ブライゼシュートリペア解説 withフェアプロごっこ

PV 619 いいね 0 コメント 2

ブライゼシュートリペア解説 withフェアプロごっこ

目次

はじめに

この記事は動画です。

何言ってるのかわからないと思いますが動画です。

誰がなんと言っても動画です。

ご了承ください。

10月某日

パイン「記事読んでくれた?」

友人「なかなか良かったよ。スリーブとプレマ貰えたんだっけ?」

パイン「そうそう!両方とも使いやすいし最高だった!」

友人「へえ~。両方揃えるとフェアプロみたいだね。」

パイン「どうせならフェアプロごっこしようぜ!どうせなら記事にするよ!」

というわけで記事になりました。

撮影開始

パイン「はいどうもこんにちはパインです!」

友人「こんにちは。○○(友人の名前)です。」

パイン「というわけで今回紹介するデッキはこちら!」

パイン「《黒神龍ブライゼナーガ》!」

出典:デュエル・マスターズ

友人「半年前に殿堂したあいつですね。」

パイン「さらに《偽りの王 ヴィルヘルム》に《コクーン・シャナバガン》。

出典:デュエル・マスターズ

出典:デュエル・マスターズ

友人「おおー。〈ブライゼシュート〉。」

パイン「《黒神龍ブライゼナーガ》が殿堂して廃れてしまったデッキですね。今日はこれのリペアを紹介したいと思います!」

パイン「というわけで対戦お願いします!」

友人「お願いします。」

対戦

先行:友人

友人は《フェアリー・ライフ》から順調なスタート。

対するパインは3ターン目に《五郎丸コミュニケーション》から《解体人形ジェニー》をサーチし相手を牽制しにかかる。

先に大きく動いたのは友人。

4ターン目に《無修羅デジルムカデ》を《パキラキ Ⅱ》に装備。

返しのターンにパインは前ターンにサーチした《解体人形ジェニー》で相手の《復讐ブラックサイコ》をハンデスする。

殿堂カードを落とされた友人の表情が曇る。

5ターン目友人は《虹速 ザ・ヴェルデ》を召還。そのまま解体人形ジェニーに攻撃し侵略するのは《超奇天烈 ギャブル》。唱えられる呪文は《爆殺 覇悪怒楽苦》しかなかったものの再びパインの盤面は空に。

パインは返しのターン何も出来ず苦しい戦いを強いられる。

迎えた6ターン目、友人は《解罪 ジェ霊ニー》を無月の大罪4で使用し《離脱 DL-20》に装備し《音感の精霊龍 エメラルーダ》をハンデス。

ターン終了時に無月の大罪で自壊し《離脱 DL-20》の効果で《解罪 ジェ霊ニー》を回収する。

再び何も出来なかったパインに対して、6ターン目に友人は再び《解体 ジェ霊ニー》をキャスト。《パキラキ Ⅱ》につけて《怒流牙 サイゾウミスト》をハンデス。

後攻6ターン目にパインは《コクーン・シャナバガン》で2ブーストしもう1枚の《コクーン・シャナバガン》を回収。

7ターン目友人は《無修羅 デジルムカデ》を《天啓 CX-20》に装備。

負けじとパインも再び《コクーン・シャナバガン》で2ブーストし《フェニックス・ライフ》を回収。

続けて《解体人形ジェニー》で《SSS級侵略 デッドダムド》をハンデス

8ターン目友人は《悪魔妖精ベラドンナ》でハンデスしつつ《超奇天烈 ギャブル》で《解体人形ジェニー》を除去。

返しでパインは《爆殺‼︎ 覇悪怒楽苦》で《無修羅デジルムカデ》2枚と《解罪 ジェ霊ニー》がついた天啓 CX-20とバキラキ2体を除去。

リソースが尽きてしまった両者。どちらも有効札を引けずに睨み合いが続く。

迎えた11ターン目、友人は《天災 デドダム》でリソースを稼ぎ、手札に加わった《禁断機関 VV-8》をそのままキャスト。

負けじとパインも《偽りの王 モーツァルト》でドラゴンのいない盤面を一掃する。

12ターン目友人は《虹速 ザ・ヴェルデ》をマナから召還し、《超次元リバイヴ・ホール》を唱えて《時空の英雄アンタッチャブル》と《時空の喧嘩屋キル》をバトルゾーンに出す。

