文ばっかですし、赤白サンマックス対面も《MANGANO-CASTLE》や《KAMASE-BURN》などを奪うことができます。

5枚目。《聖闘の精霊龍 セイント・カイザー/ライブラ・シールド》です。このカードほんとに強い。呪文側ループできないかなってずっと考えてたんすけど無理でした😅、そんなことは置いといて(σ・ω・)σクリーチャー側はなんと、空いてのクリーチャーを表向きで盾に送れる、つまり《煌龍サッヴァーク》の除去体制が増える、進化も除去することができる、ドラゴンを持っている、呪文側はトリガーとてんこ盛りの能力です。使ってみればわかる強さです。青白ロージアなら2~3枚入りますが、ドロマーだと入って2枚だと思われます。

他にも《音感の精霊龍 エメラルーダ》だったり、《青寂の精霊龍 カーネル》などといった採用候補はまだまだあります。

あと、サンプル構築の採用カードの枚数をいじってみるのもおもしろいかもしれませんね。例えば、ロマノフワンショットとかも一定数いるわけですし《ミラクル・ストップ》の増量などがいいかと思われます。(GP9thで優勝されたカリヤドネループに対しても《ミラクル・ストップ》が刺さるのでほんとに増量しても良いと思います!)

5、最後に

最後に、ここまでご覧になられた皆さん本当にありがとうございます。今回も自分の思いを込めて記事を書かせてもらいました。
ドロマーロージアはまだまだ可能性を秘めたデッキだと思います。4で紹介したカード以外にもまだまだたくさん入れ替えれるパーツはあると思うので是非組んで遊んで、最強のドロマーロージアを作ってみてください。それと今、赤青覇道のようなビート系統のデッキが増えてきているのでもう少し盾を厚くすると、安心して戦えると思うので、戦ってみてなかなか勝てないなぁと思ったらトリガーを多く入れることをオススメします。


それではまたの機会がありましたら参加したいと思うのでよろしくお願いします。それでは!

関連記事

コメント

1 匿名

友達にロージアめっちゃ強いやついるからなんか対策とかないかな~と思って見たら友達使ってんの青白だったことに気付いて昇天しました

2 タイヤキ

あらま、
お力になれず申し訳ないです。🙇

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

関連
記事