そのままマッハファイターをもつ《虹速 ザ・ヴェルデ》で《偽りの王 モーツァルト》を攻撃しつつ《超次元 リバイヴ・ホール》で回収した《復讐 ブラックサイコ》と先ほど墓地に落とされた《SSS級侵略 デッドダムド》に連続侵略し、パインのハンドと場を全壊させる。

一気に場を制圧されたパインは窮地に立たされる。

返しのターン、祈るようにドローしたパインはトップから《偽りの王 ヴィルヘルム》を引き込み《時空の喧嘩屋キル》を除去するも依然劣勢なことに変わりはない。

迎えた13ターン目、友人は再び《虹速 ザ・ヴェルデ》を召喚し、水のコマンドがバトルゾーンにでたことにより《禁断機関 VV-8》が禁断駆動!だめ押しの追加ターンを獲得する。

更に《虹速 ザ・ヴェルデ》攻撃時に《SSS級侵略 デッドダムド》を侵略し、《偽りの王 ヴィルヘルム》を破壊する。

そのまま追加ターンに入り《禁断機関 VV-8》で3枚、《SSS級侵略 デッドダムド》で2枚のシールドをブレイク!

絶体絶命の中、祈りを込めて最後に割られた2枚のシールドをチェック。

その中には《コクーン・シャナバガン》!

出典:デュエル・マスターズ

パイン「来たあぁぁぁ!」

スーパーシールドトリガー効果で《偽りの王 モーツァルト》と《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》を踏み倒し、《偽りの王 モーツァルト》の登場時効果で友人の場は全滅。

出典:デュエル・マスターズ

出典:デュエル・マスターズ

返しのターンに《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》で友人のシールドをワールドブレイク!トリガーは0。そのまま《偽りの王 モーツァルト》でダイレクトアタック!

友人「マジかぁぁぁ……。」

パイン「よしよしよし!」

友人「ラス盾《コクーン・シャナバガン》マジか……。」

パイン「いやもう超ラッキー!ツイてる!」

WINNER パイン

パイン「というわけで今回は〈ブライゼシュートリペア〉を使いました!デッキ紹介したいと思います!」

解説

パイン「というわけで、今回使用した〈ブライゼシュートリペア〉はこんな感じの構築になっております。」

友人「初動少なくない?」

パイン「序盤動くよりパワーの高いカードを入れてSSTで出せる動きを優先してるんだよね。」

友人「動き方は?」

パイン「序盤はサーチ、中盤はハンデスや盾仕込みしながらマナを伸ばして終盤は大型を出して制圧したり《黒神龍ブライゼナーガ》からのスーパーシールドトリガーで一気に大型を踏み倒すのが基本の動きです。」

パイン「SSTを使わずとも《偽りの王 ヴィルヘルム》等でコントロールプランも取れるので柔軟性も高いです。GRも超次元も使わないのでおススメです。良かったら使ってみてください!」

パイン「ということで、今回もご視聴ありがとうございました!良かったらブックマーク、投票、コメントお待ちしてます!じゃあまたお会いしましょうバイバイ!」

あとがき

前回の記事を読んでいただいた方はお久しぶりです。そうでない方は初めまして。パインと申します。

普段は新潟県の片隅でデュエルマスターズをしています。

受験生という立場上時間がなく、CS等にはほとんど出たことがないのですがカジュアル勢としてデュエマを楽しんでいます。

今回はトレカライターコロシアムの第3回が開催されるということで第2回に引き続き参加することに致しました。

第2回ではありがたいことに3位に入賞することができました。投票していただいた方々にこの場を借りてお礼申し上げます。

定期考査だの模試だの諸事情あって期限ギリギリになってしまって焦ってしまいましたがなんとか完成させることが出来たので良かったです。

というわけで今回はネタ記事兼デッキ紹介記事でした!

実績ない人がただデッキ紹介してもつまらないと思ったので一捻り加えてみました。

フェアプロさんの動画みたいな構成で対戦→デッキ紹介という感じですね。

フェアプロさんには当然無許可なので怒られませんように……。

動画っぽいテンポ感を出すためにデッキの解説が軽めになってるのでこの場で補足させていただきます。

《ぱくちーたー》

弾1発目。

《ディメンジョン・ゲート》

初動のサーチカード。地味にトリガーついてるので《黒神龍ブライゼナーガ》から打てる。

《五郎丸コミュニケーション》

《ディメンジョンゲート》と同じ。墳墓避け。

《解体人形ジェニー》

ハンデスはいつの時代も最強。

《拷問ロストマインド》

呪文環境下では最強。環境読んで別の初動と差し替え。

《トライガード・チャージャー》

去年のクロニクルで来た謎の〈ブライゼシュート〉超強化。縦に仕込みつつブーストできるのは最強。

《フェニックス・ライフ》

6枚目の《トライガード・チャージャー》。

《音感の精霊龍 エメラルーダ》

《トライガード・チャージャー》兼《黒神龍ブライゼナーガ》。

《黒神龍ブライゼナーガ》

コンセプト。4投したいけど殿堂。

《コクーン・シャナバガン》

弾2発目。最強。手打ちしても強力。

《怒流牙 サイゾウミスト》

ご存知万能シノビ。効果で仕込んだ盾からSSTが出れば宇宙。

《偽りの王 ヴィルヘルム》

SSTで出る最強のカード。もちろんハンドから出しても最強。

《爆殺‼︎覇悪怒楽苦》

弾3発目。SSTじゃなくても強力なトリガーなのも○。

《「覇道」の頂 シュラ・ベートーベン》

SSTで出たドラゴンにSAを付与可能。突然殴り倒せるのは強力。

《古代楽園モアイランド》

呪文メタ兼D2フィールドメタ。アイラ

《偽りの王 モーツァルト》

SSTから出すことでほぼ確実にターンが帰ってくる。環境にドラゴンが少ないため《バハムート》《アポカリプス・デイ》並みの破壊力。

《界王類絶対目ワルド・ブラッキオ》

《古代楽園モアイランド》と合わせてトリガーをロック可能。クソデカ単騎ラフルル

序盤は《ディメンジョン・ゲート》等でのサーチ、《トライガード・チャージャー》等での盾仕込み、《解体人形ジェニー》等での妨害をしていきます。

中盤以降は《コクーン・シャナバガン》でマナブーストしつつ、準備ができたら《黒神龍ブライゼナーガ》を召還して起爆します。

盾が減った等で《黒神龍ブライゼナーガ》でのパフォーマンスに期待できない場合は《偽りの王 ヴィルヘルム》等のパワーカードでのコントロールをしていきます。

最終的なゴールは《界王類絶対目 ワルドブラッキオ》と《古代楽園 モアイランド》でトリガーをロックして殴りきります。

というわけで一風変わった〈ブライゼシュート〉の解説記事でした!

この記事が公開される頃には投票受付が始まっているはずなので良ければ投票お願いします!

なんでも投票していただいた人の中からカーナベルスリーブの新色が貰えるらしいので是非!

では第4回で会えることを祈ってこの辺りで筆を置かせていただきます。ありがとうございました!

関連記事

コメント (2)

名無し

これをフェアプロのお二人に見てもらいたいw

0
MURダンテ

途中までフェアプロ風だったけどカードの解説が完全にトルコアイス工房

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

2